Powered by Global Step Academy    
えっ!聖徳太子の時代から続く英国の名門The King's  School Canterburyに新コースが開校!

えっ!聖徳太子の時代から続く英国の名門The King's School Canterburyに新コースが開校!

現存する世界最古の学校ー英国の名門The King's School Canterburyは、597年に創立されました。イギリスのケント州カンタベリーにある同校は、千年以上の歴史があります。そのキングズ・スクールに中高生向けの新たなインターナショナル・カレッジが開校します。セミナーが3月2日(土)、3日(日)の両日15:00から開催されます。英国式名門ボーディングスクール で学んでみませんか。


現存する世界最古の学校とは?

それが、英国にあるキングズ・スクール(The King's School Canterbury)です。
イギリスのケント州カンタベリーにあるキングズ・スクールは、597年により創設されました。
ちなみに日本は、聖徳太子の時代です。

同校は、中学校・高校にあたる教育課程があり、男女共学のスクールで約780名の生徒が学んでいます。

同校の創設者は、初代カンタベリー大司教の聖アウグスティヌスというから、イギリスのまさに歴史と伝統を引き継ぐ名門です。

そのインターナショナル・カレッジの説明会が3月2日(土)と3日(日)の両日15:00から開催されます。

▼ 詳しくはこちら。

こちらのPeatixからお申し込みください。

同校は、世界遺産のカンタベリー教会よりもさらに歴史があります。

その名門キングズ・スクール(The King's School Canterbury)がついに中高生向けにインターナショナルコースを開校します。

それがインターナショナルカレッジです。

名門キングズのインターナショナルカレッジとは?

英国式のボーディングスクールの発祥ともいえる名門キングズ・スクール。
中高課程に世界から生徒を募集するコースを創立します。
それがインターナショナルカレッジです。

ハウスマスターによる手厚いチュータリングも魅力です。

インターナショナル・カレッジは、世界から生徒を受け入れる柔軟なボーディングプログラムです。
日本の学年制と英国式では異なりますが、いわゆる中学(12歳〜)から入学できます。

・四年間のボーディングプログラム
・一年間または二年間の留学も選択可能

同校の魅力は、インターナショナル・カレッジから本科への編入や他のボーディングスクールなどへの編入も可能な点です。

東京ドーム2個分のフィールドでは、陸上競技。英国の歴史と伝統のスポーツであるクリケットやラクロスでも使われます。

キングズ・スクールは、オックスフォードやケンブリッジ大をはじめ、毎年世界の一流大学へも合格者を多数輩出しています。

イギリスだけではなく、スイスやアメリカのボーディングスクールに準備するなど、様々な選択肢が選べるのがインターナショナル・カレッジの特徴です。

インターナショナルカレッジ創立に伴い、新たな校舎も建築しています。

▼ 完成時のイラストが、こちらです。

ロンドンの世界的な建築事務所が設計したインターナショナルカレッジ。
イギリスらしく、モルトハウス(ビール醸造所)をリノベーションし、オーク材を使い回廊した校舎に生まれ変わります。

モルトハウスの良さを活かし、空間をダイナミックに使っている校舎には、演劇用の劇場も作られます。

▼ セミナーのお申し込みは、こちら。

お申し込みは、こちらのPeatixから。

キングズ・インターナショナルカレッジの学びとは?

生涯に渡り成長し続ける個を中心に、同校は3つのコアスキルをテーマにしています。

それが、自己の能力を高める調査・分析力。
深い理解に繋がる質問力。
アートやドラマ、音楽やスポーツなどを通じたコミュニケーション能力です。

3つのコアスキルが「個」としての力を育てます。

英国の義務教育終了資格試験であるIGCSE(International General Certificate of Secondary Education)の数学や科学、アートやコンピュータなど様々な科目が用意されています。

高度なIGCSEのため、少人数制の学びが中心となり、多様な生徒とともにディスカッションから考察していきます。

そのためラウンドテーブルが重要な意味を持ちます。

調査・分析のためにICT教育も充実しています。

3つのコアにある「コミュニケーション能力」を育てるスポーツは、重要です。

インターナショナル・カレッジは、キングズ・スクールの屋内プールやテニスコートなども部活動などで一緒に使います。

セミナー概要

セミナーは、3月2日(土)、3日(日)の両日開催されます。

日時:2019年3月2日(土)15:00-18:30
   2019年3月3日(日)15:00-18:30
会場:インタースクール東京校
内容:1.英国式教育セミナー&留学ガイダンス
   2.カクテルパーティー(軽食付)      
   3. 個別相談会(事前予約制)        
   
定員:限定30名/日(定員になり次第締め切らせて頂きます)
参加費:3000円/名(お子様は無料)
問合せ窓口:King'sインターナショナル留学セミナー事務局
メール:kingsinternational2019@gmail.com

お申込み

お申し込みは、こちらのPeatixから。

欧州最古の名門「創立 西暦597年」The King’s School Canterburyセミナー

https://kingsinternational2019.peatix.com

欧州最古の名門「創立 西暦597年」The Kings School Canterburyセミナー

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、また東京ウエストインターナショナルスクールの理事を務めながら、国際バカロレアのPYPの研修を受け、現場経験と記者の目線で記事を書いています。

関連する投稿


【超速報】2022年英国名門ラグビー校が日本にインターナショナルスクールを設立へ

【超速報】2022年英国名門ラグビー校が日本にインターナショナルスクールを設立へ

英国エリザベス女王1世が勅旨で開校した名門校”The Nine"の一校であるラグビー校が日本に開校することが決まりました。北海道と東京に開校へ。


【校長決定!】神石インターナショナルスクールが生徒募集を開始へ!

