Powered by Global Step Academy    
【サマー】ローラスサマーの開催内容が決定!今年の夏はローラスで体験してみませんか?

【サマー】ローラスサマーの開催内容が決定!今年の夏はローラスで体験してみませんか?

毎年行われているローラスのサマーキャンプとサマースクールのテーマが決定しました!
キャンプでは身近な生き物から日頃あまり目にしない生き物について紹介する「Amazing Creatures」をテーマに、スクールでは科学の発明者について紹介していく「Scientific Genius」をテーマに開催します。
今年の夏はローラスで冒険してみませんか?


サマーキャンプとサマースクールの違いは?

ローラスは都内のインターナショナルスクールで、1歳半から6歳児の子供向けのプリスクールとキンダースクール、小学生向けのプライマリースクールを運営しています。
小さなお子さんが楽しんで英語で学べることに定評がある同校、今回はその中でも、夏に開講される1歳半から6歳の子ども向けのサマーキャンプと小学1~6年生向けのサマースクールについて紹介していきます。また、サマーキャンプは5日間のクラス、サマースクールは5週間のカリキュラムになっています。サマーキャンプは1日からでも参加できますが、サマースクールは最低1週間(5日間)の参加になってます。その理由は後程書きますね。

ローラスのサマーでなにができるの?

そもそもローラスのサマーキャンプ・サマースクールってどんなものなのでしょうか?今年のテーマは?どんなアクティビティがあるの?記者も興味津々です。
まずは、ローラスの特長を取材しました。

① 「英語を使う」の徹底

 English only policyはインターナショナルスクールでは必須とされることですが、ローラスではかなり徹底されています。お友達が日本人だと日本語になる事がありますが、その点ローラスでは「クラスに入ると必ず英語」を実践しているところが特徴です。

それができる理由は、在校生が多いからのようです。「校舎の中では英語に切り替えてコミュニケーションする」というルールが身についているため、自然とお友達同士の会話も英語になります。英語で話すお友達に囲まれると、一緒に英語でコミュニケーションを頑張ってとるようになり、英語も速く身につきます。

② なんといっても講師の数が多く質が高い

 1つは子供達が置かれる授業の環境が整っていること。ローラスではそれぞれのクラスの定員20名に対して、ネイティブのメイン講師とアシスタント講師の2~3名でクラスを行っています。そのため、一人の先生がずっと話している授業とは違って、常にクラスの様子が見れる体制を整っています。困っている子がいないかなどを把握できる環境を整えることで、すぐに手が差し伸べられる環境を作り、皆が楽しく集中できるような授業になるように心がけられています。

 次に授業の内容が考え抜かれていること。カリキュラムはカリキュラムコーディネーター、サイエンス、STEMティーチャーを中心に一から考え、各クラスの先生が日々のアクティビティ、クラフト、ゲームを入念に準備してるとのこと。そのため、普段の授業とはまた一味違う、先生達が一から作り上げたオリジナルのレッスンを受ける事ができるようです。在校生も多く参加する理由がわかりますよね。

③ サマー独自のSTEAMアクティビティ

 通常の授業とは違うサマー独自の内容を楽しめるのも特徴です。昨年のサマーキャンプは『The World of Work』、お仕事(仕事の世界)がテーマでした。その他『Adventure World』、『Ninja』など、毎年違うテーマで開催されているため、飽きの来ないプログラムになっています。

また、テーマに沿った校舎の飾り付け、テキストやクラフト、ゲームが用意されていて、空間全体でテーマが表現されています。生徒にとっては非日常的な環境といつもとは少し違うメンバーで新しい発見ができること間違いなしです。

各サマーの特徴を話すと、キャンプの『Amazing Creatures』では、ただ生き物について知るだけではなく、住んでいる環境などさらに先のことに疑問を持てるような、授業の中だけでは終わらない、子供たちの知的好奇心を多いに刺激できると思います。

スクールの『Scientific Genius』では、過去の偉人の経緯を同じように歩み、考えることの難しさや発見することの楽しさを体験することで、これから直面する経験を通した発見に役立つと思います。

このSTEAMに対する好奇心の原体験を幼少期にたくさん作る事こそが、やはりローラスの狙いとなっているのですね。

サマーキャンプ「Amazing Creatures」でたくさんの生き物ついて知ろう!

