Powered by Global Step Academy    
【速報!】22年9月開校へ!白馬インター説明会開始。世界標準のカリキュラムで学ぶグリーンスクール型スクール

【速報!】22年9月開校へ!白馬インター説明会開始。世界標準のカリキュラムで学ぶグリーンスクール型スクール

2022年9月に開校する中高一貫校の白馬インターナショナルスクールは、1期生として、7年生と8年生(中学1年生と2年生相当)を募集します。同校は、持続可能性を標榜しており、学校設立に際しても持続可能な取組・運営を大切にします。従って、学校の施設も全て新規に建設するのではなく、できる限り既存の建物を利用します。学生寮は、岩岳エリアの宿泊施設を改修して再活用されます。


2022年秋に開校する白馬インターナショナルスクール

キャンパス用地が確保され、白馬村の既存の温泉街などと持続可能性な校舎開発が検討されています。

白馬インターナショナルスクールより画像提供

公式サイトでアドミッションの詳細が公表されました。

願書受付、書類選考:10月、11月
面接:2022年1月、2月
選考結果発表:3月

10月から願書受付が始まります。

▽ 編集部では、白馬インターナショナルスクールの特徴を図にしてみました。それがこちらです。

詳しくは、下記の理念から紐解いていきましょう。

理念とミッション

理念からは、白馬村の自然環境の中で、下記の理念にそった学びです。

相互に信頼し尊敬し合う誠実な関係性が築かれた環境の中でこそ、生徒の学びは最大化します。

学びを大胆な冒険と捉え自分ごととして没頭する時、生徒は生涯を通じた学びに対する情熱と喜びを育みます。

アウトドア教育、プロジェクト型学習、ソーシャルエモーショナルラーニング(社会情動的学習)、そして寮生活は、生徒が知識やスキルを習得し価値観を育て視野を広げるために重要な要素であり、これらを通じて生徒は自らの潜在力を最大限に発揮する力を身につけます。

生徒は、より公正で持続可能な未来を築くことに自らが貢献できることを認識し、行動を起こすことを常に奨励されるべきです。

ビジョン、ミッションを抜粋するとSDGsや社会的な問題に取り組む実践家を育てようとしていると考えられます。

・自分自身、身近なコミュニティ、世界、そして自然界とバランスの取れた意味のある関係性を築くこと
・コミュニティや自然界との関係
・持続可能性を体現する
・多様性に溢れ、やりがいに満ちた真正な学びを経験する
・公正で持続可能な社会を実現するために、学びの冒険に飛び出すこと

▽ミッションの一文がHISの特徴をわかりやすく表しています。

HISの生徒は自らの潜在能力を発見し、その能力を信じ、自分を取り巻く世界をより良いものに変えていく力を育みます。

https://www.hakuba-is.jp/

初年度の出願

開校時の2022年9月は、7年生と8年生(中学1年生と2年生)が開校します。
初年度は1学年15~20人で開校予定です。

​2022年9月開校時に入学資格を有するのは以下の誕生日の生徒です。

7年生: 2009年4月2日〜2010年4月1日
8年生: 2008年4月2日〜2009年4月1日

入学審査にあたり必要なものは、現在通っている学校または過去に通っていた学校の直近2年分の成績表と学校からの推薦状です。

これに加え、コンピューター上の認知能力テストと英語力テストを受ける必要があります。

今後の展開

2022年9月1期生(中学1年、2年)入学
2022-2023年:校舎設計
2024年:最初の校舎完成
2025年:高校2年生が国際的に認知された卒業資格を取得するプログラムを開始
2027年:最初の卒業式

​未来進化しながら豊かな学びの環境を創出し続ける

カリキュラム

・7年生から10年生まで(中学1年生から高1年生まで)

7年生(中学1年)から10年生(高校1年)までの4年間は、持続可能性をテーマにしたプロジェクト型学習を通じて、自分たちで考え失敗しながら課題を解決する経験を重ねます。

教科を越えた学際的なアプローチで、知識や理論、スキルがどのように実際の世の中で役立つのかを体感します。

試行錯誤しながら身に付けた知識やスキルは、簡単に忘れることがありません。

実際に世の中でことを成すには様々な知識やスキルが必要であることを知り、納得して学ぶことで、生徒はその後も生涯を通じて学び続ける学習者として成長していくことでしょう。

・11年生12年生の2年間は、国内外で広く認められた国際的な高校卒業資格を取得すべく、生徒はさらに深く学び続けます。

HISは、この国際的なカリキュラムの認定校となることを目指します。

英語力と日本語力

英語が母国語ではない生徒に対しては「外国語としての英語学習」(English as an Additional Language 略してEAL)の専門家が、英語習得を支援するプログラムを提供します。

英語が母国語でない生徒は、入学審査の際に英語力を測定する試験を受け、入学後にレベルに応じたサポートを受けることができます。

HISでは、日本語の習得をカリキュラムに組み入れ、初めて日本語を学ぶ初級者から、引き続き日本語力を向上させたい日本語を母国語とする生徒まで、様々なレベルのニーズに応える予定です。

全寮制

編集部が白馬インターナショナルスクールのカリキュラムと白馬村の自然環境など分析するとスイスのボーディングスクールのより家庭的な小規模のスクールのようになるのでは、と感じます。

卒業後は、世界標準のカリキュラムを経て国内外へ自分のプロジェクトをより実施しやすい職業、進学先へ歩んでいくと考えられます。

▽ 寮の説明もアットフォームです。

生徒はこの新しい住処で、自立しながら他者と協力し、自分の行動に責任を持つことを学び、人生の様々な忘れがたい場面を仲間と共有する喜びを経験することでしょう。

HISでの寮生活は楽しい冒険です。各寮生はそれぞれ、学業と人間関係、個人の責任や興味、精神的な充足感など、様々な要素のバランスを取る方法を自分なりに見つけ出す旅に出るのです。

より良い生き方を学ぶことは簡単ではありませんが、仲間と取り組むことでそれは楽しい挑戦となるでしょう。

編集部の注目!

