Powered by Global Step Academy    
日本未上陸!4つ目のIBとは?国際バカロレアで体験する「キャリア関連プログラム」の底力

日本未上陸!4つ目のIBとは?国際バカロレアで体験する「キャリア関連プログラム」の底力

国際バカロレアのカリキュラムの中に「キャリア関連プログラム」というプログラムがある。若いうちに勉強しながら自分の好きなことを追求できるこのプログラムについて、イギリス、リロケーションコンサルタント会社「Relocate Global」の 記事をご紹介しよう。ロンドンのChika B記者の視点が光ります!


輝く未来がそこにある!?キャリア関連プログラム!

国際バカロレアシステム(the International Baccalaureate )でカリキュラムの一環である、キャリア関連プログラム(Career-related Programme ) が生徒のその後の進学や就職に大いに役立っていることが最近の調査でわかった。

この調査は、ウオーリィック雇用研究施設(The Warwick Institute for Employment Research 以下IER)が、2014年にキャリア関連プログラムを経験した国際バカロレア卒業生339人に対して行ったもので、生徒のうちの75パーセントが、キャリア関連プログラムが大学進学に役立ったと感じ、71パーセントの生徒が世界で働くための準備になったと感じていると報告している。


各産業界の代表、大学の入学事務局、そしてUCAS(イギリスの学士課程への入学に必須の総合出願機関)等は、生徒が学校で選んだ科目について学び、そしてその勉強を生かした職業体験をする、という勉学と実地体験の2点が組み合わさっているキャリア関連プログラムを高く評価している。また、これらのプログラムを通して、今後、生徒が社会で成功するのに大いに役立つだろうとの見解を示している。


海外へ転勤の多い家族や国際バカロレアに興味のある方にとって、このキャリア関連プログラムがどのように子供の将来の仕事に結びついてくのかを知っていて損はないはずだ。

キャリア関連プログラムとは


キャリア関連プログラムとは、国際バカロレアを採用している学校で16歳から19歳までの生徒を対象とした総合学習プログラムである。まず、 生徒は、キャリア関連プログラムにふさわしいと思う少なくとも2科目を選びそれについての勉強を進める。そして、その科目に関連のある実地体験、職業体験を行う、という学問と職業体験を同時に行うプログラムだ。


この勉強と実地体験を同時に行うプログラムは、
「将来のキャリアや進学先を考えた時に必要となる、経験やスキルを得る手助けになる」
と生徒にとても好評だ。

そして、 生徒がすでに知識と職場経験を経て入社や入学をしてくることは、雇用先や進学先にとっても 、魅力的なのだ。

アフリカ、ヨーロッパ、中東地域の国際バカロレア発展部長、ジョンハリガン氏(Jon Halligan)は次のように語る。

「キャリア関連プログラムの大きな魅力の一つは、様々な生徒個性に対応したプロジェクトを提供できる、ということがあります。向上心の強い生徒には知的好奇心を満たすようなレベルの高い勉強と実地体験を提供します。勉強よりも体を動かすのが好きな生徒には、より実践的なアプローチをすることもできますね。
 生徒たちが、学校での勉強を超えて成長するように個々の特徴に合わせたキャリア関連プログラムを学校は準備し提供しています。」と述べている。

What is the Career Programme? | International Baccalaureate®

http://www.ibo.org/programmes/career-related-programme/

Learn more about what makes up the International Baccalaureate®Career-related Programme. Find resources and curriculum information, and learn how to offer the programme. 

キャリア関連プログラムについての説明(英語)

文部省による国際バカロレア、キャリア関連プログラムの説明

キャリア関連プログラムを終了した生徒が歩んでいる道

今回の調査の回答者のうち、半分以上の生徒はキャリア関連プログラムを終了させた後、大学などの高等教育へ進んでおり、さらに8パーセントはキャリア関連プログラムで選んだ職種の仕事についている。そして5パーセントはアプレンティス(職業見習い)や仕事に関連した勉強をしている過程だという。 

こちらのキャリア関連プログラムを終了した3人ののケースを見ていただきたい。

どのようなキャリア関連プログラムで何の科目を勉強し、その後、どの大学へ行って何を勉強したかがわかる。

ケーススタディ1
選択した教科:IB数学、IB 国際社会におけるIT
大学:ハートフォードシャー大学 宇宙科学技術学科 予備研究

ケーススタディ2
選択した教科:IBビジネスと経営 IB映像
大学:ロンドンキングスカレッジ コンピューターサイエンス

ケーススタディ3
選択した教科:IB映像、IB英語、IBデザインと化学
職業訓練:経営事務所Woody Colesでの高等職業見習い

大学に行ってからも役立つ経験

回答者の77パーセントが、キャリア関連プログラムでの経験は、大学に入った後の研究や調査にとても役立つと感じている。

大部分の生徒はキャリア関連プログラムで学んだ「調査する能力」とともに国際バカロレアで学んだ「知識」が現在の大学での勉強に役立っていると感じている。また、83パーセントの生徒が現在の大学での授業に楽しく取り組んでいると答えている。

さらなる将来へ

調査ではっきり分かったのは、キャリア関連プログラムが 彼らのその後のキャリアに非常に役立っていると実感していることだ。

生徒は
「大学で有利なスタートを切ることができた」
「生涯にわたって学ぶあらゆることに前向きに取り組む意識を身につけた」
「様々な事象に対してグローバルな視点を持つことができた」
「労働倫理を理解し、 社会人としての振る舞いを知ることができた」
などと報告している。

イギリス、ケント州にあるデーンコートグラマースクールで、キャリア関連プログラムを終了したエドワードリーダーさんは、このように述べている。

「かつての私がそうであったように、多くの16歳がこれからの人生で何をしていけば良いのか分かっていません。
 CPを経験したことで、私には多くの選択があり、社会に出るにしろ大学に行くにしろ自分に制限はないのだと思えました。
 チャンスはどこにでもあるのです。つまり限界はないのです。」

IB Career-related Programme prepares students for future success | Editorial | Relocate magazine

http://www.relocatemagazine.com/articles/education-a-bright-future-the-ib-career-related-programme

Research has revealed that the majority of graduates of the International Baccalaureate (IB) Career-related Programme (CP) believe that it gives them a head start at University and prepares them for the world of work.

