Powered by Global Step Academy    
Chiyoda International School Tokyo (CHIST) Information Session

Chiyoda International School Tokyo (CHIST) Information Session

With increasing popularity, the CHIST school info sessions have been fully booked in a matter of seconds.


What is the CHIST School Info Session?

Chiyoda International School Tokyo (CHIST) is scheduled to open in April 2018.
As soon as their website was released in this April, reservations for the school info sessions started flooding in and were fully booked in a matter of seconds.
Although only three sessions were initially planned, with a lot of requests, it got bumped up to a total of 16 sessions.

The CHIST logo is a red butterfly.

Members of the editorial department were given the opportunity to attend the info session, and here is what we learnt at the session.

The CHIST school building, north of the Chiyoda Jogakuen, is currently under construction and covered by a tarp.

The School Info Session

The CHIST school info session took place at the Chiyoda Jogakuen in Yonbancho Chiyoda-ku, right next to the CHIST school building.

The session was filled with enthusiastic participants.

Mr. Osako, who will become the CHIST Head of School, gave a presentation on Education at CHIST, including UbT&UbC, High-Literacy programme as well as the benefits that international schools can offer to children.

What is Global Education?

“Before leaning about international schools, it is important to understand what global education is.” Said Mr. Osako.

After presenting the features of global education, Mr. Osako introduced the International Baccalaureate (IB) programme as the most-highly-regarded global education curriculum.

Mr. Osako explaining "What is understanding?"

The International Baccalaureate (IB) is known as one of the best educational system based on its great learning philosophy all over the world.

The IB is often associated with elitist education due to its tough grading system and high academic achievements, but that is just one perspective.

He explains that the true nature of the IB lies in its "leaning."
So what is the "learning" in IB education exactly?

The IB Mission Statement

The IB is an all-round education. It is also clearly stated in their mission statement.

The International Baccalaureate® aims to develop inquiring, knowledgeable and caring young people who help to create a better and more peaceful world through intercultural understanding and respect.
To this end the organization works with schools, governments and international organizations to develop challenging programmes of international education and rigorous assessment.
These programmes encourage students across the world to become active, compassionate and lifelong learners who understand that other people, with their differences, can also be right.

The "Mission" page of the IB website is one of the most shared pages on social media.

The IB learner profile was developed based on this mission statement.

Learner Profile

・Inquirers
・Knowledgeable
・Thinkers
・Communicators
・Principled
・Open-minded
・Caring
・Risk-takers
・Balanced
・Reflective

Based on these principles, the IB was developed as a curriculum for everyone with each unique background can enjoy.
A number of countries implement the IB today, and many people have been learning through its global education curriculum.

Introducing the gymnasium.

At CHIST, students can study the global standard curriculum from elementary school to high school.
Mr. Osako stresses the importance of consistency of education.

It is required to have a strong will that you stay in the global education curriculum for whole twelve years, rather than attending schools with different educational philosophy.

CHIST: A New Form of International School

The uniqueness of CHIST lies in the fact that it blends the successful methods of traditional Japanese curriculum and global standard education programme.
The editorial department was especially interested in the “blending”.

This can only be achieved by a person who has expertise in both global education and Japanese education.

From his own experiences, Mr. Osako explains the importance of blending the effective parts of Japanese education and global education that has more focus on “inquiring”.

Take international school education to the next level by bringing positive aspects from the Japanese education; that is what Mr. Osako aims to realise.

Elementary School Principal Dr. Fitzpatrick and Curriculum Coordinator Ms. Lessaris.

It is a project to release this outstanding, made-in-Japan global education to the world.

Increasing Level of Expectations

Right next to the venue of the school info session is where the CHIST school building will be.
The editorial department has been featuring the project ever since it was announced, and expectations of the school has never been higher.

As we started to publish articles on CHIST including the construction site, announcement of Mr. Osako's position at the school, its global standard curriculum, and info sessions, we have been receiving many inquiries about the school.

One common thing that we feel through communication with the parents contacting us is high expectation.

Mr. Niwa from the CHIST Preparatory Office explains the age eligibility for 2018-2019 and grades of students enrolling in April 2018.

The info session is the first opportunity for parents to “feel” CHIST.


After the presentation on education at CHIST, Mr. Osako closed the session by discussing "What is school.

A model of the school building and Mr. Osako's written works about the IB.

Mr. Osako's speech about global education was beyond the explanation of CHIST. It made us think about what is crucial and essential in our children's education right now.

If you want to know more about CHIST, feel free to attend their upcoming info sessions.

2017 Information Session Schedule

CHIST school info sessions will take place at Ariake Campus, Musashino University

Venue: Ariake Campus
Address: 3-3-3, Ariake, Koto-ku, Tokyo

School Info Sessions
7/25 (Tue) morning※, afternoon※, evening※
8/11 (Fri) 13:30-16:15 (CHIST Educational Lecture & School Info Session)
8/26 (Sat) morning※, afternoon※, evening※
9/7(Thu) morning※,afternoon※,evening※

(※ Fully Booked)

Contact

Chiyoda International School Tokyo (CHIST) Preparatory Office
Email:chist@musashino-u.ac.jp

CHIST│Chiyoda International School Tokyo│千代田インターナショナルスクール東京

https://www.chist.jp/

Chiyoda International School Tokyo (CHIST) is going to start as a new international education base in Chiyoda-ku, Tokyo; the political and financial center of Japan.

