Powered by Global Step Academy    
【英国発】ジョージ王子の学校が決定!一体どんな学校なの!?

【英国発】ジョージ王子の学校が決定!一体どんな学校なの!?

先日、英国王室はウイリアム王子とキャサリン妃の長男、ジョージ王子(3歳)が9月からロンドン南部にある「トーマス・バタシー校」に入学する事を明らかにしました。ジョージ王子に自分が卒業した学校とは、別の学校を選んだウイリアム王子、キャサリン妃夫妻。どんな学校に入学するのかロンドン在住のChika B記者がご紹介します。


ジョージ王子の学校が決定!どんな学校なの!?

写真:ROTA/Camera Press/アフロ

英国王室はウイリアム王子とキャサリン妃の長男であるジョージ王子(3歳)が9月からロンドン南部にある「トーマス・バタシー校」に入学すると明らかにしました。

夫妻は、ウィリアム王子がより多くの公務を果たすために、救急ヘリコプターのパイロットの仕事を辞め、現在のロンドン郊外の家からロンドンに引越しをすることを決めています。

それに伴ってジョージ王子のための新しい学校を探したようです。

ウィリアム王子、ヘンリー王子が通ったウェザビー・スクール ジョージ王子もウェザビー・スクールに入学すると考えられていたが…公式ホームページのスクリーンショット

ジョージ王子は、父親のウィリアム王子、叔父のヘンリー王子が通った「ウェザビー・スクール」に通うと思われていたため、このジョージ王子の進学先にイギリス国内は驚きをもって報道されています。

イギリスの将来を担うジョージ王子はどのような学校に通うのでしょうか。

学校選びや子育てへの発言から、夫妻が王室の伝統を超えて、彼らのポリシーを貫こうとしている姿勢が感じられます。

なぜジョージ王子のためにこの学校を選んだのでしょうか。
どのような教育観を持っているのでしょうか。

ジョージ王子が通う学校ってどんな学校?

ジョージ王子が9月から通う「トーマス・バタシー校」は男女共学で4歳から13歳まで約540人の生徒が通う学校です。


校長のべン・トーマスさんは、ウィリアム王子とキャサリン妃がジョージ王子のためにこの学校として選んだことを「とても光栄」と話し、「他の新入生共に、ジョージ王子をこの9月に学校に迎えるのをとても楽しみにしています。」と述べています。

ジョージ王子が学ぶトーマス・バタシー校 外観 公式ホームページのスクリーンショット

「Be kind 優しくあること」が一番大事なモットー

トーマス・バタシー校はイギリスのカリキュラムを採用しています。

学校の理念として最初に挙げているのは「Be kind 優しくあること」。将来の国王になるべき方にとっては一番大事な理念かもしれませんね。

芸術、バレエ、演劇、フランス語、音楽、スポーツ全ての教科に専門の教員を置き、一年を通してしっかりそれらが学べるようなカリキュラムになっており、それらを学校の第一の特徴としてあげています。校外での学習や自然の中での学習にも重きを置いています。

イギリスでは、多くの私立学校が「高等教育への進学率」や「全国テストでどれだけ我が校の生徒が上位を占めているか」をアピールしている中、このトーマス・バタシー校は「優しくあること」や「勉強以外の活動に力を入れている」点を強調しています。勉強だけでなく、全ての点においてバランスの良い教育を目指していることがわかります。

以下は、「トーマス・バタシー校」が、かがけている理念の一部です。

私たちのカリキュラムは、生徒が精神性を高め、道徳心を身につけ、社会的そして文化的に発達する事を促しています。

卒業後の彼らの人生に起こるであろうチャンス、責任、経験に備えているのです。

私たちの学校の目的は、常に発展し団結力のあるコミュニティであると同時に、より団結した社会を作って行く一翼を担う事です。

学力も高くなるようなカリキュラム設定

社会性や情緒を養う重要さを大事にしているようですが、それだけでなく生徒の学力は充分高いようです。

イギリスでは、すべての学校がOfsted (Office for Standards in Education) と呼ばれる教育監査局の調査を受けます。

トーマス・バタシー校も調査を受け、そのレポートが公開されています。
いわゆる第三者評価として、公開されている2014年度の「トーマス・バタシー校」学習達成度を示したものです。

2014-2015年度成績
· 幼稚園年中相当(Early Years)
 充分な発達 : 78% (国内平均66%)
· 幼稚園年長相当(Year 1)
 フォニックス理解力: 80% (国内平均 77%)

