Powered by Global Step Academy    
【新校舎建築へ】東京インターナショナル プログレッシブ スクールが新校舎建設中

【新校舎建築へ】東京インターナショナル プログレッシブ スクールが新校舎建設中

東京インターナショナルプログレッシブスクール (Tokyo International Progressive School、以下TIPS)は、子どもたちの多様な個性を活かす軽度の発達障がいや学習障がいを含む、さまざまな個性をもつ子どもたちのためのインターナショナルスクールです。


プログレッシブ インターナショナルスクールが新校舎建設中

東京インターナショナルプログレッシブスクール (Tokyo International Progressive School、以下TIPS)は、子どもたちの多様な個性を活かす軽度の発達障がいや学習障がいを含む、さまざまな個性をもつ子どもたちのためのインターナショナルスクールです。

日本国籍の子どもたちは、普通学級、特別支援学級に入れます。
しかし、海外から駐在員の外国人生徒は、どこにも行き場がありません。

▽ インターナショナルスクールタイムズ、ieNEXT編集部は、両誌ともTIPSの存在理由と社会的意義について広めるとともに、新校舎建設のためのクラウドファウンディングに賛同いたします。

子どもたちの多様な個性を活かす学校TIPS:新校舎建設プロジェクト - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)

https://readyfor.jp/projects/tokyoips

さまざまな個性をもつ子どもたちの国際的な学校TIPS(NPO法人)が、夢だった新校舎建設に挑戦します。学習環境整備を応援してください。 - クラウドファンディング READYFOR

小学校4年生から高校3年生まで、17か国の子どもたち約40人が学んでいます。

特別支援を受けることができない外国人生徒がいること。
何ら支援を受けることができない状況は、教育問題の一つであると編集部は、考えています。

築80年の町工場だった建物を借りて改修した現在の校舎。
外国人の軽度の発達障がいや学習障がいを含むさまざまな個性をもつ子どもたちのためのインターナショナルスクールとして、NPOとして運営してきた坪谷氏。

背景のように現校舎は、老朽化が進み、新校舎建築へと話が進みました。

インターナショナルスクールやプリスクールに通わせているご家庭の多くが本記事を読まれていると思います。

TIPSが日本にとって、重要な国際教育インフラだとお気づきではないでしょうか。
「TIPSに寄付をお願いできないでしょうか。」

ぜひ、ご賛同ください。

▽ インターナショナルスクールタイムズ、ieNEXT編集部は、両誌ともTIPSの存在理由と社会的意義について広めるとともに、新校舎建設のためのクラウドファウンディングに賛同いたします。

子どもたちの多様な個性を活かす学校TIPS:新校舎建設プロジェクト - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)

https://readyfor.jp/projects/tokyoips

さまざまな個性をもつ子どもたちの国際的な学校TIPS(NPO法人)が、夢だった新校舎建設に挑戦します。学習環境整備を応援してください。 - クラウドファンディング READYFOR

創立者の坪谷ニュウエル郁子氏は、TIPSについて次のように述べています。

2021年6月の完成を目指し、東京インターナショナルプログレッシブスクールの新校舎の建設工事が始まっています。

「個別教育のモデル校」と位置付け、より良い教育の実践とともに、その成果を広く日本の教育社会へと共有していくことを目指しています。

2021年6月の完成を目指し、東京インターナショナルプログレッシブスクールの新校舎の建設工事が始まっています。

TIPSには、すべての子どもたちが必ず持っている輝く部分を見い出し、それを伸ばしていく教育の実践に広く貢献していくという夢があるスクールです。

TIPSの生徒は、このような個性をもつ子どもたちが学んでいます。

・ADHDや自閉症スペクトラムに代表される高機能発達障がいや軽度の学習障がいを抱えている
・大人数の学習環境で期待する成果を上げられない
・不登校の傾向がある
・集団行動が苦手
・対人関係の構築が苦手
・科目や学習スキルによって凸凹がある
・心理的な問題を抱えている

教え方も生徒に合わせています。

軽度の発達障がいや学習障がいを含む、さまざまな個性をもつ子どもたちのためのインターナショナルスクールとして、教え方も生徒に合わせています。

・少人数教育(アカデミッククラスは10人以下)
・生徒の特性に合わせた柔軟な学習スタイルの提供
、心理カウンセラー、言語聴覚士、作業療法士などのスペシャリストの存在

