Powered by Global Step Academy    
国際高専イベント10月28日
スイスの名門女子スルヴァル・モントルーのウィンターキャンプ

スイスの名門女子スルヴァル・モントルーのウィンターキャンプ

2017年1月から3月の間、スイスの名門女子ボーディングスクールのスルヴァル・モントルー(Surval Montreux)でウィンターキャンプが開催されます。スイスのモントルーにあるスルヴァル・モントルー。1961年創立の女子校で13歳から19歳までが学びます。

国際高専イベント10月28日

スイスの名門女子ボーディングスクール

スルヴァル・モントルーのホームページより引用。
スルヴァル・モントルーは、スイスのモントルーに1961年に創立された13歳から19歳までが学ぶ女子校のボーディングスクールです。

これまでのフィニッシングスクール(良家の女子のためのスクール)から2013年にボーディングスクールに変わりました。

フィニッシングスクールとしての伝統を活かしながら、イギリスのIGCSEとAレベル、さらにアメリカのアメリカのNCA(North Central Association of Colleges and Schools)認証の大学入学資格を取得するプログラムもあります。

スルヴァル・モントルーの公式ビデオ

ウィンターキャンプの授業

キャンプの授業は、大きく教室を使う授業と課外授業にわかれます。
教室内では、フランス語、英語、エチケット、料理、ペストリー作り、メイク、スタイル分析などフィニッシングスクールらしい内容が組まれています。

課外授業では、スキー、スノボード、アイススケート、ジュネーブやベルン、レザンなどに日帰り旅行。また、チョコレート向上の見学やジャグジーなどで疲れを癒します。

ウィンターキャンプの時間割り

スルヴァル・モントルーのウィンターキャンプのホームページより引用。
朝9時から午前中は、英語またはフランス語の授業があり、ランチ後はアートや調理、スキーなどが時間割に組まれています。
土曜日はゆったりブランチの後、ベルンなど近くの町に出かけることもできます。
日曜日はオプションでスキーが選べます。
一週間の時間割りを見ると、やはり午前中の英語またはフランス語の授業できっちりと学び、午後はスポーツとややゆったりしたプログラム。
スイスのフィニッシングスクールとボーディングスクールの内容がスポーツと勉強のバランスに現れています。

ウィンターキャンプの参加費

ウィンターキャンプの授業についてまとめました。
(*為替レート 1スイスフランを100円で換算)

申込料金:500スイスフラン(約5万円)
保証金:2,000スイスフラン(約20万円)
保険料:160スイスフラン(1万6千円)
3週間:7,875スイスフラン(約79万円)
4週間:10,875スイスフラン(約110万円)
5週間:13,875スイスフラン(約140万円)
6週間:16,875スイスフラン(約170万円)
7週間:19,875スイスフラン(約200万円)
8週間:22,875スイスフラン(約230万円)

期間中は、食事、ランドリーや各クラブ活動、ジュネーブ空港までの行き帰りの送迎がつきます。

スルヴァル・モントルーのホームページのスクリーンショット引用

オプション料金
プライベート・レッスン(1回につき):120スイスフラン(約1万2千円)
ジュネーブ、ベルンなどへの小旅行費用:100スイスフラン(約1万円)
週末の追加のスキープログラム:200スイスフラン(約2万円)

元ホテルを活用した寮

スルヴァル・モントルーの寮は、元ホテル。
食堂もホテルの食堂をそのまま活用しています。
下の写真は、スルヴァル・モントルーのホームページのスクリーンショット。

もちろん寮も、スイスのホテル基準。
ハウスキーピング専属のスタッフもいるため、勉強やスポーツに専念できます。
この元ホテルのボーディングプログラムで提供されるのがサマーキャンプとウィンターキャンプ。

参加者の声

ウィンターキャンプは、素晴らしい経験となりました。私たちは、キャンプ中フランス語を学びました。そして、素晴らしい友人と出会えることができました。(パナマの生徒)
The winter camp is a great experience. We have learned more French than in a whole school year and have made friendships that will last forever.Cristina (Panama)

