Powered by Global Step Academy    
分析!アオバジャパンインターナショナルスクール 

分析!アオバジャパンインターナショナルスクール 

国際バカロレアで学ぶアオバジャパンインターナショナルスクールは、特定の宗教を持たず、多様な国籍、宗教の家庭を受け入れているインターナショナルスクールです。現在、勢いに乗っている同校を分析してみました。


アオバジャパンインターナショナルスクールとは?

1976年に設立されたアオバジャパン・インターナショナルスクールは、東京の練馬区光が丘と目黒区青葉台にキャンパスを持つ、幼稚園から小学校、中学校、高校までの一貫校。

スクールの隣には、緑の豊かな公園がありとてもいい雰囲気です。

授業は先生が話したことを覚えるのではなく、考え方のトレーニングを徹底させる方針。
幼稚園生から要るものと欲しいもの区別を自分で考える遊びをしていたのが印象的でした。

 アオバジャパンインターナショナルスクールは、1976年に声楽家であるレジーナ・ドイ・ロジャースさんによって設立され、約25か国、400名の生徒が通う共学校になりました。

 2010年まで高等部がなかったため、多くの卒業生が都内の有名インターナショナルスクールへ進学していきました。

 2011年に高等部が開設されたことで、幼稚園から高校までの一貫校となりました。

 現在、国際バカロレアのPYP(初等教育プログラム)とMYP(中等教育プログラム)とDP(ディプロマ資格プログラム)の認定校となりました。

 国際バカロレアによる一貫校となり、探究的な学びを追求しています。

キャンパスと学年

 新年度の始まりは、9月で3学期制です。

 米国の認定組織であるNEASC(ニューイングランド学校大学協会)とCIS(インターナショナルスクール会議)より、認定を受けています。
 また、国際バカロレアの認定校となっています。

アオバジャパンインターナショナルスクールの特徴

国際バカロレア認定校

国際バカロレアの初等教育プログラム(PYP)と中等教育プログラム候補(MYP)、ディプロマ資格課程プログラム(DP)を採用。
DP資格取得で、海外・国内の進学を後押し。

国際バカロレアの一貫教育

幼稚部から高等部まで国際バカロレアで学べる体制があります。
探究的に学ぶ力を幼児から高校生まで育てます。

日本語教育

日本語を母語とする生徒のために、国語の授業があります。
教科書は、文部科学省認定の教科書を使い、公立校と同じレベルの日本語教育をおこなっています。

教育課程

保育・幼稚部・小学部・中学部・高等部の一貫校。
新年度:9月
学期:3学期制
制服:あり
スクールバス:あり
キャンパス:目黒キャンパス
      光が丘キャンパス
設備:体育館 あり
プール:あり

教育理念

アオバジャパンインターナショナルスクールは、生徒たちの最大の可能性を引き出すため、また質の高い教育を提供するために次のように掲げています。

生徒たちの最大の可能性を引き出すために質の高い教育を提供無事であって欲しい、幸せであって欲しい、道をはずさないでいて欲しい、立派になって欲しい、良い友人関係を築いて欲しい、自分と自分を取り巻く世界を知って欲しい、そして、最良の未来を手にして欲しい。

この教育理念を教育のゴールとして定めたのが『5つのコアバリュー』です。

教育方針

5つのコアバリュー
アオバジャパンインターナショナルスクールでは、教育のゴールを『5つのコアバリュー』として表しています。


 Global Leaders
 Entrepreneurs and Innovators
 Effective Communicators
 Wise Risk Takers
 Effective Problem Solvers

受けている認定

世界

英国に本部がある世界のインターナショナルスクール認定組織
インターナショナルスクールの教育が国際的に認められると認定する組織。
CIS(The Council of International Schools)
http://www.cois.org/

国際的なものや異文化理解の為の学習に重きを置いたカリキュラムで、さまざまなところから集まったクラスメイト達と、時には協力し合い、協働で何かを成し遂げていく、そんな成功体験を積み重ねる事を目的とした教育を施している

米国

 米国の教育機関の質を認定する認定組織。
 米国には教育省が認定する地域認定組織が大きく6つあり、NEASCは、そのひとつ。
 日本で例えるならば、都道府県の教育委員会に相当。
 NEASCに認定された学校で12年の教育課程を修了した18歳以上の者には、大学入学資格が認められる。
 また、日本では高等学校を修了したとみなされます。
 NEASC(New England Association of Schools & Colleges)
 https://www.neasc.org

国際バカロレア

国際バカロレア機構によるカリキュラム認定組織。
スイスに本部があるカリキュラム組織。
国際バカロレアの共通カリキュラムの作成と国際バカロレア試験の実施などをおこなっています。
http://www.ibo.org

光が丘キャンパス

教育課程
 幼稚部・小学部・中学部・高等部
 3歳~18歳
 学年 K3~G12
住所
 179-0072 東京都練馬区光が丘7-5-1
電話
 03-6904-3102
メール
 hikarigaoka@aobajapan.jp

