Powered by Global Step Academy    
【コラム:子供たちに将来身に着けて欲しいスキルとは?】インター教育とグローバル企業の人材育成の経験から思うこと

【コラム:子供たちに将来身に着けて欲しいスキルとは?】インター教育とグローバル企業の人材育成の経験から思うこと

グローバルビジネスリーダーや企業経営者が求めている、今後の学校教育でも重要視されるであろうスキルとは?グローバル企業に勤め、人材育成にも関わった経験からそのスキルについてまとめてみました。コラムニスト:韓夕晶(Han Sockchong)


いままで受けてきた教育と、将来の教育の方向性について

- 最近教育事業を起業することとなり、将来の教育の方向性に関する様々な議論に興味を持って接し始めました。
- 特に、子供たちに将来身に着けて欲しいスキルにはなにかを模索しています。
- そのプロセスの中で、自分自身が受けてきた教育とインターナショナルスクールの教育を対比しながら将来の教育の方向性にも考えを巡らせています。

いままで受けてきた教育=正解を求める訓練

改めていままで経験してきた教育と受験戦争を振りかえると、そこでは常に”正解“にいかに早くたどり着くことが優先され、その訓練を積んできたように思います。

一方で、将来大勢の子供たちが働くことになる会社や企業に目を向けると、そこではほとんど全てが ”いままでになかった” 製品やサービスやビジネスモデルを作ることが主な目的となっており、競争力の源にもなっているのが現実です。

”いままでになかった” 画期的な製品やサービスの例としては 懐かしのVHS レコーダー、ウォークマン、ファミコン、iPod、iPhone, 数々のゲームアプリ(例えばポケモンGO)などがすぐに思いつきます。

これらは、“正解を求める“ 方法では決して生まれてこなかったであろうイノベーションであり、会社や企業に勤めて初めて ”正解のない“ 問題に直面し、試行錯誤しながら”イノベーションスキル“を学ぶ方が多いのではないでしょうか?

このことから、いまの”詰め込み型“ 教育から学ぶスキルと、グローバルビジネスリーダーや企業経営者が若い人たちに求めているスキルがとつてもなく乖離しているように思えてなりません。

26年間勤めた外資系大手メーカーの研究職でも、常に“Innovation (技術革新)” と “Obsolete the way we currently follow (古いやり方・いままでのやり方を捨て去る)” を要求されていました。

しかし、“正解を求める”教育を受けた経験では一体どこから手を付けていいのか検討もつかず、入社当時の新製品開発のプロジェクトで悩んだ日々を思い出します。

今後必要とされる教育=探求的な学び

自分自身が経験してきた教育とは対照的に、メーカーでの海外勤務の関係で娘たちが通うことになったインターナショナルスクールの教育方法に触れ、まさに”目から鱗”の体験をすることになりました。記事はこちら
http://istimes.net/articles/717

こどもたちは小さいころから“探求な学び”を体験し、既に”正解の無い“課題に取りくみながら”考える力” を日々鍛えています。これこそまさに自分が新製品開発部門で日々行っている事でした。

この体験が、新入社員の頃、同じ時期に入社した欧米人の社員たちのことを思い出させてくれました。
その当時は、彼らが新製品開発にかかわる仕事の中で、自分よりもいろいろな面から”成熟“していたように漠然と感じていました。

教育の違いや学んできたスキルがその後の人生に与える影響、それを、インター教育を知ることにより深く考えさせられました。

もちろん、新しい製品やアイデアを生み出すための基礎知識は必要であり、その知識を学ぶ教育はこれからも必要です。

しかし、今は様々な情報が一瞬のうちにインターネットで検索出来て、技術革新がかつてないスピードで進む世の中。

その世の中では、“何かを知っている”ことよりも、持っている知識や経験をもとに、それらを融合して、新しいものや価値を生み出していく”探求型“スキルが今後より大切になってくると思われます。

そして、そのスキルは、子供たちが将来どのような職業についても必ず役に立つはずです。

昨今、文部科学省が提唱する“アクティブラーニング”(能動的学習)や”2020年大学入試改革“に関する記事が様々なメディアで話題になっており、日本の教育も今後、”探求型“に舵を取り始めることに大いに期待をもっております。