・生徒の特性に応じた専門的な知識を持つ経験豊富な教師の存在
・学校と一体になり子どもたちを支援する保護者のコミュニティ

・お互いの違いを認め合う多様性を尊重した校風

プログレッシブスクールの進学先

前身のISS(インターナショナル・セカンダリースクール)からTIPSに名称変更をし、新校舎建築となりました。

注目すべきは、進学先です。
大学だけではなく、社会で活躍できるような進学指導をしています。

プログレッシブ インターナショナルスクールは、個性を活かして卒業生の8割が大学へ進学。
内訳は半数が早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、テンプル大学など国内の大学、半数はアメリカ、カナダ、シンガポール、オーストラリアなど海外の大学です。

2割は専門学校進学やアーティストを目指すなど、それぞれに個性を活かして社会へと羽ばたいていっています。

新校舎概要

新校舎は東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」から徒歩15分(東京都世田谷区鎌田)の河川敷に建設中です。

・ご支援金の使用目的
 音楽室の楽器、科学実験室の実験台、1階ホールのアートや各教室備品の充実など、「個別教育のモデル校」としてより豊かな学習環境の整備に使用させていただきます。
 
・移転先情報
 東京都世田谷区鎌田1丁目5-20(東急田園都市線・大井町線「二子玉川」徒歩15分)
 土地面積:101坪(335㎡)
 建物面積:155.12坪(512.82㎡)
 
・移転スケジュール
新校舎建築期間:2020年10月2日~2021年5月末
 新校舎への移転時期:2021年6月中旬
 学習環境の整備:2021年08月末まで

▽ インターナショナルスクールタイムズ、ieNEXT編集部は、両誌ともTIPSの存在理由と社会的意義について広めるとともに、新校舎建設のためのクラウドファウンディングに賛同いたします。

子どもたちの多様な個性を活かす学校TIPS:新校舎建設プロジェクト - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)

https://readyfor.jp/projects/tokyoips

さまざまな個性をもつ子どもたちの国際的な学校TIPS(NPO法人)が、夢だった新校舎建設に挑戦します。学習環境整備を応援してください。 - クラウドファンディング READYFOR

お問い合わせ

東京インターナショナルプログレッシブスクール
〒157-0077 東京都世田谷区鎌田1−5−20
電話番号:03-5717-0511
FAX番号:03-5717-0512
https://www.tokyoips.com/
Email: tips@tokyoips.com

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連するキーワード


TIPS

最新の投稿


【速報】東京都港区に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl Schoolが2022年4月小学部から開校へ

【速報】東京都港区に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl Schoolが2022年4月小学部から開校へ

2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京港区広尾で開校します。今後、幼稚部、中学部、高等部の開校も計画されています。10月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 CTISは東証一部上場企業のLITALICO創業者の佐藤崇弘氏が私財で設立したインターナショナルスクールです。実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。 WEB説明会は10月から開催し、申し込みはCTISウェブサイト(10月1日公開)で公開されます。


IUHW School of Medicine Offers New Special Scholarship

IUHW School of Medicine Offers New Special Scholarship

International University of Health and Welfare School of Medicine started new special recruitment process for international students aiming at talented international students both in Japan and abroad. Accepted students will be offered a full or half waiver of the tuition fees depending on their scores.


【速報!】22年9月開校へ!白馬インター説明会開始。世界標準のカリキュラムで学ぶグリーンスクール型スクール

【速報!】22年9月開校へ!白馬インター説明会開始。世界標準のカリキュラムで学ぶグリーンスクール型スクール

2022年9月に開校する中高一貫校の白馬インターナショナルスクールは、1期生として、7年生と8年生(中学1年生と2年生相当)を募集します。同校は、持続可能性を標榜しており、学校設立に際しても持続可能な取組・運営を大切にします。従って、学校の施設も全て新規に建設するのではなく、できる限り既存の建物を利用します。学生寮は、岩岳エリアの宿泊施設を改修して再活用されます。


国際バカロレア満点2名!清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!

国際バカロレア満点2名!清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!

清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!ディプロマ資格課程の2021年卒業生は、100%合格。3分1が40点以上と高い実績を出しています。この背景に2020年から国際バカロレア一貫校となった同校の姿勢が結果として出ていると考えられます。


なぜ?プリスクールで奨学金!ジンボリープリスクールの奨学金制度とは?

なぜ?プリスクールで奨学金!ジンボリープリスクールの奨学金制度とは?

東京・横浜・名古屋でプリスクールを開園するジンボリープリスクールは、奨学金を開始することを公表しました。2、3歳を対象とし、半日、全日など複数のコースから選べます。奨学金の対象も各コース5名と充実しています。駅から近く、通いやすいジンボリーは、コロナ禍で子育て世代にとって嬉しい奨学金制度です。 ちなみにジンボリーは、世界50か国・750以上で展開しています。


英語で学ぶ英語学習