Powered by Global Step Academy    
【速報!】アオバジャパン18年4月に三鷹で開校!

【速報!】アオバジャパン18年4月に三鷹で開校!

アオバジャパン・インターナショナルスクールは、東京都三鷹市にアオバジャパン・バイリンガルプリスクール 三鷹キャンパスを2018年4月に開校することを公表しました。三鷹駅南口から徒歩8分の三鷹キャンパスは、1歳から6歳までを対象とし、バイリンガル教育、探究的な学びが特徴です。吉祥寺、三鷹から通いやすいですね。


2018年4月。三鷹にアオバジャパンが開校!

アオバジャパン・インターナショナルスクール(以下、アオバジャパン)を運営する、株式会社ビジネス・ブレークスルーは、東京都三鷹市にアオバジャパン・バイリンガルプリスクール 三鷹キャンパスを2018年4月に開校することを公表しました。

公開された三鷹キャンパスのホームページのスクリーンショット。

三鷹に開校するアオバジャパン・バイリンガルプリスクールは、東京都目黒区、練馬区にキャンパスがあるアオバジャパン・インターナショナルスクールの系列校です。

▼アオバジャパン・バイリンガルプリスクール三鷹の公式ホームページはこちら。お問い合わせ時は、タイムズを観たとお伝えするとスムーズです。

アオバジャパン・バイリンガルプリスクール Aoba Japan Bilingual Preschool

https://aoba-bilingual.jp/mitaka/

三鷹に1歳から6歳を対象として国際バカロレア校が開設するバイリンガルプリスクール。英語と日本語で国際感覚と考える力を育む探究型学習を実施します。延長保育、アフタースクール、サタデースクールもあります。

三鷹駅南口から徒歩8分に開校する三鷹キャンパスは、駅前の商店街と高級住宅街の中間にあり、送り迎えにも便利です。

東京都三鷹市下連雀4-15-41に開校する三鷹キャンパス。

1歳から6歳まで130名を定員とし、日本語・英語のバイリンガル教育と探究的な学びが特徴です。
同校のプログラムには、3つの柱があり、国際的視野と好奇心を育てていきます。

「心技体の基礎力/ Core Skills」
「考える力/ Creative thinking」
「バイリンガル自己表現力/ Self-expression」
 を3つの柱として、国際的視野と好奇心あふれるこどもに成長していくプログラムを提供

同校の3つの探究学習がサイクルになったマインドマップ。
どのような子供に育っていくのかが一目でわかる。

1歳から6歳を対象

2018年4月に開校するアオバジャパン・バイリンガルプリスクール 三鷹キャンパスは、1歳から6歳を対象にしています。

同校の系列校であるアオバジャパン・バイリンガルプリスクール 早稲田キャンパスも乳幼児を対象としており、幼保一体型として人気です。

探究型のアクティブラーニング

国際バカロレア一貫校のアオバジャパンの系列校として、三鷹キャンパスでも世界標準の幼児教育カリキュラムをベースとして学びます。

幼いながらに考えよう、挑戦しよう、表現しようとする子どもたちを支援することで、生涯学び続ける動機の源泉となる好奇心と自己効力感を育みます。

現在のところ、国際バカロレアの導入にも「積極的に取り組みます」と同校の広報も答えており、今後、認定取得に向けて準備するものと考えられます。

バイリンガル教育

教授言語は、日本語と英語のバイリンガル教育を実施します。
母国語教育について、同校では次のように記しています。

子どもの第一言語が英語となることを前提とするインターナショナルスクールではなく、母国語をまず大切にすることを前提としたバイリンガルスクール

幼小中高の教育課程を持つインターナショナルスクールの運営経験から、バイリンガルスクールで母国語教育を独自に発展させています。

3つの特徴を持ったバイリンガルスクールの1日とはどのような生活でしょうか。

1日のスケジュール(標準)

1日のスケジュールは、午前中は、子どもが主体的に考えて遊んだり、活動を中心とし、午後は、各科目の先生が指導するスペシャルプログラムを中心にしています。

8:15-8:30の間に登園し、ゾーン遊び、朝の会に進みます。

言語・かず等の知育的な活動のほか、音楽・リトミック等の、スペシャルプログラムが中心です。

外遊び、探究の時間が午前中にあり、11:30からランチタイムです。

1歳、2歳は、ランチ後におひるねがありますが、3歳以上は、スペシャルプログラム、帰りの会 、14:15-14:30の間が下校時刻です。

14:30以降は、18:30まで延長保育があるのも共働きの家庭には嬉しいですね。

編集部が注目するのが3つの時間です。
1、ゾーン遊び
 好奇心を刺激する各種ゾーンが用意され、子どもたちはやりたいことを選び、遊びこみます。
 先生は子どもたちの好奇心を促す語りかけをし、異年齢で学びあう時間です。
 この時間に教えあい、共感をし、想像性の交換やリーダーシップが育ちます。

2、探究の時間
 探究型学習の時間でテーマに沿って自分たちでやることを決め、話し合い、理解を深めます。
 自分たちで「なぜ?」「どうして?」という課題設定をし、そこから仮説、実験、検証と体験的に習得していきます。
 課題発見能力、課題解決能力を自分一人ではなく、お友達と一緒にコミュニケーション能力を育てながら身につけていきます。

3、ランチ
 1歳から2歳は、離乳食と食事の練習がありますが、3歳以上は、一緒にランチを準備し、食べます
 幼児の1歳は、成長が大きく違います。幼児の年齢から、あえて異なる年齢が共にランチをすることで、ケアリング、リーダーシップなどが育ちます。

