Powered by Global Step Academy    
【オランダ発】インターナショナルスクールに通わせてよかったと思う5つの理由

【オランダ発】インターナショナルスクールに通わせてよかったと思う5つの理由

オランダ在住のローズさんのコラムです。香港→マカオ→マレーシア→オランダで子育てをしてきたローズさんが、子どもをインターナショナルスクールに通わせてよかったと思う理由を親目線から考えてみました。

event

引っ越しの多い生活の中で選んだインターナショナルスクール

筆者は、現在オランダで9歳の男の子をアメリカンスクールに通わせる母親です。
オランダに住んで2年程ですが、その前はマレーシアに約5年、マカオに約2年、その前に住んでいた香港で息子は誕生しました。

夏休みなどの長期休暇を利用して日本には滞在するものの、日本に住んだことのない息子がインターナショナルスクールに通うのは自然な選択だったのかもしれません。

でも、2歳のナーサリー時代から小学校中学年となった現在までを振り返ってみると、彼をインターナショナルスクールに通わせて本当によかったと思っています。

今日はそのことについて書いてみたいと思います。

1.何といっても英語力。マルチリンガルも可能

インターナショナルスクールでは英語で授業が行なわれるので、当然といえば当然なのですが、英語に関してはネイティブといってもよいでしょう。

校内はもちろん、日常生活、旅行先などでも英語でのコミュニケーションに困ることはありません。

公立校で中学校から英語をはじめ、苦労しながら英語を学んできた筆者からしてみると羨ましくなってしまうほどです。
いつの間にか通訳をしてくれるようになったので今では楽をさせてもらっています。

海外育ちの英語力

彼は7歳の時に力試しに受けさせた英検3級に合格しています。
それ以来は試験のタイミングに合わず受験できていないのですが、今受験するなら準1級くらいでしょうか。
学校の課題や読んでいる本の内容からそのくらいかと思います。
ちなみに英検準1級は短大卒程度のレベルだそうです。

筆者の英語力では完全に抜かれてしまってお手上げ状態。
逆に安心して学校にお任せしています。
親のやることといえば、学校の課題をやっているかの確認や個人面談で学校での様子を聞くくらいです。
個人面談以外でも気になっていることなどがあったら、いつでも担任の先生に相談することができます。

オランダで日本語力を身につけさせるために

残念ながら今の学校は日本人の生徒が少ないため、学校で日本語のクラスはありません。
ですので、日本からの教材を使って日本語の学習を続けさせています。
会話に関しては普通にコミュニケーションを取ることができるのでいわゆるバイリンガル。

また、オランダではインターナショナルスクールでもオランダ語を学ぶことが必須となっているので週2回オランダ語の授業も受けています。
さすがにオランダ語はまだ簡単な会話しかできませんが、オランダ滞在中に学習を続けていけばマルチリンガルも夢ではないかもしれません。

ヨーロッパでは、国と国がつながっており移動が自由な背景があるせいか、複数の言語を操る人は珍しくありません。

2.世界中に友達ができた

インターナショナルスクールには、仕事やさまざまな理由で自国以外の国に住むことになった家族の子女が多く通っています。
現在の学校は特にダイバーシティ(多様性)がすばらしく、全校合わせると、世界76カ国からの生徒が通っているそうことです。

お友達のバースデーパーティーでの1枚。ビーチハウスでBBQを食べた後、思いっきり遊びました。

多様性のなかで子どもの成長

学校の雰囲気はまさにインターナショナル。息子のクラスメートもアメリカ、スペイン、イタリア、トルコ、イギリス、アイルランド、韓国とさまざまな国から来ています。

同じクラス内だけでなく学年の違う子どもとも休み時間や放課後にサッカーとすることで仲良くなっているようです。
好きなことや趣味を通じて友情を育むことができるのですね。

年齢や国籍を越えて、楽しく遊んでいる様子を見ているとインターナショナルスクールの良さを実感します。

インターナショナルスクールの生徒たちは親の仕事の都合により数年単位で移動することが多く、自分が引っ越さなくてはいけなくなった時も、また仲良くなった友達が引っ越す時もつらいものです。