· 6−7歳(キーステージ1修了時)
レベル 2b
  リーディング97%; ライティング 87%; 算数 97% (国内平均 82%, 72%, 82%)
レベル 3
  リーディング 60%; ライティング 58%; 算数 52% (国内平均 32%, 18%, 26%)

· 10−11歳(キーステージ2修了時)
レベル4  全生徒が基準を達成
レベル5 リーディング 91%; ライティング 95%; 算数 97% (国内平均 52%, 36%, 46%)
レベル6 リーディング 9%; ライティング 14%; 算数 60%

どの学年も教科も、「トーマス・バタシー校」の生徒の結果は国内平均をはるかに超えていることがわかります。

アート、バレエ、音楽などにも力を入れつつ勉強への教育も怠らない。これが王室御用達になる一流校の秘訣でしょうか。

気になるプリンスが通う学校の学費

気になる学費はなんと1学期あたり約83万円(6,000ポンド)。
年間にすると約250万円(18,000ポンド)になるそうです。
制服一式は約5万円(370ポンド)です。

イギリスの私立小学校の平均的な学費は182万円(13,194ポンド。
日本の私立小学校の平均的な学費の153万円と比較してもかなり高いことがわかります。

ウィリアム、キャサリン夫妻が子育てで大事にしていること

キャサリン妃は昨年訪れた小学校で、このように述べています。

私の両親は、優しさ、尊敬、正直であることの重要性を私に教えてくれました。そして、私の人生においてこれらが私の重要な核となっていると気づいたのです。

だから、私とウィリアムも親として、私たちの小さい子供達、ジョージとシャーロットにこれらのことがどれだけ大切なことなのかを教えていきたい。

私にとっては、算数やスポーツが上手にできることと同じくらい大事なことなのよ。

ジョージ王子が入学した学校の価値観と一致する意見ですね。

また、現在ジョージ王子は近所のモンテッソーリ教育を取り入れた保育園に通っており、この保育園の保育費は1時間約800円(5.5ポンド)なのだそうです。とてもお手軽な保育料です。

教育費の高い低いにこだわらず、ジョージ王子にふさわしいと思う教育を与えているのでしょう。

この保育園にはウィリアム王子とキャサリン妃が送り迎えをしています。
夫妻はジョージ王子のお友達とも積極的に遊ぶ機会を作ったり、食事、寝かしつけも夫妻が行うそうです。

ジョージ王子が産まれた時、病院からウィリアム王子が自らがジョージ王子をチャイルドシートに乗せ、運転して帰ったことが思い出されます。

子育ては乳母がやり、王子として特別な教育を与える、という旧来の英国王室の子育ての方法を覆す「普通の子育て」を貫くウイリアム王子とキャサリン妃夫妻。

できるだけ一般のイギリス人に近い生活をしたい、ジョージ王子に普通の体験をして欲しい、という夫妻の思い入れが伝わってきます。

新しい学校での生活

ウィリアム王子キャサリン妃夫妻は、ジョージ王子が「トーマス・バタシー校」に入学が決まったことに関して「ジョージの入学によって学校の理念、価値、気風が変わらないことを願う」と伝え、ジョージ王子が他の生徒と「同じ教育」を受けるのと同時に、夫妻も「他の父兄と同じように学校のコミュニティーに参加したい」旨を伝えているといいます。

ここにも、夫妻の
「ジョージ王子が特別な扱いはされず、できるだけ他のイギリス人と同じような環境を与えたい」
という思いが見えます。

エリート教育ではない、のびのびとした環境で育つジョージ王子。将来どのような国王になるのか楽しみです。

【ロンドン発】日本とイギリスで教えている先生に聞いた『国際バカロレアを勉強した先に見えるもの』

http://istimes.net/articles/874

近年、注目が高まっている国際バカロレア教育。「グローバルな視点、深い分析力、自らものを考える力がつく教育」と世界で高い評価を受け世界4500校以上で採用されてます。イギリスと日本の両国で、約20年国際バカロレア教育に携わり、現在、イギリスのインターナショナルスクールでもIBで教えているベイグ先生にお話を伺いました。

