Powered by Global Step Academy    
【ウィンター】英語のバスケキャンプが人気のドルトン東京学園で開催へ

【ウィンター】英語のバスケキャンプが人気のドルトン東京学園で開催へ

バスケキャンプは、開校初年度から大人気となったドルトン東京学園を会場に開催されます。スポーツ(運動)と STEM 教育を 掛け合わせた「STEM Sports®」が導入されます。


英語でバスケキャンプが開催へ

八村塁選手がNBAで活躍し、NBAが楽しみな小学生のお子さんがいるご家庭も多いと思います。

▼ 八村塁選手の公式インスタグラムから引用。

バスケットの本場といえば、アメリカ。
様々な国からの選手が集まってNBAが成り立っています。

バスケットのトレーニングだけではなく、多様性の理解とコミュニケーション能力を高めるのが「バスケットボール特別英語キャンプ」です。

▼ 夏に開催されたサマーキャンプの様子がこちら。

バスケットに関するルールなど英語で学ぶ時間もあり、さらにスポーツ(運動)と STEM 教育を 掛け合わせた「STEM Sports®」が導入されます。

ドルトン東京学園とアミューズ、そしてGSA

ウィンターキャンプの会場となるのが、2019年4月に開校した話題のドルトン東京学園です。
東京都調布市に開校したグローバル教育に力を入れる中高一貫校のドルトン東京学園。

生徒の知的な興味や探究心を原点にした「学習者中心の教育」を、ドルトンプランに基づいて実現する学校です。

初年度から人気のドルトン東京学園。
中学1年生から6年間かけて一貫したドルトンプランで学ぶ。

バスケキャンプの特徴とは?

1.英語でバスケキャンプ

インターナショナルスクールとオンライン英語教育プログラムを運営する Global Step Academyが英語力をサポート。

GSA の運営するオンラインスクールにて、キャンプ参加者全員に無料で英語教育プログラムを提供します。
▼ ネイティブの先生で学べるオンラインの仕組み。

2.スポーツ(運動)と STEM 教育の「STEM Sports®」

スポーツ(運動)と STEM 教育を掛け合わせた「STEM Sports®」をもとに、バスケットボールを通じて生徒たちの 論理的思考やデザイン思考などを育みます。

例えば、こちら。
バスケットボールの落ちる高さとバウンドする高さを計測し、数理的な考えを元に運動を科学していきます。

▼ STEM Sports®の公式インスタグラムから引用。

バスケウィンターキャンプ概要

開催期間: 2019 年 12 月 23 日(月)~12 月 25 日(水) 3 日間
全日程 9:00~15:00 予定

プログラム: 午前 バスケットボール・プログラム(運動 & STEM Sports®)
午後 英語プログラム(座学・ワークショップ中心)

開催地: ドルトン東京学園 (〒182-0004 東京都調布市入間町 2-28-20)
参加対象: 小学1年生~6年生の男女 ※バスケットボールの経験は問いません。
参加定員: 40名 (最少催行人数25名)
参加料金: 68,000円/税別 ※昼食は各自持参
※GSA コミュニティ生徒、または GSA グループ在校生及びその兄弟姉妹は、上記金額より 10%割引
参加特典: GSAオンラインスクール英語レッスン8回分、参加者ユニフォーム
申込締切: 2019年12月1日(日)※申込用紙を郵送の場合、12月1日消印有効
公式 HP・申込方法: https://www.amusegsacademy.com/
※上記予定及び内容が変更となる場合があります。

▼ マインドフルネスも重要なスキルです。 STEM Sports®の公式インスタグラムから引用。
楽しみですね。

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、また東京ウエストインターナショナルスクールの理事を務めながら、国際バカロレアのPYPの研修を受け、現場経験と記者の目線で記事を書いています。

最新の投稿


【レポート 前半】国際バカロレア19校が集結!国際バカロレアの体験授業が親子でなるほど!面白い!

【レポート 前半】国際バカロレア19校が集結!国際バカロレアの体験授業が親子でなるほど!面白い!

国際バカロレアの学びとはどのようなものでしょうか?親と保護者が一緒に国際バカロレアについて知り、体験できるイベントが日本初で開催されました。それが「国際バカロレア学び紹介フォーラム」です。テンプル大学ジャパンキャンパス・岡山理科大学・筑波大学の共催でESN英語教育総合研究会運営で開催された「国際バカロレア学び紹介フォーラム」の様子をお伝えします。


【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情を垣間見るケースがある。香港の民主化運動が続く中で、シンガポールのインターナショナルスクールに問い合わせが増加している。このような動きは、インターナショナルスクール、ボーディングスクールに通わせる家庭で顕著だ。EU離脱に揺れた英国も一時期、ドイツのフランクフルトなどのインターナショナルスクールに問い合わせが増えた。また日本のインターナショナルスクールから海外のインターナショナルスクールに生徒が転校したケースとして東日本大震災が挙げられる。インターナショナルスクールに子供を通わす保護者のリスク管理は、は、まさに「孟母三遷の教え」を実行していると言える。


【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

世界で英国式のボーディングスクールが人気になっています。日本でも英国の名門ボーディングスクールの「ラグビー校」と「ハロウ校」が参入を表明しました。その中でチャールズ皇太子、ウィリアム王子、ハリー王子の母校「イートン校」がいつ海外に分校を作るのか?に注目が集まっていました。イートン校は、世界に分校ではなく、世界にオンラインで「Eton X」を展開することを決めました。「Eton X」を日本で展開するのが、グローバルスカイ・エデュケーション株式会社(以下、GSE)です。GSE社の友永氏、須川氏、写真左上からサンダークリフ氏、大槻氏にインタビューをお願いしました。


【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校させます。これまで渋谷と昭和の2つのキャンパスに分散していたブリティッシュ・スクールの幼稚部と小学部が「虎ノ門ー麻布台」再開発プロジェクトでどのようなキャンパスができるのか、が注目を集めています。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称される「トーマス・ヘザウィック氏」の設計となり、インターナショナルスクールの校舎として注目を集めそうです。


【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

渋谷区にある小中高のインターナショナルスクールは、3校!名門聖心インターナショナルスクール、英国式のブリティッシュ・スクール・イン東京、そして、代々木インターナショナルスクールです。渋谷、三軒茶屋に分散しているブリティッシュ・スクール・イン東京は、「虎ノ門元麻布」に2023年に小学校を移設します。人気の渋谷区。今後も小学校まであるインターナショナルスクールが増えそうです。


“インターナショナルスクールタイムズ編集部のメルマガ登録はこちら”
GSA