インターナショナルスクールタイムズインターナショナルスクールタイムズ
帰国生、日本人のためのインターナショナルスクール、国際的カリキュラムスクール情報

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 国際教育特集 > 東京学芸大学附属国際中等教育学校 学校見学レポート

東京学芸大学附属国際中等教育学校

1、「説明会のために、海外から帰国された方も多くいらっしゃると思います」

壇上で出口校長のひと言が、この学校の特徴を
あらわしている。

2012年9月29日 第二回学校説明会が開催された。

 当日は、子供と一緒に家族で説明会に参加している姿を多く見かけた。

 また、隣の東京学芸大学附属大泉小学校で運動会も開催されており、にぎやかな雰囲気のなかで学校説明会が開催された。

 東京学芸大学附属国際中等教育学校(以下、学芸国際中等と記す)は、2007年4月に開校した。

 前身の東京学芸大学附属大泉中学校と東京学芸大学附属高等学校大泉校舎は、帰国子女教育で実績を残し、2007年に「国際社会の第一線で活躍する人材を育成」するために東京学芸大学附属国際中等教育学校に統合・再編された。

 2007年に入学した生徒が現在6年生(高校3年生)であり、全校生徒約700人の学校である。

 2013年3月に第一期の卒業生が巣立っていく予定である。

DSC_0218.JPG校舎エントランスの案内板

 校舎は、N棟(North Building)、W棟(West Building)、C棟(Center Building)、S棟(South Building)、E棟(East Building)がある。
 さらにプール、体育館などがW棟の後ろにある。 

学芸国際中等 3つの特徴

①国際バカロレアのMYP課程

 文部科学省の学習指導要領に則り、国際バカロレア(以下、IBと略す)のミドルイヤーズ・プログラム(以下、MYPと略す)の規定に従い、日本語で教えている。

②中高一貫教育

 中等1年から3年は「前期課程」 、4年から6年は「後期課程」 と呼ぶ。
 一般生、帰国生、外国籍生徒が中高で机を並べる

③教育大学の附属校

 東京学芸大学の附属校として、教育実習を受け入れている。
 また、国公立初のIB-MYPの導入により、研究・調査などの対象となっている。

インターナショナルスクールタイムズの視点

①学芸国際中等の国際性

 学芸国際中等の国際性をもっとも表す数字がある。
 56カ国という数字だ*1。
 実は、この数字、世界中から学芸国際中等に入学してきた帰国生の滞在国数である。
 さらに全校生徒の約40%が帰国生である*2。

 帰国生が世界中から集まることによって、生徒集団のなかに多様性が生じる。

 世界中からの帰国生と外国籍生徒、一般生が中高と一緒に学ぶ環境が、学芸国際中等の土台にある。

*1 東京学芸大学附属国際中等教育学校のホームページLinkIcon在校生滞在国一覧より
*2 東京学芸大学附属国際中等教育学校のホームページLinkIcon在籍生徒数 702人のうち海外教育体験生徒 265人 37.8パーセント

インターの窓から

 インターナショナルスクールの生徒は、主に世界中から日本に来る外国人生徒によって構成されている。
 実は、インターナショナルスクールの生徒の国籍は、多くても30数カ国。
 もちろん、学芸国際中等の生徒の滞在国数とインターナショナルスクールの生徒の国籍数が同じ意味というわけではない。
 しかし、学芸国際中等の国際性を象徴する数字だ。

②互いに高めあう環境

 附属高校大泉校舎時代、生徒は帰国生のみを対象とした学校だった。
 しかし、学芸国際中等では、一般生、帰国生、外国籍生徒が共に学ぶ。

 帰国生、一般生、外国籍生徒が互いに刺激し、影響を与え合う。
 異なる文化背景を持った生徒が一緒に学ぶことで、相乗効果がうまれやすい。
DSC_0238.JPGバス通りから正門を眺める。校庭と並木のコントラストがきれいです。

相乗効果という点において、興味深いエピソード

 それは、一般生における在学中の留学希望者の増加だ。
 一般生が帰国生、外国籍生徒から刺激を受け、自ら留学を希望する数が増えているそうだ。

 また、進路についても、インターネットで海外の大学について調べ、先生に「この学校に興味がある」と相談してくるそうだ。 

 その背景には、国際性を持ったカリキュラムも影響していると考えられる。
 また、ワークキャンプで海外に行くことも国際的な視野の広がりに影響与えている。 

 しかし、1番大きな影響は、やはり一般生が帰国生と外国籍生徒とともに学んでいくプロセスにあるだろう。
 同級生と進路について、海外の大学も含め、自然と考えるような環境にあるといえる。

 進学先を考える上でも、一般生、帰国生、外国籍生徒が相互に影響しあい、高め合う構図ができている。

 海外の大学も含め、いろんな進学先を自分から選ぶ。
 そのような環境が生徒側にも、学校側にも揃っている様子が垣間見れる。 

③日本の教育、IB教育の両方の良いところ

 学芸国際中等は、国公立の学校で初めてのIB-MYPの導入校である。

 学芸国際中等の特長は、文部科学省の学習指導要領とIB-MYPのプログラムの融合性にある。

 IB-MYPが持つ方向性を活用し、日本のカリキュラムを構築している。

 すなわち学芸国際中等はIBの考え方を1つの指針として活用し、日本語でナショナルカリキュラムを教える方法を構築した。

文科省の調査研究の文章にあるように、

「IB の教育理念は全人教育にあり、そのカリキュラムは、学習指導要領が目指す「生きる力」の育成や、課題発見・解決能力、論理的思考力やコミュニケーション能力等重要能力・スキルの確実な習得に資するものである」*3

 そこで、学芸国際中等は、日本の教育とIBの良い所それを併せ持った教育課程を構築したのだ。

 前身の学芸大附属高校大泉校舎では、帰国子女教育の適応教育にいち早く取り組み、その指導法を全国の学校に広めていった。

 前例を考えると、今後、学芸国際中等の指導法は、全国に広がっていくと考えられる。

*3 引用 文部科学省 国際バカロレア・ディプロマプログラムにおける「TOK」に関する調査研究協力者会議 2012年8月 1 なぜ今国際バカロレアなのかLinkIcon

iStock_000002554766Medium.jpg

icon_number01_black24_01.gificon_number01_black24_02.gificon_number01_black24_03.gificon_number01_black24_04.gificon_number01_black24_05.gif

  • 本記事の文章・写真について
  • 本記事に掲載されている写真は、東京学芸大学附属国際中等教育学校から撮影許可を得た上で、掲載しています。
  •  よって、本サイトから他サイトへの転記を含め、東京学芸大学附属国際中等教育学校およびインターナショナルスクールタイムズの許可なくメディアでの使用を禁止します。