Powered by Global Step Academy    
【新校舎 拝見!】東京インターナショナルプログレッシブスクール(TIPS)の新校舎

【新校舎 拝見!】東京インターナショナルプログレッシブスクール(TIPS)の新校舎

東京インターナショナルプログレッシブスクール (Tokyo International Progressive School、以下TIPS)は、子どもたちの多様な個性を活かす軽度の発達障がいや学習障がいを含む、さまざまな個性をもつ子どもたちのためのインターナショナルスクールです。東京インターナショナル プログレッシブ スクール(TIPS)の新校舎を拝見!2000年に創立され、世界17ヶ国(2022年1月現在)の子どもたちが学んでいるTIPSは、NPOとして運営されています。創立者の坪谷ニュウエル郁子氏は、東京インターナショナルスクールの理事長でもあり、国際バカロレア日本大使も務めています。


東京インターナショナルプログレッシブスクール

東京インターナショナルプログレッシブスクール (Tokyo International Progressive School、以下TIPS)は、子どもたちの多様な個性を活かす軽度の発達障がいや学習障がいを含む、さまざまな個性をもつ子どもたちのためのインターナショナルスクールです。

2000年に創立され、世界17ヶ国(2022年1月現在)の子どもたちが学んでいるTIPSは、NPOとして運営されています。

創立者の坪谷ニュウエル郁子氏は、東京インターナショナルスクールの理事長でもあり、国際バカロレア日本大使も務めています。

TIPSは、坪谷氏が私財を投じて運営しています。撮影:汰中 沙由香

設立から20年。一人ひとりの個性を活かす教育で、子どもたちは自分の道を見つけ、
8割が大学進学を果たすなど、充実した学習成果をあげてきました。

編集部は、国際バカロレアの立役者の坪谷氏が運営するTIPSに「すべての子どもたちが必ず持っている輝く部分を見い出し、それを伸ばしていく教育の実践に広く貢献していくという夢があるスクール」にも学びの可能性を感じます。

校舎の老朽化が激しく、2021年に新校舎が建築されました。

クラウドファンディングも資金として活用されたTIPSの新校舎を拝見してきました。

▽ 3階建ての木目調と紺の色合いが印象的な外装。TIPSの公式Instagramより引用。

TIPSの生徒の個性

1階のライブラリーは、日差しが取り込まれ、落ち着く空間です。撮影:汰中 沙由香

・ADHDや自閉症スペクトラムに代表される高機能発達障がいや軽度の学習障がいを抱えている
・大人数の学習環境で期待する成果を上げられない
・不登校の傾向がある
・集団行動が苦手
・対人関係の構築が苦手
・科目や学習スキルによって凸凹がある
・心理的な課題を抱えている

そのため生徒一人ひとりに合わせた学習と学校生活が用意されています。

生徒一人ひとりに合った学び

TIPSは、生徒一人ひとりに合わせた学びを提供しています。
創立者の坪谷ニュウエル郁子氏は、TIPSについて次のように述べています。
「個別教育のモデル校」としてICT教育を導入し、実践しています。

「個別教育のモデル校」と位置付け、より良い教育の実践とともに、その成果を広く日本の教育社会へと共有していくことを目指しています。(坪谷氏)

