Powered by Global Step Academy    
【スクール見学】米国発レッジョ・エミリア インスパイアの園が中目黒に開園!

【スクール見学】米国発レッジョ・エミリア インスパイアの園が中目黒に開園!

Kodomo Edu International School を創立したのは、ウォルト・ディズニー社でディズニーの “最高のモノづくり”、”最高のチームを作る ” 文化に多くを学ぶ経験を積んできた上田 佳美氏。「レッジョ・アプローチ」文藝春秋刊の著者 アレッサンドラ・ミラー二氏、アメリカのロサンゼルスでレッジョ・エミリア教育に携わってきたベッカ氏などが立ち上げに関わっています。


米国発レッジョ・エミリア インスパイアの園が中目黒に開園!

東京都目黒区にひとつの園が2019年4月に開園しました。
それが、Kodomo Edu International School です。

世界中で注目されている幼児教育レッジョ・エミリア アプローチに取り組む園です。

Kodomo Edu International School を創立したのは、ウォルト・ディズニー社でディズニーの “最高のモノづくり”、”最高のチームを作る ” 文化に多くを学ぶ経験を積んできた上田 佳美氏。

上田氏は、アメリカでレッジョ・アプローチのプリスクールを運営していたスライヤ先生と出会い、元ディズニー勤務というつながりで意気投合し、スライヤ先生と共に2017年に都内でレッジョ・アプローチのサマースクールを開催しました。

2年間で述べ140名の子ども達が受講し、人気プログラムとなり、Kodomo Edu International School 開校に至りました。

GoogleのGoogleplex Campusにある社内幼稚園でもレッジョ・エミリアアプローチが採用されています。

画像引用:Google

Disneyの米国本社の社内幼稚園を始め、サンフランシスコの起業家達が多く住むカリフォルニア州・バークレイの公立幼稚園でも採用され、今世界で注目の幼児教育の一つのレッジョ・エミリアアプローチを、日本で本格的に実践しようと立ち上がったスクールです。

レッジョ・エミリアアプローチに注目が集まるのは、様々なアート素材を探求する事で、子どもが本来もつ能力・好奇心を引き出し、主体的に考え行動する力を育む力が身に付くためです。

海外からレッジョ・エミリアの気鋭が集結!

中目黒のKodomo Edu International Schoolは、「レッジョ・アプローチ」文藝春秋刊の著者、アレッサンドラ・ミラー二氏、アメリカのロサンゼルスでレッジョ・エミリア教育に携わってきたベッカ氏などが立ち上げに関わりました。

レッジョ・アプローチはアートの部分だけが注目されます。

しかし、社会構成主義 (Constructivism)が理念の根底にありKodomo Edu International Schoolは、そこに注目しています。

それは、子ども達の学習を深めるためには、仲間とともに、想像する、共有する、実践する、振り返る、学びのスパイラルを繰り返すことです。

この学びのスパイラルが深まることで思考が深まり、クリティカルシンキングや創造力など、様々なスキルが育まれます。

Kodomo Edu International School が実践するレッジョ・エミリア アプローチでは、5つの力が身につきます。先生と仲間と共に様々なアート素材を、時には手先で、時には体全体で触れ、探求する想像力。

先生が一人一人の子どもをよく観察し、提供する興味に合わせた学びの機会からの好奇心。
また、先生や仲間と共に、自分たちが取り組んだ物について度話し合い振り返ることで、観察力・考察力が身につきます。

全ての子どもが本来持ち合わせている創造力を開花させます。

チームの仲間と協力するとともに友達同士が尊重し合うよう促します。家庭の外で仲間から認められることで、自尊心も育まれます。

Kodomo Edu International School を見学してきました。

中目黒の閑静な住宅街にあるKodomo Edu International School。
一軒家を教室として使っています。
1階に入るとアトリエがあり、色使い、カラフルさが目を引きます。

アトリエの入り口には、「のれんプロジェクト」で作成されたのれんがお出迎え。
作品に子共たちの芯の強さを感じる黒と青で彩られています。

アトリエは、様々な子共たちの創造力が織り成す場所。
一人一人の色、形などが一つの作品を作る場所だけに、勢いを感じるアトリエです。

完成した作品は、校舎に展示されます。
前衛芸術のように勢いと力がある作品が日常のリラックスしたスペースに自然とマッチします。

それが、子共たちの中から生み出されたものだからなのかもしれません。

色の使い方も三原色からと決まっており、どのように色と自分を見つけ出すのか。
「個」と「色」との出会いから始まるレッジョ・エミリア。

全日制のプリスクールに加え、アフタースクール、サタデースクールも開講しています。

これからKodomo Edu International School がどのようなレッジョ・インスパイアの学びを見せてくれるでしょうか。

楽しみですね。

レッジョ・エミリアに通えるコース

プリスクールは、2〜4歳を対象として月曜〜金曜に開催されています。
預かり時間は、2種類あります。
[ Full Day ] 9:00〜14:00 [ Half Day ] 9:00〜11:30
 *延長17時まで、(9時前通学、18時半まで延長は要相談)