【世界で教える!】インターで活躍した先生に聞いた「インターナショナルな教育の醍醐味」

http://istimes.net/articles/891

1976年、まだ世界にインターナショナルスクールが100校に満たなかった頃「世界で働きたい」と全てのインターに履歴書を送った若い青年がいました。ジム・ドーラン先生です。その後、日本を含む世界七カ国のインターナショナルスクールで教え一昨年定年退職したジム先生に「インターナショナルスクールの醍醐味」について伺いました。

【オランダ発】教育先進国オランダのバイリンガル教育、政府と学校の取り組み

http://istimes.net/articles/897

日本と同様に、オランダでも英語教育の必要性が年々高まっています。教育の自由があるオランダでは、実際に様々な取り組みがなされています。今日は、オランダのバイリンガル教育について書かれた記事をご紹介させていただきたいと思います。

【ポーランド発】ポーランドに赴任したら学校選びは? 赴任が決まったらすべきこと①学校編

http://istimes.net/articles/899

ヨーロッパの親日国ポーランド。日本企業も多く進出するポーランドですが、以外と教育情報提供が少ないのも悩みの種。そこで子連れでポーランド駐在が決まったけど、どうしたらいいかわからない!!そんな時に役に立つであろう学校の探し方・滞在手続きについてポーランド在住のciszek0918さんの記事です。

GSA

関連するキーワード


英国王室  イギリス

関連する投稿


【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

ロンドンで国際バカロレアを採用しているインターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)。世界から転勤してくる生徒に母語と大切に探究的に学ぶインターナショナルスクールとして同校を訪問し、魅力について伺いました。ロンドン在住のChika B記者が同校をご紹介します。


【イギリスのボーディングスクールで夏休み】プチボーディング体験のススメ

【イギリスのボーディングスクールで夏休み】プチボーディング体験のススメ

この夏のお子様の予定はもう決まりましたか?イギリスでは毎年夏になると、世界中の子供たちが集まる「インターナショナル・サマースクール」が各地で開催されます。世界中から集まる子供達と寝食を共にし、様々な経験をするサマースクール留学はいかがでしょうか。ロンドン在住のChika B記者の記事です。


ロンドン発!日本とイギリスで教えている先生に聞いた『国際バカロレアを勉強した先に見えるもの』

ロンドン発!日本とイギリスで教えている先生に聞いた『国際バカロレアを勉強した先に見えるもの』

近年、注目が高まっている国際バカロレア教育。「グローバルな視点、深い分析力、自らものを考える力がつく教育」と世界で高い評価を受け世界4500校以上で採用されてます。イギリスと日本の両国で、約20年国際バカロレア教育に携わり、現在、イギリスのインターナショナルスクールでもIBで教えているベイグ先生にお話を伺いました。


最新の投稿


ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

2018年4月に理工系リベラルアーツのボーディングスクールとして開校予定の国際高専。第一回のキックオフイベントが2017年5月に開催。英語でボーディングスクールで学ぶSTEM教育とはどのような学びでしょうか?STEM教育の楽しさを感じる金沢工業大学の大澤学長とバークスデール校長のトークセッションをお伝えします。


【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

ロンドンで国際バカロレアを採用しているインターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)。世界から転勤してくる生徒に母語と大切に探究的に学ぶインターナショナルスクールとして同校を訪問し、魅力について伺いました。ロンドン在住のChika B記者が同校をご紹介します。


【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

ローラス・インターナショナルスクールの青山・高輪・白金台・西馬込・田園調布・武蔵小杉の各校では、1歳半から6歳までのお子様を対象としたサマーキャンプを開催します。今年のテーマは、”Adventure World”。この夏は、ローラスで世界をに飛び出そう!


【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

東京都世田谷区・品川区にプリスクールを運営するキッズアイランド砧公園校で2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京のHead of schoolに就任する予定の大迫弘和氏から直接、国際バカロレアの学び、同校の魅力を聞くことができる公開型の国際教育のイベントが開催されます。


王子は、カナディアン・インターナショナルスクール卒?ロイヤル・ウェディングから考えるインター卒の進路

王子は、カナディアン・インターナショナルスクール卒?ロイヤル・ウェディングから考えるインター卒の進路

秋篠宮家の眞子さまの婚約相手がカナディアン・インターナショナルスクール卒業生として話題になっています。そこで、編集部ではインターナショナルスクール卒業生がどのような国内の大学に進学しているのか、をまとめました。皇室と国際教育。英語で学べる探究的な学びを提供する大学の姿が見えてきます。