Powered by Global Step Academy    
ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。英国のボーディングスクールの展開も実は、ハリー・ポッター効果があったようです。


世界的ベストセラーのハリー・ポッター

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。
ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。

ポッターが入学したホグワーツ魔法魔術学校は、設定では男女共学の7年制のボーディングスクールで、生徒数は約1000人。
1学年は4寮あわせて約143名。生徒は、4つの寮に寄宿しています。

約70名以上の合同授業が多く、魔法薬学など一部の授業を除いて、残念ながら少人数制教育とは言い切れないようです。

化学、心理学など理工系リベラルアーツのボーディングスクールといえるのかもしれません。

イギリスのスコットランド地方にあると推測されるホグワーツ魔法魔術学校

ボーディングスクールは王子も学ぶ。

ボーディングスクールは、現在のウィリアム王子、ヘンリー王子も学びました。
現在、保育園に通っているジョージ王子もいずれはボーディングスクールで学ぶのでしょうか?

保育園に入ったばかりのジョージ王子。いずれはイートン校に入学するのでしょうか?
写真:ROTA/Camera Press/アフロ

イートン校など英国王室も通わせるボーディングスクール。
実は、歴史と伝統がある分、実はゆるやかに衰退する教育機関でした。

しかし、ある本のおかげで急速に息を吹き返します。

それが1997年に出版されると世界的なブームとなった「ハリー・ポッター」シリーズです。

ハリーポッターシリーズは、世界で73の言語に翻訳され、世界累計発行は4億5000万部以上のベストセラーとなりました。

またハリー・ポッターの魔法のおかげで英国のボーディングスクール業界は緩やかに生徒数が減少する教育機関でしたが、世界から注目が集まり、生徒数が増えました。

ハリー・ポッターの大ヒットは、映画に出演したダニエル・ラドクリフなど出演者とって出世作となりましたが、同時に演じる役柄がじわじわと狭められていきました。

しかし、ボーディングスクールは、映画の出演者とは違い、「ハリー・ポッター」の波に乗り、驚く展開を進めます。

そう「ハリー・ポッター」の世界的なベストセラーと同じく、ボーディングスクールも海外に進出していったのです。

イギリスのボーディングスクールが海外で成功

イギリスのボーディングスクールなどが加盟するThe Independent Schools Council (ISC)の統計では、イギリス国内のボーディングスクールの数より、海外でボーディングスクールの校数が増えていることを裏付けています。

インド、シンガポール、マレーシアなどの東南アジア、ドバイなどの中東、中南米、アフリカとイギリス式のボーディングスクールの分校が増えています。

1696年に創立されたダリッジカレッジ(Dulwich College)は、ダレッジカレッジインターナショナル(Dulwich College International)を海外で展開しています。

1619年創立のダリッジカレッジ(Dulwich College)。ちなみに1603年に徳川家康が征夷大将軍となり江戸に幕府を開くのは、1603年。

すでに中国の北京、上海、蘇州、韓国のソウル、シンガポール、マカオ、ミャンマーのヤンゴンに分校を開校し、約6000人以上が海外で学んでいます。

Harrow Schoolは、ダレッジカレッジと同じように海外校をインターナショナルスクール(Harrow International School)として展開しています。

すでに香港、中国の北京、上海、タイのバンコクと分校を開校しています。

ハリーポッターがイギリス国内よりも海外でベストセラーになったように、ボーディングスクールは海外で分校を増やしています。

ハリー・ポッターがボーディングスクールに残したのもの

英国のボーディングスクールが世界展開を進めた時期は、ちょうど「ハリー・ポッター」の世界的ベストセラーと重なりました。

1997年に「ハリー・ポッターと賢者の石」が発行され、最終巻となる「ハリーポッターと死の秘宝」が2007年に発行されています。

英語版の「ハリー・ポッター」シリーズは、約10年で世界を席巻しましたが、その間に英国のボーディングスクールも世界展開を進めました。

その早さは、まるで魔法のようです。

しかし、魔法のように解けることはなく、その国、地域に根付いたスクールとなっていました。
もちろん、ホグワーツ魔法魔術学校ではありませんでしたが。

こちらも参考にしたいですね。

【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

http://istimes.net/articles/915

ロンドンで国際バカロレアを採用しているインターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)。世界から転勤してくる生徒に母語と大切に探究的に学ぶインターナショナルスクールとして同校を訪問し、魅力について伺いました。ロンドン在住のChika B記者が同校をご紹介します。

