Powered by Global Step Academy    
子供をインターナショナルスクールに通わせる前に検討すると良い6のこと

子供をインターナショナルスクールに通わせる前に検討すると良い6のこと

親として考える大事なことの一つに「子供にどのような教育を与えるか」ということがありますね。 インターナショナルスクールを子供の進学先に考える場合、どのインターナショナルスクールが我が子にぴったりなのか、その見極めどころをご紹介します。

event

1 実際のところいくらかかるのか?


「インターナショナルスクールは学費が高い」というイメージがありますね。でも、よく調べてみると学校によってその金額はまちまち。表向きは公表されていなくても、 実は兄弟割引があったり、父兄の所得によって学費が考慮される場合があります。学校と交渉してみる価値はあるかもしれません。

また 、 インターナショナルスクール間でのスポーツ交流試合が海外で行われることがあります。修学旅行も海外という場合もよくありますね。それらの渡航費がかかることも計算に入れておきましょう。

また日本の学校よりも休みが多いため、両親ともに働いているという場合、学校が休みの間誰に、どういう施設で子供を預けるのか、そこにはいくらの金額が発生するのか、を考慮することも必要です。

さらに、入学前にはなかなか想像しにくいことなのですが、授業料が値上げされることがあります。 初めに提示された学費が卒業までが変わらない学校もありますが、経済の動きや生徒数の変化に影響を受けやすいインターナショナルスクールの多くに、年3〜5パーセントの授業料上乗せが行われることが多いのも事実です。入学時に学校側に確認されるか、経済的に授業料が上がることを予測して入学させることをお勧めします。

2 どのようなタイプのインターナショナルスクールに通わせたいか

インターナショナルスクールと一言で言っても、色々なタイプの学校があります。いわゆるアメリカンスクールはアメリカのカリキュラムに沿って授業が行われていますし、いわゆる英国式の学校だと規律などが厳しいこともあります。国際バカロレア教育を採用している学校だとのびのびした校風であることが多い一方、卒業時に国際バカロレア資格を取るためにかなりの勉強量が要求されます。様々な国籍の子供が通う学校もあれば、ほとんどの生徒が日本人ということもありますね。

日本人の多い学校でリラックスしながら英語を学ばせたい、というケースもあるでしょうし、できるだけ日本人が少ない多国籍な環境の中に子供を置きたい、というケースもあるでしょう。
ホームページや口コミ、実際に訪れるなどをして、家庭の教育方針や自分の子供にはどんな教育が向いているのか、是非じっくり考えてみてください。

3 通わせたいインターナショナルスクールの入学基準を満たしているか

せっかく「ここだ!」という学校が見つかっても、多くのインターナショナルスクールには入学基準があります。 規模の大きいインターナショナルスクールの場合、父兄が外国籍であること、父兄のどちらかが外国籍であること、父兄が英語を話せること、などの基準をクリアしなければいけないこともあります。入学試験や面接などで英語力や学力を調べる学校もあります。


ただ、これらの基準を満たさなくても通えるインターナショナルスクールもたくさんありますし、選抜条件を課している学校も生徒数不足や経営状態によって入学基準を緩める場合もあります。

子供を入れたいインターナショナルスクールが見つかったら、入学基準を満たしていなくてもとりあえず問い合わせてみると良いかもしれません。

また、英語が話せなくても良いという条件で入れるインターナショナルスクールに入学し、子供が英語を自由に操れるようになった頃、もともと希望していたインターナショナルスクールへ転校させる、ということもあるようです。これも一つの方法かもしれません

4 卒業後はどのような進路を進ませたいか

英語で授業を受け、アメリカやイギリスなどのカリキュラムで勉強をした後、お子さんにはどのようなキャリアを積んでもらいたいでしょうか。ヨーロッパの大学に行かせたい、日本の大学に行って欲しい、日本で働いて欲しい、海外で働いて欲しい、などいろいろあると思います。また、お子さんも18歳の頃には自分の意思でこうしたい、ああしたい、という気持ちもあるでしょう。その時に、どのような選択ができるのか、を考慮して学校を選びましょう。