目黒キャンパス

教育課程
 幼稚部 1.5歳~5歳
 学年 K1~K4
住所
 153-0042 東京都目黒区青葉台2-11-5
電話
 03-5428-4488
メール
 meguro@aobajapan.jp
 * 目黒キャンパスは、幼稚部のみ。

授業料

幼稚部(例)
 授業料 ¥1,416,000
 教育開発費 ¥180,000
 施設維持費 ¥120,000

小学部(例)
 授業料 ¥1,680,000
 教育開発費 ¥180,000
 施設維持費 ¥120,000

中学部・高等部(例)
 授業料 ¥1,800,000
 教育開発費 ¥180,000
 施設維持費 ¥120,000 

公式ホームページはこちら

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、NHK、日本経済新聞やフジテレビ ホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連する投稿


【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、2024年度から高等部を設立し、将来のキャリアを見据えた国内外の希望の大学へ最短で進学できる仕組みを創りました。国際バカロレア PYP認定校である同校の小学部、中学部、高等部の年間学費は、約110万円と他のインターナショナルスクールに比べると良心的な設定です。


IBボーディングスクールの国際高等学校がスプリングスクールを開催!

IBボーディングスクールの国際高等学校がスプリングスクールを開催!

全寮制の国際バカロレア認定校の国際高等学校は、一条校の私立高校です。 世界を目指す男女共学のボーディングスクールとして、9月入学制度を採用していますが、4月から開講する入学前準備課程(日本の中学校を卒業した生徒対象)も実施しています。編集部では、同校の創立から記事にしてきました。今回、オススメなのが同校生徒と交流できる春休みのスプリングスクールです。対象は、中学校1年生と2年生で英語力が必要です。日程は、3月23-26日(3泊4日)または3月23-24日(1泊2日)から選べます。


【インタビュー】24年4月幼稚部開園、今後高校部も開校へ 注目のCTIS

【インタビュー】24年4月幼稚部開園、今後高校部も開校へ 注目のCTIS

キャピタル東京インターナショナルスクール(以下、CTIS)は、2022年4月に小学部 (Grade 1 - Grade 5)を開校し、23年4月に中学部 (Grade 6 - Grade 9) を開校しました。今後、24年4月渋谷に幼稚部、高校部を開校予定です。2年目を迎えた今、どのようにスクール運営は変化しているのでしょうか。同校教育事業部の山田亜希子部長にインタビューをお願いしました。


【23年8月開校!】シンガポール発のワンワールドインターが大阪に開校へ!

【23年8月開校!】シンガポール発のワンワールドインターが大阪に開校へ!

シンガポール発のワンワールドインターナショナルスクール(OWIS)は、2023年8月にワンワールドインターナショナルスクール大阪校を開校させることを公表しました。2023年度は、幼稚部と初等部が開校予定です。幼稚部は年少から年長までの3学年制、初等部は1年生から5年生までの5学年制です。大阪府生野区に開校します。


カナディアン・アカデミーで楽しみながらサイエンスを学ぶ

カナディアン・アカデミーで楽しみながらサイエンスを学ぶ

神戸のインターナショナルスクール、カナディアン・アカデミーは100年以上の歴史を通してSTEAM (Science, Technology, Engineering, Arts, Mathematics)に力を入れてきました。中でも、サイエンスの授業にはたくさんの実験や他学年との交流授業など、生徒が楽しみながら主体的に学べるような仕掛けがたくさんあります。


最新の投稿


【サマー:乳幼児】ローラスの都内でプチ留学!オールイングリッシュのSTEAMサマーキャンプ

【サマー:乳幼児】ローラスの都内でプチ留学!オールイングリッシュのSTEAMサマーキャンプ

毎年人気の1歳半~幼稚園生対象のサマーキャンプを今年も開講します。海外に行かなくてもプチ留学体験ができるチャンス!ぜひ参加してみませんか?


【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、2024年度から高等部を設立し、将来のキャリアを見据えた国内外の希望の大学へ最短で進学できる仕組みを創りました。国際バカロレア PYP認定校である同校の小学部、中学部、高等部の年間学費は、約110万円と他のインターナショナルスクールに比べると良心的な設定です。


カナディアン・アカデミーのUniversal Design for Learning (UDL)とは

カナディアン・アカデミーのUniversal Design for Learning (UDL)とは

カナディアン・アカデミーでは、Universal Design for Learningのコンセプトを学校生活や授業のプランニングに取り入れています。「一人ひとりの学びのプロセスは違っている」という理解のもと、様々な工夫を通して生徒一人ひとりに合わせた学びをデザインします。


【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスのSTEAM Fair 2024 4000名が来場

【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスのSTEAM Fair 2024 4000名が来場

1.5歳~中学生対象の2日間に渡るサイエンスの祭典。今年のテーマは ”AI & Future Technology"を実施。ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、4年ぶりに2024年3月16日(土)、17日(日)にSTEAM Fair 2024を東京・港区の初等部/中等部の新校舎で開催しました。


BST welcomes the new Principal, Mr Ian Clayton

BST welcomes the new Principal, Mr Ian Clayton

The British School in Tokyo welcomes the arrival of its new Principal, Mr Ian Clayton, starting from Term 3 of 2023-2024 academic year.