でも、今はSNSなどの便利なツールがあるので引っ越した後も連絡が取りやすくなってきました。

長期休暇でお友達が会いに来てくれたり、逆に自分が訪ねていったりするのも、楽しみの一つです。

3.個性を大切にしてくれ、子どもが伸び伸びとできる

インターナショナルスクールでは、それぞれの個性がとても大切にされているように感じます。

生徒たちの国籍や育ってきたバックグラウンドが様々なので、画一化するのが難しいということもあるでしょう。
でもそのことが、子ども達の個性を潰さず、本来持つキャラクターでいさせてくれるのかもしれません。

お互いに尊重する文化

「それぞれが違う」ことが前提なので、違うことを理由に批判されたり、いじめられたりすることはありません。

「ぼくはこうやるけど、きみはこうやるんだね」と自分のやり方を押し付けるようなことはしません。
そんなことをしなくても、良いことは自然と広がっていくものです。

互いに尊重し合って共存していくということを子どもの頃からいつの間にか身に着けているのかなと思います。

また、今通っているアメリカンスクールでは制服や校則もないので、服装や髪型も自由です。

特に中学生以降になると、髪をカラフルに染めていたり、男の子でもバンダナやアクセサリーなどを着けたりしておしゃれをしている子もいます。
でも意外とそういう子は少数派で、大抵の子はTシャツにジーパンやスウェットパンツ。
派手な格好をしている子でも、勉強や課外活動などはきちんとやっています。

校則で厳しく取り締まったりしなくてもいいのだなと改めて実感しました。

4.柔軟性のある学習環境

インターナショナルスクールでは1クラスの人数がだいたい20名前後となっています。
そこに担任の先生とアシスタントの先生が入るので、クラス全員に目が届きやすい環境です。

ワールドブックデーでの1枚。各々お気に入りのキャラクターに扮して授業を受けています。

同じクラスの中でもいくつかのグループに分かれて、自分に最もあったレベルで学習を進めていくことができます。

算数な得意な息子は「エクストラ・プロジェクト」に参加することを認められ、そのことがさらに自信につながっているようです。

得意なことをさらに伸ばしてもらえることは子ども達の人生の中で強みとなっていくことでしょう。

多様な個性を教室で

同じ学校には障害を持っている子たちもいます。彼らも必要なサポートを受けながら学習を続けています。
スペシャルサポートを受ける選択肢があるからです。

同じクラスにディスレクシア(識字障害)を持っている子がいます。
会話には問題ありませんが、読み書きのある授業にはやはり困難が伴います。

息子はそれまでディスレクシアを知りませんでしたが、先生がクラスに説明してくれて理解することができました。
その子はクラスの授業の時間に特別支援クラスに行ったりすることもありますが、他のことには問題がないので休み時間などはみんなと一緒に遊んでいます。

このように、それぞれの子どもが必要とする学習環境に柔軟に対応してくれるのもインターナショナルスクールの良さだと感じています。

5.年齢に関係なく人と対等に接せられる

ご存知のように英語ではファーストネームで呼び合う文化があります。
ですので、歳が自分より上か下かということで、対応が変わるということがあまりありません。

年下だからと言って威張ったり、年上だからといって急にへり下ったりするのは考えてみたらおかしなことです。

放課後のプレイグラウンドにて。大きな子も小さな子も混ざってサッカーをしています。

遊びで磨かれるコミュニケーション能力

息子の学校の子ども達は年下の子が遊びの輪に入ってくると、何となくかばいながらうまく遊んでいます。
時には身長が何十センチも違うようなハイスクールの生徒と遊んでいることもあります。

どうやって一緒に遊んでいるのかこっそり観察していると、やはり大きな子が手加減してくれながら遊んでいるよう。
バスケットやサッカーをしたり、おしゃべりをしたり、みんな楽しそうにしています。

