Powered by Global Step Academy    
立川にあるインターナショナルスクールとプリスクールの2歳・4歳児の算数の授業

立川にあるインターナショナルスクールとプリスクールの2歳・4歳児の算数の授業

セントラルフォレストインターナショナルスクール立川は、立川駅から徒歩12分、多摩都市モノレールの柴崎体育館駅から徒歩30秒の2歳から6歳(未就学児童)を対象としたプリスクールとインターナショナルスクールです。


インターナショナルスクールやプリスクールでは、どのような授業をしているのでしょうか?

立川駅から徒歩12分、多摩都市モノレールの柴崎体育館駅から徒歩30秒の2歳から6歳(未就学児童)を対象としたプリスクールとインターナショナルスクール

今回の算数は、ピラゴラスイッチ?

正確にはピタゴラスの定理に触れた子どもの瞬間にスイッチが入ったことを示しています。
私たち大人が思い描くインターナショナルスクールやプリスクール(プレスクールとも呼ばれますね)の「英語で算数を学ぶ」という言葉。
それはさも「難しそうに感じる」かもしれません。
しかし、プリスクールやキンダーガーテンの算数の授業は、微分積分や物理などが出てこない分、お父さん、お母さんにもわかりやすいと思います。

2歳児の算数の授業。かわいらしいですね。
「これが数の授業?」と思うかもしれません。

少し見ていただけると、足の形の色と数が微妙に違うことをがわかりますね。

さらに、子どもたちが一列になった足跡を飛んでいます。

すなわち、”One Two Three…”と数を数えながら覚えているのです。

数を諳んじるのではなく、自分の体と声と色で理解する。

「1」という実物や「2」という物の概念を理解していく。

数を早口言葉のように「ワン・ツー・スリー」と諳んじる前に、その「ワン」が「1」という数であることを体験して、理解することが重要なのです。

4月の2週目。この時点で、1から10まで楽しく理解しています。

アメリカ人のお子さんも日本人のお子さんも”One Two Three…”で数の概念の理解をしています。

日本人の子どもにはそれが「いち・に・さん」と結びつかないのでは?と思った方もいると思います。

ここでは、数の概念を理解することを主眼としています。

すなわち、それを英語で”One”日本語で「いち」と呼ぶ前段階の理解です。

言葉の前の数の概念。

ちょっと小難しいですね。

数の呼び名が英語と日本語で違うことは、日本人のお子さんだと普段の生活のなかですぐに結びつきます。

不思議なもので、学校に入ると子どもたちは”One Two Three”とカウントし、家に帰ると「いち・に・さん」と数えるのです。

言語のスイッチと数の概念の見事な住み分けですね。

4歳児の4月の算数の授業

まずは授業風景から見てみたいと思います。
この写真は、ピタゴラスイッチが入った瞬間です。
すなわち、ピタゴラスの定理に触れた子どもの瞬間を捉えています。

ブロックで遊んでいるように見えるかもしれませんね。
ブロックで遊ぶことも重要ですが、ここではShape magnets(マグネットでできた図形ブロック)を使っています。
図形と数、さらに色と友だちと話し合って組み立ています。これ、ものすごく重要な光景です。
左の子の膝あたりに六角形が見えます。
そして、その右側には、正三角形と二等辺三角形が並んでいますね。

彼女の視線に注目!

ここで彼女は「なぜ、正三角形と二等辺三角形を組み合わせても六角形が作れないのだろう」と気付きました。
すなわち「なぜ?」となりました。
その証拠に、正三角形と二等辺三角形が並んでいますが、三角形の「比較」と「検証」そして、「分析」へつながっています。
ピラゴラスの定理である正三角形と二等辺三角形の底角の違いをすごい勢いで理解している瞬間です。

お父さん、お母さんが思い出すために(小学校で習いましたが)頂角と底角の図形を呼び出しますね。
(引用 Wikipedia 正三角形と二等辺三角形より)