それぞれのインターナショナルスクールの卒業生の進路先を調べるのもお勧めです。

5 転入してくる生徒も多いが転校していく生徒も多い事実

これはインターナショナルスクールの宿命です。海外からの駐在員の子弟が通うことの多いインターナショナルスクール。会社からの派遣は2〜4年であることが多く、せっかく仲良くなったお友達とさよならをしなければいけないことがよくあります。

繊細なタイプの子供はその度に悲しみ傷つく、ということがあります。

違った視線で見れば世界中に友達ができますし、お互い訪ねあったりスカイプで連絡をとり続けたりすることもできます。どんどん新しい友だちが増えていく、という良い点もありますね。

お子様の個性をみて、お友達が出たり入ったりする環境を楽しめる子なのか、じっくり時間をかけてお友達と接する子なのかなど考えてみてください。

6 学校を訪ねてみて親子ともにハッピーな気分になるか


これはインターナショナルスクール選びに限らず全ての学校選びにおいて重要なことになってくると思います。学校を訪問して親子でどう感じるか、です。

条件や建物や教育制度がとても気に入って学校を訪問しても「何か違った」「フレンドリーな感じがしなかった」と感じることはよくあります。また、特に期待していなかった学校を訪問したところ、スタッフの対応や学校の雰囲気が気に入り、子供を通わせることにした、という話もよく聞きます。

インターナショナルスクールは送迎や文化的なイベントなど親の参加が問われることも少なくありません。お母さんたちも楽しめる学校を選びたいですね。

色々な学校を訪ねて是非親子ともに「こんな学校に通いたい」とわくわくする学校を見つけてみてください。

こちらも参考にしたいですね。

インター受験の成功術〜プリスクールからどうやってインターに合格するか?

http://istimes.net/articles/845

プリスクールからインターナショナルスクールを受験した場合、どのように対策を考えれ良いのでしょうか?意外と知られていないインター受験術。その方法と対策についてまとめました。インターナショナルスクールの小学部に進学したい、と考えたら一読してください。

知っておきたい。プリスクール・幼稚園・保育園の学費と内容の比較

http://istimes.net/articles/723

お子さんの最初の学校選びで、幼稚園・保育園とともにプリスクール(インターナショナルスクールの幼稚部)も選択肢に考えたことはありませんか。そこで学費に絞って比較してみました。

プリ・キンダー卒園児の英語力が恐ろしく落ちる「小1英語の崖」

http://istimes.net/articles/851

プリスクールやキンダーガーテンから小学校に進学して突き当たる英語力の事実。それが「小1英語の崖」です。英語で学ぶ環境から、日本語で学ぶ環境に変化することで英語力がゴールデンウィーク明けから一気に落ちます。プリ・キンダーの卒園児がどのように英語力対策をすれば良いのか。その点を含めまとめました。

保育園に落ちてプリスクールを考えたら読んでほしい記事

http://istimes.net/articles/836

認可保育園に落ちて、プリスクールなど国際教育系の認可外保育施設を考えたら、どのようなポイントを押さえて園を選べば良いのでしょうか?3月になってあわてないように、プリスクールなど国際教育系の保育施設の選ぶ方の参考にしてください。

関連する投稿


【開校へ】共学化・IB・インター併設 武蔵野大学附属千代田高等学院と千代田インターナショナルスクール

【開校へ】共学化・IB・インター併設 武蔵野大学附属千代田高等学院と千代田インターナショナルスクール

2018年4月に千代田女学園は、共学化とともに武蔵野大学附属千代田高等学院に。さらに併設する千代田インターナショナルスクール東京とともに千代田区が国際教育の目に。首都東京の中心の千代田区。国際バカロレア認定校がなかったが千代田高等学院は、IBコースを開校予定。さらにインターナショナルスクールも開校。勢いが出てきた千代田


海外で勉強するならこの国!【2017年度学生が住みやすい世界の街ランキング】

海外で勉強するならこの国!【2017年度学生が住みやすい世界の街ランキング】

様々な角度から調査した2017年度「海外から来る学生が住みやすい街」のランキングが発表されました。日本の都市はランキングに入っているでしょうか。 楽しい学生生活を過ごすならどの国のどの街に行けばいいのでしょうか。Chika B記者が様々な視点からご紹介します!


