Powered by Global Step Academy    
7/30 フェアで「夏休みに知りたい! オンライン・インターナショナルスクールの魅力」開催!

7/30 フェアで「夏休みに知りたい! オンライン・インターナショナルスクールの魅力」開催!

本フェアでは、幼児から高校生まで幅広い年齢層を対象としたオンライン・インターナショナルスクールが集結。オンラインならではの各校の魅力をお伝えするだけでなく、お子さんの年齢に合わせたスクールの選び方や、学べる英語力を育み、国内外の進学先をどのように選べば良いのか、をゲストとともに模索していきます。


7月30日開催!インターナショナルスクールフェア

7月30日(土)、国内初となるオンライン・インターナショナルスクールに特化したインターナショナルスクールフェア「夏休みに知りたい!オンライン・インターの魅力」を開催します。

グローバル化の進展とIT、AIの進展とともに地球規模で教育は変化しています。日本国内でも、新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受け、GIGAスクール構想が加速。オンライン教育の裾野が拡大しており、お子様が自宅でオンライン授業を受けることが珍しくない時代に突入しました。

本フェアでは、幼児から高校生まで幅広い年齢層を対象としたオンライン・インターナショナルスクールが集結。

オンラインならではの各校の魅力をお伝えするだけでなく、お子さんの年齢に合わせたスクールの選び方や、学べる英語力を育み、国内外の進学先をどのように選べば良いのか、をゲストとともに模索していきます。

< 開催概要 >
日 時:2022年7月30日(土) 9時~15時
対 象:幼小中高
参加校:
・Crimson Global Academy クリムゾン・グローバル・アカデミー
・Nisai British International School ニサイ ブリティシュインターナショナルスクール
・World Arrows International School ワールド・アローズ インターナショナルスクール (2022年9月開校)
・Global Step Academy グローバル・ステップ・アカデミー
・AOBA Japan International School:GLD アオバジャパン・インターナショナルスクール GLD
・Go School ゴー・スクール

東京会場:ビジネス・ブレークスルー大学(千代田区二番町3番地麹町スクエア1階)
ZOOM会場:参加ご登録後URLをお伝えします
主 催:一般社団法人 Center For Innovation / Global Step Academy
メディアパートナー:The International School Times / eduJUMP!

開催背景:インターナショナルスクールがオンライン化する理由とは?

インターナショナルスクールのオンライン化事例

世界では著名な学校もオンライン授業を提供しています。

英国王室のウィリアム王子、ヘンリー王子が通ったイートン校は、オンラインプログラムの「イートンX」を提供しています。

日本でも、オンライン授業の提供が始まっています
私立高校として国際バカロレア認定校になったUWC ISAK Japanが「ISAK X」を提供しています。

インターナショナルスクール運営経験から「Go School」がリリースされています。

▽ 当日の総合司会は、元アオバインターナショナルスクール、ムサシインターナショナルスクール理事を務め、現在は株式会社ビジネス・ブレークスルー、グローバル人材育成事業本部長を務める宇野令一郎氏。

▽ まとめトークゲストは、横浜生まれ東京育ちでK.インターナショナルスクール、シンガポールのインターナショナルスクールで国際バカロレアのDPを取得し、早稲田大学に入学し卒業。

コンサルティング会社に勤務後、株式会社国際サバイバルの代表取締役として独立したバハール イシャナズ氏 。

従来型のインターナショナルスクールが抱える課題

従来のインターナショナルスクールは、多くの課題を抱えています。
・授業料が高い(約年間250万円)。
・新年度が9月始まり。
・英語力がないと志願さえできない。
・通学できる範囲に住むまたは、寮に入る必要がある。

上記問題の解決策として期待、オンラインのインターナショナルスクールの特徴として下記が挙げられます。

オンラインによって解決されている
・授業料が安い(コースまたは単位による)
・コースによって通えるタイミングが増えた。
・英語力が足りない生徒は、英語力をつけるコースが用意されている。
・ネット環境があれば世界のどこからでも学べる

その一方でオンライン・インターナショナルスクールにも課題があります。

・時差がある。
・正規の単位として認められない場合が多い。

オンライン・インターナショナルスクールが提供する学びは、イートンXやISAK X、クリムゾングローバルアカデミー、Go School、Global Step Academyなど選択肢も増えており、多様化するニーズに応えるべく進化しています。

本フェアの特徴 オンライン・スクール選びの悩みを解決!