科目の中で社会情動的学習(英語:Social Emotional Learning)が重視されています。

5つの自己認識、自己管理、社会的認識、対人能力、責任ある意思決定、から社会情動的学習を学んでいきます。

生徒が常に振り返りを行い、自分自身や他者との関係についてよく知ろうとすること。
また、深い学びの文化の醸成を目指しています。

そこからお互いの成長を培うポジティブなコミュニティが生まれます。
SELは、HISの学校とコミュニティ全体の中核です。

お問合せ

白馬インターナショナルスクール設立準備財団
HP:https://www.hakuba-is.jp/

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連するキーワード


国際バカロレア

関連する投稿


【見て分かる!】国際高等学校 校舎大図鑑!国際バカロレアの全寮制インターナショナルスクールのすべて

【見て分かる!】国際高等学校 校舎大図鑑!国際バカロレアの全寮制インターナショナルスクールのすべて

国際バカロレアで全寮制の高等学校になる「国際高等学校」が愛知県日進市に開校しました。私立高等学校の全寮制インターナショナルスクールの開校です。国際バカロレアで学び、ビジネススクールのケースメソッドも導入します。帰国生やインターナショナルスクールの生徒にとって国内ボーディングスクールとして新たな選択肢です。


インター生におすすめ【速報!】国際高等学校が愛知県知事より設置許可!

インター生におすすめ【速報!】国際高等学校が愛知県知事より設置許可!

国際高等学校が愛知県知事より設置許可!本年9月に開校へ。男女共学のボーディングスクールとして私立高等学校として開校します。同校はすでに国際バカロレア候補校になっており、カリキュラムの特徴としてハーバード流のケースメソッドを導入した学びを導入します。新年度が9月始まりの私立高等学校は、日本では珍しく、新年度を9月にしている時点で卒業生の多くが世界に進学を前提にしていると考えられます。


【速報!】国際高等学校(愛知県)本年9月に開校へ インターナショナルボーディングスクール

【速報!】国際高等学校(愛知県)本年9月に開校へ インターナショナルボーディングスクール

国際高等学校(愛知県)が本年9月に開校へ。同校は、男女共学によるボーディングスクールとして私立高校として開校します。同校はすでに国際バカロレア候補校になっており、カリキュラムの特徴としてハーバード流のケースメソッドを導入した学びを導入します。新年度が9月始まりの私立学校は、日本では珍しく、新年度を9月にしている時点で卒業生の多くが世界に進学を前提にしていると考えられます。


サマー募集開始!国際高等学校のサマースクールの募集が始まりました。

サマー募集開始!国際高等学校のサマースクールの募集が始まりました。

2022年開設準備中の国際高等学校のサマースクールが開催されます。昨年度はサマースクールがすぐに満席になり、2回目が追加されました。 英語でビジネススクールのケースメソッドを用いた探究的な学びが特徴です。 英語力が必要なため、インターナショナルスクールの中学生に向いています。


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


最新の投稿


港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝には、NECをはじめITやプログラミング会社などが集まっています。NEC本社ビルの向かいに新校舎が建築中なのが、芝国際中高とローラスインターナショナルスクールが入るキャンパスです。開校前から話題の芝国際中高と関東最大のローラスインターナショナルスクールグループが港区芝に開校します。建築現場からレポートです。


【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

1850年に創立され、英国にある国際バカロレア認定校においてトップのノースロンドンカレッジは、日本校開校計画をインターナショナルスクールタイムズ誌上及びeduJUMP!誌上で独占公表をしました。海外分校も高い実績と共に日本におけるパートナーを募集します。メディア上でパートナーを公募する形式は初めての試みであり、インターナショナルスクール誘致、国際教育都市など自治体、大学など教育機関、企業のパートナーを募集します。


【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

インフィニティ国際学院の中等部は、北海道と奄美のデュアルキャンパスが特徴で、北海道上川町の大雪山国立公園の中にキャンパスがあります。初等部が大阪に開校し、小中高と一貫校ができました。オルタナティブスクールの新たな動きとして注目を集めると同時に、多様な選択肢を選ぶ保護者の姿も見えてきます。


【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

白馬インターナショナルスクールは、2022年9月に開校するとともに、初代校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任すると公表しました。同校は、プロジェクト型学習・社会性と情動の学び・アウトドア活動を柱に、サステナビリティ教育を推進する中高一貫のインターナショナルボーディングスクールです。中学校は各種学校、高校は国際バカロレアの認可ならびにインターナショナルスクールの国際認定組織CISの認定を申請予定です。


港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー!インターナショナルスクールの激戦区である港区。 その港区に株式会社LITALICOの創業者、佐藤崇弘氏が率いるCapital Tokyo International School (以下、CTIS)の小学部が、今春開校します。 さらに2023年4月に幼稚部と中学部を、2027年4月に高校部を開校する計画も発表されました。編集部では、オープンしたばかりのCTISを訪問し、COOのジョシュア氏に同校の魅力について伺いました!


英語で学ぶ英語学習