Powered by Global Step Academy    
【弊誌会員募集】あなたのお子様に今、最高の教育情報を。The International School Times会員募集!

【弊誌会員募集】あなたのお子様に今、最高の教育情報を。The International School Times会員募集!

The International School Timesは、多くの読者に支えられています。インターナショナルスクールやプリスクールなど学校選びの情報が少ない。選びたくても、どのように情報を集めれば良いのか。その声をたくさん編集部は聞いてきました。 親としてできることをするために、今の情報を欲しい。そして、それがきちんとした情報であって欲しい。願わくば、最高の情報であって欲しい。ISTは、会員に教育情報とイベントを優先的に提供します。


あなたのお子様に今、最高の教育情報を。

The International School Timesは、多くの読者に支えられています。

同時に実際、多くの国際教育相談を受けています。

お子さんの一生を左右する0歳から18歳。
どのような国際教育を選ぶべきか。

ひとりの親として、今、我が子にできるのは、最高の教育情報から「学校選び」ではないか。

あるお父さんは、編集部にそう語りました。

インターナショナルスクールやプリスクールなど学校選びの情報が少ない。
選びたくても、どのように情報を集めれば良いのか。

その声をたくさん編集部は聞いてきました。

親としてできることをするために、今の情報を欲しい。
そして、それがきちんとした情報であって欲しい。
願わくば、最高の情報であって欲しい。

あるお母さんは、そう話してくれました。

タイムズしかできないこと。

それは、何だろうか。

編集部は、The International School Timesをメディアとして運営しながら、実際にインターナショナルスクールを経営しています。
また、国際バカロレアの教員研修を受けています。

取材する「外」のプロフェッショナルだけではなく、インターナショナルスクールの「内」のプロフェッショナルであること。

その両面を持つように意識的にメディアとして成長してきました。

現在、メディアとして中立性をどのように保つか、に最大限の配慮をしながらインターナショナルスクールを経営しています。

そのため今では、インターナショナルスクールを開校したい、という計画段階からスクール側の相談も受けるようになりました。

メディアの中立性とインターナショナルスクール経営の現場の2方向から教育を考えることができる。

それが私たちThe International School Timesの最大の特徴です。

そして、その現場力を持つメディアができること。

編集部は、インターナショナルスクール経営と現場の教育者の魂を持ちながら、取材先で素晴らしいスクールに出会い、そして同じ教育者として感銘を受けてきました。

たくさんのスクールの教育理念とたったひとりのお子様の未来を紡ぐこと。

お父さん、お母さんの声を現実にします。

「今、最高の教育情報」の必要性。

教育者が魂を込めて子どもたちに触れている瞬間。
それが学校です。

The International School Timesが心を込めて、学校と親を繋ぐために何ができるか。

それがThe International School Times会員の創設です。

お子さんは、未来であり、希望です。
その未来をお子さんにとってより良い選択をするために、私たちThe International School Timesは、「今、最高の教育情報を」お子様のために提供します。

そして、その情報は使命だけではなく、その質に責任を持っていなければいけません。

会員にメールマガジンを送りつけて終わりではなく、そこから私たちThe International School Timesは、お子様の人生にかけがえのない学校選びになるように会員専用のイベントも開催します。

あなたの声を直接、聞かせてください。
そして、一緒にあなたのお子さんの未来を考えましょう。

あなたのお子さんにとって、最高の教育情報のために私たち編集部は、お子さんの未来の選択肢を広げるために声が届く距離にいたいのです。

なぜ会員制度を導入するのか?

