Powered by Global Step Academy    
インド人もびっくり?5年で生徒数が70%増のインドのインターナショナルスクールブーム

インド人もびっくり?5年で生徒数が70%増のインドのインターナショナルスクールブーム

インドでは、この5年間でインターナショナルスクールに通う生徒数が70%も増加しました。生徒数も15万人から26万人、校数も313校から469校と急増するインドは、まさにインターナショナルスクールブームです。イギリスのAレベルや国際バカロレアで学べるインターナショナルスクールが人気となっています。


生徒数が5年で70%増!

世界のインターナショナルスクール調査を行なっているISC Researchのレポートによるとインドのインターナショナスクールに通う生徒数はこの5年間で70%も増加しました。

今回の調査では、インドにある幼稚部から高等部( K-12)のインターナショナルスクール英語で学ぶインターナショナルスクールの生徒数は、5年で15万人から26万人に増えています。

校数も、5年で313校から469校と急増しています。

インドでインターナショナルスクールに通う生徒が増えた背景には、世界のトップ大学を目指す家庭が増えていることが挙げられます。

今後、さらなる経済成長が見込まれるため、インドのインターナショナルスクール生徒数はさらに増加すると予想されています。

新興国でインターナショナルスクールが急増

世界でインターナショナルスクールが急増しており、インドよりもインターナショナルスクールが増えている地域があります。

それが、中東です。

▼UAEのドバイにあるDubai American Academyの公式ホームページでは、国際バカロレアのDP試験の合格率と平均点を公表していました。

世界の平均合格率が70%のため、95%と高い合格率です。

中東と比較するとインドのインターナショナルスクールの生徒数、校数は、さらなる伸びが予想されます。

「インドの経済が、海外との貿易や投資をきっかけに自由市場にシフトしていったのはつい最近、1990年代前半のことです。」ISCは指摘します。

現在、インドの名目GDPは2.6兆ドル。年率約7%で成長しています。
(参考:日本の名目GDPは5.7兆ドル。年率1%前後で成長しています。)

インドは世界で最も経済成長が続いており、所得の上昇とともにインターナショナルスクールに通う生徒数と校数がさらに増えると予想されています。

理数系人材を多く輩出するインドには、世界的なIT企業が増えている。グローバルなIT企業のInfosysのホームページのスクリーンショット。

ISCリサーチのシニア・レポートライターであるScott Cherryはインドのインターナショナルスクール増加について次のようにコメントしています。

現在インドでは上昇志向の高い富裕層の家庭の間で、国際カリキュラムに対する需要が急増しています。

海外で大学志願するために必要なスキルとその後の人生のキャリアに有利と考えている家庭が多くなっているからです。

授業料にもインドの特徴が表れる。

インドのインターナショナルスクールの授業料は、大きく2つに分かれます。

ムンバイで最初のインターナショナルスクールのEcole Mondiale World School Mumbaiの公式ホームページのスクリーンショット

1.中間層向けの学費

1.中間層向けの学費(4,000ドル〜1,000ドル)
学年によっても授業料は違いますが、中流層が通わせているインドのインターナショナルスクールの授業料は、4,000ドル〜10,000ドルです。

この授業料を設定しているインターナショナルスクールでは、生徒の約75%が地元のインド人です。

2.富裕層向けの学費

2.富裕層向けの学費(10,000ドル以上)
学年によっても授業料は違いますが、富裕層が通わせているインターナショナルスクールの授業料は、10,000ドル以上。

富裕層のインターナショナルスクールほど、生徒が多様化し、現地のインド人が生徒構成に占める割合は、50%以下になっています。

富裕層が通うインターナショナルスクールの外国人生徒は、主にアメリカや韓国、イギリスなどからの海外駐在員の子弟です。

▼55カ国、700人の生徒が学ぶニューデリーにあるブリティッシュスクール・デリーの公式Instagram

この数年でインド人家庭の需要が増加

Winter’s International School Finderの国際教育部長のCarolyn Savage氏は、インドでの国際学校の需要が高まっていることに気が付いたと言います。

今年特に私達が気になったのは、インド国内からの大きな需要の増加です。より多くの地元の家族が、国内外のインターナショナルスクールの情報を求めて連絡してくるのです。

そしてこの国際教育に対するモチベーションの主な理由として”国際的に認識された資格”が挙げられます。その資格があれば、世界中の有名大学への道が開かれるからです。

さらに世界の有名大学に志願するためには、志願時に必要な試験にも注目が集まっています。

イギリスのAレベルや国際バカロレアのDPで学べるインターナショナルスクールは、特に選ばれています。

インドのインターナショナルスクールブームですが、生徒が5年で70%増加しましたが、受け入れには余裕があるようです。

富裕層向け、中間層向けのインターナショナルスクールともに20%前後は空きがあります。

現在、インドのインターナショナルスクールは、年率11%で生徒数が増えています。
そのため4年後には、多くのインターナショナルスクールが定員に達すると考えられています。

