Powered by Global Step Academy    
プリ・キンダー卒園後の『小1英語の崖』を解決!オンラインとスクールの新たな方法とは?

プリ・キンダー卒園後の『小1英語の崖』を解決!オンラインとスクールの新たな方法とは?

東京都立川市にあるセントラルフォレストインターナショナルスクールは、2歳から6歳までの未就学児童が学ぶインターナショナルスクールです。探究的に学びます。生徒の約30%が英語ネイティブのスクールですが、卒園後の英語力のために新たな仕組みを進めています。そこにフォーカスしてみました。


東京都立川市にあるセントラルフォレストインターナショナルスクール立川

4月からGlobal Step Academy International Schoolとして4月から開校することになりました。
(現在:セントラルフォレストインターナショナルスクール立川)

同校を運営するのが、名門ボーディングスクールへの進学相談やインターナショナルスクールに通う生徒向けの学習サポートをしている Global Step Academy(以下、GSA)。

オンラインでインターナショナルスクールの授業を学べるサービスも2015年から開始されています。

今回、編集部が注目したのが、同園の在園児、卒園児に向けたGSAのオンラインのマンツーマンのサービスです。

オンラインと実際のプリスクールが協力すると、どのようなところにメリットがあるのでしょうか?

オンラインで学ぶことで、プリスクールやキンダーガーテン卒園児が陥る「小1英語の崖」問題の解決にもつながりそうです。

▼プリ・キンダー卒園児の英語力が恐ろしく落ちる『小1英語の崖』はこちら。

プリ・キンダー卒園児の英語力が恐ろしく落ちる「小1英語の崖」

http://istimes.net/articles/851

プリスクールやキンダーガーテンから小学校に進学して突き当たる英語力の事実。それが「小1英語の崖」です。英語で学ぶ環境から、日本語で学ぶ環境に変化することで英語力がゴールデンウィーク明けから一気に落ちます。プリ・キンダーの卒園児がどのように英語力対策をすれば良いのか。その点を含めまとめました。

現在、GSAが提供している科目は、Language ArtsとMath

現在、GSAは英語で学ぶ「Language Arts」と「Math」を提供しています。
英語で学ぶため、海外からのアクセス数も多いようです。

▼Global Step Academyの公式サイトはこちら
 https://global-step.jp/

オンラインというと英会話が有名ですが、同社の取り組みは違うようです。

英語ではなく、科目名は「Language Arts」。

Language Artsとは、日本では「国語」にあたる科目です。
ちなみにアメリカの標準カリキュラムであるCommon Coreで国語(英語)にあたる科目です。

国語(英語)のLanguage Artsをひとりひとりの習得度に合わせたマンツーマンサービスを受けることができます。

すなわち「英語でそれぞれの科目ごとのオンラインでマンツーマンレッスンを受けられる」そうです。

オンライン・インターナショナルスクールのGlobal Step Academy

https://global-step.jp

インターナショナルスクールの教育をオンラインで学べるGlobal Step Academy

なぜ、在園児、卒園児にオンラインで学べる仕組みを提供するのか?

Global Step Academyの社長でもあり、Global Step Academy International Schoolのモントゴメリー理事長に訊いてみました。

編集部:オンラインと実際のインターナショナルスクールの融合は、どのような理由があって開始されたのですか?

昨年から私たちは、東京都にあるセントラルフォレストインターナショナルスクール立川の運営を始めていますが、そのなかで園の保護者様の声を聞くことがありました。

そのなかで多くのお母さん方が悩んでいるのが、「卒園後」であることがわかりました。
すなわち、「卒園後に英語力をどう維持・向上すればいいのでしょうか?」という声でした。

プリスクールやキンダーガーテン卒園児が日本の小学校に上がって突き当たる英語の問題すなわち『小1英語の崖』ですね。

そうです。
これまでのアフタースクールやプライベートレッスンでは、英語力の維持・向上に課題がありました。

例えば、グループレッスンに受けるために小学校が終わった後に通うことやプライベートレッスンは高額なので週一回などになりがちです。

習い事も増えてきますし、学校行事も増えてきます。
小学生になるともっと忙しくなのるのです。

小1、2年生は習い事が少ないですが、それでも学校行事などいろいろ出てきますね。

もちろん、マンツーマンのプライベートレッスンは授業料が高くなります。
そして、小学1年生は、小学校の授業で疲れているためだんだんと放課後に通うことが大変になってくるのです。

