Powered by Global Step Academy    
国際バカロレアのディプロマは、どこの国籍の人が何人受けているのか?

国際バカロレアのディプロマは、どこの国籍の人が何人受けているのか?

2012年5月の国際バカロレアのディプロマ試験の分析です。国籍別、志願者数のトップなどデータとしてまとめました。


国際バカロレアのディプロマの国籍別、志願者数のトップ10の10位からカウントダウン!

 中国、韓国、インドとアジアの国が伸びています。
 今後、さらに伸びると思われます。

 スペイン、ドイツは、予想通りです。
 上位には、どの国籍が入ってくるのでしょうか?

日本人の5月試験の志願者数は、国籍別で19位(673人)でした。


 20位はフランス665人。
 18位はオーストラリアの690人。
 しかし、正確にはオーストラリアは、2461人です。

国際バカロレアのディプロマ、年に2回 5月と11月に試験が行われています。

 志願者の9割が5月の試験を受けています。
 しかし、地域によっては、11月試験の方が受験者が多いことがあります。

 それが南半球の国です。
 アルゼンチン 1,166人
 エクアドル 674人
 ペルー     541人
 チリ      401人
 など南米の国々、さらにオーストラリア 1771人、ニュージーランド287人なども目立ちます。

 南半球ではないのですが、シンガポールも876人が受けています。

 今回は、メインの5月試験の国籍別受験者の比較です。

国際バカロレアで、日本人が誇れる数字

国際バカロレアで大きく後れを取る日本。

では、明るい数字はないのでしょうか?

それが日本人のディプロマ取得率です。

平均が、70パーセント後半です。
しかし、日本人の取得率はほぼ90パーセント。

受験者数は少ないが、取得率が高い日本人。

日本人のディプロマ取得者は、「少数精鋭」ともいえるかもしれません。

この記事の記者

最新の投稿


【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

STEAM教育を軸にしているローラスインターナショナルスクールは、「サイエンスカフェ」に「起業家教育」の要素も加えた、Laurus Innovator’s Labを開催しています。 第2回は、科学とエンターテインメントの両立による宇宙技術の革新を目指す、人工流れ星事業「Sky Canvas」の開発を行う株式会社ALEの創業者で理学博士(天文学)の岡島礼奈様をお呼びして、創業秘話や人工流れ星事業について学びます。


【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

英国のハロウスクールが創立450周年で海外初の全寮制インターナショナルスクールとして2022年8月に開校予定のハロウ安比校。限定で開催された見学会を編集部は取材をしました。参加された保護者の声、ハロウ式のおもてなしもイギリスを感じました。これから見学会も開催されます。ぜひ、ご参加を!


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


英語で学ぶ英語学習