すなわち、正三角形と二等辺三角形の底角が違うことに気付いた瞬間です。
正三角形を6つ並べると六角形が作れる。
だけど、そのなかに二等辺三角形を入れると六角形が作れない。
正三角形と二等辺三角形の角度が違う、ということを自分で気付くこと。
これが、ものすごく大事。

小学校で学ぶ楽しみ

彼女は小学校で角度を学ぶ時に「それ知ってるよ。なぜなら長い三角形がひとつでもあると六角形ができないもん」と頭の記憶から呼び出せるのです。

また、なぜ六角形ができなかったのか。

その理由を小学校の授業で「角度」として学ぶ楽しみが待っています。

この時に彼女は「そうだったのか!」と理解し、そして、学ぶ楽しみを「なるほど」体験として習得していくのです。

幼児教育がなぜ大切なのか。

幼児教育がなぜ大切なのか。

小学校で学ぶ時の「なるほど」を幼児教育で体験と記憶にどれほど撒くことができるのか、が問われるからです。

何気ない授業風景ですが、ピタゴラスの定理に触れた決定的瞬間でした。

セントラルフォレストインターナショナルスクール立川。国立、立川、日野周辺にお住いの方にはおすすめですね。

この記事のライター

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連する投稿


【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

ローラス・インターナショナルスクールの青山・高輪・白金台・西馬込・田園調布・武蔵小杉の各校では、1歳半から6歳までのお子様を対象としたサマーキャンプを開催します。今年のテーマは、”Adventure World”。この夏は、ローラスで世界をに飛び出そう!


【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

東京都世田谷区・品川区にプリスクールを運営するキッズアイランド砧公園校で2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京のHead of schoolに就任する予定の大迫弘和氏から直接、国際バカロレアの学び、同校の魅力を聞くことができる公開型の国際教育のイベントが開催されます。


【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのような生徒と先生が集うのでしょうか?


【サイエンス・サマー】ローラス・インターナショナルスクールのサイエンスサマースクール

【サイエンス・サマー】ローラス・インターナショナルスクールのサイエンスサマースクール

白金台にあるローラス・インターナショナルスクール・オブ・サイエンスで、サイエンス・サマースクールが開催されます。同校は、東京都内で青山・高輪・西馬込・久が原・田園調布・武蔵小杉など計7校でインターナショナルスクールを運営するローラスグループの初等部です。


【国際バカロレア一貫校へ】東京ウエストインターナショナルスクールの説明会レポート

【国際バカロレア一貫校へ】東京ウエストインターナショナルスクールの説明会レポート

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、国際バカロレア一貫校の準備が進んでいます。同校は、姉妹校として神奈川県にセントラルフォレストインターナショナルスクール、東京都立川市にGSAインターナショナルスクールがあり、幼児部から高等部まで国際バカロレア一貫校計画を進めています。


最新の投稿


【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

日本より授業時間は短いけど多忙なポーランドの小学生!学校のカリキュラムは一体どうなっているのか「なぜ、こんなに勉強するのか」調べてみました。ポーランド在住のチェシェク記者のレポートです。


【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

グローバル・リーダーを生み出す三種の必須スキル。それが「グロース・マインドセット」「デザイン思考」、そして「クリティカル・シンキング」。21世紀のグローバルスキルのトップ講師がついにサマーキャンプに集合。海外大学と名門大学の進学を考える高校生は、受けておきたいサマーキャンプですね。説明会日程も加筆し、再掲載。


ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。英国のボーディングスクールの展開も実は、ハリー・ポッター効果があったようです。


あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。


ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

2018年4月に理工系リベラルアーツのボーディングスクールとして開校予定の国際高専。第一回のキックオフイベントが2017年5月に開催。英語でボーディングスクールで学ぶSTEM教育とはどのような学びでしょうか?STEM教育の楽しさを感じる金沢工業大学の大澤学長とバークスデール校長のトークセッションをお伝えします。


GSA