内容 : レッジョ・アプローチによる探求学習(All English)
日数 : 週2〜週5で選択 / スポット利用も可能です(回数券1回, 4回)

アフタースクールは、年中〜小3を対象とし、月曜〜金曜に開校しています。
時間は、幼稚園生15:00〜17:00
     小学生 16:00〜18:00
     *14時〜18時半で延長あり。ワーママ応援フル延長パックあり)
内容 : レッジョ・アプローチによる探求学習(All English + 日本語サポート)
日数 : 週1〜5で選択 / スポット利用も可能です(回数券4回)

年少〜小3を対象としたサタデースクールも開校しています。
曜日 : 毎週土曜
時間 : 9:00〜14:00
内容 : レッジョ・アプローチによる探求学習(All English + 日本語サポートあり)

コース : 月2回 / 月4回
スポット利用も可能です (回数券4回)

お問合せ

Kodomo Edu International School
HP:https://www.keis-edu.com/
TEL: 03-6316-8753
Email: school@kodomo-edu.com
Address: 〒153-0051 東京都目黒区上目黒3−37−10

アクセス

東急東横線中目黒駅から徒歩9分。
東急東横線祐天寺駅から徒歩10分。

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、また東京ウエストインターナショナルスクールの理事を務めながら、国際バカロレアのPYPの研修を受け、現場経験と記者の目線で記事を書いています。

最新の投稿


【レポート 前半】国際バカロレア19校が集結!国際バカロレアの体験授業が親子でなるほど!面白い!

【レポート 前半】国際バカロレア19校が集結!国際バカロレアの体験授業が親子でなるほど!面白い!

国際バカロレアの学びとはどのようなものでしょうか?親と保護者が一緒に国際バカロレアについて知り、体験できるイベントが日本初で開催されました。それが「国際バカロレア学び紹介フォーラム」です。テンプル大学ジャパンキャンパス・岡山理科大学・筑波大学の共催でESN英語教育総合研究会運営で開催された「国際バカロレア学び紹介フォーラム」の様子をお伝えします。


【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情を垣間見るケースがある。香港の民主化運動が続く中で、シンガポールのインターナショナルスクールに問い合わせが増加している。このような動きは、インターナショナルスクール、ボーディングスクールに通わせる家庭で顕著だ。EU離脱に揺れた英国も一時期、ドイツのフランクフルトなどのインターナショナルスクールに問い合わせが増えた。また日本のインターナショナルスクールから海外のインターナショナルスクールに生徒が転校したケースとして東日本大震災が挙げられる。インターナショナルスクールに子供を通わす保護者のリスク管理は、は、まさに「孟母三遷の教え」を実行していると言える。


【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

世界で英国式のボーディングスクールが人気になっています。日本でも英国の名門ボーディングスクールの「ラグビー校」と「ハロウ校」が参入を表明しました。その中でチャールズ皇太子、ウィリアム王子、ハリー王子の母校「イートン校」がいつ海外に分校を作るのか?に注目が集まっていました。イートン校は、世界に分校ではなく、世界にオンラインで「Eton X」を展開することを決めました。「Eton X」を日本で展開するのが、グローバルスカイ・エデュケーション株式会社(以下、GSE)です。GSE社の友永氏、須川氏、写真左上からサンダークリフ氏、大槻氏にインタビューをお願いしました。


【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校させます。これまで渋谷と昭和の2つのキャンパスに分散していたブリティッシュ・スクールの幼稚部と小学部が「虎ノ門ー麻布台」再開発プロジェクトでどのようなキャンパスができるのか、が注目を集めています。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称される「トーマス・ヘザウィック氏」の設計となり、インターナショナルスクールの校舎として注目を集めそうです。


【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

渋谷区にある小中高のインターナショナルスクールは、3校!名門聖心インターナショナルスクール、英国式のブリティッシュ・スクール・イン東京、そして、代々木インターナショナルスクールです。渋谷、三軒茶屋に分散しているブリティッシュ・スクール・イン東京は、「虎ノ門元麻布」に2023年に小学校を移設します。人気の渋谷区。今後も小学校まであるインターナショナルスクールが増えそうです。


“インターナショナルスクールタイムズ編集部のメルマガ登録はこちら”
GSA