急増するスクール。一部にひずみも

急増するインドのインターナショナルスクールですが、教育の質を含め課題も指摘されています。

インドのインターナショナル協会の議長を務めるAnuradha Monga氏は次のようにコメントしています。

残念ながら、一部のスクールではインターナショナルスクールブームに乗じて、スクール名に『インターナショナルスクール』と付けるケースがあります。

人々の関心が、国際的で高額な教育へ移行した理由について、私たちはしっかり考えなければならないタイミングに来ています。

そして、スクール側も国際認定機関による審査を受け、学校の教育のあらゆる面において質と継続性を維持しなければいけないのです。

▼インドの高地にあるプネーにあるIndus International Schoolの公式Instagramより引用。

また、ベテラン教師の採用が課題となっています。

中間層向けのインターナショナルスクールは、学費が安いため、結果的に教師の給料も低く抑えられます。

給料が安いと結果的に優秀な人材の確保に悩まされることになります。

ISCの担当者は次のように述べます。

入学者数の増加とともに、教育の質を保証する必要がスクール側にあります。
質の高い教師を採用することはとても重要です。

インドはインターナショナルスクールの入学希望者が増加しており、それは授業料の増加につながります。

学校は授業料の増加とともに高い給料を教師に払うことで、高い教育水準を保つことができるのです。

しかし、中流層向けのインターナショナルスクールは、教師への待遇やインセンティブ、将来の人口統計の変動を掴みながら、柔軟に対応する必要があるでしょう。

いかがでしたか。
インターナショナルスクールは、世界で急成長している教育分野です。

なかでも人口12億のインドは、公用語のひとつに英語があり、英語で学べるインターナショナルスクールを受け入れる素地がありました。

日本でもインド系のインターナショナルスクールが人気ですが、理数系人材を輩出するインド式の学びに注目が集まっているからのようです。

今後も、インドのインターナショナルスクールがどのように成長していくのか、公教育が整備された日本は同じようにはいきませんが、何かヒントがありそうですね。

こちらも参考にしたいですね。

【やはり理数系に強い校舎】グローバル インディアン インターナショナルスクールの東葛西キャンパス

http://istimes.net/articles/1035

インド式算数などブームを巻き起こすインド式教育。世界7カ国、23キャンパスで約2万人の生徒が学ぶグローバル インディアン インターナショナルスクールは、生徒増に伴い第二キャンパスとして東京都江戸川区に東葛西キャンパスを開校しました。そこで、同校の新キャンパスを見学したところ、やはり理数系に強い校舎でした。

国際バカロレアのDPで学ぶ12のメリットとは? 

http://istimes.net/articles/1007

アメリカの教育者であるDr. Patricia Fiorielloは「国際バカロレアのDPで学ぶ12のメリット」として公開しています。そこで、国際バカロレアのDPを習得した著名人と照らし合わせてみました。政治家から王室、女優から宇宙飛行士と幅広く活躍しています。「国際バカロレアとは」と思った方は一読してくださいね。

見れば納得!バリ島にあるGreen schoolがグリーンすぎる件。

http://istimes.net/articles/809

インドネシアのバリにあるGreen school。緑の学校というより「ジャングルにある学校」です。

【判明!5年以内に全国で12校の学校ができる】開校を楽しみにしておきたい12校

http://istimes.net/articles/1036

2018年から2022年までに全国で次々に学校が開校します。編集部の調べでは12校。国際教育系の学校で12校あるため、全体を含めるとより多くの学校設立プロジェクトが進んでいると考えられます。少子化の時代に全国で新しい教育を模索し、学校を設立しようとする動きは、未来を切り拓くエネルギーといえるのではないでしょうか。

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連するキーワード


インド 国際バカロレア

関連する投稿


【名門ル・ロゼ】11/23 ル・ロゼのグレイ校長が神石インターナショナルスクールのアドバイザーに就任し、記念セミナーが開催!

【名門ル・ロゼ】11/23 ル・ロゼのグレイ校長が神石インターナショナルスクールのアドバイザーに就任し、記念セミナーが開催!

