Powered by Global Step Academy    
【コラム】7年間で60%増!世界でインターナショナルスクールが急増!

【コラム】7年間で60%増!世界でインターナショナルスクールが急増!

世界のインターナショナルスクールについて統計情報を出しているISC Researchによれば、英語で学ぶ幼稚部から高等部のあるインターナショナルスクールは、全世界で2010年の6,001校から2017年までに9,538校となった。この7年間で約60パーセント校数が増えたことになる。その急速な拡大は、どの国、都市がになっているのだろうか?


世界の教育産業で驚異的な伸び!

世界のインターナショナルスクールについて統計情報を出しているISC Researchによれば、英語で学ぶ幼稚部から高等部のあるインターナショナルスクールは、世界で2010年の6,001校から2017年に9,538校となった。

この7年間で約60パーセント校数が増えたことになる。

新興国の需要がインターナショナルスクールの増加を後押し

世界の都市では中東と中国がインターナショナルスクールの増加を牽引する。

特にインターナショナルスクールが増えた中東のアラブ首長国連邦(UAE)は、ドバイに306校、アブダビ160校がある。

現在、人口比率においてインターナショナルスクールが多い地域だ。

ドバイにあるエミレーツ・インターナショナルスクール(Emirates International School)は、1991年に創立され、2つのキャンパスで幼稚部から高等部まで1600人の生徒が学ぶ。

国際バカロレア一貫校で、ディプロマ資格課程の合格率も96%を誇る。

中東のインター増加は、インド人が背景に

中東は、インターナショナルスクールが多い地域だ。
しかし、その背景には理由がある。

成長著しいUAEのドバイ。

例えば、ドバイのインターナショナルスクールの生徒は、次の3つに分けられる。
① 欧米系駐在員
② アラブ系駐在員
③ インド系駐在員

そのなかでも生徒が増えているのが、インド人の生徒だ。

世界で最も英語人口が多いインド。
そのインド人が海外に出稼ぎを出ると子どもの教育には、英語で学ぶスクールを選ぶことが多い。

そのため、世界中でインド人の活躍とともに、インド人駐在員向けのインディアンスクールが急増している。

2000年以降、編集部が日本国内のインディアンスクールを調べたところ、幼稚部から高等部までのインディアン系のインターナショナルスクールが3校増えている。

中国・アジアの現状

上海は改革開放政策で、経済特区として発展した。
海外から投資とともにインターナショナルスクールも増加した。

中国には、上海に169校があり、東南アジアの都市ではプノンペンに126校、シンガポールに122校と校数が増えている。

日本のインターナショナルスクール校数とアジア比較

編集部の調べでは、東京都でも20校に留まる。

上海の人口は、2400万人。それに対してインターナショナルスクールは、169校ある。
上海には、14万人に1校インターナショナルスクールがあることになる。

それに対し、東京の人口は930万人。それに対してインターナショナルスクールは20校。
47万人に1校インターナショナルスクールがあることになる。

上海の方が人口比でインターナショナルスクールが4倍あることになる。

海外からの直接投資、さらに労働力の確保の点から考えても、国際競争力を補う国際教育インフラとして、日本のインターナショナルスクールの工数は、あまりに寂しい結果といえるだろう。

こちらも参考にしたいですね。

【インターナショナルスクールの先生は、実力主義で高給?】世界でリクルーティング〜その世界

https://istimes.net/articles/1047

世界で急成長する教育分野のひとつが「インターナショナルスクール」です。インターナショナルスクールの統計調査を公表しているISCReserchは、今後、5年間でインターナショナルスクールの市場規模は2倍に成長すると予測。人材大国で英語を公用語とするフィリピン、インドはインターナショナルスクールの教員を年々輩出しています。

10年後には、生徒数1千万人へ!なぜ、インターナショナルスクールは世界で大人気?マレーシアとベトナムの事情から考える。

https://istimes.net/articles/1002

世界でインターナショナルスクールが教育機関として急成長しています。2017年には、インターナショナルスクールで学ぶ生徒数は、1千万人になると考えられています。なぜ、インターナショナルスクールは世界で大人気なのか?同じアジアのマレーシアとベトナムの事情から考えてみました。

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

https://istimes.net/articles/875

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

最新の投稿


4/20(土)UWC ISAK Japan の説明会とワークショップが世田谷区のSUPER GLOBAL 二子玉川校で開催!

4/20(土)UWC ISAK Japan の説明会とワークショップが世田谷区のSUPER GLOBAL 二子玉川校で開催!

インターナショナルスクールの専門家が集結し、塾、プリスクール、アフタースクールを運営するSUPER GLOBAL Projectは、創立記念イベントを二子玉川校で4月20日(土)に開催します。こちらのグーグルフォームからお申込みください。 https://forms.gle/aSsCv5M2JouQQqjB6


【特報!】英国の名門ハロウ 2022年8月スキー場、ゴルフ場に隣接したインターナショナルスクールが日本開校へ!

【特報!】英国の名門ハロウ 2022年8月スキー場、ゴルフ場に隣接したインターナショナルスクールが日本開校へ!

英国の名門ハロウ校のインターナショナルスクール部門は、2022年8月に日本に開校することが判明しました。岩手県安比高原スキー場に隣接した11万㎡の敷地を確保しており、中高生向けのキャンパスを開校します。11歳から18歳を対象とした7年制で各学年の定員は、男女共学で120~140人。1クラス20人程度のクラス編成です。将来的には、7学年940人が全寮制のスクールが安比高原にできます。


なぜ、子育てをプロに任せる小学生向けボーディングスクールが社会に重要なのか?神石インター創立者末松氏独

なぜ、子育てをプロに任せる小学生向けボーディングスクールが社会に重要なのか?神石インター創立者末松氏独

小学生を対象としたボーディングスクールを開校を目指す「神石インターナショナルスクール」。現地説明会を前に創立者の末松氏に独占インタビューをさせていただきました。同校のアドバイザーにスイスの名門校ル・ロゼの校長であるマイケル・グレイ氏、英国のオックスフォード・ドラゴンスクールの校長ジョン・バウ氏を招聘し、期待が高まる神石インターナショナルスクールの現地説明会です。


【GW初公開!】建築中の神石インターナショナルスクール学校説明会がGWに開催!

【GW初公開!】建築中の神石インターナショナルスクール学校説明会がGWに開催!

小学生を対象としたボーディングスクールを開校を目指す「神石インターナショナルスクール」の現地説明会がGWに開催されます。同校のアドバイザーにスイスの名門校ル・ロゼの校長であるマイケル・グレイ氏、英国のオックスフォード・ドラゴンスクールの校長ジョン・バウ氏を招聘し、期待が高まる神石インターナショナルスクールの現地説明会です。


【新校舎完成!】横浜駅から徒歩9分。ホライゾン ジャパン インターナショナルスクール

【新校舎完成!】横浜駅から徒歩9分。ホライゾン ジャパン インターナショナルスクール

横浜駅から徒歩9分に新校舎完成!神奈川県横浜市にある国際バカロレアのディプロマ認定校のホライゾンジャパンインターナショナルスクールは、2006年創立の男女共学のインターナショナルスクールで、幼稚部から小学部、中学部、高等部までがある理数系を強化しているインターナショナルスクールです。


GSA