Powered by Global Step Academy    
【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

ロンドンで国際バカロレアを採用しているインターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)。世界から転勤してくる生徒に母語と大切に探究的に学ぶインターナショナルスクールとして同校を訪問し、魅力について伺いました。ロンドン在住のChika B記者が同校をご紹介します。


ロンドンにあるインターナショナルスクールとは?

様々な人種が住む街、ロンドン。街を歩いていても、多くの言語が飛び交っています。
このバラエティに富むロンドンには、国際色豊かな子供たちも多く、それらの子供たちのためのインターナショナルスクールも多くあります。

International School of Londonの正門 (筆者撮影)

その中でも、人気のインターナショナルスクール、「インターナショナル・スクール・オブ・ロンドンInternational School of London(以下ISL London)」。
今回、同校に訪問し、母国語を大事にするカリキュラム、国際バカロレア、学校の特色等について伺いました。

ISL Londonとは

ISL Londonは1972年に設立された学校で、現在3歳から18歳まで、40カ国の生徒約400人が通う男女共学の学校です。

ロンドンには多くのインターナショナルスクールがありますが、その中でもISL Londonは早くから国際バカロレアを取り入れた学校です。
1978年に国際バカロレアのディプロマ資格を取得した学生が卒業しています。

どの学年も国際バカロレアのカリキュラムに沿った授業を受けることができます。日本人も多く通っています。

校舎の向こうにはロンドンのビルが立ち並びます。

学校は、ヒースロー空港からもアクセスの良いロンドン西部にあります。

近くには王立植物園キューガーデンやテムズ川も流れ、ロンドンでも自然の多いエリアです。

在校生の多くは、駐在員の子女が中心です。
そのため、数年の在籍が多いのが特徴です。

ISL Lodonの良さ、母国語プログラム

International School of London公式ホームページ スクリーンショット

今回は同校のマーケティングおよびデジタル部門に勤務しているBorio Naiaさんと、日本語を教えている松隈珠子先生に話を伺いました。

写真左:Naiaさん 写真右:松隈先生(筆者撮影)

編集部:ロンドンには多くの学校がありますが、お二人が考えるISL Londonの良さ、特徴について教えてください。

Naiaさん:我が校は全生徒400人です。
 小さい学校なので、学年を超えてみんながお互いのことを知っています。

 私は教師ではありませんが、生徒は皆私のことを知っているし、私も生徒のことを知っています。

 様々な文化や言葉が飛び交い、いつもお互いがサポートし合う、本当にインターナショナルなコミュニティであるところがとても気に入っています。

美術室から見える風景。学校の裏には美しい緑が広がっています。

松隈先生:それと、他の学校にはあまり見られない、この学校の特徴的な点として「母国語プログラム」がありますね。

編集部:母国語プログラムとはなんでしょう?

松隈先生:我が校には世界40カ国の国籍を持った生徒たちが集まって来ています。

 それぞれの生徒が母国語をしっかり学べるように、カリキュラムの中に「母国語を勉強するクラス」が組み込まれています。

Naiaさん:例え、その国の生徒が一人であったとしても、要望があればその言語のクラスを用意します。
 もちろん日本語のクラスもあります。

 例えば、最近で言うと、カザフスタン語を話す生徒が入学したので、カザフスタン語のクラスを用意しました。現在は22ヶ国の母国語の授業が行われています。

インターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)の母語プログラムでは、アラビア語、中国語、デンマーク語、フィンランド語、ドイツ語、アイスランド語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、トルコ語などが提供されている。

編集部:これは、他のインターナショナルスクールではあまり聞かないカリキュラムですね

松隈先生:そうですね、放課後のクラブ活動として母国語や外国語を勉強している学校は多いですが、授業の一環として母国語カリキュラムを取り入れている学校は珍しいと思います。

 この母国語カリキュラムを我が子に受けさせたい、と我が校を選ばれる親御さんも多いです。

体育の他にも様々なイベントが行われるホール

多様性を認め合う教育

編集部:授業内で母国語カリキュラムを取り入れる、と言うのはそれぞれの文化や言葉を数学や理科同様、大事に扱っていると言うことですね。

Naiaさん:そうですね。でも、母国語の授業だけではありません。年に何度か、各国の文化を紹介するイベントも開催されます。

 それぞれの言語や食べ物、文化などを紹介したり、発表したりする機会です。

 このイベントに限らず、それぞれの文化のイベント、ディワリ祭やイースター祭、カーニバルなどを積極的に取り上げ、子供達がお互いの文化を自然に尊重できる機会を設けています。

 PTAを中心とする父兄の方も積極的にそれぞれの国の食べ物を用意してくださり、これらのイベントをサポートしてくださっています。

充実した日本語国際バカロレアプログラム

編集部:ISL Londonは国際バカロレアを採用している学校ですが、日本語の国際バカロレア資格の授業もあるのですか?

