Powered by Global Step Academy    
なぜ、インターナショナルスクールは一年中、入学を受け入れるのか?

なぜ、インターナショナルスクールは一年中、入学を受け入れるのか?

実は、多くのインターナショナルスクールでは一年中、生徒を募集しています。ただし、国内ではなく、海外からの転勤してくる家族を対象として一年中募集をしています。


なぜ、インターナショナルスクールは一年中、入学を受け入れるのか?

多くのインターナショナルスクールでは一年中、生徒を募集しています。
ただし、国内からの生徒ではなく、海外からの転勤してくる家族を対象として一年中募集をしています。

そもそもインターナショナルスクールは、海外転勤族のために作られました。

国内転勤であれば、ナショナルカリキュラムに沿って学んでいるのであまり差がありません。
例えば、日本で転校しても、文部科学省の学習指導要領に沿っているため教わる言語や内容に大きな違いはありません。

しかし、言語も文化も違う海外転勤族にとって子どもの教育が悩みの種。

そこでインターナショナルスクールという仕組みが生まれたのです。
さらに大学志願のための仕組みとして、国際バカロレアのディプロマ資格などが生まれました。

転勤族の憂鬱は世界共通

国内の転勤族も正月明けにはそわそわするように、海外転勤族も5月になるとそわそわします。
さらに世界経済のグローバル化により、今や海外転勤はほぼ一年中となりました。

インターナショナルスクールは海外転勤族のための教育機関として、いつでも生徒を受け入れるのが原則。

そのために海外転勤族の動きを予測し、できる範囲で受け入れ枠を作るのがインターナショナルスクールのアドミッションの腕の見せ所となるのです。

海外転勤族の動向を予測しながら、クラスの生徒構成を組んでいきます。

これはインターナショナルスクールならではの苦労。

一年中、生徒を受け入れる。
そして、転校する生徒を送り出す。

これはインターナショナルスクールの創立からの使命といえます。

国によって新年度は、春・秋など大きな違い

日本では春に新年度が始まり、欧米では秋に新年度が始まります。

国内にあるインターナショナルスクールの多くは秋始まり。
春始まりのスクールは、少ないのが現状です。

そのため春・秋に実施されている年二回の国際バカロレアのディプロマ資格試験も日本の学校は秋、インターナショナルスクールは、春に受験しています。

転勤族の必要から生まれたインターナショナルスクール。

一年中、生徒の受け入れをするのには、新年度が違う国などからも生徒を受け入れる教育インフラだから、といえます。

こちらも参考にしたいですね。

インターナショナルスクールの「トリセツ」〜7分30秒で丸わかり〜

http://istimes.net/articles/805

インターナショナルスクールとはどんな学校なのか?どのように学ぶのか?どのような生徒が通っているのか?また、どのような保護者が通わせているのか?などインターナショナルスクールについて取材を通してまとめました。乳幼児が通うプリスクールではなくインターナショナルスクールについてのまとめです。

3つの特徴がある!インターナショナルスクールに通っている生徒の特徴とは?

http://istimes.net/articles/820

インターナショナルスクールってどんな生徒が通っていると思いますか?実は、インターナショナルスクールに通う生徒には3つの特徴があります。1.多国籍。最近はアジア系の生徒が増えています。2.親の仕事の関係で、編入学・転校も多い。3.小さい頃から海外経験が豊富な生徒が多い。の3つです。

インターナショナルスクール卒業生は、この3つタイプに進学していく!

http://istimes.net/articles/827

インターナショナルスクールに通う日本人の生徒は、本当のところどのような大学に進学しているのでしょうか?調べてみました。するとインターナショナルスクールに通う日本人の進学先は、大きく3タイプに分けられるようです。

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

最新の投稿


港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝には、NECをはじめITやプログラミング会社などが集まっています。NEC本社ビルの向かいに新校舎が建築中なのが、芝国際中高とローラスインターナショナルスクールが入るキャンパスです。開校前から話題の芝国際中高と関東最大のローラスインターナショナルスクールグループが港区芝に開校します。建築現場からレポートです。


【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

1850年に創立され、英国にある国際バカロレア認定校においてトップのノースロンドンカレッジは、日本校開校計画をインターナショナルスクールタイムズ誌上及びeduJUMP!誌上で独占公表をしました。海外分校も高い実績と共に日本におけるパートナーを募集します。メディア上でパートナーを公募する形式は初めての試みであり、インターナショナルスクール誘致、国際教育都市など自治体、大学など教育機関、企業のパートナーを募集します。


【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

インフィニティ国際学院の中等部は、北海道と奄美のデュアルキャンパスが特徴で、北海道上川町の大雪山国立公園の中にキャンパスがあります。初等部が大阪に開校し、小中高と一貫校ができました。オルタナティブスクールの新たな動きとして注目を集めると同時に、多様な選択肢を選ぶ保護者の姿も見えてきます。


【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

白馬インターナショナルスクールは、2022年9月に開校するとともに、初代校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任すると公表しました。同校は、プロジェクト型学習・社会性と情動の学び・アウトドア活動を柱に、サステナビリティ教育を推進する中高一貫のインターナショナルボーディングスクールです。中学校は各種学校、高校は国際バカロレアの認可ならびにインターナショナルスクールの国際認定組織CISの認定を申請予定です。


港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー!インターナショナルスクールの激戦区である港区。 その港区に株式会社LITALICOの創業者、佐藤崇弘氏が率いるCapital Tokyo International School (以下、CTIS)の小学部が、今春開校します。 さらに2023年4月に幼稚部と中学部を、2027年4月に高校部を開校する計画も発表されました。編集部では、オープンしたばかりのCTISを訪問し、COOのジョシュア氏に同校の魅力について伺いました!


英語で学ぶ英語学習