Powered by Global Step Academy    
米名門フィリプス・アンドーバーを退学されそうになった学生がeスポーツでまさかの逆転劇

米名門フィリプス・アンドーバーを退学されそうになった学生がeスポーツでまさかの逆転劇

米名門フィリップス・アンドーバー校を退学処分になりそうな生徒がいました。それが、ブライアン・キブラーです。戦略カードゲーム「マジック:ザ ギャザリング」のプロトーナメント合がダラスで開催されるため試合に参加したいと考えていました。退学処分で望んだギブラーは、「マジック:ザ ギャザリング」で活躍し、トロフィーとともに奨学金も得ました。eスポーツが持つ学びについて「eスポーツ国際教育サミット2021」が3月20日(土)12:00〜15:00に開催されます。本誌もeスポーツと学びの相関性を探していきます。


米名門フィリップス・アンドーバー校でまさかの逆転劇

米名門フィリップス・アンドーバー校を退学処分になりそうな生徒がいました。
それが、ブライアン・キブラーです。

当時、戦略カードゲーム「マジック:ザ ギャザリング」のプロトーナメントの試合がダラスで開催されるため試合に参加したいと考えていました。

学費を稼ぐ、奨学金を獲得するチャンスがプロトーナメントにありました。
しかし、同校の土曜日クラスがあり、同校の生徒はキャンパスを離れることができませんでした。

退学ではなく、名誉に

親に相談した結果、退学処分になる可能性があると考えながらも、ブライアン・キブラーは、そのツアーで優勝し、退学処分ではなく「トロフィー」と「奨学金」を手にして母校に戻ってきました。
1999年には卒業し、名門エモリー大学に進学しています。

ブライアン・キブラーは、2度のマジック プロツアーチャンピオンであり、3回の勝利を含む金字塔を打ち立てました。

eスポーツでリーダーシップや共感力、競争力、想像力、そして課題解決力などどのような学びを作り上げることができるのか。

「eスポーツ国際教育サミット2021」が教育関係者、学校関係者、教員、生徒、自治体・行政関係者を対象に2021年3月20日(土)12:00〜15:00に開催されます。

申し込み期限は、2021年3月17日(水)23時59分までのため早めにお申込みください。

フィリップス・アンドーバー校とは

1778年創立のマサチューセッツ州にあるフィリップス・アンドーバー校は、中高生の共学のスクールで、51ヵ国、40州から寮生活または通学しています。

平均1クラス13人の少人数型の教育が特徴です。

ブライアン・キブラーは、アンドーバー校を卒業し名門エモリー大学に入学し、卒業。
プロeスポーツアスリートとして活躍し、その後ゲーム開発会社などを運営しています。

eスポーツが「教育」で注目される理由

編集部は、eスポーツが「教育」で注目される理由を調べてみました。

国内大会もありますが、世界などグローバルな競技です。
eスポーツは、瞬時の判断力と集中力が養われ、そこにコミュニケーションの量と質が掛け算されることがこれまでにない学びの質の変化です。

eスポーツついて学術的には、外科医の外科処置に置いてゲームをする人材に関する研究論文結果が出ています。

米アイオワ州立大学のダグラス・ジェンタイル博士は、高校生、大学生、外科医を対象としたゲームの使用とその影響に関する論文を発表した。

それによると、ゲームで遊ぶ外科医の方が高度な外科処置で27%速く措置でき、37%ミスが少なかったという。

eスポーツは、Yotuber,インスタグラマーをはじめとする新たなITインフルエンサーです。
プロとして活躍のフィールドは、世界的で瞬時に強い影響力を持ちます。

ITインフルエンサーに対し、スマホ対応など、学校がこれまでの教育手法では対応できなかった分野です。

ITにより新たな産業構造や仕組みが出た後に、「どのように社会で活躍するか」、という視点が必要です。

学校関係者が、教育という視点からeスポーツを学ぶイベントが開催されます。
北米教育eスポーツ連盟 日本本部主催の「NASEF JAPAN 国際教育eスポーツサミット 2021」です。

若者たちの生活の一部とも言えるeスポーツやビデオゲームを活用することによる次世代の成長を促す手法や環境づくりなどを、改めて考え、論議しながら、具体的に実行に移すキッカケの創出を目指します。

また、『eスポーツ×教育』をテーマに米国教育研究者、学校関係者、eスポーツ関係者など各分野の有識者をお迎えし、“教育”の視点でeスポーツがどう関わっているか実際の事例を基にオンラインでの講演、クロストークセッションを行います。

eスポーツ国際教育サミット2021

多様性や創造性が求められる現在、これからの社会の変革に必要なことは、
リーダーシップや共感力、競争力、想像力、そして課題解決力。
次世代を担う人材を育てるために、「eスポーツ」がいま、できること。

日時:2021年3月20日(土)12:00〜15:00
対象:教育関係者、学校関係者、教員、生徒、自治体・行政関係者、企業、eスポーツ関係者、本内容にご興味のある一般の皆様など
会場:オンライン・ライブ配信(Zoom)
参加費:無料
申込期限:2021年3月17日(水)23時59分まで
主催:北米教育eスポーツ連盟 日本本部

お申込みはこちら

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連するキーワード


eスポーツ

最新の投稿


【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

STEAM教育を軸にしているローラスインターナショナルスクールは、「サイエンスカフェ」に「起業家教育」の要素も加えた、Laurus Innovator’s Labを開催しています。 第2回は、科学とエンターテインメントの両立による宇宙技術の革新を目指す、人工流れ星事業「Sky Canvas」の開発を行う株式会社ALEの創業者で理学博士(天文学)の岡島礼奈様をお呼びして、創業秘話や人工流れ星事業について学びます。


【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

英国のハロウスクールが創立450周年で海外初の全寮制インターナショナルスクールとして2022年8月に開校予定のハロウ安比校。限定で開催された見学会を編集部は取材をしました。参加された保護者の声、ハロウ式のおもてなしもイギリスを感じました。これから見学会も開催されます。ぜひ、ご参加を!


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


英語で学ぶ英語学習