Powered by Global Step Academy    
茂木先生も推薦!なぜSony Global Educationは、世界で算数テストを実施するのか?

茂木先生も推薦!なぜSony Global Educationは、世界で算数テストを実施するのか?

世界中から注目をされている算数のテストをご存知だろうか?それが「世界算数」だ。世界中からオンラインで受検できるため、今までに世界各地から約30万人が受検している。あの茂木先生も『数学は世界共通の「ことば」』と推薦している。10/26から10/28まで受検期間となった「世界算数」の面白さに迫った。


茂木先生も推薦の「世界算数」

世界中から注目をされている算数のテストをご存知だろうか?

▼ それが、今までに世界各地から約30万人が受検している「世界算数」だ。

世界80カ国で受検されている「世界算数」。
オンラインによって世界中から受けられる仕組みが特徴だ。

世界から受検できるようにホームページも日本語・英語・中国語から選べるようになっている。

この「世界算数」を開催しているのが、Sony Global Educationだ。
あの茂木先生も『数学は世界共通の「ことば」』と推薦している。

第6回目となる今回、10月26日から10月28日で開催されている。
言うなれば、世界に「世界算数」の熱い季節が到来したのだ。

▼ 「世界算数」の公式サイトはこちら。

3ヶ国語で受検できる!

世界算数のユニークな点は、オンラインで受検ができる。
さらに、英語・中国語・日本語で出題されるため、今までに30万人が挑戦した。

コースは、学年に合わせて4コースあり、初級が小学1、2年生を対象とし、中級は小学3、4年生、上級が小学5、6年生、さらに年齢制限のないマスターコースがある。

すなわち、お子さんと一緒にお父さん、お母さんも「世界算数」にチャレンジできるのだ。

編集部も「世界算数」にチャレンジ。

▼ これが世界算数の例題だ。

算数の思考力が試される。

算数的な思考力が磨かれる「良問」が出題される。

編集部がおすすめするのが、お子さんと一緒に受けること。
例えば、小学生のお子さんとお父さんが土曜日の夜に同じパソコンから「世界算数」を受けることもできる。

一緒に算数を楽しむことでお子さんの算数への興味を引き出すことができる。
「世界算数」にチャレンジする同士として、硬い絆になるのだ。

英語で算数を解く!

編集部のおすすめが「世界算数」を英語で受けること。

プリスクールやインターナショナルスクールに通っているお子さんには、ぜひ英語で「世界算数」に受検をしていただきたい。

▼ 英語で受検するもちろん設題も英語。

オンライン受検のため、受検者が日本語・英語・中国語で言語選択ができるのもポイント。
英語が得意お子さんは、英語で受けるのもオススメ。

「世界算数」の深イイ話とは?

地球レベルで「世界算数」の季節を起こしているSony Global Education。
この「世界算数」を世界に出題している人とは一体どのような人なのか。

一体どのような人なのだろうか?

「世界算数 プロジェクトリーダー」が株式会社 ソニー・グローバルエデュケーションの横井浩子氏だ。
実は、「世界算数」には、「思考力」というキーワードがある。

編集部は、横井氏にキーポイントとなる「5つの思考力」を含めインタビューをお願いしました。

「世界算数」の深イイ話とは? 横井氏インタビュー(10/26掲載)

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、また東京ウエストインターナショナルスクールの理事を務めながら、国際バカロレアのPYPの研修を受け、現場経験と記者の目線で記事を書いています。

関連するキーワード


世界算数

最新の投稿


【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情を垣間見るケースがある。香港の民主化運動が続く中で、シンガポールのインターナショナルスクールに問い合わせが増加している。このような動きは、インターナショナルスクール、ボーディングスクールに通わせる家庭で顕著だ。EU離脱に揺れた英国も一時期、ドイツのフランクフルトなどのインターナショナルスクールに問い合わせが増えた。また日本のインターナショナルスクールから海外のインターナショナルスクールに生徒が転校したケースとして東日本大震災が挙げられる。インターナショナルスクールに子供を通わす保護者のリスク管理は、は、まさに「孟母三遷の教え」を実行していると言える。


【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

世界で英国式のボーディングスクールが人気になっています。日本でも英国の名門ボーディングスクールの「ラグビー校」と「ハロウ校」が参入を表明しました。その中でチャールズ皇太子、ウィリアム王子、ハリー王子の母校「イートン校」がいつ海外に分校を作るのか?に注目が集まっていました。イートン校は、世界に分校ではなく、世界にオンラインで「Eton X」を展開することを決めました。「Eton X」を日本で展開するのが、グローバルスカイ・エデュケーション株式会社(以下、GSE)です。GSE社の友永氏、須川氏、写真左上からサンダークリフ氏、大槻氏にインタビューをお願いしました。


【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校させます。これまで渋谷と昭和の2つのキャンパスに分散していたブリティッシュ・スクールの幼稚部と小学部が「虎ノ門ー麻布台」再開発プロジェクトでどのようなキャンパスができるのか、が注目を集めています。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称される「トーマス・ヘザウィック氏」の設計となり、インターナショナルスクールの校舎として注目を集めそうです。


【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

渋谷区にある小中高のインターナショナルスクールは、3校!名門聖心インターナショナルスクール、英国式のブリティッシュ・スクール・イン東京、そして、代々木インターナショナルスクールです。渋谷、三軒茶屋に分散しているブリティッシュ・スクール・イン東京は、「虎ノ門元麻布」に2023年に小学校を移設します。人気の渋谷区。今後も小学校まであるインターナショナルスクールが増えそうです。


【横浜】2020年4月ジンボリー インターナショナルプリスクール&アフタースクール開校!

【横浜】2020年4月ジンボリー インターナショナルプリスクール&アフタースクール開校!

世界中で40年間以上の歴史があるジンボリーの学びを英語で。音楽教育などの特徴があるジンボリーがついに横浜に開校します。英語で学ぶインターナショナルプリスクールとして、アフタースクールとともに開校します。


“インターナショナルスクールタイムズ編集部のメルマガ登録はこちら”
GSA