気になる授業料

授業料は、入学前費用、年会費、毎月の保育料と分かれています。

1、入学前
 選考料5千円、入学料18万円がかかります。
 但し、今年の12月までは開学記念として期間限定で1歳児は入学料は6万円減免、2歳児以上は入学料半額(9万円)減免ということです。

2、年会費
 年一回の保険料1万円がかかります。

3、毎月
 保育料は、1歳クラスは10万5千円、2歳クラスは9万円5千円、3歳クラス以上は9万円です。
 この他に施設利用料1万円、教材費1万円、ランチ代(1,2歳はおやつ付)1万6千円がかかります。

4、延長保育
 延長保育は、早朝と夕方があります。
 早朝延長は、7:30-8:15。
 夕方延長は、14:30-18:30です。
 料金は、預かり時間により異なるため、公式ホームページを参考にしてください。
 https://aoba-bilingual.jp/mitaka/admission/#sec02

説明会

説明会が三鷹キャンパスから近い吉祥寺、三鷹、武蔵境で開催されます。

現在、キャンパスが建築中のため、説明会は子連れでも参加できる会場です。

三鷹 Youth Theatre Japan三鷹 
 1/17(水) 10:00
 1/24(水) 10:00
 1/31(水) 10:00

吉祥寺 マーガレット・ハウエル 
 1/20(土) 09:00

お問い合わせ

アオバジャパン・バイリンガルプリスクール 三鷹キャンパス

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-15-41
URL:http://aoba-bilingual.jp/mitaka/
TEL: 080-6894-3875
電話受付時間:平日10:00~17:00
Mail:mitaka@aoba-bilingual.jp

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連するキーワード


国際バカロレア 東京都

関連する投稿


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。今回、同校は、教育系宿泊施設を多く運営する株式会社R.projectの子会社となり、同時に高等部開校に向けてリリースを発表しました。


【西町】10/13 フードフェアから知る名門インターナショナルスクールの世界〜西町インターナショナルスクールのフードフェア〜

【西町】10/13 フードフェアから知る名門インターナショナルスクールの世界〜西町インターナショナルスクールのフードフェア〜

東京都港区にある西町インターナショナルスクールは、幼稚部から中等部までの男女共学校のインターナショナルスクールです。幼稚部から中等部までの教育課程がある名門インターナショナルスクールです。毎年秋に開始されているフードフェアでは、一般参加ができ、各国自慢のフード、ドリンク、ゲーム、アクティビティが大変な人気です。


【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

3年続けて国際バカロレアのディプロマ試験で平均点が36点を越え、合格率も2年連続100%と世界のトップクラスのIB校のK.インターナショナルスクール東京。2018-2019年度入学希望者のための説明会が10月13日(土)に開催されます。


【9/16 イベント】受験で国際バカロレアを考える中学3年生へ

【9/16 イベント】受験で国際バカロレアを考える中学3年生へ

国際バカロレアの「知りたいことを知る」「日本語DPの現状」「高校からでバカロレア脳は育つのか」「保護者の期待と不安」等をディスカッションします。 ゲストは、武蔵野大学附属千代田高等学院校長・武蔵野大学教授の荒木貴之氏とキリロム工科大学東京事務所長の有澤和歌子氏と弊誌編集長村田です。


最新の投稿


【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

【冬休み】ウィンタースクール都内・近郊4校!平成最後のウィンタースクールは、ここで学ぼう!

2018年の冬。平成最後の年は、ウィンタースクールで学び納め! 編集部では、ウィンタースクールを開校するインターナショナルスクールをまとめました。東京都港区、目黒区、立川市、神奈川県大和市の4校です。


【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

【白馬インターナショナルスクール】10/27 未来のための教育を考えるシンポジウム〜AIの進化から考える〜

2022年に開校を計画している「白馬インターナショナルスクール」プロジェクトは、10月27日(土)に長野県白馬村で開催します。「AIの進化から考える」をテーマに教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会、第2部にパネルディスカッションを開催します。


【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数】MITが人工知能の学部創設に約1,120億円!お子様にMITで学べる英語×算数力を育てよう!

【世界算数の受験者募集!】MIT(マサチューセッツ工科大学)は、昨日、約1120億円(10億ドル)かけてでAI(人工知能)の学部を創設すると公表しました。STEM教育が重要になってくるなかで、お子様にMITで学べる英語×算数力を育てる良い機会が「世界算数」です。本キャンペーンは、10/17から10/27までのキャンペーンです。


【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

【開園】2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあうバイリンガル・キンダースクール」が開校!

2019年4月 目黒区、品川区に「自然とふれあう」を理念にしたHILLOCK Bilingual Kinder School(ヒロックバイリンガル幼児園)が目黒区、品川区にかかる林試の森公園に隣接して開園します。同園を運営する「NPOソダチバ・プロジェクト」は、発起人にSTEM教育、国際教育の専門家が集結しています。


【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

【公立でも増加!】国際バカロレア134校で親も嬉しい!うちの子どうする?国際バカロレアの次の動きとは?

これまでの6年間と今後、国際バカロレアでお子さんの教育、学びがどのように変わるのか。編集部は、国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業第一回のシンポジウムの基調講演の様子をレポートします。第一回のテーマは、「日本におけるIB教育普及・促進について」と題して2018年10月14日に文部科学省で開催されました。(10/17一部記事修正)


GSA