Powered by Global Step Academy    
2015.11.27 イベント開催のお知らせ

2015.11.27 イベント開催のお知らせ

なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか?インターナショナルスクールの教育について話し合うイベントを開催します。


なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか

第一回 インターナショナルスクールを知ろう

2015.11.27

 私たちが考えていること
 昨今、「国際化」や「グローバル」という言葉を聞かない日はないほど「グローバル化」への注目が日本国内で高まっています。
その背景には、小学校の英語教育必修化や企業の社内英語公用化などがあり、英語を使いこなすスキルが当たり前になってくる時代が徐々に近づいています。

 そんな中、英語ベースで探求的教育を受けるインターナショナルスクールが現在注目を集めています。今ではインターネットやその他多くのメディアでインターナショナルスクールに関する情報を得られるようになっています。

14dbbe27fcbc4558466a474654675e59_m.jpg

 しかしながら、メディアで得られる情報も実際には限られており、なぜインターナショナルスクールでの教育が今大事なのか、インター生は実際に何をどう学んでいるか、卒業後はどうしているかなど、まだまだあまり表に知られていない情報が数多くあります。

 それを踏まえ、今回はThe International School Times編集長の村田氏とインターナショナルスクール出身でオンライン・インターナショナルスクールGlobal Step Academyを運営されているモントゴメリー道緒氏に登壇していただき、インターナショナルスクールの内側について深くお話していただきます。

 少しでもインターナショナルスクールに興味がある方はこのイベントにご参加頂ければと思います。

概要

開催日時
2015年12月15日(火) 10:00 〜11:45
定員
30名
会費
個人参加 :2000円 家族参加 :3000円(*当日 受付でお支払いください)
会場
泉ガーデンレジデンス ラウンジ
共催
Global Step Academy
The International School Times
後援
セントラルフォレストインターナショナルスクール スポーツ&ミュージック キンダーガーテン立川

スケジュール

10:00
開場
10:15~11:15
インターナショナルスクールとは?
プレセンター:The International School Times 編集長 村田
聞き手:Global Step Academy モントゴメリー 道緒
11:15~11:45
質疑応答

会場 泉ガーテンレジデンス ラウンジ

     東京メトロ南北線 『六本木一丁目駅』 徒歩 1分  東京メトロ銀座線 『溜池山王駅』 徒歩 6分  東京メトロ日比谷線 『神谷町駅』 徒歩 8分

参加申し込み

こちらからお申込ください。

    gsatimesevet002.PNG

公式サイト なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか

Michio Montgomery

株式会社 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS
代表取締役社長 兼 CEO
1983年 東京都生まれ
日本人とアメリカ人のハーフ。

株式会社株式会社 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS
代表取締役社長 兼 CEO
国内最大の料理教室会社
ABC Cooking Studio の元代表取 締役社長
西町インターナショナルスクール卒業
(幼稚園から中学校)
アメリカンスクール・イン・ジャパン卒業
(高校)
 バブソン大学
(米国 マサチューセッツ州)
大学卒業後メリルリンチ日本証券で国内及び海外 M&A 業務に従事。
2012年に国内最大の料理教室会社
ABC Cooking Studio の代表取締役社長
2014年に NTT Docomo への売却を機に独立
2013年に旧(株)株式会社 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSを買収
代表取締役に就任し、現在に至る。

Manabu Murata

The International School Times編集長
1973年 米国カリフォルニア州
トーランス生まれ。

株式会社The International School Times代表取締役
セントラルフォレストインターナショナルスクール スポーツ&ミュージック キンダーガーテン立川 理事長
アメリカのロサンゼルス生まれ、幼稚園年長まで米国で育つ。
千葉・埼玉・東京の公立小中高を卒業後、日本大学商学部
日本の小学校、中学校、高校と公立学校に通いながら、インターナショナルスクールの教育について興味を持つ。
学校事務などをしながら2012年 The International School Timesを創刊。
2014年 セントラルフォレストインターナショナル スポーツ&ミュージック キンダーガーテン 立川の理事長に就任し、現在に至る。

この記事のライター

関連するキーワード


Global Step Academy

関連する投稿


【お知らせ】日本最大級のプリスクールポータル「プリスクールナビ」と業務提携

【お知らせ】日本最大級のプリスクールポータル「プリスクールナビ」と業務提携

プリスクールとインターナショナルスクールなど国際教育の情報提供を提供するプリスクールナビを運営する株式会社アッションとインターナショナルスクールタイムズを運営する株式会社Global Educational Partnersは、国際教育の情報提供のため業務提携を締結いたしました。


プリ・キンダー卒園後の『小1英語の崖』を解決!オンラインとスクールの新たな方法とは?

プリ・キンダー卒園後の『小1英語の崖』を解決!オンラインとスクールの新たな方法とは?

東京都立川市にあるセントラルフォレストインターナショナルスクールは、2歳から6歳までの未就学児童が学ぶインターナショナルスクールです。探究的に学びます。生徒の約30%が英語ネイティブのスクールですが、卒園後の英語力のために新たな仕組みを進めています。そこにフォーカスしてみました。


ウィンタースクールに通うと夏に子どもがぐっと伸びる9つの理由

ウィンタースクールに通うと夏に子どもがぐっと伸びる9つの理由

実は、夏にぐっと伸びてほしいならばウィンタースクールに通わせると効果があります。なぜ、インターナショナルスクールのウィンタースクールに通わすと来年の夏にぐっと伸びるのか?9つの理由をまとめました。オススメのウィンタースクールもまとめました。


【インタビュー】モントゴメリー道緒さん インター卒業生が作るオンライン・インターナショナルスクール

【インタビュー】モントゴメリー道緒さん インター卒業生が作るオンライン・インターナショナルスクール

西町・アメリカンスクール卒業生 モントゴメリー道緒さんにインタビューを通してモントゴメリーさんのご経歴とGlobal Step Academy(GSA)の考えをお伺いしたました。


イベント開催のお知らせ 

イベント開催のお知らせ 

なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか?「第一回 インターナショナルスクールを知ろう」を開催します。


最新の投稿


【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

日本より授業時間は短いけど多忙なポーランドの小学生!学校のカリキュラムは一体どうなっているのか「なぜ、こんなに勉強するのか」調べてみました。ポーランド在住のチェシェク記者のレポートです。


【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

グローバル・リーダーを生み出す三種の必須スキル。それが「グロース・マインドセット」「デザイン思考」、そして「クリティカル・シンキング」。21世紀のグローバルスキルのトップ講師がついにサマーキャンプに集合。海外大学と名門大学の進学を考える高校生は、受けておきたいサマーキャンプですね。説明会日程も加筆し、再掲載。


ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。英国のボーディングスクールの展開も実は、ハリー・ポッター効果があったようです。


あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。


ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

2018年4月に理工系リベラルアーツのボーディングスクールとして開校予定の国際高専。第一回のキックオフイベントが2017年5月に開催。英語でボーディングスクールで学ぶSTEM教育とはどのような学びでしょうか?STEM教育の楽しさを感じる金沢工業大学の大澤学長とバークスデール校長のトークセッションをお伝えします。


GSA