Powered by Global Step Academy    
なぜ?バイリンガル・プリスクールが人気に!

なぜ?バイリンガル・プリスクールが人気に!

探究的な学びとともに、日本語を母語と第二言語としての英語を重視した学びが重視されています。探究×バイリンガル=バイリンガルスクールとして、インターナショナルプリスクールからさらに進化した令和時代のバイリンガルスクール。その学びと教習言語に新たな意味を持ち始めています。


今バイリンガルプリスクールが人気だ。

東京都中野区に新しくバイリンガルスクールをオープンさせたのが、アオバジャパン・バイリンガルプリスクールだ。

▼ アオバジャパン・インターナショナルスクールの公式インスタグラムより引用。

『アオバジャパン』と言えば、東京都練馬区にあるアオバジャパン・インターナショナルスクールを思い浮かべる人が多いだろう。

▼ 目黒区にある目黒キャンパス。公式インスタグラムより引用。

アオバジャパン・バイリンガル・プリスクールも同じアオバジャパンの運営だ。

アオバジャパンは、東京都練馬区光が丘にある幼稚部、小学部、中学部、高等部と国際バカロレア一貫校のインターナショナルスクールを運営しているが、幼児園として積極的にバイリンガルスクールを展開している。

幼児園として展開してるのが開講しているのがアオバジャパン・バイリンガルプリスクールグループだ。

早稲田、晴海、芝浦、三鷹に中野が新キャンパスに加わる。

アオバジャパンの特徴

アオバジャパンの特徴として、国際バカロレアの取り組みが挙げられる。

アオバジャパンは、著名コンサルタントの大前研一氏が率いる株式会社ビジネス・ブレークスルーの経営になってから、一気に国際バカロレアの教育理念に舵を取った。

▼ 国際バカロレア機構も、国際バカロレアのDPで学んだ卒業生の一人として宇宙飛行士の星出彰彦氏を讃える。国際バカロレア機構の公式インスタグラムより引用。

文科省の国際バカロレア200校計画を始め、国際教育の潮流に乗ったアオバジャパンは、インターナショナルスクールを中核に幼児園では『バイリンガルスクール』路線を選び始めた。

▼ 東京都中野区に中野キャンパス新設のお知らせより引用。

1歳から6歳の幼児を対象に、世界標準の幼児教育カリキュラムをベースとした日本語と英語のバイリンガル教育と、探究型のアクティブラーニングを提供する計画
(株式会社ビジネス・ブレークスルーIR資料より引用)

なぜ、バイリンガルスクールが人気に?

インターナショナルスクールを運営するアオバジャパンがなぜ、バイリンガルスクールを幼児で展開するのか?

編集部では、その理由を分析してみた。
早速、結論から。

1.待機児童のいる地域
2.探究学習のニーズ
3.国際教育ニーズ
4.タワーマンションとパワーカップル

アオバジャパンが幼児園として、バイリンガルスクールを展開する地域を分析すると上記の4点が導き出される。

東京都中央区晴海、東京都港区芝浦、東京都新宿区高田馬場、東京都中野区南台。

人口が増加し、タワーマンション、なおかつパワーカップルのいる地域に的を絞って展開をしているのがわかる。

中野キャンパスでは、説明会も開始。
9月04日(水)16:30~17:30 @ 新高円寺 (light side cafe)
9月07日(土)09:30~10:30 @ 代々木公園、八幡 (9+/NINE)
※いずれも質疑応答含め、所要時間は約1時間程度。

バイリンガルの意味

アオバジャパン・バイリンガルプリスクールと幼児園は、園名を変えたのか。

そこには、バイリンガルの意味をインターナショナルスクールとして掘り下げてきたアオバジャパンならではのノウハウがある。

バイリンガルスクールの「バイリンガル教育」のコナーで、編集部が注目するのが「正しい日本語の習得」という文章だ。

▼ どれだけ自発的に伝えたいことを伝えられるかを重視したアオバジャパン・バイリンガルプリスクール。

正しい日本語の習得に加え、毎日のネイティブ教師との時間を通じ、語学吸収力に優れる幼児期に、一生にわたり役立つ語学力と異文化理解力を身につけていきます。

探究テーマに連動し、好奇心がある内容に英語で取り組むことを重視します。

3歳からは、1日を1つの言語で過ごす1日イマージョンは、インタナショナルスクール一貫校を運営するアオバジャパンが日本の幼児教育に出した答えひとつの答えといえる。

探究的な学びと母語と第二外国語としての英語。
そのひとつがバイリンガルスクールだったといえる。

高まるバイリンガルスクールのニーズ

東京都世田谷区の駒沢公園、林試の森公園に2校同時にバイリンガルプリスクールをオープンさせたのが、HILLOCK Bilingual Kinder School だ。