高校生は普段勉強が大変ですから、たまに小学生と遊ぶのが息抜きになるようです。

小学生にとっては刺激があって楽しいのはいうまでもありません。
でもその姿がとても自然で、体の大きさこそまちまちですが、ただ友達と遊んでいるという雰囲気なのです。

年齢の違う人とも遊びを通じて対等に接することができる環境はとてもよいと思います。
生徒同士だけでなく、保護者に対しても対等です。息子が4歳の頃のお友だちに初めてファーストネームで呼ばれた時には、びっくりするやらくすぐったいような気分でしたが今ではすっかり慣れました。

たまに日本へ帰った時には自ら「おばちゃん」を名乗らなくてはいけないのでぐっと老け込んだような気分になります。
日本でもファーストネーム制が浸透するといいですね。

ちなみにアメリカンスクールでも先生に対しては、Mr.やMrs.などを付けて呼びます。
やはりその辺の線引きは必要なのでしょう。
かといって過度に畏敬の念に囚われたりすることは全くなく、適度な敬意と教えてもらう人に対してのマナーのようなもののようです。

先生と保護者はどちらでも構わないようですが、やはりファーストネームで呼びあった方がぐっと親近感が沸き、コミュニケーションが取りやすい気がします。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
筆者が一人の母親として、インターナショナルスクールに行かせてよかった理由を挙げてみると大きく5つになりました。
細かいことまでいえば、もっともっと挙げられるでしょう。

インターナショナルスクールで教育を受けさせることは、学費が高かったり、より多くのサポートが必要だったりと親の負担も少なくありません。
それでもメリットの方がはるかに大きいと感じています。

すでにグローバル化が進みつつありますが、今後より激化していく中で、筆者自身が経験してきた苦労を子どもにはさせたくないという想いも込められています。

息子のインターナショナルスクール生活はまだまだ先が長いですが、将来、彼の自己実現の大きな助けになることを信じてやみません。

こちらも参考にしたいですね。

London発!日本とイギリスで教えている先生に聞いた『国際バカロレアを勉強した先に見えるもの』

http://istimes.net/articles/874

近年、注目が高まっている国際バカロレア教育。「グローバルな視点、深い分析力、自らものを考える力がつく教育」と世界で高い評価を受け世界4500校以上で採用されてます。イギリスと日本の両国で、約20年国際バカロレア教育に携わり、現在、イギリスのインターナショナルスクールでもIBで教えているベイグ先生にお話を伺いました。

インターナショナルスクールあるある!インターを知る10物語

http://istimes.net/articles/857

インターナショナルスクール。ちょっと遠い存在の学校というイメージの方が多いのではないでしょうか。タイムズ編集部は、スクールのお力を借りて取材を進めてきました。そのなかでちょっとふしぎな存在だったインターナショナルスクールの姿に触れることができました。そこで印象的な10の物語と番外編をお伝えします。

プリ・キンダー卒園児の英語力が恐ろしく落ちる「小1英語の崖」

http://istimes.net/articles/851

プリスクールやキンダーガーテンから小学校に進学して突き当たる英語力の事実。それが「小1英語の崖」です。英語で学ぶ環境から、日本語で学ぶ環境に変化することで英語力がゴールデンウィーク明けから一気に落ちます。プリ・キンダーの卒園児がどのように英語力対策をすれば良いのか。その点を含めまとめました。

ライター募集!海外駐在員の家族や経験のある方、

http://istimes.net/articles/848

インターナショナルスクールタイムズでは、ライターを募集しています。海外在住で教員をされている方、その国への駐在者向けに役立つ教育情報を執筆できる方、ライター経験やブログ・サイト運営経験のある方、質の高い、手間のかかった記事を執筆しようと頑張れる方、写真の撮影・提供ができる方、社会人マナーを守れる方はぜひご応募ください。

関連する投稿


【開校へ】共学化・IB・インター併設 武蔵野大学附属千代田高等学院と千代田インターナショナルスクール

【開校へ】共学化・IB・インター併設 武蔵野大学附属千代田高等学院と千代田インターナショナルスクール

2018年4月に千代田女学園は、共学化とともに武蔵野大学附属千代田高等学院に。さらに併設する千代田インターナショナルスクール東京とともに千代田区が国際教育の目に。首都東京の中心の千代田区。国際バカロレア認定校がなかったが千代田高等学院は、IBコースを開校予定。さらにインターナショナルスクールも開校。勢いが出てきた千代田


