Powered by Global Step Academy    
「MANAI SPRING PROGRAM 2019」 締め切り迫る!

「MANAI SPRING PROGRAM 2019」 締め切り迫る!

サイエンスに特化したボーディングスクール Manai Institute of Science and Technologyを2020年秋に開校予定の株式会社ISSJは、2019年3月26日(火)から4月1(月)までの7日間、沖縄科学技術大学院大学にて中高生を対象とした「Manai Spring Program 2019(マナイ スプリング プログラム2019)」を開催します。


学校設立の準備と生徒の自発性・積極性を促す授業スタイルの確立を目的に2015年夏に始まった本プログラム(旧名ISSJ Summer School)は、2015年夏、2016年夏、2017年夏、2018年春・夏とこれまで5回の開催で、日本をはじめフィリピン、ベトナム、シンガポール、インドネシアなど世界20カ国から151名の中高生が参加しました。

これまで開催してきたプログラムでは、国内外の第一線で活躍する研究者の授業を受け、自発的かつ積極的に実習に取り組み、本格的な授業やワークショップに加え、毎日深夜までグループディスカッションを重ね最終日のプレゼンテーションに臨みました。

「Manai Spring Program 2019」は、Manai(ISSJ)プログラムの特徴でもあるサイエンスプロジェクトワーク中心の濃密な1週間です。
サイエンスという人類の共通言語を用いて討議、時には衝突しながらも問題事を粘り強く解きほぐし、自らの研究を真摯な姿勢で他者に伝えるというプロセスを濃密な時間の中経験することが可能です。
今回から始める新たな取り組みとしては、プログラム開始3ヶ月前の2018年12月より、オンライングループで事前リサーチワークや中間報告を行います。プログラム開始の前段階からチームワークの素地醸成や、多くの気づき・学びの機会を提供します。

「Manai Spring Program 2019」開催概要


名  称: Manai Spring Program 2019(マナイ スプリング プログラム2019)
対象年齢: 12〜17歳の中学生・高校生 ※2019年4月1日時点
開催期間: 2019年3月26日(火)〜4月1(月)の7日間
場  所: 沖縄科学技術大学院大学(OIST)
宿泊場所: OISTシーサイドハウス
期  間: 7日間
参 加 費:  23万円(税込)※宿泊費、食費、損害保険が含まれます
URL:    http://science-school.org/jp/2019-spring-program

「Manai Spring Program 2019」の特徴

①研究計画立案
参加者はグループに分かれて研究計画を作成します。研究計画は基本的には 1.背景と目的、2.方法、3.仮説、4.引用文献、の4つから構成されます。
Manaiメンターのガイドやアドバイスを受けつつ、参加するワークショップや講義を参考にし、今後、自らの従事したい研究についての計画を実際に企画し、作成します。研究計画の立案が、未来のサイエンティストとして自分と向き合い、興味関心を掘り下げ、社会との接点を考える最初のプロセスとなります。

②ワークショップ
生徒はリサーチプロジェクトと並行してワークショップを受講します。どういった分野に進んでも生きる、また自らの将来の専門分野と他分野との架け橋となるような講義を提供します。

③共同生活
生徒は、大学の近辺の寮で集団生活します。これは、世界中から集まった生徒、参加者同士の時間を共有することで多くの事をお互いから学ぶことが出来る素晴らしい経験になるでしょう。また、彼らはこれからの進路である大学での環境に触れる良い機会となるに違いありません。

④オンライングループワーク 事前リサーチ
現代の研究において国境を超えて違う国にいる研究者同士がオンラインで連絡を取りながら共同研究を進めるということが日常的に行われます。ManaiのSpring Programにおいても参加者が確定した直後(12月初旬)より、興味関心に応じてリサーチグループが作られ、Manaiメンターとともに定期的にオンラインミーティングが行われ、各グループでリサーチワークを開始します。1月末にはオンライン上で中間発表会を行います。3月末に実施のSpring Programは各グループが、集中的に実験を行い、研究をファイナライズする場となります。将来の国際共同研究を体験するとこも本Spring Program の醍醐味です。

申込方法 ※日本時間 2018年10月31日 23時59分 締め切り

①オンライン申し込み&エッセイの送付 ※日本時間2018年10月31日 23時59分 締め切り

募集ページ(http://science-school.org/jp/2019-spring-program)の「APPLY」ボタンから申し込み(英語表記

②オンライン面接
③結果の通知 ※2018年11月30日までに参加可否に関し通知
④参加の合意書、振込情報の送付

奨学金制度:書類および面接の結果が極めて優秀と認められた生徒若干名に対し上記参加費の免除を行います。(航空券・会場移動の交通機関の旅費は免除となりません)

