Powered by Global Step Academy    
【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

【タイムズ主催】6/1キッズアイランド砧公園校で千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く国際教育イベント開催

東京都世田谷区・品川区にプリスクールを運営するキッズアイランド砧公園校で2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京のHead of schoolに就任する予定の大迫弘和氏から直接、国際バカロレアの学び、同校の魅力を聞くことができる公開型の国際教育のイベントが開催されます。


2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京

東京都千代田区に2018年4月に開校予定の男女共学のインターナショナルスクールです。
2018年度に初等部1年生から5年生までが開校します。

▼ニュース記事はこちら。

【独占インタビュー1】千代田インターナショナルスクール東京は、どのような学校になるのか?

http://istimes.net/articles/912

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのようなスクールになるのでしょうか?

インターナショナルスクールタイムズでは、同校設置準備事務室の協力を元に、今回、世田谷区地域では初めてとなる国際教育イベントを開催します。

千代田インターナショナルスクール東京のHead of schoolに就任する予定の大迫先生から、同校の教育理念、カリキュラムなど特徴ある教育について直接、聞くことができるイベントです。

大迫先生は、千里国際学園の学園長をはじめ、同志社国際学院の校長、IB日本アドバイザリー委員会等IB関連の各種委員会委員を歴任した日本を代表する教育者の一人であり、国際バカロレアを日本の教育に普及させてきたトップランナーです。

本年、4月より武蔵野大学教育学部教授に就任するとともに、千代田インターナショナルスクール東京では、Head of schoolに就任する予定です。

キッズアイランドとは?

今回、注目が集まる同校について多摩地域で初めてとなる同校説明会が東京都世田谷区と品川区にあるキッズアイランドで開催されます。

キッズアイランドは、2歳から6歳までが学ぶプリスクールです。
砧公園、駒沢公園、林試の森公園と自然豊かな環境で子供たちが伸び伸びと成長する環境が特徴です。

外国人の教職員から緑豊かな環境で、学びと遊びを心と体を使い、創造性を引き出すキッズアイランド。

▼インスタグラムも公園で先生と一緒に四季を感じながらの光景がたくさん!

キッズアイランド駒沢校・砧公園校・目黒校プリスクール

https://www.kids-island.biz

世田谷区・目黒区・品川区の「自然と触れ合う英語プリスクール」です。3校それぞれ隣接する駒沢公園、砧公園、林試の森公園でアウトドア活動をします。ネイティブ講師とバイリンガル保育士がペアで担任し、本格的な英語環境とアットホームな雰囲気を両立します。

イベントの概要

日程:2017年6月1日(木)
時間:14:15 受付開始
   14:30 イベント開始
       Head of school (予定)大迫弘和氏
       国際バカロレアで学ぶこと。そして、同校の教育理念、カリキュラムなど説明会及び質疑応答
   15:30 終了予定
会場:キッズアイランド砧公園校
住所:東京都世田谷区上用賀5-23-2 2F
申込み:こくちーずプロよりお申込みください。
    http://www.kokuchpro.com/event/7862932cb520ac70299c36c521a8e86d/
定員:35組(定員になり次第、受付終了)
対象:お子様にいるご家庭、保護者
*教育関係者、メディア、プレスの方は事前にこちらからご登録ください。
 http://istimes.net/contact

お子様と一緒に参加することができる学校説明会です。
会場のGSAインターナショナルスクールの体育館の奥には、お子様と一緒にくつろげるスペースを確保しました。

国際教育のトップランナーである大迫先生から、千代田インターナショナルスクール東京でどのようにお子様が学ぶか、を知ることができる説明会です。

お申し込み

【タイムズ主催】6/1 千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く、国際バカロレアと千代田インターナショナルスクール東京の学びとは? 2017年6月1日(東京都)

http://www.kokuchpro.com/event/7862932cb520ac70299c36c521a8e86d/

【タイムズ主催】6/1 千代田インターナショナルスクール東京の大迫先生に聞く、国際バカロレアと千代田インターナショナルスクール東京の学びとは? 2017年6月1日(東京都): 2018年4月に開校予定の千代田インターナショナルスクール東京の多摩地域で初の説明会が6月1日(木)にキッズアイランド砧公園校で開催します。

こちらも参考にしたいですね。

【独占インタビュー1】千代田インターナショナルスクール東京は、どのような学校になるのか?

http://istimes.net/articles/912

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのようなスクールになるのでしょうか?

【独占インタビュー2】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

http://istimes.net/articles/927

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのようなスクールになるのでしょうか?

【独占インタビュー3】千代田インターナショナルスクール東京の学び!

http://istimes.net/articles/942

東京都千代田区に2018年4月に開校予定のChiyoda International School Tokyo(千代田インターナショナルスクール東京)。注目のHead of school(学園長相当)に国際バカロレアを日本に普及させてきたトップランナーの大迫弘和氏が就任予定です。どのような生徒と先生が集うのでしょうか?