日本語の教室。読み書きだけでなく、様々な日本の勉強をしていることが伺えます。

松隈先生: グレード11とグレード12(日本の高校2年生、3年生相当)の生徒は国際バカロレア資格を取るための国語(日本語)の授業を受けます。

編集部:実際どのような授業を受けるのでしょうか。 資格試験はどのようなものですか。

松隈先生:例えば、授業について言えば、二年間で、夏目漱石や川端康成などの文学作品を13冊ほど、生徒は読みます。そして、それらの作品についての様々なタイプの課題が出ます。

 レベルとしては、大学で勉強する日本文学のレベルに匹敵するものだと思います。

 そして、国際バカロレア資格の日本語の最終試験は、学習した課題図書のうち2〜3作品について、「時間の流れはどのように書かれているか比較して二時間で論じなさい」というエッセイや、詩や散文を読んで「作者の訴えたいことは何か、表現技法の考察を交えながら二時間で述べなさい」というような課題が出されます。

編集部:とてもレベルが高いですね!日本で受ける国語教育とは大きく違うようです。

松隈先生:そうですね。でも、日本の生徒は概ねとても熱心にこの国際バカロレア資格に取り組みます。

 去年も3名の日本人の生徒が国際バカロレア日本語で最もレベルの高いスコアを取っています。

インターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)のホームページでは、各言語で母語の大切さについて保護者に情報を提供している。

編集部:どうしても海外に住むと英語が優先になり、日本語や国語の勉強が後回しになることが多いと思うのですが、これだけレベルの高い国語の勉強ができるのは素晴らしいことですね。

松隈先生:はい。実際、日本の生徒は日本語だけでなく他の科目もおしなべて良い点数を取ることが多く、国際バカロレア資格をとても高得点で取得しています

編集部:日本語以外の科目は全て英語ですよね。それらの生徒は、もともとイギリス生活が長く、英語が得意な生徒だったのですか?

松隈先生:いいえ、ご父兄の仕事の関係で日本の中学や高校から転校してきた子供たちがほとんどです。

 日本の中学や高校ではしっかりと英語の読み書き、基礎を勉強しているので、こちらにきてからも意外とスムーズに英語での勉強に取り掛かれるのかもしれません。

ISL Londonを訪ねて

様々な創作活動が行われるクラスの壁には素敵なデザインが施されています。

この学校を選ぶメリットは何でしょうか?という質問にお二人は何度か「ソフトランディング(柔らかい着地)」という言葉を使われていました。海外に引越しをする、というのはそれだけでもストレスの多いことですが、子供はさらに環境や友達、言葉、学校のカリキュラムの違い、などあらゆることに慣れていかなければいけません。

生徒も先生も皆お互いを知っている、様々な文化や言葉が交差するこの学校では、転校生が「自分だけ違う」と感じる必要がなく、まさに「ソフトランディング」ができるのでしょう。

父兄にも様々なイベントが用意されており、ロンドンを観光するツアーや各国のお料理教室、昼間お仕事をされている方には夜のイベントなど、PTAを中心に積極的に行われているそうです。

Naiaさんが「ここは大きな家族、一つのコミュニティ」とお話されていたのが印象的です。

母国語へのカリキュラムや国際バカロレアがしっかりしているだけでない、オープンで温かさをとても感じる学校でした。

オフィスには日本語を話せるスタッフの方もいらっしゃいます。

お問い合わせ

International School of Londonの公式ホームページ スクリーンショット

インターナショナル・スクール・オブ・ロンドン
International School of London

教育課程:幼小中高
カリキュラム:国際バカロレア(PYP,MYP,DP)

メインキャンパス(Main Campus)
 139 Gunnersbury Avenue
 London W3 8LG
 United Kingdom

ディプロマカレッジ(DP College)
 15 Gunnersbury Avenue
 London W5 3XD
 United Kingdom

TEL;+44 (0) 20 8992 5823
FAX;+44 (0) 20 8993 7012
Mail;mail@isllondon.org

こちらも参考にしたいですね。

【イギリスのボーディングスクールで夏休み】プチボーディング体験のススメ

http://istimes.net/articles/878

この夏のお子様の予定はもう決まりましたか?イギリスでは毎年夏になると、世界中の子供たちが集まる「インターナショナル・サマースクール」が各地で開催されます。世界中から集まる子供達と寝食を共にし、様々な経験をするサマースクール留学はいかがでしょうか。ロンドン在住のChika B記者の記事です。