株式会社ISSJについて

「科学技術を武器に世界の課題を解決し、新たな世界を創造する変革者 ( Innovator ) を輩出する」をコンセプトに、サイエンスに特化したボーディングスクール Manai Institute of Science and Technologyの2020年秋開校に向け様々な取り組みを行っています。
オンラインメンタリングによるグループリサーチプロジェクト「Swing-By」の提供、2018年10月には、東京都中野区に中高生が自由に研究できる場所「Manai Nakano Lab」をオープン。
「人類共通の言語であるサイエンスを武器に世界中で夢をカタチにし、課題を解決する」そんな人物を多く輩出することを目指しています。

関連する投稿


人気の千代田インターナショナルスクール東京でGSAサマースクール開講!

人気の千代田インターナショナルスクール東京でGSAサマースクール開講!

4月開校と同時に人気校となった千代田インターナショナルスクール東京( CHIST)でGSA運営によるサマースクールが開講します。幼稚園年中から小学生までを対象としたサマースクールです。7月23日(月)から開講するため、他のインターナショナルスクール在校生、プリスクール在園児、卒園児と参加しやすい開講期間です。


【サマー】テーマはアントレプレナー!ローラスのサマースクール

【サマー】テーマはアントレプレナー!ローラスのサマースクール

ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスの初等部では、小学生を対象としたSTEAM Summer Schoolを開講します。今年のテーマは、“アントレプレナー”!未来の為にポジティブな変化を生み出しましょう!


【STEMの面白さ!】ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスのサマースクール!

【STEMの面白さ!】ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスのサマースクール!

現在、ローラスグループは、関東最大規模のSTEM(Science科学、Technology技術、Engineering工学、Mathematics算数)インターナショナルスクールとして白金台、高輪、青山、田園調布、武蔵小杉など都内を中心に計8校運営しています。武蔵新城校も開校し人気の同校のサマースクールを見学!


【ワークショップ】本当に知ってる?バイリンガルを育てることとは?

【ワークショップ】本当に知ってる?バイリンガルを育てることとは?

小学校で英語が始まることが決まり、「英語教育」だけではなく、バイリンガル、マルチリンガルなどに注目が集まっています。では、バイリンガルとはどのようなことを示すのでしょうか?日本でバイリンガルなお子さんを育てることの良さをそのプロセスを含め、大学などで指導にあたるメリー・ノブオカ先生のワークショップが開催されます。


【ミネルバ・ワークショップ】最難関大学ミネルバ生によるワークショップが7/16に開催!

【ミネルバ・ワークショップ】最難関大学ミネルバ生によるワークショップが7/16に開催!

世界で最も入学が難しいといわれているミネルバ大学がついにワークショップを開催。ミネルバ大学の1年生が全員身につける「HCカリキュラム」を体験する公開イベントが7月16日 9時から東京都港区で開催します。高校生、大学生を中心にミネルバ・スタイルの興味のある方を対象した体験イベントです。


最新の投稿


【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

2018年の冬。平成最後の年は、ウィンタースクールで学び納め! 編集部では、ウィンタースクールを開校するインターナショナルスクールをまとめました。東京都港区、目黒区、立川市、神奈川県大和市の4校です。


【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

2022年に開校を計画している「白馬インターナショナルスクール」プロジェクトは、10月27日(土)に長野県白馬村で開催します。「AIの進化から考える」をテーマに教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会、第2部にパネルディスカッションを開催します。


【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数の受験者募集!】MIT(マサチューセッツ工科大学)は、昨日、約1120億円(10億ドル)かけてでAI(人工知能)の学部を創設すると公表しました。STEM教育が重要になってくるなかで、お子様にMITで学べる英語×算数力を育てる良い機会が「世界算数」です。本キャンペーンは、10/17から10/27までのキャンペーンです。


【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあう」を理念にしたHILLOCK Bilingual Kinder School(ヒロックバイリンガル幼児園)が目黒区、品川区にかかる林試の森公園に隣接して開園します。同園を運営する「NPOソダチバ・プロジェクト」は、発起人にSTEM教育、国際教育の専門家が集結しています。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


GSA