1.オンライン・インターナショナルスクールが集結します。
2.各校のプレゼンを見ることで、学校の特徴を比較することができます。
3.個別相談で話を聞いて特徴を知り、お子さんに合う学びを見つけることができます
※プログラム詳細は、決定次第リリースします。

参加申込

イベント終了につき、申し込みは終了しております。

出店申込【本件に関する出店関係者からのお問合せ先】
オンライン・インターナショナルスクールの概要(HPのリンクでもOKです)、ご担当者、貴校のオンライン授業の名称と対象学年、特徴などテキストで事務局にお寄せください。
ご連絡先:info@edujump.net

取材申込【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
〒179-0072 東京都練馬区光が丘 7-5-1
一般社団法人 センターフォーイノベーション
URL:https://centerforinnovation.jp/
メール:info@edujump.net
インターナショナルスクールフェア事務局までご連絡ください。

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

最新の投稿


8/23(火)マルバーン・カレッジ東京の学校説明会がアンダーズ 東京で開催!

8/23(火)マルバーン・カレッジ東京の学校説明会がアンダーズ 東京で開催!

マルバーン・カレッジ東京は、初のリアル学校説明会を8/23(火)17時からアンダーズ 東京で開催すことを公表しました。 日本初の国際バカロレア教育×英国式インターナショナルスクールとして開校計画のマルバーン・カレッジ東京。マイク・スペンサー校長から直接、話を聞くことができるイベントです。


【速報!】キャピタル東京IS 渋谷に幼稚部を24年4月開園予定!23年4月に中等部を開校へ

【速報!】キャピタル東京IS 渋谷に幼稚部を24年4月開園予定!23年4月に中等部を開校へ

2022年4月に小学部を開設した東京都港区のキャピタル東京ISが2023年4月に中学部を開設します。小学部はIB(国際バカロレア)PYP候補校として申請中、中学部もIB MYP候補校として申請予定です。2024年4月には渋谷(予定)に幼稚部、2026年4月には高校部(IB DP申請予定)の設立も計画しており、幼稚部から高校部までの一貫した教育で「自ら考え、自ら学び、自分の能力を社会の現場で活用することができる人材の育成」を目指します。


静岡にインターナショナルスクールが開校へ 県が調査費を予算に計上

静岡にインターナショナルスクールが開校へ 県が調査費を予算に計上

2022年、23年開校マップを確認すると大都市ではなく、自然環境が豊かな地域に根付いた開校計画が目立ちます。今回、静岡県がインターナショナルスクールの調査を計上しました。従来の富裕層向けのインターナショナルスクールではなく、地域住民の多様化に合わせたインターナショナルスクールに向けた開校調査と考えられます。


7/30 フェアで「夏休みに知りたい! オンライン・インターナショナルスクールの魅力」開催!

7/30 フェアで「夏休みに知りたい! オンライン・インターナショナルスクールの魅力」開催!

本フェアでは、幼児から高校生まで幅広い年齢層を対象としたオンライン・インターナショナルスクールが集結。オンラインならではの各校の魅力をお伝えするだけでなく、お子さんの年齢に合わせたスクールの選び方や、学べる英語力を育み、国内外の進学先をどのように選べば良いのか、をゲストとともに模索していきます。


The British School in Tokyo starts ‘Exchange Month’ with Showa Junior-Senior High School and Showa Elementary School

The British School in Tokyo starts ‘Exchange Month’ with Showa Junior-Senior High School and Showa Elementary School

The British School in Tokyo (BST) starts the ‘Exchange Month’ project with Showa Junior-Senior High School and Showa Elementary School in June. BST has shared the campus with Showa schools since 2006, and this is the first time that the three schools collaborate on such an intensive exchange project in one month.


英語で学ぶ英語学習