【英国発】ジョージ王子の学校が決定!一体どんな学校なの!?

http://istimes.net/articles/894

先日、英国王室はウイリアム王子とキャサリン妃の長男、ジョージ王子(3歳)が9月からロンドン南部にある「トーマス・バタシー校」に入学する事を明らかにしました。ジョージ王子に自分が卒業した学校とは、別の学校を選んだウイリアム王子、キャサリン妃夫妻。どんな学校に入学するのかロンドン在住のChika B記者がご紹介します。

【オランダ発】教育先進国オランダのバイリンガル教育、政府と学校の取り組み

http://istimes.net/articles/897

日本と同様に、オランダでも英語教育の必要性が年々高まっています。教育の自由があるオランダでは、実際に様々な取り組みがなされています。今日は、オランダのバイリンガル教育について書かれた記事をご紹介させていただきたいと思います。

【ポーランド発】ポーランドに赴任したら学校選びは? 赴任が決まったらすべきこと①学校編

http://istimes.net/articles/899

ヨーロッパの親日国ポーランド。日本企業も多く進出するポーランドですが、以外と教育情報提供が少ないのも悩みの種。そこで子連れでポーランド駐在が決まったけど、どうしたらいいかわからない!!そんな時に役に立つであろう学校の探し方・滞在手続きについてポーランド在住のciszek0918さんの記事です。

関連する投稿


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

3年続けて国際バカロレアのディプロマ試験で平均点が36点を越え、合格率も2年連続100%と世界のトップクラスのIB校のK.インターナショナルスクール東京。2018-2019年度入学希望者のための説明会が10月13日(土)に開催されます。


【イベント告知】今年もローラスが大人気のSTEM Fairを開催します!<入場無料>

【イベント告知】今年もローラスが大人気のSTEM Fairを開催します!<入場無料>

東京、神奈川を中心に全8校を運営する、ローラス・インターナショナルスクール・オブ・サイエンス。英語×STEM教育を2本柱にした、関東最大規模のインターナショナルスクールグループです。 そんなローラスがプロデュースする大人気のSTEM Fair、今年も白金台校にて無料で開催予定です!


【9/16 イベント】受験で国際バカロレアを考える中学3年生へ

【9/16 イベント】受験で国際バカロレアを考える中学3年生へ

国際バカロレアの「知りたいことを知る」「日本語DPの現状」「高校からでバカロレア脳は育つのか」「保護者の期待と不安」等をディスカッションします。 ゲストは、武蔵野大学附属千代田高等学院校長・武蔵野大学教授の荒木貴之氏とキリロム工科大学東京事務所長の有澤和歌子氏と弊誌編集長村田です。


【サマー】テーマはアントレプレナー!ローラスのサマースクール

【サマー】テーマはアントレプレナー!ローラスのサマースクール

ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスの初等部では、小学生を対象としたSTEAM Summer Schoolを開講します。今年のテーマは、“アントレプレナー”!未来の為にポジティブな変化を生み出しましょう!


最新の投稿


【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

2022年に開校を計画している「白馬インターナショナルスクール」プロジェクトは、10月27日(土)に長野県白馬村で開催します。「AIの進化から考える」をテーマに教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会、第2部にパネルディスカッションを開催します。


【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数の受験者募集!】MIT(マサチューセッツ工科大学)は、昨日、約1120億円(10億ドル)かけてでAI(人工知能)の学部を創設すると公表しました。STEM教育が重要になってくるなかで、お子様にMITで学べる英語×算数力を育てる良い機会が「世界算数」です。本キャンペーンは、10/17から10/27までのキャンペーンです。


【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあう」を理念にしたHILLOCK Bilingual Kinder School(ヒロックバイリンガル幼児園)が目黒区、品川区にかかる林試の森公園に隣接して開園します。同園を運営する「NPOソダチバ・プロジェクト」は、発起人にSTEM教育、国際教育の専門家が集結しています。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。今回、同校は、教育系宿泊施設を多く運営する株式会社R.projectの子会社となり、同時に高等部開校に向けてリリースを発表しました。


GSA