テレビで見かけるあの生き物、うまく説明できないことや、わからないこと、気になりませんか。
これから出会うかもしれない生き物のこと、たくさん知っておきたいですよね。お子さんが生き物に興味を持つことで、生物の基礎を学ぶと同時に感情も豊かになれるのではないでしょうか。

ローラスのサマーキャンプは以下の日程で開催予定です。(スクールHPより抜粋)

開催要項
テーマ:Amazing Creatures
・日時:7/29(月)~8/2(金)8:30 - 18:00
  月:動きの速い動物
  火:大きな生物
  水:小さな生き物
  木:危険な生き物
  金:擬態する生物

・対象:プリスクールとキンダーガーテン(1歳半~6歳)

コース:
・5時間コース(9:00-14:00)
・フルデイコース(8:30-18:00)
 ※5時間かフルデイでコースを選択する形です。
 ※延長保育については条件がありますのでスクールに問い合わせてください。

授業料:
・5時間コース/日 ¥9,000〜
・フルデイコース/日 ¥13,000〜

開催校:
・白金台、青山、高輪、西馬込、田園調布、武蔵小杉、武蔵新城

申し込み締切:7/22(月)まで

※スクールバス希望者は:7/16(月)まで

サマースクール「Scientific Genius」で偉人の発明を疑似体験してみよう!

有名な発明家、名前は知っているけどどんな風に考えて、どんな発明をしたのかわかるかな。サマースクールで紹介される発明家の発明について学び、疑似体験をすることで、これから多くのことを体験していく中で、同じように考え、新しい発見ができる思考を養えるのではないでしょうか。ぜひ参加して体験してみてください。

ローラスのサマースクールは以下の日程で開催予定です。(スクールHPより抜粋)

開催要項
テーマ:Scientific Genius
・日時:
  Week 1/第一週:7月22日~7月26日 ニュートン
  Week 2/第二週:7月29日~8月2日 ダーウィン
  Week 3/第三週:8月5日~8月9日 パストゥール
  Week 4/第四週:8月19日~8月23日 キュリー夫人
  Week 5/第五週:8月26日~8月30日 ホーキンス

・対象:小学生(1年生~6年生)

コース:
・5時間コース(10:00-15:00)
・フルデイコース(8:30-18:00)
 ※5時間かフルデイでコースを選択する形です。
 ※トピックが1週間にわたって開講されますので、5日間通しての参加になります。
 ※延長保育については条件がありますのでスクールに問い合わせてください。

授業料:
・5時間コース/日 ¥43,000〜
・フルデイコース/日 ¥59,000〜

開催校:
・白金台

申し込み締切:7/15(月)まで

※スクールバスは小学3年生以下のみ利用可みたいです。

ローラスのサマーに参加したい!

この記事を読んで興味を持った方は是非問い合わせだけでもしてみてください。体験授業もあるようなので事前にスクールの雰囲気も知っていてもいいかもしれません。
サマーだけではなく通常のクラスやアフタースクールなど様々なクラスがあるので、自分に合ったスクールで自分に合ったクラスを見つけましょう!

お問合せ
Laurus International School of Science Primary
ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス 初等部
・初等部/1年生~3年生
・アフタースクール/1年生~6年生

Laurus International School of Science
ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス
 青山、高輪、白金台、田園調布、武蔵小杉、武蔵新城
・プリスクール/1歳半~3歳
・キンダーガーテン/3歳~6歳
・アフタースクール/幼稚園、小学生

Laurus Language School
ローラス ランゲージスクール
 西馬込、久が原
・プリスクール/1歳半~3歳
・アフタースクール/幼稚園、小学生

関連する投稿


【サマー】中高生向けManaiのサマースクールが北海道で開催!

【サマー】中高生向けManaiのサマースクールが北海道で開催!

サイエンスに特化したインターナショナルスクール Manai Institute of Science and Technologyは、中高生を対象としたサマースクールを2019年7月28日から8月3日まで北海道大学で開催します。2019年9月にいよいよ本科が開校予定の同校。世界中から参加者が集まるサイエンスサマースクール です。


【ウィンター】ローラスのウィンタースクールで南極の世界を探検しよう!

【ウィンター】ローラスのウィンタースクールで南極の世界を探検しよう!