他の習い事や学校行事も増えてくるなかで、私たちが導き出した答え。

それが「インターナショナルスクールの教育をマンツーマンのオンラインで学べるようにすること」でした。

マンツーマンなら、その子にあった英語力を育てて、さらに伸ばすことができますね。

インターナショナルスクールの学びをオンラインに

オンラインで提供してる授業ですが、英会話ではないそうです。

アメリカのカリキュラムであるLanguage Artsです。
本園は、インターナショナルスクールとして多国籍なお子さんが通っています。

当たり前ですが、アメリカ人など英語母語の生徒はオンラインで「英会話」を学ぶ必要がありません。
お父さん、お母さんが英語ネイティブだからです。

しかし、Language Artsとなると話は別です。
それは、英語母語の家庭にとって「国語」にあたるからです。

日本人でもアメリカ人でも、学ぶ言語力がなければ、算数や社会、理科など他の科目の理解に繋がりません。
そのためにアメリカ人も、もちろん日本人も国語を重視するのです。

オンラインでLanguage Artsを学べるのであれば、アメリカ人の生徒さん、その他の国のお子さんも学べます。

世界基準の英語をオンラインで学ぶのに課題はあるのか?

幼児や小学校低学年くらい子どもが落ち着いて学べるのでしょうか?
また、オンラインというと大人が英会話を学ぶイメージが強いのですが、子どもがオンラインで学ぶなかで課題はないでしょうか?

そうですね。もちろん、課題があります。
英語母語の方が学ぶ国語のため、英語母語以外のお子さんには少し難しいのが現状です。

また、オンラインのためお子様の集中力とネット環境に左右されることがあります。

お子様の集中力を持続させるため、GSAでは各授業を担当者が分析し、お子様が効率的に学べるようにカリキュラムを開発しています。

また、ネット環境は、安定した仕組みをつくるためGoogleのハングアウトという仕組みを採用しました。

ネット環境は、それぞれのご家庭の回線にもよりますね。
子どもの集中力は、マンツーマンなので先生の楽しい授業でカバーしてもらえそうです。

本園の生徒は、2歳・3歳から英語で学んでいます。

本園の生徒は2歳や3歳からLanguage Artsを学んでいます。
オンラインの操作などを除けば、今回のGSAのオンライン授業を本園の卒園児は、スムーズにネイティヴの先生から学べると考えています。

そして、私たちが多くの保護者様からいただいた「卒園後の英語力」の課題は、このGSAのLanguage Artsを学び続けることで伸ばすことができます。

世界基準の英語であるLanguage Artsをそのまま育てていけば、英語がネイティブと同じように伸び、国内外の受験でも有利になります。

世界基準の英語のため小学生や中学生で留学や海外の大学に進学するためにTOFELの受験などで有利になりそうですね。

日本でも海外でもどこでも

インターナショナルスクールの学びである、「英語で学ぶ力」と「オンライン」で子どもたちはどのように育つのでしょうか?
具体的にどのように成長するのでしょうか?

日本の国公私立小学校、インターナショナルスクールに通いながら、世界基準の英語力が身についていれば、世界トップクラスの大学で学ぶ土台ができます。

もちろん本園の生徒が卒園後にアメリカや中国、タイに帰り、現地の公立校に通っても、GSAのオンラインでLanguage Artsを学び続けることができます。

卒園後もどのようにして「英語力」の維持・向上を準備するのか?
私たちGlobal Step Academyの提供するLanguage ArtsとMathを活用して学び続ける仕組みを提供することで、プリ・キンダーのお子さんの「英語の崖」に橋をかけることができれば、と考えています。

「継続は力なり」といわれますが、卒園後の英語力維持だけではなく、向上する機会になりそうですね。

私たちの理念は、We Believe in the Power of Education(教育の力を我々は信じている)です。未就学児童のための国際教育機関としてできること。
それは、「未来への学力」を育てることにあります。