関連する投稿


【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

2019年に開校する中学校・高校は、全国で8校と開校ラッシュ!千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)とManai Institute of Science and Technology (旧名称:ISSJ)が開校。国際バカロレア教育に取り組む公立校大阪市立水都国際中学校・高等学校と広島県立広島叡智学園中学校・高等学校が開校。ドルトンプランの学びのドルトン東京学園 中等部・高等部が開校する。さらに新たな教育として、広域通信制とコラボしたインフィニティ国際学院、ルークス、ゼロ高等学院が開校する。


カナディアンインターナショナルスクールの説明会11月23日(金)に開催されます。

カナディアンインターナショナルスクールの説明会11月23日(金)に開催されます。

東京の大崎駅から徒歩で5分のカナディアンインターナショナルスクールでオープンキャンパスが11月4日に開催されます。1999年に創設さた男女共学のインターで、幼稚部・小学部・中学部・高校部があります。特に探求型のカナダのカリキュラムと国際バカロレアのPYPが特徴です。


【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。今回、同校は、教育系宿泊施設を多く運営する株式会社R.projectの子会社となり、同時に高等部開校に向けてリリースを発表しました。


【西町】10/13 フードフェアから知る名門インターナショナルスクールの世界〜西町インターナショナルスクールのフードフェア〜

【西町】10/13 フードフェアから知る名門インターナショナルスクールの世界〜西町インターナショナルスクールのフードフェア〜

東京都港区にある西町インターナショナルスクールは、幼稚部から中等部までの男女共学校のインターナショナルスクールです。幼稚部から中等部までの教育課程がある名門インターナショナルスクールです。毎年秋に開始されているフードフェアでは、一般参加ができ、各国自慢のフード、ドリンク、ゲーム、アクティビティが大変な人気です。


【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

3年続けて国際バカロレアのディプロマ試験で平均点が36点を越え、合格率も2年連続100%と世界のトップクラスのIB校のK.インターナショナルスクール東京。2018-2019年度入学希望者のための説明会が10月13日(土)に開催されます。


最新の投稿


【ケンブリッジ認定】でローラスインターナショナルスクール オブ サイエンスが幼小中高で躍進へ!

【ケンブリッジ認定】でローラスインターナショナルスクール オブ サイエンスが幼小中高で躍進へ!

ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、日本を含む世界160カ国以上で認められている国際認定組織のケンブリッジ認定を取得したと公表しました。都内を中心にSTEAM教育をコアに保育・幼稚部を運営する同校は、小学部があり、今後、中等部、高等部も開校する計画があります。ケンブリッジ認定は、小中高と4つの段階があります。今回、同校の小学生は、ケンブリッジ・プライマリーの修了書を受けることになります。今後、生徒の進級とともに学年を上に開校する計画のため、同校の生徒はケンブリッジ認定を最大限に活かした教育を受けると考えられます。


えっ!聖徳太子の時代から続く英国の名門The King's  School Canterburyに新コースが開校!

えっ!聖徳太子の時代から続く英国の名門The King's School Canterburyに新コースが開校!

現存する世界最古の学校ー英国の名門The King's School Canterburyは、597年に創立されました。イギリスのケント州カンタベリーにある同校は、千年以上の歴史があります。そのキングズ・スクールに中高生向けの新たなインターナショナル・カレッジが開校します。セミナーが3月2日(土)、3日(日)の両日15:00から開催されます。英国式名門ボーディングスクール で学んでみませんか。


EdTechイベント【2/17】経産省教育産業室長 浅野大介氏も登壇!保育や教育がEdTechでどのように変化するのか?

EdTechイベント【2/17】経産省教育産業室長 浅野大介氏も登壇!保育や教育がEdTechでどのように変化するのか?

2月17日(日)に保育や教育、子育て×ITの分野で活躍する方をゲストに招き、社会全体で子育てをしていく、これからの「Co育て」について考えるEdTechイベントが東京都品川区の戸越銀座駅近くのGGKIDSで開催されます。「未来の教室」をはじめEdTECHの水先案内人である経産省教育産業室長 浅野大介氏も登壇します。いわゆるEdTechゴリゴリのイベントではなく、現場から保育・教育など子育てを通して考えるイベントです。


【インター高校生】立命館大学にグローバル教養学部(GLA)が2019年4月に開設

【インター高校生】立命館大学にグローバル教養学部(GLA)が2019年4月に開設

立命館大学にグローバル教養学部(GLA)が2019年4月に開設!編集部は、インターナショナルスクール卒業生に進路の選び方についてヒアリングをしていますが、近年、人気なのがリベラルアーツです。2019年立命館大学にグローバル教養学部が開設します。全ての授業を英語で学ぶ立命館大学グローバル教養学部は、国内外のインターナショナルスクール生にとって人気になりそうです。


【速報】新インター開校!サイエンスに特化した 「Manai」が第1回説明会を3/2に開催!

【速報】新インター開校!サイエンスに特化した 「Manai」が第1回説明会を3/2に開催!

2019年9月に科学研究プロジェクトが中心のManai Institute of Science and Technology(以下、Manai)が開校します。第1回目の説明会は、3月2日(土)東京にある立命館東京キャンパス(東京駅徒歩3分)で開催されます。同校野村代表による挨拶からManaiの説明、Manaiメンターによるカウンセリングやワークショップが開催されます。


GSA