Powered by Global Step Academy    
【オランダ発】インターナショナル・スクールの注目イベント”International Day”とは?

【オランダ発】インターナショナル・スクールの注目イベント”International Day”とは?

オランダ在住のローズ記者のインターナショナル子育てコラム。今回は、現地のインターナショナルスクールの”International Day”に参加し、その様子をお届けします。


インターナショナル・デーとは?

オランダ在住のローズ記者が現地のインターナショナルスクールのイベントをレポート。

今回は、インターナショナルスクールのイベント”International Day”について寄稿いただきました。

オランダのインターナショナルスクールから

先日、息子が通っているインターナショナルスクールで、“International Day”が開催されました。

“International Day”とは、インターナショナルスクールでよく行なわれる国際文化交流イベントです。

インターナショナルスクールには世界の色々な国から来た生徒が在籍しますが、それぞれが国の代表となって自国を紹介・アピールし、お互いの理解を深めることができるような構成になっています。

子どものアイデンティティーの確立や相互理解を目的に、学校側もとても大切にしているイベントです。

様々な国がブースを出して、写真などを展示したり、試食コーナーがあったりと、準備は少々大変ですが、大人も子どもも楽しめます。

世界一周旅行をした気分にまではなれないかもしれませんがが、色んな国を実際に訪れてみたくなるのは間違いなしです。

民族衣装に身を包んで

当日、子ども達は自国のコスチュームを着ることを推奨されます。

もちろん強制ではないので、着たくない子もいますし、自国からの取り寄せが間に合わなかったりして、着ていない子どもたちもいます。

でも、誰も些細なことを気にしない点はインターナショナルスクールの良いところ。

それぞれが楽しめることが一番大切ですね!

日本で言えば、浴衣や甚平などの伝統的な服装を着る子どもが多いのですが、浴衣や甚平を持っていなかったことと、サッカー好きということで日本代表のユニフォームを着ることにしました。

親の私は本格的な着物が着られれば、季節にも合っていて見栄えもするのですが、当日は早朝から食べ物の準備もしなくてはいけないのでどうしても難しく、赤っぽいセーターを着て参加しました。

一応、日本の国旗をイメージ。

他の国はといえば、アメリカ人は、子どもは国旗デザインのTシャツにジーンズといった普通の服装が多かったのですが、ママがカウガールになって張り切っているのはとてもかっこいいと思いました。

インド人は、サリーだけでなく、様々な種類のドレスがあって、とても華やかでした。
オランダの民族衣装は何となく見慣れていて、親しみが持てました。

特に小さな女の子が着ていると、本当にかわいかったです。

イベントの様子

子ども達はグループに分かれて、それぞれのブースを回り、パスポートのような冊子に課題(各国の基本的なあいさつ、通貨、食べ物など)を記入していきます。

新設校でまだ小さい学校ですが、16カ国のブースが出ていました。

それぞれの国の個性が出ていて、なかなか興味深いと思いませんか?

(左上から)
デンマーク、日本、ドイツ
インド、オランダ、イスラエル
韓国、アイルランド、ロシア

唯一の日本人として

今回の参加にあたって、学校の方から「ブースを立ててください」と強制されることは、もちろんありませんでした。
でも、うちが参加しなければ日本ブースが立たないのはまぎれもない事実。

