Powered by Global Step Academy    
【コラム】7年間で60%増!世界でインターナショナルスクールが急増!

【コラム】7年間で60%増!世界でインターナショナルスクールが急増!

世界のインターナショナルスクールについて統計情報を出しているISC Researchによれば、英語で学ぶ幼稚部から高等部のあるインターナショナルスクールは、全世界で2010年の6,001校から2017年までに9,538校となった。この7年間で約60パーセント校数が増えたことになる。その急速な拡大は、どの国、都市がになっているのだろうか?


世界の教育産業で驚異的な伸び!

世界のインターナショナルスクールについて統計情報を出しているISC Researchによれば、英語で学ぶ幼稚部から高等部のあるインターナショナルスクールは、世界で2010年の6,001校から2017年に9,538校となった。

この7年間で約60パーセント校数が増えたことになる。

新興国の需要がインターナショナルスクールの増加を後押し

世界の都市では中東と中国がインターナショナルスクールの増加を牽引する。

特にインターナショナルスクールが増えた中東のアラブ首長国連邦(UAE)は、ドバイに306校、アブダビ160校がある。

現在、人口比率においてインターナショナルスクールが多い地域だ。

ドバイにあるエミレーツ・インターナショナルスクール(Emirates International School)は、1991年に創立され、2つのキャンパスで幼稚部から高等部まで1600人の生徒が学ぶ。

国際バカロレア一貫校で、ディプロマ資格課程の合格率も96%を誇る。

中東のインター増加は、インド人が背景に

中東は、インターナショナルスクールが多い地域だ。
しかし、その背景には理由がある。

成長著しいUAEのドバイ。

例えば、ドバイのインターナショナルスクールの生徒は、次の3つに分けられる。
① 欧米系駐在員
② アラブ系駐在員
③ インド系駐在員

そのなかでも生徒が増えているのが、インド人の生徒だ。

世界で最も英語人口が多いインド。
そのインド人が海外に出稼ぎを出ると子どもの教育には、英語で学ぶスクールを選ぶことが多い。

そのため、世界中でインド人の活躍とともに、インド人駐在員向けのインディアンスクールが急増している。

2000年以降、編集部が日本国内のインディアンスクールを調べたところ、幼稚部から高等部までのインディアン系のインターナショナルスクールが3校増えている。

中国・アジアの現状

上海は改革開放政策で、経済特区として発展した。
海外から投資とともにインターナショナルスクールも増加した。

中国には、上海に169校があり、東南アジアの都市ではプノンペンに126校、シンガポールに122校と校数が増えている。

日本のインターナショナルスクール校数とアジア比較

編集部の調べでは、東京都でも20校に留まる。

上海の人口は、2400万人。それに対してインターナショナルスクールは、169校ある。
上海には、14万人に1校インターナショナルスクールがあることになる。

それに対し、東京の人口は930万人。それに対してインターナショナルスクールは20校。
47万人に1校インターナショナルスクールがあることになる。

上海の方が人口比でインターナショナルスクールが4倍あることになる。

海外からの直接投資、さらに労働力の確保の点から考えても、国際競争力を補う国際教育インフラとして、日本のインターナショナルスクールの工数は、あまりに寂しい結果といえるだろう。

こちらも参考にしたいですね。

【インターナショナルスクールの先生は、実力主義で高給?】世界でリクルーティング〜その世界

https://istimes.net/articles/1047

世界で急成長する教育分野のひとつが「インターナショナルスクール」です。インターナショナルスクールの統計調査を公表しているISCReserchは、今後、5年間でインターナショナルスクールの市場規模は2倍に成長すると予測。人材大国で英語を公用語とするフィリピン、インドはインターナショナルスクールの教員を年々輩出しています。

10年後には、生徒数1千万人へ!なぜ、インターナショナルスクールは世界で大人気?マレーシアとベトナムの事情から考える。

https://istimes.net/articles/1002

世界でインターナショナルスクールが教育機関として急成長しています。2017年には、インターナショナルスクールで学ぶ生徒数は、1千万人になると考えられています。なぜ、インターナショナルスクールは世界で大人気なのか?同じアジアのマレーシアとベトナムの事情から考えてみました。

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

https://istimes.net/articles/875

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

最新の投稿


【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

2018年の冬。平成最後の年は、ウィンタースクールで学び納め! 編集部では、ウィンタースクールを開校するインターナショナルスクールをまとめました。東京都港区、目黒区、立川市、神奈川県大和市の4校です。


【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

2022年に開校を計画している「白馬インターナショナルスクール」プロジェクトは、10月27日(土)に長野県白馬村で開催します。「AIの進化から考える」をテーマに教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会、第2部にパネルディスカッションを開催します。


【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数の受験者募集!】MIT(マサチューセッツ工科大学)は、昨日、約1120億円(10億ドル)かけてでAI(人工知能)の学部を創設すると公表しました。STEM教育が重要になってくるなかで、お子様にMITで学べる英語×算数力を育てる良い機会が「世界算数」です。本キャンペーンは、10/17から10/27までのキャンペーンです。


【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあう」を理念にしたHILLOCK Bilingual Kinder School(ヒロックバイリンガル幼児園)が目黒区、品川区にかかる林試の森公園に隣接して開園します。同園を運営する「NPOソダチバ・プロジェクト」は、発起人にSTEM教育、国際教育の専門家が集結しています。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


GSA