Powered by Global Step Academy    
大使と汗、インターナショナルスクールの歴史

大使と汗、インターナショナルスクールの歴史

あるインターナショナルスクールの校内誌を読んでいて、手がとまった。そのインターの生徒とある国の大使が被災地でボランティアをしている記事だった。季節は夏に近い気候だったのだろう。大使もボランティア活動用のTシャツを着ていた。


あるインターナショナルスクールの校内誌を読んでいて、手がとまった。

そのインターの生徒とある国の大使が被災地でボランティアをしている記事だった。

季節は夏に近い気候だったのだろう。
大使もボランティア活動用のTシャツを着ていた。

しかし、私の目を引いたのは大使のTシャツに書いてあるメッセージではなかった。
大使が着ていたTシャツのシミだった。

大使のTシャツは、色が変わるほど汗で濡れていた。

あまり笑わないイメージの大使だったが、大使のTシャツは、彼の人柄をうかがわせた。

彼は、インターの生徒とともに被災地で作業をしていたのだ。
シャツを着て、汗をかいていた。

グレーのシャツが黒に変わるほど。

私は、すばらしい写真だと感じた。
しかし、その記事がマスメディアで流れることはなかった。

インターの校内誌以外に載らなかったのだろう。

インターナショナルスクールは、きらびやかなイメージが先行することがある。

しかし、見学させてもらうインターの校舎の風景は、さほど日本の生徒たちと変わらない。
世界中、どこにでもいるティーンエイジャーの姿だ。

彼らは仲の良い友達と世間話をし、iPhoneを使い、Facebookやtwitterでその日の出来事を友達と共有し、音楽やドラマに心躍らせる。
スポーツや音楽、すばらしい小説に感動し、きっと恋にも夢中だ。

インターナショナルスクールだからといって、特別なことではない十代の姿がある。

大使は、ひょっとしたらその学校に通う生徒の父親だったのかもしれない。

保護者活動として参加したため、その写真は校内誌以外に使われなかったのかもしれない。

しかし、その写真は彼がまさに汗をかきながら、日本という地で、外交を行っている証だった。

大使の汗じみから、私は彼の人柄を感じることになった。

大使は、帰任し、次に着任する予定の大使が発表された。

次の大使は、着任前から高い人気を持つ。
きらびやかな家柄に注目が集まる人物だ。

彼女の父も、日本のインターナショナルスクールの歴史とつながっているところが、歴史の重さを感じさせる。

逆にいえば、日本の外交史とインターナショナルスクールの歴史は、深い関係がある。

インターナショナルスクールタイムズは、そんな外交史とインターナショナルスクールの歴史を掘り起こし、インターナショナルスクールが果たしてきた役割、使命をきちんと伝えたい。

ちょっと大それた考えかもしれないけれど、インターナショナルスクールタイムズ(現:Inter's インターズ)は、インターナショナルスクールの歴史も考える媒体です。

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、NHK、日本経済新聞やフジテレビ ホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

最新の投稿


「高等部 開設」で幼小中高一貫校に 東京ウエストインターナショナルスクール 加藤理事長・韓高等部校長インタビュー

「高等部 開設」で幼小中高一貫校に 東京ウエストインターナショナルスクール 加藤理事長・韓高等部校長インタビュー

2010年4月に創立された東京ウエストインターナショナルスクールは、プリスクール、幼稚部、小学部、中学部と教育課程を順次拡大し、現在、国際バカロレアのPYPの認定校となっています。高等部開設に伴い将来のキャリアを見据えた国内外の希望の大学へ最短で進学できる仕組みを構築しました。そこで編集部は、同校の加藤理事長と高等部 韓校長にインタビューをお願いしました。


【サマースクール】小中学生対象 STEAM Summer School/Program 2024開講!

【サマースクール】小中学生対象 STEAM Summer School/Program 2024開講!

日本で唯一のSTEAMインターナショナルスクールのローラスが、サマーイベントを開催。本格的なサイエンスに触れる中学生向けのサマープログラム、楽しくSTEAMが学べる小学生向けのサマースクールに注目です。


7/5(金)海外名門大学はなぜ学力以外の要素を重視するのか~子どもの潜在能力の引き出し方、伸ばし方

7/5(金)海外名門大学はなぜ学力以外の要素を重視するのか~子どもの潜在能力の引き出し方、伸ばし方

海外名門大学はなぜ学力以外の要素を重視するのか?総合選抜型は国内でも増えていますが、海外では一般的な選抜方法です。今回、「海外名門大学はなぜ学力以外の要素を重視するのか~子どもの潜在能力の引き出し方、伸ばし方」をテーマに開催します「帰国子女アカデミー」KAISインターナショナルスクールの創設者チャールズ・カヌーセン氏、英国エプソムカレッジ出身で母校のマレーシア校設立、運営にかかわる教育投資会社「EDUC8」のCEOマーク・ランカスター氏、西町インターナショナルスクール、アメリカンスクールを卒業し米国系金融機関などを経て、現在は英語教育にかかわるGlobal Step Academy代表取締役のモントゴメリー道緒氏が登壇します。


【サマー:1.5-6歳】ローラスの都内でプチ留学!オールイングリッシュのSTEAMサマーキャンプ

【サマー:1.5-6歳】ローラスの都内でプチ留学!オールイングリッシュのSTEAMサマーキャンプ

毎年人気の1歳半~幼稚園生対象のサマーキャンプを今年も開講します。海外に行かなくてもプチ留学体験ができるチャンス!ぜひ参加してみませんか?


【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、2024年度から高等部を設立し、将来のキャリアを見据えた国内外の希望の大学へ最短で進学できる仕組みを創りました。国際バカロレア PYP認定校である同校の中学部、高等部の年間学費は、約110万円と他のインターナショナルスクールに比べると良心的な設定です。