それと共に、自身の教育事業でも、この”探求型“スキルを伸ばす経験ができるプログラムを作り上げていきたいと思っております。

お問い合わせ

Wings Education for Children

http://wings-edu.strikingly.com

子供たちが自分自身の人生のリーダーになり、グローバル市民として豊かに生き抜くためのスキルを学ぶことができる経験を、ワークショップなどを通して提供する。

会社名: WINGS EDUCATION 合同会社
URL:http://wings-edu.strikingly.com
E-mail: han.s@wings-edu.com

国際バカロレアは、国公立・私立・インターナショナルスクールの三つどもえ? 

http://istimes.net/articles/799

国際バカロレアは、広島と東京が熱い?国際バカロレアは、国公立・私立・インターナショナルスクールがそれぞれ異なる言語で実施しています。なかでも広島はインターナショナルスクール、私立、公立と人口280万人の都市ながら国際教育に積極的です。また、東京は国立、公立も国際バカロレアコースを設置。全国に普及するか、が注目です。

学費も年収も2倍に?日本人がインターナショナルスクールに通うメリットとは?

http://istimes.net/articles/782

日本人がインターナショナルスクールに通うメリットとは?インターナショナルスクールタイムズの調べでは、学費は日本の学校に通わせるより2倍以上かかります。しかし、インターナショナルスクール卒業生の所得も2倍以上になっていると考えられます。

頭の良さだけでは成功できない?21世紀になって見えてきた非認知スキルの重要性

http://istimes.net/articles/802

ImaginExでは「学びのマインドセット」を育むワークショップを小・中学生に提供中。英語と日本語を交えたバイリンガル講師の指導で、「学び方」の新常識を身につけ問題解決能力と自己管理力を育むワークショップを週末および長期休み(春休み、夏休み、冬休み)に開催しています。

GSA

最新の投稿


東京都が新国際高校、英語村、小中高一貫校と国際教育で放つ3本の矢に注目!

東京都が新国際高校、英語村、小中高一貫校と国際教育で放つ3本の矢に注目!

東京都教育委員会が矢継ぎ早に打ち出す国際教育の軸。2020年の東京オリンピックを控え、英語村、新国際高校、そして、小中高一貫校も国際教育。東京都が攻める3本の矢についてまとめてみました。


千代田インターナショナルスクール東京の多摩地域説明会がGSAインターナショナルスクールで開催されました。

千代田インターナショナルスクール東京の多摩地域説明会がGSAインターナショナルスクールで開催されました。

4月27日に東京都立川市にあるGSAインターナショナルスクールで開催された千代田インターナショナルスクール東京の説明会。同校は、2018年4月に東京都千代田区に開校予定のインターナショナルスクールでHead of schoolに国際バカロレア第一人者の大迫弘和氏が就任する予定です。


【フェア】セントメリーズインターナショナルスクールのカーニバルが5月13日(土)に開催!

【フェア】セントメリーズインターナショナルスクールのカーニバルが5月13日(土)に開催!

セントメリーズインターナショナルスクールは、1954年(昭和29年)に設立された男子校で、幼稚部から高等部までの課程があります。現在、日本にある男子校のインターナショナルスクールは同校のみ。同じ二子玉川にある清泉インターナショナルスクールと交流など結びつきの深いインターナショナルスクールです。


[School Report]A-JIS, The Spring Carnival 2017

[School Report]A-JIS, The Spring Carnival 2017

The A-JIS annual Spring Carnival 2017 took place last Saturday, April, 22th, at our Hikarigaoka Campus.


【タイムズ主催】4/27 千代田インターナショナルスクール東京の説明会が東京都立川市で開催!

【タイムズ主催】4/27 千代田インターナショナルスクール東京の説明会が東京都立川市で開催!

2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京の多摩地域で初の説明会が4月27日(木)にGSAインターナショナルスクール(立川)で開催します。当日は、千代田インターナショナルスクール東京のHead of schoolに就任する予定の大迫弘和氏から直接、同校の魅力を聞くことができます。公開型の説明会です。