なぜ、会員制度を作るのか。

それは、私たち編集部が提供する情報に責任を持つように、あなたにも会員として一緒に学校情報の責任を持っていただきたいからです。

そして、お子さんの未来のために一緒に最高の選択ができるように最高の情報を共有したいのです。

同時に情報を越えたものにしなければいけないのです。

あなたのお子さんの人生を左右する学校選びが、一方からの提供で成り得るか。

私たち編集部は、そうではないと考えています。

会員になっていただき、情報を共有し、会員イベントで生の声を双方が知る。

その場、その空間が最も重要ではないか、と考えています。

しない事。

私たちThe International School Times編集部は、会員のみなさんと一緒にできることと、しないことをも先にお伝えします。

私たち編集部も会員の一員であり、会として次のことはいたしません。

例えば、学校の情報は提供しても入学斡旋はできません。
学校選びは、あなたにとってフェアであるように学校にとってもフェアであるべきだからです。

例えば、強制的な消費財の売り付けや情報料、顧問料、宗教、ネットワークビジネスと呼ばれることもしません。
また、そのような目的の方の入会はお断りします。

なぜなら、会員の目的は、あなたのお子さんに「今、最高の教育情報を」お伝えするためにあるからです。

教育理念への共感度と理解度。

学校選びは、詰めるところ「教育理念の共感度」と「理解度」が高いほどあなたとお子さんの学校満足度が高くなります。

そして、それは学校側にとっても同じなのです。

大学の合格実績や資格試験の合格率は、ひとつの結果ですが、それは教育理念から派生した実践の部分で生まれるものです。

根底にあるのは、「教育理念」です。

それは、親も学校も同じです。

抽象的な哲学だからこそ、教育理念の共感度、理解度が双方に重要なのです。

「今、最高の教育情報」とは、学校の教育理念と親の教育理念、お子さんの教育理念の共感度が高いほど「今、最高の教育を受ける」ことができるのです。

ただ残念なことに、情報は入れ替わります。
お子さん、親の理念が変わることもあります。
学校も理念を変えることがあります。

それは悪いことではありません。
社会がテクノロジーの変化、文化の変化、グローバル化など様々な要因から変化するからです。

むしろ、変化の中で大事なこと。

それは、あなたとお子さんにとって「今、最高」の教育情報を把握することから始まるのです。

それは学校にとっても同じです。
「今、最高」の学校の教育情報をお伝えしたい、と願うのです。

私たちThe International School Timesは、その「今、最高の教育情報」のために会員制度を創立し、あなたのお子さんのために「場」を設けます。

「場」は、物理的に限られます。

直接、声が届く距離で会員制度を設けるためには、会員は、200家族までとさせていただきます。

それが私たちインターナショナルスクールタイムズが今できる「最高の教育情報」をお伝えできる距離だからです。

さあ、お子さんの未来のためにあなたと編集部が「今、最高の教育情報」をメルマガとイベントで共有を始めます。

未来へのスタート。

それは、「今、最高の教育情報」から。

インターナショナルスクールタイムズ 編集部

最後まで読んで、一番重要なこと。
▼ こちらのGoogleフォームから会員情報を登録してください。
  なお、個人情報保護は、本サイトの利用規約およびプライバシーポリシーを遵守します。

【編集部】インターナショナルスクールタイムズのあたなのお子さんにだけのとっておきのメールマガジンのご登録はこちら。

https://forms.gle/aLbdNUzjaoPCobhy9

The International School Times のメルマガは、編集部があなたとお子さんにだけ特別なインターナショナルスクール情報をお伝えします。記者だけが知りうる教育情報をあなたのお子様の教育にお役立てください。 メルマガ登録者は、編集部が主催する特別セミナーにご招待します。 なお、本メールマガジンは、特別な情報のためSNSへの転載を禁止します。

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、また東京ウエストインターナショナルスクールの理事を務めながら、国際バカロレアのPYPの研修を受け、現場経験と記者の目線で記事を書いています。

最新の投稿


【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

【コラム】国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情

国際情勢を反映するインターナショナルスクールの転校事情を垣間見るケースがある。香港の民主化運動が続く中で、シンガポールのインターナショナルスクールに問い合わせが増加している。このような動きは、インターナショナルスクール、ボーディングスクールに通わせる家庭で顕著だ。EU離脱に揺れた英国も一時期、ドイツのフランクフルトなどのインターナショナルスクールに問い合わせが増えた。また日本のインターナショナルスクールから海外のインターナショナルスクールに生徒が転校したケースとして東日本大震災が挙げられる。インターナショナルスクールに子供を通わす保護者のリスク管理は、は、まさに「孟母三遷の教え」を実行していると言える。


【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

【Eton X】なぜ、イートン校は、世界に分校を開校するのではなく、オンラインを選んだのか?

世界で英国式のボーディングスクールが人気になっています。日本でも英国の名門ボーディングスクールの「ラグビー校」と「ハロウ校」が参入を表明しました。その中でチャールズ皇太子、ウィリアム王子、ハリー王子の母校「イートン校」がいつ海外に分校を作るのか?に注目が集まっていました。イートン校は、世界に分校ではなく、世界にオンラインで「Eton X」を展開することを決めました。「Eton X」を日本で展開するのが、グローバルスカイ・エデュケーション株式会社(以下、GSE)です。GSE社の友永氏、須川氏、写真左上からサンダークリフ氏、大槻氏にインタビューをお願いしました。


【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校させます。これまで渋谷と昭和の2つのキャンパスに分散していたブリティッシュ・スクールの幼稚部と小学部が「虎ノ門ー麻布台」再開発プロジェクトでどのようなキャンパスができるのか、が注目を集めています。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称される「トーマス・ヘザウィック氏」の設計となり、インターナショナルスクールの校舎として注目を集めそうです。


【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

【渋谷区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)3選

渋谷区にある小中高のインターナショナルスクールは、3校!名門聖心インターナショナルスクール、英国式のブリティッシュ・スクール・イン東京、そして、代々木インターナショナルスクールです。渋谷、三軒茶屋に分散しているブリティッシュ・スクール・イン東京は、「虎ノ門元麻布」に2023年に小学校を移設します。人気の渋谷区。今後も小学校まであるインターナショナルスクールが増えそうです。


【横浜】2020年4月ジンボリー インターナショナルプリスクール&アフタースクール開校!

【横浜】2020年4月ジンボリー インターナショナルプリスクール&アフタースクール開校!

世界中で40年間以上の歴史があるジンボリーの学びを英語で。音楽教育などの特徴があるジンボリーがついに横浜に開校します。英語で学ぶインターナショナルプリスクールとして、アフタースクールとともに開校します。


“インターナショナルスクールタイムズ編集部のメルマガ登録はこちら”
GSA