Powered by Global Step Academy    
立川にあるインターナショナルスクールの2歳は、リンゴから手洗いを学ぶ?

立川にあるインターナショナルスクールの2歳は、リンゴから手洗いを学ぶ?

2歳で手を洗うことを覚えたいですね。インターナショナルスクールでも同じです。では、立川・国立から一番近いセントラルフォレストインターナショナルスクール立川では、どのように手洗い指導を教えているのでしょうか?


2歳児に手洗いの必要性を身につけてほしい

2歳で、なかなか難しいですが、みなさんはその理由をどのように教えていますか?
立川・国立から一番近いインターナショナルスクールのセントラルフォレストインターナショナルスクール立川の授業を見てみました。

立川駅から徒歩12分。国立や日野からも近いですね。

2歳児の先生は、どのように子どもたちにバイ菌の存在を教えたか?

幼い頃、何度も言われたことがあると思います。
「バイ菌が手にいっぱいだから、食事の前、帰宅後は手を洗いなさい」と。
実際にバイ菌を見た方は少ないと思います。
自然科学の実験で探究的に学んでいます。

4月のある日のこと

先生は、スナックタイム(10時半前後におやつの時間があります)にリンゴを剥きました。
そして、子どもたちに素手で順番にリンゴを握ってもらいました。

先生は、そのリンゴを熱消毒した瓶に入れました。

子どもたちは「なんで先生は、あのリンゴを瓶に入れたのだろう?」という表情ですね。
先生は、実験用にみんなが触っていないリンゴを一切れ、もうひとつの瓶に入れました。
ここから実験スタートです。

リンゴを瓶に入れてから、子どもたちはアートをしたり、ブンネ・メソッドで音楽を学んだりしました。

途中で経過観察

自然科学の授業で、子どもたちはふたつの瓶のリンゴを観察しました。
ひとつの瓶のリンゴは、痛んでいますが、白い部分も残っています。
もうひとつの瓶のリンゴは、黒くドロドロとしています。
ここで子どもたちは、自分たちが触ったリンゴが痛んでいることに気付きます。
細菌がリンゴをドロドロにしていることに驚き、泣き出してしまう子も。

結論

3週間の観察の結果、先生は、子どもたちと次のような結論を導き出しました。
それがこの写真。

保護者へのレポートで、次のように説明しています。
Our end results 私たちの結論
A- the apples on 12th April and 28th April
  4月12日から28日までのリンゴの状態
B- our Salt glue paint
  塩接着剤を使った作品(この記事とは関係ない内容です)
C-close up of apples after almost 3weeks of observation
  3週間経過したリンゴの観察。

細菌が繁殖しているのがわかりますね。

「手を洗う」を「実験」という観点から子どもたちに理解させていますね。

そのために自分の手でリンゴを触り、リンゴの経過を観察する。
このように「バイ菌」を可視化する(見えるようにする)自然科学の授業。
リンゴの実験から子どもたちは、細菌というものをおぼろげに理解し、細菌から自分を守るために「手を洗う」必要性を理解していきました。

「手を洗いなさい」「バイ菌がいっぱい手についているのよ」というお母さん、お父さんの話。
このような自然科学の実験から「バイ菌」の存在を体験していくこと。
それが、すなわち探究的な学びの出発点といえます。
気付く力。それを2歳から育てていました。

セントラルフォレストインターナショナルスクール立川の詳細はこちら

http://www.central-forest-tachikawa.com
セントラルフォレストインターナショナルスクール立川。国立、立川、日野周辺にお住いの方にはおすすめですね。

〒190-0023 東京都立川市柴崎町6-14-26
電話:042-512-8317(英語・日本語)

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連する投稿


【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。今回、同校は、教育系宿泊施設を多く運営する株式会社R.projectの子会社となり、同時に高等部開校に向けてリリースを発表しました。


【伝説解明へ】港区は、「スターバックスよりプリスクールが多い」?

【伝説解明へ】港区は、「スターバックスよりプリスクールが多い」?

2000年以降に増えてきたインターナショナルスクールの保育幼稚部の「プリスクール」。その拡大は、待機児童問題の受け皿のひとつとして機能しながら、増えていきました。現在、港区など都心のプリスクールは、英語で探究的に学ぶスクールが増え、セレブが通うスクールになっています。編集部では「港区にはスターバックスよりプリスクールが多い」という都市伝説の解明にあたることにしました。


【西町】10/13 フードフェアから知る名門インターナショナルスクールの世界〜西町インターナショナルスクールのフードフェア〜

【西町】10/13 フードフェアから知る名門インターナショナルスクールの世界〜西町インターナショナルスクールのフードフェア〜

東京都港区にある西町インターナショナルスクールは、幼稚部から中等部までの男女共学校のインターナショナルスクールです。幼稚部から中等部までの教育課程がある名門インターナショナルスクールです。毎年秋に開始されているフードフェアでは、一般参加ができ、各国自慢のフード、ドリンク、ゲーム、アクティビティが大変な人気です。


【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

3年続けて国際バカロレアのディプロマ試験で平均点が36点を越え、合格率も2年連続100%と世界のトップクラスのIB校のK.インターナショナルスクール東京。2018-2019年度入学希望者のための説明会が10月13日(土)に開催されます。


【特報!】CHIST中等部、高等部 開校へ!千代田インターナショナルスクール東京の先生に会いに行こう!

【特報!】CHIST中等部、高等部 開校へ!千代田インターナショナルスクール東京の先生に会いに行こう!

2019年4月ついに中等部・高等部が開校へ!千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)の先生たちに会いに行こう!初等部開校とともに人気沸騰となった千代田インターナショナルスクール東京。中等部・高等部の開校を控え、校長、先生に会えるMeet the Teachersが開催されます。


最新の投稿


【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

2018年の冬。平成最後の年は、ウィンタースクールで学び納め! 編集部では、ウィンタースクールを開校するインターナショナルスクールをまとめました。東京都港区、目黒区、立川市、神奈川県大和市の4校です。


【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

2022年に開校を計画している「白馬インターナショナルスクール」プロジェクトは、10月27日(土)に長野県白馬村で開催します。「AIの進化から考える」をテーマに教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会、第2部にパネルディスカッションを開催します。


【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数の受験者募集!】MIT(マサチューセッツ工科大学)は、昨日、約1120億円(10億ドル)かけてでAI(人工知能)の学部を創設すると公表しました。STEM教育が重要になってくるなかで、お子様にMITで学べる英語×算数力を育てる良い機会が「世界算数」です。本キャンペーンは、10/17から10/27までのキャンペーンです。


【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあう」を理念にしたHILLOCK Bilingual Kinder School(ヒロックバイリンガル幼児園)が目黒区、品川区にかかる林試の森公園に隣接して開園します。同園を運営する「NPOソダチバ・プロジェクト」は、発起人にSTEM教育、国際教育の専門家が集結しています。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


GSA