少数制のアットホームな雰囲気で、先生が多く、隣にいる感覚です。撮影:汰中 沙由香

卒業生の8割が大学へ進学。内訳は半数が早稲田大学、上智大学、テンプル大学など国内の大学、半数はアメリカ、カナダ、シンガポール、オーストラリアなど海外の大学です。

2割は専門学校進学やアーティストを目指すなど、それぞれに個性を活かして社会へと羽ばたいていっています。

Manai 創立者で学習塾ロジムの共同創業者の野村竜一氏

坪谷氏と対談のためにTIPSを訪れたManai 創立者で学習塾ロジムの共同創業者の野村竜一氏は、TIPSについて次のように語ります。

多くの教育機関が「個性を大事に」「多様性の尊重」を標榜しています。しかし、TIPSほどその題目を具現化している場所はないと考えています。

私はTIPSを多様性の一丁目一番地と勝手に呼んでいます。

TIPSのクラスの様子を拝見するたびに、そしてこの環境を作られた坪谷先生のお話を伺う度に「ダイバーシティ」の意味を改めて考え直すきっかけをいただいています。

撮影:汰中 沙由香

お問い合わせ

東京インターナショナルプログレッシブスクール
〒157-0077 東京都世田谷区鎌田1−5−20
電話番号:03-5717-0511
FAX番号:03-5717-0512
https://www.tokyoips.com/
Email: tips@tokyoips.com

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連するキーワード


TIPS 坪谷ニュウエル

関連する投稿


【新校舎建築へ】東京インターナショナル プログレッシブ スクールが新校舎建設中

【新校舎建築へ】東京インターナショナル プログレッシブ スクールが新校舎建設中

東京インターナショナルプログレッシブスクール (Tokyo International Progressive School、以下TIPS)は、子どもたちの多様な個性を活かす軽度の発達障がいや学習障がいを含む、さまざまな個性をもつ子どもたちのためのインターナショナルスクールです。


東京インターの坪谷さんが、大切に育てたもうひとつの学校とダイバーシティ

東京インターの坪谷さんが、大切に育てたもうひとつの学校とダイバーシティ

坪谷ニュウエルさんがアジアのインターナショナルスクールで創立された特別支援教育の団体であるSENIAから特別賞を受賞しました。東京インターナショナルスクールと国際バカロレアの推進で著名な坪谷さん。実は、もうひとつのスクールにも力を注いでいました。それがインターナショナル・セカンダリースクール(ISS)です。


最新の投稿


港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝には、NECをはじめITやプログラミング会社などが集まっています。NEC本社ビルの向かいに新校舎が建築中なのが、芝国際中高とローラスインターナショナルスクールが入るキャンパスです。開校前から話題の芝国際中高と関東最大のローラスインターナショナルスクールグループが港区芝に開校します。建築現場からレポートです。


【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

1850年に創立され、英国にある国際バカロレア認定校においてトップのノースロンドンカレッジは、日本校開校計画をインターナショナルスクールタイムズ誌上及びeduJUMP!誌上で独占公表をしました。海外分校も高い実績と共に日本におけるパートナーを募集します。メディア上でパートナーを公募する形式は初めての試みであり、インターナショナルスクール誘致、国際教育都市など自治体、大学など教育機関、企業のパートナーを募集します。


【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

インフィニティ国際学院の中等部は、北海道と奄美のデュアルキャンパスが特徴で、北海道上川町の大雪山国立公園の中にキャンパスがあります。初等部が大阪に開校し、小中高と一貫校ができました。オルタナティブスクールの新たな動きとして注目を集めると同時に、多様な選択肢を選ぶ保護者の姿も見えてきます。


【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

白馬インターナショナルスクールは、2022年9月に開校するとともに、初代校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任すると公表しました。同校は、プロジェクト型学習・社会性と情動の学び・アウトドア活動を柱に、サステナビリティ教育を推進する中高一貫のインターナショナルボーディングスクールです。中学校は各種学校、高校は国際バカロレアの認可ならびにインターナショナルスクールの国際認定組織CISの認定を申請予定です。


港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー!インターナショナルスクールの激戦区である港区。 その港区に株式会社LITALICOの創業者、佐藤崇弘氏が率いるCapital Tokyo International School (以下、CTIS)の小学部が、今春開校します。 さらに2023年4月に幼稚部と中学部を、2027年4月に高校部を開校する計画も発表されました。編集部では、オープンしたばかりのCTISを訪問し、COOのジョシュア氏に同校の魅力について伺いました!


英語で学ぶ英語学習