イケメン首相は、元教師!カナダの深イイ教育とは? 

http://istimes.net/articles/926

カナダの23代首相のジャスティン・トルドー。英語とフランス語が公用語のカナダで教師として教壇に立った後、政治の道に進みました。父ピエール・トルドーもカナダ首相を務め、「多文化主義」を進めました。カナダの教育の背景には、多文化理解を進める父ピエール理念が息子ジャスティンに教育として受け継がれています。

王子は、カナディアン・インターナショナルスクール卒?ロイヤル・ウェディングから考えるインター卒の進路

http://istimes.net/articles/943

秋篠宮家の眞子さまの婚約相手がカナディアン・インターナショナルスクール卒業生として話題になっています。そこで、編集部ではインターナショナルスクール卒業生がどのような国内の大学に進学しているのか、をまとめました。皇室と国際教育。英語で学べる探究的な学びを提供する大学の姿が見えてきます。

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

最新の投稿


【世界制服ピックアップ!】ボーディングスクールからナショナルスクールまで

【世界制服ピックアップ!】ボーディングスクールからナショナルスクールまで

【世界制服ピックアップ!】ボーディングスクールからナショナルスクールまで多様な文化と制服をまとめてみました。イギリスのあるスクールでは、伝統の制服。イスラム教徒の制服は、ヒジャブを着た体育の授業など様々です。多様性を制服から感じてみませんか。


【ランチレポート】神戸のカネディアン・アカデミイ編 インターナショナルスクールのカフェテリアは、多様性ランチだった?!

【ランチレポート】神戸のカネディアン・アカデミイ編 インターナショナルスクールのカフェテリアは、多様性ランチだった?!

今回、編集部は「ランチ」からインターナショナルスクールの多様性をレポートしようという企画が立ち上がりました。それが「インターナショナルスクールのランチを食べる!」です。カフェテリアのランチから実感したのが、同校の多様性を尊重する理念です。実は、トップ画像のハンバーグにもヒントがありました。


【オランダ発】インターナショナル・スクールの注目イベント”International Day”とは?

【オランダ発】インターナショナル・スクールの注目イベント”International Day”とは?

オランダ在住のローズ記者のインターナショナル子育てコラム。今回は、現地のインターナショナルスクールの”International Day”に参加し、その様子をお届けします。


【IQ,EQを本で伸ばす15のヒント】プリスクールに通うご家庭は知っておきたい

【IQ,EQを本で伸ばす15のヒント】プリスクールに通うご家庭は知っておきたい

プリスクールに通う家庭が本を使ってIQ,EQを伸ばすには、どうしたら良いでしょうか?ご家庭でお子さんのIQ,EQを伸ばすには、やはり「本」が便利です。本は、言語力だけではなく、想像力や倫理観なども養うことができます。プリスクールに通うご家庭がIQ,EQを伸ばすために知っておきたい「本」を使ったヒントをまとめました。


ジョブズも「イノベーションは、点と点」と指摘。国際高専の「イノベーション」トークセッションが12/9(土)に開催!

ジョブズも「イノベーションは、点と点」と指摘。国際高専の「イノベーション」トークセッションが12/9(土)に開催!

2018年4月にスタートする理工系リベラルアーツのボーディングスクール国際高等専門学校。12/9(土)に「イノベーション」をテーマにイベントが開催されます。スティーブ・ジョブズも大学時代にカリグラフィを学んだことが、パソコンを作るときに役立ったと語っています。時代のイノベーターを育てる教育とは、どのような教育でしょうか


GSA
GSA