【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

日本より授業時間は短いけど多忙なポーランドの小学生!学校のカリキュラムは一体どうなっているのか「なぜ、こんなに勉強するのか」調べてみました。ポーランド在住のチェシェク記者のレポートです。


あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。


【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

【英国発】人気のインターナショナルスクール・オブ・ロンドンに潜入リポート!

ロンドンで国際バカロレアを採用しているインターナショナルスクール・オブ・ロンドン(ILS London)。世界から転勤してくる生徒に母語と大切に探究的に学ぶインターナショナルスクールとして同校を訪問し、魅力について伺いました。ロンドン在住のChika B記者が同校をご紹介します。


最新の投稿


【サマー】アメリカ人のサマーキャンプに参加できる東京グローバルキャンプの面白さとは

【サマー】アメリカ人のサマーキャンプに参加できる東京グローバルキャンプの面白さとは

新宿から約30分。多摩にアメリカ人専用のレクレーションセンター「多摩ヒルズ」があります。7月、8月にアメリカ人の子供たちが多く参加する『東京グローバルキャンプ』が開催される予定です。それに先駆けて体験キャンプが開催されたので、編集部は早速、見学させてもらいました。


【独占インタビュー】アオバジャパン・インターナショナルスクール 柴田巌理事長

【独占インタビュー】アオバジャパン・インターナショナルスクール 柴田巌理事長

国際バカロレアで躍進のアオバジャパン・インターナショナルスクールは、大前研一代表の株式会社ビジネス・ブレークスルー(以下、BBT)が運営しています。BBTは、1歳から大学院まで「世界で活躍できるグローバルリーダーの育成」をする唯一の上場企業です。今回、同社の代表取締役副社長にも就任した柴田理事長の独占インタビューです。


【ポーランド発】算数教育がITで実を結ぶ!ポーランド人がITで強いのは、算数のおかげ?

【ポーランド発】算数教育がITで実を結ぶ!ポーランド人がITで強いのは、算数のおかげ?

アジアと比較し、ヨーロッパは数学教育が発達してきました。16世紀から「会計の父」という別名で知られるルカ・パチョーリを筆頭に多くの数学者を現代まで輩出してきました。ポーランドの中学校が学ぶ数学の授業を取材してきました。ポーランドの算数の授業から日本の授業と何が違うのか?チェシェック記者のレポートです。


【イベント】7/5 「なぜ、21世紀型スキルのTerra Academyがすごいのか!」南青山で中高生対象のイベント開催

【イベント】7/5 「なぜ、21世紀型スキルのTerra Academyがすごいのか!」南青山で中高生対象のイベント開催

21世紀型スキルが習得できるTerra Academyがついに開始!「マインドフルネス」「デザイン思考」から「グロース・マインドセット」、「クリティカル・シンキング」と21世紀型スキルが学べるサマーキャンプが開催されます。まずはイベントの7月5日(水)に南青山で会いましょう!


②なぜ今、教育セレブに「チューター」が人気なのか?「チューターの3段活用とは?」【連載】

②なぜ今、教育セレブに「チューター」が人気なのか?「チューターの3段活用とは?」【連載】

英語で教えてくれる家庭教師の「チューター」が人気になっているのをご存知だろうか?連載の『なぜ今、教育セレブに「チューター」が人気なのか?』の2回目は、「チューターの3段活用」とシッター、チューター、メンターと我が子の成長に合わせた活用法にも触れてみた。


GSA