Powered by Global Step Academy    
恐竜と一緒に好奇心を発掘?イギリスの探究的なテーマは、恐竜!

恐竜と一緒に好奇心を発掘?イギリスの探究的なテーマは、恐竜!

夏休み明けのIPCのテーマは、恐竜です。夏休み明けの子供たちに先生方が準備したのが、恐竜の世界。東京都立川市や国立市・日野市から一番近い探究的に学ぶセントラルフォレストインターナショナルスクール立川の探究的な授業!


夏休み明けの探究的なテーマは、恐竜です。

夏休み明けの子供たちに先生方がキックオフで強烈に好奇心のスイッチを入れます。

IPCのテーマが素晴らしいところ。

それは自然科学から先生が各科目に落とし込めるところ。

教室内のデコレーションも恐竜がいたるところに。

恐竜の足跡には数が。これなら子供たちは数えちゃいますね。

2歳から6歳の好奇心と学ぶ力の相乗効果を導き出すことで、「自分から学ぶ」ことを体得していくのです。

恐竜で算数や理科、社会など広がりを持たせることで、「おもしろい」「楽しい」と感じること。

それが子供たちの知的好奇心を育て、自分で「なぜ」「どうして」を育てていくのです。

教室内も子供たちが作ったものが飾られます。

子供たちの好奇心をグッと引き寄せる「キックオフ」

キックオフの日には、PRE(保育組)からK5まで園全体で恐竜ハンティングをしました。
校舎にある恐竜を探す。
イースターのエッグハントのように探し回る子供たちの姿がありました。
歓声と連帯感、そしておもしろいという気持ちが子供たちの脳に「知的好奇心」を作り出す瞬間です。

夏休み明けの子供たちに学ぶ楽しさと喜びを体験させる「恐竜ハンティング」は大成功でした。

テーマのキックオフから二週間。

恐竜のテーマがより具体化していきます。

9月上旬のこの日、K5(年長組)は、工作の時間に恐竜をペーパークラフトで作成。

彩り豊かな恐竜を作りました。

K4(年中組)は、恐竜の化石を砂場に探しに行きました。

刷毛で、丁寧に(ややダイナミックに)探し当てる子供たち。

発掘する楽しみを体験すること。

恐竜をただ単に図鑑で見るだけではなく、五感をフル回転して「体験する」ことで「好奇心」を引き出せるのです。

K3(年少組)は、恐竜ハンティング。

先が磁石になっているダーツでハンティングをしていました。

そんな「体験」から子供たちは恐竜を理解し、体験していくのです。

ピンクの恐竜

ピンクやレインボーカラーの恐竜たち。

それは子供たちの想像力なのです。

恐竜が迷彩色である理由を突き詰めていくには、次の小学校や中学校などで考えていくことになります。

イマジネーションと合理的な理由。

それを証明する根拠。

その理論的な展開は、次の学年で仮設とそれを検証していくプロセスを学んでいくといえます。

プリスクールの子供たち。この時間は、ライティングをしていました。

今は、ピンクの恐竜を心に育て、心の草原に恐竜たちが走り回ることが大切な年齢です。

保護者様も、子供たちの心で暴れる?恐竜に寄り添ってみてください。

レインボーカラーの恐竜に出会えるかもしれません。

東京都立川市や国立市・日野市周辺でインターナショナルスクールをお探しでしたら、探究的に学ぶセントラルフォレストインターナショナルスクール立川にご連絡下さい。

立川駅から徒歩12分、多摩都市モノレールの柴崎体育館駅から徒歩1分と立川、国立、府中、日野、多摩センターと交通の便が良いところに本園はあります。

裏には緑豊かな立川公園が広がり、子供たちが健やかに伸び伸びと探究的に英語コミュニケーション能力を育てる環境が整っています。

立川・国立から一番近いセントラルフォレストインターナショナルスクール立川です。

お問い合わせ

セントラルフォレストインターナショナルスクール立川
 URL:http://www.central-forest-tachikawa.com
 〒190-0023 東京都立川市柴崎町6-14-26
 電話 042-512-8317
 FAX 042-512-8318

交通機関
 JR立川駅(中央本線・青梅線・南武線)より徒歩12分
 多摩都市モノレール 柴崎体育館駅より徒歩1分

この記事のライター

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連するキーワード


プリスクール 東京都 IPC

関連する投稿


【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

【サマー:1歳半〜6歳】ローラス・インターナショナルスクールのサマーキャンプ

ローラス・インターナショナルスクールの青山・高輪・白金台・西馬込・田園調布・武蔵小杉の各校では、1歳半から6歳までのお子様を対象としたサマーキャンプを開催します。今年のテーマは、”Adventure World”。この夏は、ローラスで世界をに飛び出そう!


【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

東京都世田谷区・品川区にプリスクールを運営するキッズアイランド砧公園校で2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京のHead of schoolに就任する予定の大迫弘和氏から直接、国際バカロレアの学び、同校の魅力を聞くことができる公開型の国際教育のイベントが開催されます。


【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのような生徒と先生が集うのでしょうか?


【サイエンス・サマー】ローラス・インターナショナルスクールのサイエンスサマースクール

【サイエンス・サマー】ローラス・インターナショナルスクールのサイエンスサマースクール

白金台にあるローラス・インターナショナルスクール・オブ・サイエンスで、サイエンス・サマースクールが開催されます。同校は、東京都内で青山・高輪・西馬込・久が原・田園調布・武蔵小杉など計7校でインターナショナルスクールを運営するローラスグループの初等部です。


【国際バカロレア一貫校へ】東京ウエストインターナショナルスクールの説明会レポート

【国際バカロレア一貫校へ】東京ウエストインターナショナルスクールの説明会レポート

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、国際バカロレア一貫校の準備が進んでいます。同校は、姉妹校として神奈川県にセントラルフォレストインターナショナルスクール、東京都立川市にGSAインターナショナルスクールがあり、幼児部から高等部まで国際バカロレア一貫校計画を進めています。


最新の投稿


【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

日本より授業時間は短いけど多忙なポーランドの小学生!学校のカリキュラムは一体どうなっているのか「なぜ、こんなに勉強するのか」調べてみました。ポーランド在住のチェシェク記者のレポートです。


【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

グローバル・リーダーを生み出す三種の必須スキル。それが「グロース・マインドセット」「デザイン思考」、そして「クリティカル・シンキング」。21世紀のグローバルスキルのトップ講師がついにサマーキャンプに集合。海外大学と名門大学の進学を考える高校生は、受けておきたいサマーキャンプですね。説明会日程も加筆し、再掲載。


ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。英国のボーディングスクールの展開も実は、ハリー・ポッター効果があったようです。


あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。


ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

2018年4月に理工系リベラルアーツのボーディングスクールとして開校予定の国際高専。第一回のキックオフイベントが2017年5月に開催。英語でボーディングスクールで学ぶSTEM教育とはどのような学びでしょうか?STEM教育の楽しさを感じる金沢工業大学の大澤学長とバークスデール校長のトークセッションをお伝えします。


GSA