Powered by Global Step Academy    
【独占インタビュー2】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

【独占インタビュー2】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのようなスクールになるのでしょうか?


本記事は、【独占インタビュー1】千代田インターナショナルスクール東京は、どのような学校になるのか?の掲載2回目です。

▼前回記事は、こちらを参照ください。

【独占インタビュー1】千代田インターナショナルスクール東京は、どのような学校になるのか?

http://istimes.net/articles/912

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。大迫弘和氏のインタビュー1回目です。

CHISTの「Understanding by Technology」とは?

村田:CHISTには、テクノロジーがどのように入ってくるのでしょうか?

大迫:私が重視しているのは「深い学び」、それをIB的には「理解(understanding)」と呼びますが、その「深い学び」のためにテクノロジーを活用することです

 プレゼンテーションというアクティビティーによって、「学力の定着」にも差が出きます。

大迫:既に「コンピューターを導入」している学校は当たり前です。
 しかしそれを各教科の学習の「理解」につなげているケースはあまりみられません。

 ICT機器を見事に使いこなせることに目が行ってしまっているのです。

 CHISTの教育はそのようなITの活用ではなく、あくまで「深い学び」、「理解」を生み出すためにICTを使います。

 それをCHISTでは、UbT(Understanding by Technology)と呼ぶことにしました。

 テクノロジーにより「深い理解」を形成していくのがねらいです。

大迫:そしてその「理解」をクラスメートや保護者、先生たちなど誰でも見ることができる仕組みを作っていきます。
   
 それらは、もちろんデータとして保存され、学びの全体、理解度などが常に見える形になっていきます。

村田:私が小学生だった頃、パソコンもタブレットありませんでした。いわゆるそろばん世代です。現在、娘が6歳で、タブレットで外国語のコメディーなど見ています。何も教えていないのですが、ICTを使いこなす力が備わっていると実感します。

大迫:大人たちはデジタル世代の子どもたちのICT機器を使いこなす力に驚くことがよくありますが、驚いてばかりいないで、彼らを守って上げる必要もあるのです。
 
 ICTを使いこなし学力を形成していくのがUbTですが、それと同時にCHISTにはUbC(Understanding by communication)と名付けてられている教育があります。

村田:UbCというのは、どのようなことでしょうか?

大迫:UbCとは、人や書籍や自然などからコンピューターを通さずに学ぶことです。
 そのような教育をUbTと並行して行うことが絶対に必要だと考えています。

アメリカの最先端のICT教育がUbC(Understanding by communication)として導入される。

大迫:少し前、アメリカのICT先端校を見学してきました。
 コンピューターなしでは成立しない授業でした。

 それは確かにの授業の形態にはなっているのですが、同時に「子どもたちは大丈夫だろうか」と心配になったのも事実です。

 人間関係というものが存在していない教室空間に思えたのです。

村田:パソコンやタブレットを使っている姿に、保護者の方はすごい!と感じると思うのですが。

大迫:そうですね。保護者の方々には、見た目のすごさ、に目を奪われないで、ごまかされないでいただけたらと思います。

 実際にCHISTでもICT機器を駆使し、「すごい」「こんな授業を見たことがない」という授業になるでしょうが、大事なのは、もっと奥に「教育」とは何か?ということがしっかりと横たわっている教育があるかどうかということです。

 CHISTではそれができると考えているのです。

国際教育のトップランナーとして

村田:大迫先生は、これまでIBもそうですが、トップランナーとして向かい風のなか歩まれてきました。今回のCHISTもトップランナーとして向い風があるのでは、と思います。

大迫:向かい風だけでなく追い風もありますよ(笑)。でもいずれにせよいろんな批判を怖がっては何もできない。

 もちろん、自分のやることに絶対的な自信はありますが(笑)。

村田:先生の経歴、実績からするともちろんです(笑)。

大迫:学校を作ること。それを運営することとは、話は違いますが、これまで基本的によいものを作ってきました。ですから。

 やはり自信はあります。

村田:これまで先生が魂を吹き込んできた学校がたくさんあります。今回の学校設立で、どこを目指しているのでしょうか?

大迫:IBの原点に立ち戻るような学校にしたいなと思います。
 例えばIBのDPが世界名門大学へのパスポートとして点数競争になっている面があります。

 しかし、IBの原点から見るとそれはおかしいのです。

 CHISTの子どもたちも、世界のそのような評価の高い大学に送り出してあげたいし、そのこと自体を否定するわけではないが、IBを学ぶ本当の意味はもっと別のところにあります。

大迫:IBが本来持っている全人教育の意味を明確にしていくこと。
 それは、人間として豊かに育っていく、ということです。

 Understandingを現代的な手法でしっかり形成し、人間としての基礎を作り、より良い世界の構築に貢献できる人を育てることが出来たらと思います。

*編集部注:国際バカロレア機構はIBの名称使用について厳密な規定を持っています。本記事はあくまで大迫先生のご構想としてお読みください。

■連載3回目は、こちらから

【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

http://istimes.net/articles/942

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのような生徒と先生が集うのでしょうか?