本記事は、Relocate Magazineから転載・翻訳を承諾後掲載された記事です。 本文は、こちらの記事をご参加ください。

国際バカロレアでも、日本未上陸のCP。
2012年に新設されたキャリア関連教育を支援・補完するために開発されたプログラムのCP。

なかなか光が当たることが少ないCPですが、イギリスの例を参考に、日本でも取り組むスクールが出てくるかもしれませんね。

イギリス在住のChika B記者が照らすIB-CPの世界です。

こちらも参考にしたいですね。

ロンドン発!日本とイギリスで教えている先生に聞いた『国際バカロレアを勉強した先に見えるもの』

http://istimes.net/articles/874

近年、注目が高まっている国際バカロレア教育。「グローバルな視点、深い分析力、自らものを考える力がつく教育」と世界で高い評価を受け世界4500校以上で採用されてます。イギリスと日本の両国で、約20年国際バカロレア教育に携わり、現在、イギリスのインターナショナルスクールでもIBで教えているベイグ先生にお話を伺いました。

3分で知る!国際バカロレア

http://istimes.net/articles/667

「世界で使える大学志願資格」国際バカロレア(International Baccalaureate)とは、世界中を転勤する家庭の子どもが、大学に進学できるように国際的に認められる大学志願資格を作ろう!という動きから生まれました。世界的な転勤族の子どもの教育を考えて生まれたと考えるとわかりやすいですね。

国際バカロレアは、国公立・私立・インターナショナルスクールの三つどもえ? 

http://istimes.net/articles/799

国際バカロレアは、広島と東京が熱い?国際バカロレアは、国公立・私立・インターナショナルスクールがそれぞれ異なる言語で実施しています。なかでも広島はインターナショナルスクール、私立、公立と人口280万人の都市ながら国際教育に積極的です。また、東京は国立、公立も国際バカロレアコースを設置。全国に普及するか、が注目です。

なぜ女子校激戦区の千代田区に国際バカロレア認定校がなかったのか?

http://istimes.net/articles/781

女子校の激戦区千代田区。東京都23区の中核区で、千代田区の皇居周辺には国会議事堂、最高裁判所といった国の中枢機関が集まっています。その千代田区にインターナショナルスクールや国際バカロレア認定校など国際教育インフラがありませんでした。理由について一部加筆しました(9月3日)。

関連するキーワード


国際バカロレア

関連する投稿


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


【速報】東京都港区南麻布に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl School 4月小学部から開校へ

【速報】東京都港区南麻布に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl School 4月小学部から開校へ

2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。今後、幼稚部、中学部、高等部の開校も計画されています。初年度は、4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 CTISは東証一部上場企業のLITALICO創業者の佐藤崇弘氏が私財で設立したインターナショナルスクールです。実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。 WEB説明会は10月から開催し、申し込みはCTISウェブサイト(10月1日公開)で公開されます。


【速報!】22年9月開校へ!白馬インター説明会開始。世界標準のカリキュラムで学ぶグリーンスクール型スクール

【速報!】22年9月開校へ!白馬インター説明会開始。世界標準のカリキュラムで学ぶグリーンスクール型スクール

2022年9月に開校する中高一貫校の白馬インターナショナルスクールは、1期生として、7年生と8年生(中学1年生と2年生相当)を募集します。同校は、持続可能性を標榜しており、学校設立に際しても持続可能な取組・運営を大切にします。従って、学校の施設も全て新規に建設するのではなく、できる限り既存の建物を利用します。学生寮は、岩岳エリアの宿泊施設を改修して再活用されます。


国際バカロレア満点2名!清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!

国際バカロレア満点2名!清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!

清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!ディプロマ資格課程の2021年卒業生は、100%合格。3分1が40点以上と高い実績を出しています。この背景に2020年から国際バカロレア一貫校となった同校の姿勢が結果として出ていると考えられます。


【速報!】2022年開校へ!国際高等学校が国際バカロレア候補校へ

【速報!】2022年開校へ!国際高等学校が国際バカロレア候補校へ

国際高等学校(NUCB International College)は、高校1年生から高校3年生を対象とし、国際標準の教育課程(9月入学)のボーディングスクールとして愛知県に開校予定です。編集部が注目するのは、一条校として開校予定のため、英語で学べる国際バカロレアのボーディングスクールになることです。


最新の投稿


【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

STEAM教育を軸にしているローラスインターナショナルスクールは、「サイエンスカフェ」に「起業家教育」の要素も加えた、Laurus Innovator’s Labを開催しています。 第2回は、科学とエンターテインメントの両立による宇宙技術の革新を目指す、人工流れ星事業「Sky Canvas」の開発を行う株式会社ALEの創業者で理学博士(天文学)の岡島礼奈様をお呼びして、創業秘話や人工流れ星事業について学びます。


【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

英国のハロウスクールが創立450周年で海外初の全寮制インターナショナルスクールとして2022年8月に開校予定のハロウ安比校。限定で開催された見学会を編集部は取材をしました。参加された保護者の声、ハロウ式のおもてなしもイギリスを感じました。これから見学会も開催されます。ぜひ、ご参加を!


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


英語で学ぶ英語学習