【校長決定!】神石インターナショナルスクールが生徒募集を開始へ!

ニコラス・ジェームス・ガン氏が校長に就任することが決まり、2020年4月開校に向けて準備が進む神石インターナショナルスクール。生徒募集も始まり、日本初の小学生のボーディングスクールの姿が見えてきました。早速、神石インターナショナルスクールの生徒募集内容を紐解いていきます。


イベントレポート【第2弾】未来を拓くイノベーターの育て方

イベントレポート【第2弾】未来を拓くイノベーターの育て方

ローラスのサイエンスフェアで開催され、大盛況で終了した教育セミナー『未来を拓くイノベーターの育て方』。海外の大学やボーディングスクールへの進学を検討している場合、どのようにお子様の幼児教育を準備すれば良いのか、当日のイベントレポートをお届けします。


​ ウィリアム王子の母校イートン校がオンライン教育を開始。「イートンX」とは?

​ ウィリアム王子の母校イートン校がオンライン教育を開始。「イートンX」とは?

世界のトップボーディングスクールといえば、英国のイートン校が代表的だ。チャールズ皇太子、ウィリアム、ヘンリー王子ともにイートン校で学んだ英国の名門イートン校。実は、オンライン教育を開始した。それが「イートンX」。その知られざれるイートンXと英国のボーディングスクールについてまとめた。


明日!8/6(日)アメリカの名門ボーディングスクール在校生・卒業生によるボーディンスクールフェアが開催!そのホンネとは?

明日!8/6(日)アメリカの名門ボーディングスクール在校生・卒業生によるボーディンスクールフェアが開催!そのホンネとは?

2017年8月6日(日)にアメリカの名門ボーディングスクールの在校生・卒業生によるボーディンスクールフェアが西町インターナショナルスクールで開催されます!ボーディングスクールのフェアは留学業者などが開催していますが、今回のフェアは、在校生・卒業生が運営しています。そのため「ボーディングスクールの本音」を聞けるイベント


最新の投稿


【保育無償化】インターナショナルスクールの保育・幼稚部が2020年開園ラッシュ!

【保育無償化】インターナショナルスクールの保育・幼稚部が2020年開園ラッシュ!

インターナショナルスクール保育・幼稚部の年間授業料は、150万から250万の間だ。保育無償化で対象となるインターナショナルスクール保育・幼稚部に通うと保護者は、年間約45万円が給付される。実質的な負担は約100万から200万に下がる。小学校の英語科目化など受験制度の変化も感じ取った保護者が「英語で探究的に学ぶ」インターナショナルスクールの保育・幼稚部を選ぶケースが増えている。 保育無償化の新年度となる2020年4月。全国的にインターナショナルスクールは、開園ラッシュを迎える。令和のインターナショナルスクールブームの号砲となりそうだ。


募集開始!【UWC ISAK Japan】サマースクール募集開始!

募集開始!【UWC ISAK Japan】サマースクール募集開始!

今年も来年のサマースクールに向けてUWC ISAK Japan のサマースクールの募集が始まりました。ISAKで学びたい生徒も、ISAKの学びから自分らしさを発見する生徒も、ぜひ参加したいですね。


【都立新国際高校(仮)】計画は、今、どのように進んでいるのか?

【都立新国際高校(仮)】計画は、今、どのように進んでいるのか?

期待が集まる東京都立「新国際高校」。国際教養学科に理数教養コース、語学教養コースの2コースを設置し、東京都港区白金二丁目に約19,720平方メートルの校舎が建築予定です。旧東京都職員白金住宅地があった場所で現在、工事が進んでいます。具体的な生徒募集時期はまだ発表されていませんが、大きな注目を集めそうです。


【12/7】国際バカロレアを知って、体験!東京で英数学館による教育フォーラムが開催!

【12/7】国際バカロレアを知って、体験!東京で英数学館による教育フォーラムが開催!

12月7日(土)に東京インターナショナルスクールを会場に、英数学館による教育フォーラムが開催れます。国際バカロレアをテーマに親子で英語イマージョン教育と国際バカロレアの体験もできるワークショップも開催されます。特別講演に元日本代表監督の岡田武史氏、基調講演に国際バカロレア大使の坪谷ニュウエル氏、三部のパネルディスカッションでは同校卒業生であり、株式会社ジャパンタイムズの代表取締役会長の末松弥奈子氏がファシリテーターに登壇し、英数学館中・高等学校永留聡校長、坪谷氏、卒業生の船井木奈美氏が登壇。四部では、小学5年生~中学3年生を対象とした英語イマージョンプログラムや国際バカロレアの教育を体験できるワークショップが開催されます。


学費無償!フランス発エンジニアスクール「42」が東京に開校へ

学費無償!フランス発エンジニアスクール「42」が東京に開校へ

フランス発エンジニア養成機関がついに日本に開校へ。その名も「42 Tokyo」。 フランス発の42は、フランスのパリ、アメリカのシリコンバレー、フランスのリオン、ベルギー、モスクワ、モロッコと次々に開校してきました。エンジニアになるための養成機関ですが、授業料などはありません。企業、実業家が支援をしています。


“インターナショナルスクールタイムズ編集部のメルマガ登録はこちら”
GSA