色々と不安はあったのですが、息子に後押しされて、思い切って参加表明しました。

今までにもインターナショナル・デーには参加してきましたが、料理や工作、英語が得意な心強い日本人ママ達といつも一緒でした。

たった一人で、計画から資料の準備、調理、子ども達への説明までやるのは初めてのこと。
ちょっと大げさですが、日の丸を背負うという気持ちを体験した気がします。

実は、海外に住んでいる人は、そんな場面に多く遭遇しているはずです。
海外で出会う人々にとって、日本人はその人だけというケースも少なくないです。

その人が日本をイメージする時、実際に出会ったその日本人から聞いた話をきっと思い出すと思うのです。

ですから、海外に住むようになって、日本に対する知識や理解を得たいとより思うようになったと思います。

そして、他国の人たちが日本のことをもっと好きになってくれたらそれほど嬉しいことはありませんよね。

そんな日常の些細な出来事の中からでも、平和に貢献することができると思うのです。

世界でも人気の日本

幸い、日本は世界の中でもとても人気のある国の一つだと思います。

特にオランダはかなりの日本食ブームで、最も大きなチェーンのスーパーマーケット”Albert Heijn(アルバート・ハイン)”には寿司コーナーがあるほどです。

サーモンがメインのシンプルな1人前パックが1500円以上とちょっとお高めなのですが、とても人気でよく売れています。

Albert Heijn, Gelderlandplein店の寿司コーナー

私も周りのリクエストで、サーモンときゅうりの巻き寿司を用意しました。

生だと思って買ったサーモンがスモークサーモンだったというアクシデントもありましたが、無事に完食。

また、寿司と一緒におせんべいと緑茶を出したのですが、緑茶の意外な人気に驚きました。

子どもも飲めるようにかなり薄くしたのですが、「いい香りでおいしい」と言って、3回戻ってきた女の子も。

このような感じで、日本の人気をひしひしと感じつつ、”International Day”はあっという間に無事に終了しました。

学校によっては、”International Day”を一般開放している学校もあります。
機会があったら、下見も兼ねて行ってみてもいいかもしれません。

普段の授業風景とはちがいますが、その学校の国籍の構成や雰囲気が分かるので、学校選びの参考になると思います。

▼ローズ記者によるオランダのインターナショナルスクールレポートは、こちらの記事も人気です。

こちらも参考にしたいですね。

【オランダ発】教育先進国オランダのバイリンガル教育、政府と学校の取り組み

http://istimes.net/articles/897

日本と同様に、オランダでも英語教育の必要性が年々高まっています。教育の自由があるオランダでは、実際に様々な取り組みがなされています。今日は、オランダのバイリンガル教育について書かれた記事をご紹介させていただきたいと思います。

【オランダ発】インターナショナルスクールに通わせてよかったと思う5つの理由

http://istimes.net/articles/885

オランダ在住のローズさんのコラムです。香港→マカオ→マレーシア→オランダで子育てをしてきたローズさんが、子どもをインターナショナルスクールに通わせてよかったと思う理由を親目線から考えてみました。

【オランダ発】オランダのインターナショナルスクールは、半官半民?「ダッチ・インターナショナル・スクール」とは?

http://istimes.net/articles/920

教育先進国と呼ばれるオランダでは、なんとインターナショナルスクールも半官半民で取り組んでいるようです。その半官半民のインターナショナルスクールのことを『ダッチ・インターナショナル・スクール』と呼んでいます。グローバル化に合わせた教育は、自然な動き。インターナショナルスクールをオランダらしい発想で取り組んでいます。

最新の投稿


【インタビュー】IB校 栗林代表 インターナショナルスクール オブ 長野の新校舎、長野キャンパス開校!

【インタビュー】IB校 栗林代表 インターナショナルスクール オブ 長野の新校舎、長野キャンパス開校!

長野県松本市にあるインターナショナルスクールオブ長野(International School of Nagano以下、ISN)は、国際バカロレアのPYP認定校になりました。同校は、松本市内に2キャンパス幼稚部と初等部があり、2019年4月には長野校も開園します。男女共学のインターナショナルスクールで約130名の生徒が学んでいます。


【ケンブリッジ認定】でローラスインターナショナルスクール オブ サイエンスが幼小中高で躍進へ!

【ケンブリッジ認定】でローラスインターナショナルスクール オブ サイエンスが幼小中高で躍進へ!

ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、日本を含む世界160カ国以上で認められている国際認定組織のケンブリッジ認定を取得したと公表しました。都内を中心にSTEAM教育をコアに保育・幼稚部を運営する同校は、小学部があり、今後、中等部、高等部も開校する計画があります。ケンブリッジ認定は、小中高と4つの段階があります。今回、同校の小学生は、ケンブリッジ・プライマリーの修了書を受けることになります。今後、生徒の進級とともに学年を上に開校する計画のため、同校の生徒はケンブリッジ認定を最大限に活かした教育を受けると考えられます。


えっ!聖徳太子の時代から続く英国の名門The King's  School Canterburyに新コースが開校!

えっ!聖徳太子の時代から続く英国の名門The King's School Canterburyに新コースが開校!

現存する世界最古の学校ー英国の名門The King's School Canterburyは、597年に創立されました。イギリスのケント州カンタベリーにある同校は、千年以上の歴史があります。そのキングズ・スクールに中高生向けの新たなインターナショナル・カレッジが開校します。セミナーが3月2日(土)、3日(日)の両日15:00から開催されます。英国式名門ボーディングスクール で学んでみませんか。


EdTechイベント【2/17】経産省教育産業室長 浅野大介氏も登壇!保育や教育がEdTechでどのように変化するのか?

EdTechイベント【2/17】経産省教育産業室長 浅野大介氏も登壇!保育や教育がEdTechでどのように変化するのか?

2月17日(日)に保育や教育、子育て×ITの分野で活躍する方をゲストに招き、社会全体で子育てをしていく、これからの「Co育て」について考えるEdTechイベントが東京都品川区の戸越銀座駅近くのGGKIDSで開催されます。「未来の教室」をはじめEdTECHの水先案内人である経産省教育産業室長 浅野大介氏も登壇します。いわゆるEdTechゴリゴリのイベントではなく、現場から保育・教育など子育てを通して考えるイベントです。


【インター高校生】立命館大学にグローバル教養学部(GLA)が2019年4月に開設

【インター高校生】立命館大学にグローバル教養学部(GLA)が2019年4月に開設

立命館大学にグローバル教養学部(GLA)が2019年4月に開設!編集部は、インターナショナルスクール卒業生に進路の選び方についてヒアリングをしていますが、近年、人気なのがリベラルアーツです。2019年立命館大学にグローバル教養学部が開設します。全ての授業を英語で学ぶ立命館大学グローバル教養学部は、国内外のインターナショナルスクール生にとって人気になりそうです。


GSA