インターナショナルな環境で自然と人にたっぷりふれあう。 先進の学びに触れ、一歩踏み出す経験をするヒロックバイリンガルキンダースクール。

▼ インスタグラムは、姉妹校のキッズアイランドより引用。

3~6歳児向けの幼児園として、目黒校、駒沢校を開園したヒロック。

下記の時間帯で説明会を開催す。

目黒校では、9/18(水)、10/16(水)、11/13(水)いずれも15:30~
駒沢校では、9/11(水)、10/9(水)、11/6(水)いずれも15:30~

ヒロックの特徴は、2~3歳児向けのプリスクールは「キッズアイランド(目黒、駒沢、砧公園)」で展開し、3〜6歳児はバイリンガルキンダーとなること。

▼ Face Bookから説明会の参加申し込みができる。

探究型バイリンガル幼稚園 Hillockキンダースクール説明会(2020年4月期)

https://www.facebook.com/events/390078131697956/

Event in Meguro, Tokyo, Japan by Hillock Bilingual Kinder School on Wednesday, September 11 2019

これまでプリスクールを15年近く経営してきた堺谷氏。

プリスクールのキッズアイランドを運営してきた堺谷氏は、日本語母語の生徒にとってプリスクールを運営してきた1つの結論といえる。

▼ インスタグラムは、姉妹校のキッズアイランドより引用。

探求的な学びとともに、日本語を母語と第二言語としての英語を重視した学び。

探究×バイリンガル=バイリンガルスクール

令和時代のバイリンガルプリスクールは、その学びと教授言語に新たな意味を持ち始める。

バイリンガルプリスクールの新たな時代は、令和と共に幕を開けたばかりだ。

この記事の記者

最新の投稿


【レポート 前半】国際バカロレア19校が集結!国際バカロレアの体験授業が親子でなるほど!面白い!

【レポート 前半】国際バカロレア19校が集結!国際バカロレアの体験授業が親子でなるほど!面白い!

国際バカロレアの学びとはどのようなものでしょうか?親と保護者が一緒に国際バカロレアについて知り、体験できるイベントが日本初で開催されました。それが「国際バカロレア学び紹介フォーラム」です。テンプル大学ジャパンキャンパス・岡山理科大学・筑波大学の共催でESN英語教育総合研究会運営で開催された「国際バカロレア学び紹介フォーラム」の様子をお伝えします。


【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情を垣間見るケースがある。香港の民主化運動が続く中で、シンガポールのインターナショナルスクールに問い合わせが増加している。このような動きは、インターナショナルスクール、ボーディングスクールに通わせる家庭で顕著だ。EU離脱に揺れた英国も一時期、ドイツのフランクフルトなどのインターナショナルスクールに問い合わせが増えた。また日本のインターナショナルスクールから海外のインターナショナルスクールに生徒が転校したケースとして東日本大震災が挙げられる。インターナショナルスクールに子供を通わす保護者のリスク管理は、は、まさに「孟母三遷の教え」を実行していると言える。


【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

世界で英国式のボーディングスクールが人気になっています。日本でも英国の名門ボーディングスクールの「ラグビー校」と「ハロウ校」が参入を表明しました。その中でチャールズ皇太子、ウィリアム王子、ハリー王子の母校「イートン校」がいつ海外に分校を作るのか?に注目が集まっていました。イートン校は、世界に分校ではなく、世界にオンラインで「Eton X」を展開することを決めました。「Eton X」を日本で展開するのが、グローバルスカイ・エデュケーション株式会社(以下、GSE)です。GSE社の友永氏、須川氏、写真左上からサンダークリフ氏、大槻氏にインタビューをお願いしました。


【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校させます。これまで渋谷と昭和の2つのキャンパスに分散していたブリティッシュ・スクールの幼稚部と小学部が「虎ノ門ー麻布台」再開発プロジェクトでどのようなキャンパスができるのか、が注目を集めています。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称される「トーマス・ヘザウィック氏」の設計となり、インターナショナルスクールの校舎として注目を集めそうです。


【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

渋谷区にある小中高のインターナショナルスクールは、3校!名門聖心インターナショナルスクール、英国式のブリティッシュ・スクール・イン東京、そして、代々木インターナショナルスクールです。渋谷、三軒茶屋に分散しているブリティッシュ・スクール・イン東京は、「虎ノ門元麻布」に2023年に小学校を移設します。人気の渋谷区。今後も小学校まであるインターナショナルスクールが増えそうです。


“インターナショナルスクールタイムズ編集部のメルマガ登録はこちら”
GSA