お問い合わせ

千代田インターナショナルスクール東京 設置準備事務室
Email:chist@musashino-u.ac.jp

Chiyoda International School Tokyo│千代田インターナショナルスクール東京

https://www.chist.jp/

Chiyoda International School Tokyo (CHIST) is going to start as a new international education base in Chiyoda-ku, Tokyo; the political and financial center of Japan.

こちらも参考にしたいですね。

【速報】千代田インターナショナルスクール東京のホームページが公開!

http://istimes.net/articles/904

東京都千代田区に2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京。注目の学園長相当のHead of schoolに国際バカロレアを日本の教育に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任。ついにホームページのHPが公開されました。果たして、どのようなスクールでしょうか?

千代田インターナショナルスクール東京(通称CHIST) 一足早く建築現場を見せていただきました。

http://istimes.net/articles/872

東京都千代田区麹町四番町に建築中の千代田インターナショナルスクール東京。一足早く工事中の同校を見学させてもらいました。千代田インターナショナルスクール東京は、国際バカロレアの候補校となっている千代田女学園に隣接し、2018年4月開校予定(設置認可申請中)です。2/28 一部修正・加筆

なぜ女子校激戦区の千代田区に国際バカロレア認定校がなかったのか?

http://istimes.net/articles/781

女子校の激戦区千代田区。東京都23区の中核区で、千代田区の皇居周辺には国会議事堂、最高裁判所といった国の中枢機関が集まっています。その千代田区にインターナショナルスクールや国際バカロレア認定校など国際教育インフラがありませんでした。理由について一部加筆しました(9月3日)。

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連する投稿


【特報!】CHIST中等部、高等部 開校へ!千代田インターナショナルスクール東京の先生に会いに行こう!

【特報!】CHIST中等部、高等部 開校へ!千代田インターナショナルスクール東京の先生に会いに行こう!

2019年4月ついに中等部・高等部が開校へ!千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)の先生たちに会いに行こう!初等部開校とともに人気沸騰となった千代田インターナショナルスクール東京。中等部・高等部の開校を控え、校長、先生に会えるMeet the Teachersが開催されます。


人気の千代田インターナショナルスクール東京でGSAサマースクール開講!

人気の千代田インターナショナルスクール東京でGSAサマースクール開講!

4月開校と同時に人気校となった千代田インターナショナルスクール東京( CHIST)でGSA運営によるサマースクールが開講します。幼稚園年中から小学生までを対象としたサマースクールです。7月23日(月)から開講するため、他のインターナショナルスクール在校生、プリスクール在園児、卒園児と参加しやすい開講期間です。


【速報】千代田区初!IB認定校に 武蔵野大学附属千代田高等学院(現:千代田女学園)

【速報】千代田区初!IB認定校に 武蔵野大学附属千代田高等学院(現:千代田女学園)

千代田区初の国際バカロレア認定校!武蔵野大学附属千代田高等学院(現:千代田女学園)が認定されました。国際バカロレアのディプロマ資格課程(DP)を英語・日本語の両言語で学びます。同校は、2018年4月より国際バカロレアコースをはじめ文理探究、グローバルアスリート、リベラルアーツ、メディカルサイエンスと5つのコースも開講


【School Tour】Chiyoda International School is finally complete!

【School Tour】Chiyoda International School is finally complete!

After much long-awaited anticipation, the Chiyoda International School campus is finally built and is scheduled to open in April, 2018.


Interview with Dr. Margaret,Elementary School Principal of CHIST

Interview with Dr. Margaret,Elementary School Principal of CHIST

We were able to interview Chiyoda International School Tokyo’s elementary school principal, Dr. Margaret Fitzpatrick.


最新の投稿


【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

2018年の冬。平成最後の年は、ウィンタースクールで学び納め! 編集部では、ウィンタースクールを開校するインターナショナルスクールをまとめました。東京都港区、目黒区、立川市、神奈川県大和市の4校です。


【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

2022年に開校を計画している「白馬インターナショナルスクール」プロジェクトは、10月27日(土)に長野県白馬村で開催します。「AIの進化から考える」をテーマに教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会、第2部にパネルディスカッションを開催します。


【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数の受験者募集!】MIT(マサチューセッツ工科大学)は、昨日、約1120億円(10億ドル)かけてでAI(人工知能)の学部を創設すると公表しました。STEM教育が重要になってくるなかで、お子様にMITで学べる英語×算数力を育てる良い機会が「世界算数」です。本キャンペーンは、10/17から10/27までのキャンペーンです。


【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあう」を理念にしたHILLOCK Bilingual Kinder School(ヒロックバイリンガル幼児園)が目黒区、品川区にかかる林試の森公園に隣接して開園します。同園を運営する「NPOソダチバ・プロジェクト」は、発起人にSTEM教育、国際教育の専門家が集結しています。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


GSA