小学生を対象としたボーディングスクールを開校を目指す「神石インターナショナルスクール」は、同校のアドバイザーにル・ロゼ学院校長のマイケル・ロブ・グレイ氏が、アドバイザーに就任したことを発表しました。11月23日(土)に東京紀尾井町のThe Japan Timesで開催されます。英語によるセミナーで、通訳はつきません。


【速報】9倍!広島叡智に県内外から志願者。広島叡智学園中学校は、公立ボーディングのさきがけへ

【速報】9倍!広島叡智に県内外から志願者。広島叡智学園中学校は、公立ボーディングのさきがけへ

2019年4月開校予定の広島県立広島叡智学園は、公立校としてボーディング(全寮制)の中高一貫校です。高校からは、海外生が入学してきます。そのため高校の生徒構成も3分の1が海外生になります。高校では、国際バカロレアのディプロマ資格課程も導入予定です。公立ボーディングスクールのさきがけとなる同校。注目されるその第一次募集の倍率が公表されました。


【ウィンター】IB校の大阪YMCAインターナショナルスクールでウィンタープログラムが募集開始!

【ウィンター】IB校の大阪YMCAインターナショナルスクールでウィンタープログラムが募集開始!

大阪市にある大阪YMCAインターナショナルスクールは、国際バカロレア認定校です。幼稚部から中等部までの教育過程があり、今後2020年まで段階的に高等部も開校予定です。大阪市立水都国際中学校・高等学校は、初の公設民営の学校で、学校法人大阪YMCAが管理・運営します。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

3年続けて国際バカロレアのディプロマ試験で平均点が36点を越え、合格率も2年連続100%と世界のトップクラスのIB校のK.インターナショナルスクール東京。2018-2019年度入学希望者のための説明会が10月13日(土)に開催されます。


最新の投稿


【開校】12/15 インフィニティ国際学院のオンライン・トークイベントと説明会が開催!

【開校】12/15 インフィニティ国際学院のオンライン・トークイベントと説明会が開催!

2019年4月開校予定のインフィニティ国際学院は、世界を旅しながら学び合う高校卒業資格も取得可能な新たな通信型高校です。グローバル社会での活躍を目指し、チャレンジする学生を応援することを目的とし第一期入学者(2019年度入学者) 全員に「インフィニティ・チャレンジ基金」が設立されました。開校をオンライン・トークイベント説明会が開催されます。ゲストに元ミネルバ大学 日本連絡事務所代表でインフィニティ国際学院 キャリア構築アドバイザー山本秀樹氏を迎え、大谷真樹学院長とトークセッションが開催されます。


Manaiが広域キャンパス実現へ 「旧瑞沢小学校プロジェクト(仮称)」と連携へ!

Manaiが広域キャンパス実現へ 「旧瑞沢小学校プロジェクト(仮称)」と連携へ!

株式会社ISSJは、地域の未活用不動産を活かし国内に13の宿泊施設を運営している株式会社R.projectが2019年夏に開業する千葉県睦沢町「旧瑞沢小学校プロジェクト(仮称)」施設内に、サイエンスに特化したインターナショナルスクール Manai Institute of Science and Technologyの郊外学習施設「Manai Research Center」をオープンします。


【ウィンター】まだ間に合う!ローラスのウィンターキャンプで氷の世界へ

【ウィンター】まだ間に合う!ローラスのウィンターキャンプで氷の世界へ

STEMと英語を2本柱に掲げるローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。この冬休みも白金台校にて、1歳半から6歳を対象としたWinter Campを開催します。今年のテーマは、"The polar regions -Frozen wonderland"。様々なSTEAMプロジェクトやアクティビティを通して、氷の世界を体験しましょう!


【説明会】12/14 六本木アメリカンスクール・イン・ジャパンELC アーリーラーニングセンター

【説明会】12/14 六本木アメリカンスクール・イン・ジャパンELC アーリーラーニングセンター

1902年創立のアメリカンスクール・イン・ジャパン。東京都調布市にメインキャンパスがあり、六本木にELC(早期教育)キャンパスがあります。日本を代表するインターナショナルスクールのアメリカンスクール・イン・ジャパンのまとめです。


【開校】あのジンボリーがインタナショナルプリスクールを名古屋に開校!

【開校】あのジンボリーがインタナショナルプリスクールを名古屋に開校!

1976年に米国サンフランシスコで始まり、その後ヨーロッパやアジアなど世界中に広がり、50カ国以上で750を超える教室を展開しているジンボリーが名古屋にインターナショナルプリスクールを開校しました。同校のプログラムは、包括的な発育のため身体的、感情的、社会的、知的、論理的な発達を促します。そのため同校のプログラムは、好奇心を刺激する様々なアクティビティを通して培われます。


GSA