STEMと英語を2本柱に掲げるローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。この冬休みは白金台校にて小学生対象のウィンタースクールを開催。今年のテーマは「Antarctic research expedition」です。様々なサイエンスプログラムを英語で体験できる話題のWinter Schoolをお見逃しなく!


【ウィンター】まだ間に合う!ローラスのウィンターキャンプで氷の世界へ

【ウィンター】まだ間に合う!ローラスのウィンターキャンプで氷の世界へ

STEMと英語を2本柱に掲げるローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。この冬休みも白金台校にて、1歳半から6歳を対象としたWinter Campを開催します。今年のテーマは、"The polar regions -Frozen wonderland"。様々なSTEAMプロジェクトやアクティビティを通して、氷の世界を体験しましょう!


【イベントレポート】大盛況!ローラスインターナショナルスクールSTEM Fair2018

【イベントレポート】大盛況!ローラスインターナショナルスクールSTEM Fair2018

初等部開校から3年目を迎えたローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。今年も11月10日(土)、11日(日)に開催され、過去最高の1,200人が訪れたSTEM Fair 2018の当日レポートをお届けいたします。


【伝説解明へ】港区は、「スターバックスよりプリスクールが多い」?

【伝説解明へ】港区は、「スターバックスよりプリスクールが多い」?

2000年以降に増えてきたインターナショナルスクールの保育幼稚部の「プリスクール」。その拡大は、待機児童問題の受け皿のひとつとして機能しながら、増えていきました。現在、港区など都心のプリスクールは、英語で探究的に学ぶスクールが増え、セレブが通うスクールになっています。編集部では「港区にはスターバックスよりプリスクールが多い」という都市伝説の解明にあたることにしました。


最新の投稿


【連載2】世界中から応募が殺到!サイエンスに特化したインターナショナルスクールManaiが開校へ

【連載2】世界中から応募が殺到!サイエンスに特化したインターナショナルスクールManaiが開校へ

世界中から応募が殺到!開校前に世界中から注目されているサイエンスインターナショナルスクールのManaiとは?高校生相当が学ぶ全日制の高等部が今年の9月に開校します。


【サマー】ローラスサマーの開催内容が決定!今年の夏はローラスで体験してみませんか?

【サマー】ローラスサマーの開催内容が決定!今年の夏はローラスで体験してみませんか?

毎年行われているローラスのサマーキャンプとサマースクールのテーマが決定しました!<br> キャンプでは身近な生き物から日頃あまり目にしない生き物について紹介する「Amazing Creatures」をテーマに、スクールでは科学の発明者について紹介していく「Scientific Genius」をテーマに開催します。<br> 今年の夏はローラスで冒険してみませんか?


【7/11 西東京で説明会】人気の千代田インターナショナルスクール東京の説明会が西東京で初開催!

【7/11 西東京で説明会】人気の千代田インターナショナルスクール東京の説明会が西東京で初開催!

人気の千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)の説明会が西東京で初開催されます。日程は、7月11日(木)15時から会場は、東京ウエストインターナショナルスクール(八王子)で開催されます。西東京で初となるCHISTの説明会です。今回のCHIST西東京説明会は、JR中央線の四ツ谷駅に近いCHISTと八王子駅と一本で通学できる範囲にあるため開催されます。


【連載1】世界中から応募が殺到!サイエンスに特化したインターナショナルスクールManaiが開校へ

【連載1】世界中から応募が殺到!サイエンスに特化したインターナショナルスクールManaiが開校へ

世界中から応募が殺到!開校前に世界中から注目されているサイエンスインターナショナルスクールのManaiとは?高校生相当が学ぶ全日制の高等部が今年の9月に開校します。


バスケするなら世界を目指せ!英語のバスケキャンプがサマーに開催へ

バスケするなら世界を目指せ!英語のバスケキャンプがサマーに開催へ

バスケキャンプは、「英語教育とスポーツ教育で次の時代を生きるチカラを!」をテーマに国内では、開校初年度から大人気となった千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)を会場に開催される。バスケットボールの本場、アメリカでは、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)で開催される。国内外ともに国際的な環境で、スポーツでも一流、勉学でも一流を目指す文武両道が「子どもの将来を切り開く」といえる。


GSA