Powered by Global Step Academy    
茂木先生も推薦!なぜSony Global Educationは、世界で算数テストを実施するのか?

茂木先生も推薦!なぜSony Global Educationは、世界で算数テストを実施するのか?

世界中から注目をされている算数のテストをご存知だろうか?それが「世界算数」だ。世界中からオンラインで受検できるため、今までに世界各地から約30万人が受検している。あの茂木先生も『数学は世界共通の「ことば」』と推薦している。10/26から10/28まで受検期間となった「世界算数」の面白さに迫った。


茂木先生も推薦の「世界算数」

世界中から注目をされている算数のテストをご存知だろうか?

▼ それが、今までに世界各地から約30万人が受検している「世界算数」だ。

世界80カ国で受検されている「世界算数」。
オンラインによって世界中から受けられる仕組みが特徴だ。

世界から受検できるようにホームページも日本語・英語・中国語から選べるようになっている。

この「世界算数」を開催しているのが、Sony Global Educationだ。
あの茂木先生も『数学は世界共通の「ことば」』と推薦している。

第6回目となる今回、10月26日から10月28日で開催されている。
言うなれば、世界に「世界算数」の熱い季節が到来したのだ。

▼ 「世界算数」の公式サイトはこちら。

3ヶ国語で受検できる!

世界算数のユニークな点は、オンラインで受検ができる。
さらに、英語・中国語・日本語で出題されるため、今までに30万人が挑戦した。

コースは、学年に合わせて4コースあり、初級が小学1、2年生を対象とし、中級は小学3、4年生、上級が小学5、6年生、さらに年齢制限のないマスターコースがある。

すなわち、お子さんと一緒にお父さん、お母さんも「世界算数」にチャレンジできるのだ。

編集部も「世界算数」にチャレンジ。

▼ これが世界算数の例題だ。

算数の思考力が試される。

算数的な思考力が磨かれる「良問」が出題される。

編集部がおすすめするのが、お子さんと一緒に受けること。
例えば、小学生のお子さんとお父さんが土曜日の夜に同じパソコンから「世界算数」を受けることもできる。

一緒に算数を楽しむことでお子さんの算数への興味を引き出すことができる。
「世界算数」にチャレンジする同士として、硬い絆になるのだ。

英語で算数を解く!

編集部のおすすめが「世界算数」を英語で受けること。

プリスクールやインターナショナルスクールに通っているお子さんには、ぜひ英語で「世界算数」に受検をしていただきたい。

▼ 英語で受検するもちろん設題も英語。

オンライン受検のため、受検者が日本語・英語・中国語で言語選択ができるのもポイント。
英語が得意お子さんは、英語で受けるのもオススメ。

「世界算数」の深イイ話とは?

地球レベルで「世界算数」の季節を起こしているSony Global Education。
この「世界算数」を世界に出題している人とは一体どのような人なのか。

一体どのような人なのだろうか?

「世界算数 プロジェクトリーダー」が株式会社 ソニー・グローバルエデュケーションの横井浩子氏だ。
実は、「世界算数」には、「思考力」というキーワードがある。

編集部は、横井氏にキーポイントとなる「5つの思考力」を含めインタビューをお願いしました。

「世界算数」の深イイ話とは? 横井氏インタビュー(10/26掲載)

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連するキーワード


世界算数

最新の投稿


【スプリング】白馬インターナショナルスクールのスプリングスクールが生徒募集!

【スプリング】白馬インターナショナルスクールのスプリングスクールが生徒募集!

白馬インターナショナルスクール設立準備財団は、スプリングスクールを開催します。スプリングスクールでは、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに学びます。白馬の雄大な自然の中で、持続可能な社会を構築するために私たちができることを生徒たちが自ら考え、発信する方法を学びます。


【1/16】「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?横浜創英で「世界と繋がる自分のつくり方」開催!

【1/16】「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?横浜創英で「世界と繋がる自分のつくり方」開催!

「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?ミネルバ大学、APU(立命館アジア太平洋大学)の挑戦から中・高生を対象に『世界と繋がる自分のつくり方』が中・高生を対象に1月16日(水)17:00〜 横浜創英中学・高等学校で開催される。「将来どのようなスキルや考え方が必要になるか。どのように学びたいか」を「世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ」の著者である山本秀樹氏。立命館アジア太平洋大学近藤祐一教授、堀井学園総合企画室 堀井章子室長が登壇する。


世界No.1のインターナショナルスクールはどこか?

世界No.1のインターナショナルスクールはどこか?

2019年のインターナショナルスクールアワードのノミネート校が教科書で有名なピアソン社とインターナショナルスクールのリサーチ会社ISC Research社から公表されました。中東・アジアを中心に23カ国32校のインターナショナルスクールがノミネートされています。日本からは1校、ブリティッシュスクール・イン・東京がノミネートされました。世界のインターナショナルスクールの動向が見えてきます。ピアソンの教科書とリンクしているアワードのためノミネートからピアソン社がどこのインターナショナルスクールに注目しているのか、が見えてきます。


【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

2019年に開校する中学校・高校は、全国で8校と開校ラッシュ!千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)とManai Institute of Science and Technology (旧名称:ISSJ)が開校。国際バカロレア教育に取り組む公立校大阪市立水都国際中学校・高等学校と広島県立広島叡智学園中学校・高等学校が開校。ドルトンプランの学びのドルトン東京学園 中等部・高等部が開校する。さらに新たな教育として、広域通信制とコラボしたインフィニティ国際学院、ルークス、ゼロ高等学院が開校する。


【連載3】IQ135以上で入学 シリコンバレー勝者の教育 ヌエーバスクールの衝撃

【連載3】IQ135以上で入学 シリコンバレー勝者の教育 ヌエーバスクールの衝撃

IQ135以上で入学できるアメリカのヌエーバスクールで15年に渡り指導を続けた川崎由起子氏。ギフテッド教育の最前線で指導をしてきた川崎氏は、帰国後、都内のインターナショナルスクールで指導をし、現在は、グローバスステップアカデミーに勤務しています。本連載は、ギフテッド教育で活躍した川崎氏の寄稿です。


GSA