なぜ女子校激戦区の千代田区に国際バカロレア認定校がなかったのか?

http://istimes.net/articles/781

女子校の激戦区千代田区。東京都23区の中核区で、千代田区の皇居周辺には国会議事堂、最高裁判所といった国の中枢機関が集まっています。その千代田区にインターナショナルスクールや国際バカロレア認定校など国際教育インフラがありませんでした。理由について一部加筆しました(9月3日)。

この記事の記者

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連する投稿


【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

2019年に開校する中学校・高校は、全国で8校と開校ラッシュ!千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)とManai Institute of Science and Technology (旧名称:ISSJ)が開校。国際バカロレア教育に取り組む公立校大阪市立水都国際中学校・高等学校と広島県立広島叡智学園中学校・高等学校が開校。ドルトンプランの学びのドルトン東京学園 中等部・高等部が開校する。さらに新たな教育として、広域通信制とコラボしたインフィニティ国際学院、ルークス、ゼロ高等学院が開校する。


カナディアンインターナショナルスクールの説明会11月23日(金)に開催されます。

カナディアンインターナショナルスクールの説明会11月23日(金)に開催されます。

東京の大崎駅から徒歩で5分のカナディアンインターナショナルスクールでオープンキャンパスが11月4日に開催されます。1999年に創設さた男女共学のインターで、幼稚部・小学部・中学部・高校部があります。特に探求型のカナダのカリキュラムと国際バカロレアのPYPが特徴です。


【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。今回、同校は、教育系宿泊施設を多く運営する株式会社R.projectの子会社となり、同時に高等部開校に向けてリリースを発表しました。


【西町】10/13 フードフェアから知る名門インターナショナルスクールの世界〜西町インターナショナルスクールのフードフェア〜

【西町】10/13 フードフェアから知る名門インターナショナルスクールの世界〜西町インターナショナルスクールのフードフェア〜

東京都港区にある西町インターナショナルスクールは、幼稚部から中等部までの男女共学校のインターナショナルスクールです。幼稚部から中等部までの教育課程がある名門インターナショナルスクールです。毎年秋に開始されているフードフェアでは、一般参加ができ、各国自慢のフード、ドリンク、ゲーム、アクティビティが大変な人気です。


【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

【国際バカロレアで躍進!】K.インターナショナルスクール東京の説明会が10月13日(土)に開催

3年続けて国際バカロレアのディプロマ試験で平均点が36点を越え、合格率も2年連続100%と世界のトップクラスのIB校のK.インターナショナルスクール東京。2018-2019年度入学希望者のための説明会が10月13日(土)に開催されます。


最新の投稿


【スプリング】白馬インターナショナルスクールのスプリングスクールが生徒募集!

【スプリング】白馬インターナショナルスクールのスプリングスクールが生徒募集!

白馬インターナショナルスクール設立準備財団は、スプリングスクールを開催します。スプリングスクールでは、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに学びます。白馬の雄大な自然の中で、持続可能な社会を構築するために私たちができることを生徒たちが自ら考え、発信する方法を学びます。


【1/16】「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?横浜創英で「世界と繋がる自分のつくり方」開催!

【1/16】「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?横浜創英で「世界と繋がる自分のつくり方」開催!

「東大より上」、世界のエリートが一番入りたい大学とは?ミネルバ大学、APU(立命館アジア太平洋大学)の挑戦から中・高生を対象に『世界と繋がる自分のつくり方』が中・高生を対象に1月16日(水)17:00〜 横浜創英中学・高等学校で開催される。「将来どのようなスキルや考え方が必要になるか。どのように学びたいか」を「世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ」の著者である山本秀樹氏。立命館アジア太平洋大学近藤祐一教授、堀井学園総合企画室 堀井章子室長が登壇する。


世界No.1のインターナショナルスクールはどこか?

世界No.1のインターナショナルスクールはどこか?

2019年のインターナショナルスクールアワードのノミネート校が教科書で有名なピアソン社とインターナショナルスクールのリサーチ会社ISC Research社から公表されました。中東・アジアを中心に23カ国32校のインターナショナルスクールがノミネートされています。日本からは1校、ブリティッシュスクール・イン・東京がノミネートされました。世界のインターナショナルスクールの動向が見えてきます。ピアソンの教科書とリンクしているアワードのためノミネートからピアソン社がどこのインターナショナルスクールに注目しているのか、が見えてきます。


【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

【開校マップ】2019年に開校する中学校・高校はこの8校!

2019年に開校する中学校・高校は、全国で8校と開校ラッシュ!千代田インターナショナルスクール東京(CHIST)とManai Institute of Science and Technology (旧名称:ISSJ)が開校。国際バカロレア教育に取り組む公立校大阪市立水都国際中学校・高等学校と広島県立広島叡智学園中学校・高等学校が開校。ドルトンプランの学びのドルトン東京学園 中等部・高等部が開校する。さらに新たな教育として、広域通信制とコラボしたインフィニティ国際学院、ルークス、ゼロ高等学院が開校する。


【連載3】IQ135以上で入学 シリコンバレー勝者の教育 ヌエーバスクールの衝撃

【連載3】IQ135以上で入学 シリコンバレー勝者の教育 ヌエーバスクールの衝撃

IQ135以上で入学できるアメリカのヌエーバスクールで15年に渡り指導を続けた川崎由起子氏。ギフテッド教育の最前線で指導をしてきた川崎氏は、帰国後、都内のインターナショナルスクールで指導をし、現在は、グローバスステップアカデミーに勤務しています。本連載は、ギフテッド教育で活躍した川崎氏の寄稿です。


GSA