Powered by Global Step Academy    
立川にあるインターナショナルスクールの2歳は、リンゴから手洗いを学ぶ?

立川にあるインターナショナルスクールの2歳は、リンゴから手洗いを学ぶ?

2歳で手を洗うことを覚えたいですね。インターナショナルスクールでも同じです。では、立川・国立から一番近いセントラルフォレストインターナショナルスクール立川では、どのように手洗い指導を教えているのでしょうか?


2歳児に手洗いの必要性を身につけてほしい

2歳で、なかなか難しいですが、みなさんはその理由をどのように教えていますか?
立川・国立から一番近いインターナショナルスクールのセントラルフォレストインターナショナルスクール立川の授業を見てみました。

立川駅から徒歩12分。国立や日野からも近いですね。

2歳児の先生は、どのように子どもたちにバイ菌の存在を教えたか?

幼い頃、何度も言われたことがあると思います。
「バイ菌が手にいっぱいだから、食事の前、帰宅後は手を洗いなさい」と。
実際にバイ菌を見た方は少ないと思います。
自然科学の実験で探究的に学んでいます。

4月のある日のこと

先生は、スナックタイム(10時半前後におやつの時間があります)にリンゴを剥きました。
そして、子どもたちに素手で順番にリンゴを握ってもらいました。

先生は、そのリンゴを熱消毒した瓶に入れました。

子どもたちは「なんで先生は、あのリンゴを瓶に入れたのだろう?」という表情ですね。
先生は、実験用にみんなが触っていないリンゴを一切れ、もうひとつの瓶に入れました。
ここから実験スタートです。

リンゴを瓶に入れてから、子どもたちはアートをしたり、ブンネ・メソッドで音楽を学んだりしました。

途中で経過観察

自然科学の授業で、子どもたちはふたつの瓶のリンゴを観察しました。
ひとつの瓶のリンゴは、痛んでいますが、白い部分も残っています。
もうひとつの瓶のリンゴは、黒くドロドロとしています。
ここで子どもたちは、自分たちが触ったリンゴが痛んでいることに気付きます。
細菌がリンゴをドロドロにしていることに驚き、泣き出してしまう子も。

結論

3週間の観察の結果、先生は、子どもたちと次のような結論を導き出しました。
それがこの写真。

保護者へのレポートで、次のように説明しています。
Our end results 私たちの結論
A- the apples on 12th April and 28th April
  4月12日から28日までのリンゴの状態
B- our Salt glue paint
  塩接着剤を使った作品(この記事とは関係ない内容です)
C-close up of apples after almost 3weeks of observation
  3週間経過したリンゴの観察。

細菌が繁殖しているのがわかりますね。

「手を洗う」を「実験」という観点から子どもたちに理解させていますね。

そのために自分の手でリンゴを触り、リンゴの経過を観察する。
このように「バイ菌」を可視化する(見えるようにする)自然科学の授業。
リンゴの実験から子どもたちは、細菌というものをおぼろげに理解し、細菌から自分を守るために「手を洗う」必要性を理解していきました。

「手を洗いなさい」「バイ菌がいっぱい手についているのよ」というお母さん、お父さんの話。
このような自然科学の実験から「バイ菌」の存在を体験していくこと。
それが、すなわち探究的な学びの出発点といえます。
気付く力。それを2歳から育てていました。

セントラルフォレストインターナショナルスクール立川の詳細はこちら

http://www.central-forest-tachikawa.com
セントラルフォレストインターナショナルスクール立川。国立、立川、日野周辺にお住いの方にはおすすめですね。

〒190-0023 東京都立川市柴崎町6-14-26
電話:042-512-8317(英語・日本語)

この記事のライター

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連する投稿


【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

ローラス・インターナショナルスクールの青山・高輪・白金台・西馬込・田園調布・武蔵小杉の各校では、1歳半から6歳までのお子様を対象としたサマーキャンプを開催します。今年のテーマは、”Adventure World”。この夏は、ローラスで世界をに飛び出そう!


【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

東京都世田谷区・品川区にプリスクールを運営するキッズアイランド砧公園校で2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京のHead of schoolに就任する予定の大迫弘和氏から直接、国際バカロレアの学び、同校の魅力を聞くことができる公開型の国際教育のイベントが開催されます。


【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのような生徒と先生が集うのでしょうか?


【サイエンス・サマー】ローラス・インターナショナルスクールのサイエンスサマースクール

【サイエンス・サマー】ローラス・インターナショナルスクールのサイエンスサマースクール

白金台にあるローラス・インターナショナルスクール・オブ・サイエンスで、サイエンス・サマースクールが開催されます。同校は、東京都内で青山・高輪・西馬込・久が原・田園調布・武蔵小杉など計7校でインターナショナルスクールを運営するローラスグループの初等部です。


【国際バカロレア一貫校へ】東京ウエストインターナショナルスクールの説明会レポート

【国際バカロレア一貫校へ】東京ウエストインターナショナルスクールの説明会レポート

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、国際バカロレア一貫校の準備が進んでいます。同校は、姉妹校として神奈川県にセントラルフォレストインターナショナルスクール、東京都立川市にGSAインターナショナルスクールがあり、幼児部から高等部まで国際バカロレア一貫校計画を進めています。


最新の投稿


【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

グローバル・リーダーを生み出す三種の必須スキル。それが「グロース・マインドセット」「デザイン思考」、そして「クリティカル・シンキング」。21世紀のグローバルスキルのトップ講師がついにサマーキャンプに集合。海外大学と名門大学の進学を考える高校生は、受けておきたいサマーキャンプですね。説明会日程も加筆し、再掲載。


ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。英国のボーディングスクールの展開も実は、ハリー・ポッター効果があったようです。


あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。


ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

2018年4月に理工系リベラルアーツのボーディングスクールとして開校予定の国際高専。第一回のキックオフイベントが2017年5月に開催。英語でボーディングスクールで学ぶSTEM教育とはどのような学びでしょうか?STEM教育の楽しさを感じる金沢工業大学の大澤学長とバークスデール校長のトークセッションをお伝えします。


【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

ロンドンで国際バカロレアを採用しているインターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)。世界から転勤してくる生徒に母語と大切に探究的に学ぶインターナショナルスクールとして同校を訪問し、魅力について伺いました。ロンドン在住のChika B記者が同校をご紹介します。


GSA