スルヴァルのウィンターキャンプは、素晴らしかったです。私は何人もの新しい友人と出会い、パナマに住んでいては知ることができない新しい友達の生活を知ることができました。
なによりもモントルーとアンダマットは、素晴らしいところでした。
Surval's winter camp is a great experience. I met many new friends and learned how different life can be outside Panama. Both Montreux and Andermatt are beautiful places to stay with lots of things to do.
Graciela (Panama) Both Montreux and Andermatt are beautiful places to stay with lots of things to do.Graciela (Panama)

お問い合わせ

Surval Montreux
TELe41 21 966 16 16
Email:info@surval.ch
住所:Route de Glion 56 1820 Montreux Switzerland

公式パンフレットはこちら

スルヴァル・モントルーについてちょっと寄り道

お茶の時間も女子会みたい

2016年の修学旅行は、ロシアのサンクトペテルブルクでした。

サンクトペテルブルクのロココ建築のエカテリーナ宮殿。
スイスのボーディングスクールの修学旅行らしい光景ですね。

こちらも参考にしたいですね。

ボーディングスクールのスゴイ学費。世界トップに人脈を作るには、やはりお金がかかる?

http://istimes.net/articles/775

世界トップの子弟が学ぶボーディングスクールの学費とはどのくらいかかるのでしょうか。中学校・高校で培った人脈は、一生続きます。ボーディングの学費とその施設を中心にまとめました。

なぜ、インターナショナルスクールの授業料は高いのか?

http://istimes.net/articles/769

お子さんが生まれると一度は、インターナショナルスクールに通わせることを考えませんか?有名人が子どもをインターナショナルスクールに通わせている記事も載ります。ネットでインターナショナルスクールのホームページを見て、高い授業料に驚いた方もいると思います。なぜ、インターナショナルスクールの授業料は高いのか?をまとめました。

国際高専イベント10月28日

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

国際高専イベント10月28日

最新の投稿


【人気記事トップ10】多くの読者に読まれたタイムズ記事カウントダウン【2017年7月〜9月】

【人気記事トップ10】多くの読者に読まれたタイムズ記事カウントダウン【2017年7月〜9月】

記事のなかで2017年7月〜9月の間で読まれた記事をトップ10を順番にまとめました。アクセス数から見ていくとインターナショナルスクールの情報とあのロイヤル記事がランクイン。How to系も新たにランクイン。季節的に変動が大きい国際教育の記事について動向をまとめました。


イベントレポート【後編】 STEM教育を英語で学ぶことで、身につく学びとは?

イベントレポート【後編】 STEM教育を英語で学ぶことで、身につく学びとは?

ローラス武蔵新城校で開催され、満員御礼の大盛況で終了したSTEM教育イベント。テーマは、『AI時代にあなたの子供は、どう生きていますか?~STEM教育を英語で学ぶことで身につく学びとは~』 当日の様子を前編と後編の2回に分けてお伝えします。


インド人もびっくり?5年で生徒数が70%増のインドのインターナショナルスクールブーム

インド人もびっくり?5年で生徒数が70%増のインドのインターナショナルスクールブーム

インドでは、この5年間でインターナショナルスクールに通う生徒数が70%も増加しました。生徒数も15万人から26万人、校数も313校から469校と急増するインドは、まさにインターナショナルスクールブームです。イギリスのAレベルや国際バカロレアで学べるインターナショナルスクールが人気となっています。


イベントレポート【前編】 STEM教育とインターナショナルスクール

イベントレポート【前編】 STEM教育とインターナショナルスクール

ローラス武蔵新城校で開催され、満員御礼の大盛況で終了したSTEM教育イベント。テーマは、『AI時代にあなたの子供は、どう生きていますか? ~STEM教育を英語で学ぶことで身につく学びとは~』 当日の様子を前編と後編の2回に分けてお伝えします。


高校からは国際バカロレア!と決めたヨーロッパの小国アンドラの大きな挑戦。

高校からは国際バカロレア!と決めたヨーロッパの小国アンドラの大きな挑戦。

フランスとスペインの国境にもなっているピレネー山脈に小さな国があるのをご存知ですか?それがアンドラ公国です。23区ほどの面積に約7万人が住んでいます。アンドラ政府は、高校で学ぶカリキュラムを国際バカロレアにすることを決めました。小さな国の大きな挑戦。アンドラ公国の決断は、同国の未来にどのように影響するのでしょうか?


国際高専イベント10月28日
国際高専イベント10月28日