【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

日本より授業時間は短いけど多忙なポーランドの小学生!学校のカリキュラムは一体どうなっているのか「なぜ、こんなに勉強するのか」調べてみました。ポーランド在住のチェシェク記者のレポートです。


あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。


【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

ロンドンで国際バカロレアを採用しているインターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)。世界から転勤してくる生徒に母語と大切に探究的に学ぶインターナショナルスクールとして同校を訪問し、魅力について伺いました。ロンドン在住のChika B記者が同校をご紹介します。


【オランダ発】オランダのインターナショナルスクールは、半官半民?「ダッチ・インターナショナル・スクール」とは?

【オランダ発】オランダのインターナショナルスクールは、半官半民?「ダッチ・インターナショナル・スクール」とは?

教育先進国と呼ばれるオランダでは、なんとインターナショナルスクールも半官半民で取り組んでいるようです。その半官半民のインターナショナルスクールのことを『ダッチ・インターナショナル・スクール』と呼んでいます。グローバル化に合わせた教育は、自然な動き。インターナショナルスクールをオランダらしい発想で取り組んでいます。


最新の投稿


【サマー】アメリカ人のサマーキャンプに参加できる東京グローバルキャンプの面白さとは

【サマー】アメリカ人のサマーキャンプに参加できる東京グローバルキャンプの面白さとは

新宿から約30分。多摩にアメリカ人専用のレクレーションセンター「多摩ヒルズ」があります。7月、8月にアメリカ人の子供たちが多く参加する『東京グローバルキャンプ』が開催される予定です。それに先駆けて体験キャンプが開催されたので、編集部は早速、見学させてもらいました。


【独占インタビュー】アオバジャパン・インターナショナルスクール 柴田巌理事長

【独占インタビュー】アオバジャパン・インターナショナルスクール 柴田巌理事長

国際バカロレアで躍進のアオバジャパン・インターナショナルスクールは、大前研一代表の株式会社ビジネス・ブレークスルー(以下、BBT)が運営しています。BBTは、1歳から大学院まで「世界で活躍できるグローバルリーダーの育成」をする唯一の上場企業です。今回、同社の代表取締役副社長にも就任した柴田理事長の独占インタビューです。


【ポーランド発】算数教育がITで実を結ぶ!ポーランド人がITで強いのは、算数のおかげ?

【ポーランド発】算数教育がITで実を結ぶ!ポーランド人がITで強いのは、算数のおかげ?

アジアと比較し、ヨーロッパは数学教育が発達してきました。16世紀から「会計の父」という別名で知られるルカ・パチョーリを筆頭に多くの数学者を現代まで輩出してきました。ポーランドの中学校が学ぶ数学の授業を取材してきました。ポーランドの算数の授業から日本の授業と何が違うのか?チェシェック記者のレポートです。


【イベント】7/5 「なぜ、21世紀型スキルのTerra Academyがすごいのか!」南青山で中高生対象のイベント開催

【イベント】7/5 「なぜ、21世紀型スキルのTerra Academyがすごいのか!」南青山で中高生対象のイベント開催

21世紀型スキルが習得できるTerra Academyがついに開始!「マインドフルネス」「デザイン思考」から「グロース・マインドセット」、「クリティカル・シンキング」と21世紀型スキルが学べるサマーキャンプが開催されます。まずはイベントの7月5日(水)に南青山で会いましょう!


②なぜ今、教育セレブに「チューター」が人気なのか?「チューターの3段活用とは?」【連載】

②なぜ今、教育セレブに「チューター」が人気なのか?「チューターの3段活用とは?」【連載】

英語で教えてくれる家庭教師の「チューター」が人気になっているのをご存知だろうか?連載の『なぜ今、教育セレブに「チューター」が人気なのか?』の2回目は、「チューターの3段活用」とシッター、チューター、メンターと我が子の成長に合わせた活用法にも触れてみた。


GSA