Powered by Global Step Academy    
2018年新年にあたり 御礼 インターナショナルスクールタイムズ編集部より

2018年新年にあたり 御礼 インターナショナルスクールタイムズ編集部より

インターナショナルスクールタイムズは、2012年4月にWEB版で創刊しました。 おかげさまで2018年で6年目に入ります。5年目は、年間でページビューが309%となりました。多くの読者と教育関係者によって家庭にインターナショナルスクールとプリスクールの情報をお伝えすることができました。2018年はさらに飛躍します。


2018年新年にあたり

インターナショナルスクールタイムズは、2012年4月にWEB版で創刊しました。
おかげさまで2018年で6年目に入ります。

2012年4月の創刊から歩みを始めた弊誌ですが、最初はひとりの読者もいない期間が数ヶ月続きました。

しかし、4ヶ月目以降からひとり、そしてもうひとりと読者がインターナショナルスクールと国際教育のメディアとしてその使命をつなげてくれました。

おかげさまで2013年10月には、文部科学省のIB校200校計画の発表数ヶ月前に関西学院大学千里国際中等部・高等部と国際バカロレアのセミナーを共催しました。

講演をされる前関西学院千里国際中等部・高等部 眞砂校長

国際バカロレア200校計画とともに国際教育に注目が集まるようになりました。
しかし、その時、弊誌は実際のスクールを運営することに決めました。

約2年間、実際のスクールを運営することでインターナショナルスクールの教育現場を知ることができました。

インターナショナルスクールの現場で、毎日生徒の表情や学ぶ姿を観察し、保護者と進路について何度も話し、そして、教育現場に入った編集部を様々な教育関係者が支えてくれました。

2014年6月には、『アオバジャパン 国際バカロレア一貫校へ』を掲載しています。
その後、アオバジャパングループは、国際バカロレアでプリスクールを含め大きなグループとなりました。

インターナショナルスクール運営から2年。
教育現場から昨年の夏から編集部に戻り、執筆を進めました。

2016年2月20日(土)にはイベントも開催しました。

メディアの仕組みを変更したこともあり、2016年から2017年は、インターナショナルスクールタイムズにとって飛躍の年となりました。 

一年間の平均でページビューは、前年比309%、ユーザーは、前年比279%
平均セッション時間は20%増となりました。

2017年は、ページビューは、すべての月において170%〜506%と前年同月を上回りました。
年間平均で前年比309%です。

記事単体では、前年比10,000%となった記事もあり、大幅なページビューを記録しました。

これも多くの読者、教育関係者がインターナショナルスクールタイムズの使命を支持していただいたおかげです。

そして、前年比300%近い成長を続ける国際教育メディアのThe International School Timesでは、前人未到の国際教育の領域で「挑戦してみたい!」方を募集しています。

地道な記事ひとつひとつが信頼に変わることを一緒に体験しませんか?
▼詳しくは、こちらよりお問い合わせください。

本年度も、コツコツ続け、多くの読者にとって有益なメディアを目指して参ります。
御礼とともに

The International School Times 編集部一同

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

最新の投稿


【スプリング】白馬インターナショナルスクールのスプリングスクールが生徒募集!

【スプリング】白馬インターナショナルスクールのスプリングスクールが生徒募集!

白馬インターナショナルスクール設立準備財団は、スプリングスクールを開催します。スプリングスクールでは、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに学びます。白馬の雄大な自然の中で、持続可能な社会を構築するために私たちができることを生徒たちが自ら考え、発信する方法を学びます。


【1/16】「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?横浜創英で「世界と繋がる自分のつくり方」開催!

【1/16】「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?横浜創英で「世界と繋がる自分のつくり方」開催!

「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?ミネルバ大学、APU(立命館アジア太平洋大学)の挑戦から中・高生を対象に『世界と繋がる自分のつくり方』が中・高生を対象に1月16日(水)17:00〜 横浜創英中学・高等学校で開催される。「将来どのようなスキルや考え方が必要になるか。どのように学びたいか」を「世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ」の著者である山本秀樹氏。立命館アジア太平洋大学近藤祐一教授、堀井学園総合企画室 堀井章子室長が登壇する。


世界No.1のインターナショナルスクールはどこか?

世界No.1のインターナショナルスクールはどこか?

2019年のインターナショナルスクールアワードのノミネート校が教科書で有名なピアソン社とインターナショナルスクールのリサーチ会社ISC Research社から公表されました。中東・アジアを中心に23カ国32校のインターナショナルスクールがノミネートされています。日本からは1校、ブリティッシュスクール・イン・東京がノミネートされました。世界のインターナショナルスクールの動向が見えてきます。ピアソンの教科書とリンクしているアワードのためノミネートからピアソン社がどこのインターナショナルスクールに注目しているのか、が見えてきます。


【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

2019年に開校する中学校・高校は、全国で8校と開校ラッシュ!千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)とManai Institute of Science and Technology (旧名称:ISSJ)が開校。国際バカロレア教育に取り組む公立校大阪市立水都国際中学校・高等学校と広島県立広島叡智学園中学校・高等学校が開校。ドルトンプランの学びのドルトン東京学園 中等部・高等部が開校する。さらに新たな教育として、広域通信制とコラボしたインフィニティ国際学院、ルークス、ゼロ高等学院が開校する。


【連載3】IQ135以上で入学 シリコンバレー勝者の教育 ヌエーバスクールの衝撃

【連載3】IQ135以上で入学 シリコンバレー勝者の教育 ヌエーバスクールの衝撃

IQ135以上で入学できるアメリカのヌエーバスクールで15年に渡り指導を続けた川崎由起子氏。ギフテッド教育の最前線で指導をしてきた川崎氏は、帰国後、都内のインターナショナルスクールで指導をし、現在は、グローバスステップアカデミーに勤務しています。本連載は、ギフテッド教育で活躍した川崎氏の寄稿です。


GSA