Powered by Global Step Academy    
国際バカロレアのディプロマは、どこの国籍の人が何人受けているのか?

国際バカロレアのディプロマは、どこの国籍の人が何人受けているのか?

2012年5月の国際バカロレアのディプロマ試験の分析です。国籍別、志願者数のトップなどデータとしてまとめました。


国際バカロレアのディプロマの国籍別、志願者数のトップ10の10位からカウントダウン!

 中国、韓国、インドとアジアの国が伸びています。
 今後、さらに伸びると思われます。

 スペイン、ドイツは、予想通りです。
 上位には、どの国籍が入ってくるのでしょうか?

日本人の5月試験の志願者数は、国籍別で19位(673人)でした。


 20位はフランス665人。
 18位はオーストラリアの690人。
 しかし、正確にはオーストラリアは、2461人です。

国際バカロレアのディプロマ、年に2回 5月と11月に試験が行われています。

 志願者の9割が5月の試験を受けています。
 しかし、地域によっては、11月試験の方が受験者が多いことがあります。

 それが南半球の国です。
 アルゼンチン 1,166人
 エクアドル 674人
 ペルー     541人
 チリ      401人
 など南米の国々、さらにオーストラリア 1771人、ニュージーランド287人なども目立ちます。

 南半球ではないのですが、シンガポールも876人が受けています。

 今回は、メインの5月試験の国籍別受験者の比較です。

国際バカロレアで、日本人が誇れる数字

国際バカロレアで大きく後れを取る日本。

では、明るい数字はないのでしょうか?

それが日本人のディプロマ取得率です。

平均が、70パーセント後半です。
しかし、日本人の取得率はほぼ90パーセント。

受験者数は少ないが、取得率が高い日本人。

日本人のディプロマ取得者は、「少数精鋭」ともいえるかもしれません。

この記事の記者

最新の投稿


【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

2018年の冬。平成最後の年は、ウィンタースクールで学び納め! 編集部では、ウィンタースクールを開校するインターナショナルスクールをまとめました。東京都港区、目黒区、立川市、神奈川県大和市の4校です。


【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

2022年に開校を計画している「白馬インターナショナルスクール」プロジェクトは、10月27日(土)に長野県白馬村で開催します。「AIの進化から考える」をテーマに教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会、第2部にパネルディスカッションを開催します。


【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数の受験者募集!】MIT(マサチューセッツ工科大学)は、昨日、約1120億円(10億ドル)かけてでAI(人工知能)の学部を創設すると公表しました。STEM教育が重要になってくるなかで、お子様にMITで学べる英語×算数力を育てる良い機会が「世界算数」です。本キャンペーンは、10/17から10/27までのキャンペーンです。


【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあう」を理念にしたHILLOCK Bilingual Kinder School(ヒロックバイリンガル幼児園)が目黒区、品川区にかかる林試の森公園に隣接して開園します。同園を運営する「NPOソダチバ・プロジェクト」は、発起人にSTEM教育、国際教育の専門家が集結しています。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


GSA