ITを活用しながら、私たちは「教育の力」を信じているのです。

プリスクールやキンダーガーテン卒園後を見据えた英語力の維持・向上。
その先には、テクノロジーの進化があるようです。

オンライン・インターナショナルスクールで学び続ける。
Global Step Academyは、プリスクールやキンダーガーテン卒園後に日本の学校と両立するには便利なプログラムですね。

お問い合わせ

〒190-0023
東京都立川市柴崎町6-14-26
TEL:042-512-8317(平日 9AM〜5PM)英語・日本語
Mail:info@global-step.jp

こちらも参考にしたいですね。

Global Step Academy International School

http://school.gsacademy.com/

グローバル・ステップ・アカデミー インターナショナルスクール

恐竜と一緒に好奇心を発掘?イギリスの探究的なテーマは、恐竜!

http://istimes.net/articles/784

夏休み明けのIPCのテーマは、恐竜です。夏休み明けの子供たちに先生方が準備したのが、恐竜の世界。東京都立川市や国立市・日野市から一番近い探究的に学ぶセントラルフォレストインターナショナルスクール立川の探究的な授業!

立川にあるインターナショナルスクールの2歳は、リンゴから手洗いを学ぶ?

http://istimes.net/articles/75

2歳で手を洗うことを覚えたいですね。インターナショナルスクールでも同じです。では、立川・国立から一番近いセントラルフォレストインターナショナルスクール立川では、どのように手洗い指導を教えているのでしょうか?

この記事のライター

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連する投稿


【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

ローラス・インターナショナルスクールの青山・高輪・白金台・西馬込・田園調布・武蔵小杉の各校では、1歳半から6歳までのお子様を対象としたサマーキャンプを開催します。今年のテーマは、”Adventure World”。この夏は、ローラスで世界をに飛び出そう!


【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

東京都世田谷区・品川区にプリスクールを運営するキッズアイランド砧公園校で2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京のHead of schoolに就任する予定の大迫弘和氏から直接、国際バカロレアの学び、同校の魅力を聞くことができる公開型の国際教育のイベントが開催されます。


【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのような生徒と先生が集うのでしょうか?


【サイエンス・サマー】ローラス・インターナショナルスクールのサイエンスサマースクール

【サイエンス・サマー】ローラス・インターナショナルスクールのサイエンスサマースクール

白金台にあるローラス・インターナショナルスクール・オブ・サイエンスで、サイエンス・サマースクールが開催されます。同校は、東京都内で青山・高輪・西馬込・久が原・田園調布・武蔵小杉など計7校でインターナショナルスクールを運営するローラスグループの初等部です。


【国際バカロレア一貫校へ】東京ウエストインターナショナルスクールの説明会レポート

【国際バカロレア一貫校へ】東京ウエストインターナショナルスクールの説明会レポート

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、国際バカロレア一貫校の準備が進んでいます。同校は、姉妹校として神奈川県にセントラルフォレストインターナショナルスクール、東京都立川市にGSAインターナショナルスクールがあり、幼児部から高等部まで国際バカロレア一貫校計画を進めています。


最新の投稿


【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

日本より授業時間は短いけど多忙なポーランドの小学生!学校のカリキュラムは一体どうなっているのか「なぜ、こんなに勉強するのか」調べてみました。ポーランド在住のチェシェク記者のレポートです。


【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

グローバル・リーダーを生み出す三種の必須スキル。それが「グロース・マインドセット」「デザイン思考」、そして「クリティカル・シンキング」。21世紀のグローバルスキルのトップ講師がついにサマーキャンプに集合。海外大学と名門大学の進学を考える高校生は、受けておきたいサマーキャンプですね。説明会日程も加筆し、再掲載。


ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。英国のボーディングスクールの展開も実は、ハリー・ポッター効果があったようです。


あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。


ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

2018年4月に理工系リベラルアーツのボーディングスクールとして開校予定の国際高専。第一回のキックオフイベントが2017年5月に開催。英語でボーディングスクールで学ぶSTEM教育とはどのような学びでしょうか?STEM教育の楽しさを感じる金沢工業大学の大澤学長とバークスデール校長のトークセッションをお伝えします。


GSA