Powered by Global Step Academy    
インターナショナルスクール一覧 〜北海道〜

インターナショナルスクール一覧 〜北海道〜

北海道・東北のインターナショナルスクール一覧です。


北海道のインターナショナルスクールをまとめました。

北海道は、在留外国人は18,000人と都道府県のなかでは在留外国人比率が低い県ですが、近年のリゾート開発、外国人観光客の増加など外国人が増える下地ができつつあります。
歴史的に北海道開拓史は、キリスト教徒と外国人とつながりもあり、また、地理的にロシアにも近く、国際教育のポテンシャルが高い都道府県のひとつです。
札幌にある北海道インターナショナルスクールは、国際教育のインフラとして歴史と伝統があります。
また、北海道インターナショナルスクールのニセコ分校のようにリゾートにあるインターナショナルスクールは国内ではめずらしい存在です。
道内には、プリスクール、キンダーガーテンも増加しており、今後、北海道のインターナショナルスクールは、他の都道府県にはない新たな展開の可能性があります。
*プリスクール、キンダーガーテンなどはプリ・キンダー一覧を参考にしてください。

北海道インターナショナルスクール

北海道でもっとも早く創設されたインターです。
北海道のインターナショナルスクールの歴史を背負う名門校。
カリキュラムは、幼稚部・小学部・中学部でIPCを軸にしています。
高等部では、APも選べ、SATを土台にAPで大学志願をしていきます。

コース 幼・小・中・高
各認定 WASC
カリキュラム IPC
大学志願 SAT AP
授業料 
 Preschool (full day):¥1,000,000
 Kindergarten-Grades 5 :¥1,090,000
 Middle School (Grades 6-8) :¥1,116,000
 High School (Grades 9-12) :¥1,152,000

大学合格実績
 アメリカ、カナダが多いようです。
 また日本、韓国、フィリピンなど大学に進学しています。
 主要な大学をピックアップしました。

 University of California - Berkeley
 Purdue University
 Boston University

 University of British Columbia
 Royal Melbourne Institute of Technology

 Imperial College London
 National Taiwan University

 International Christian University - Tokyo
 Sophia University - Tokyo
 Doshisha University - Kyoto

北海道札幌市豊平区平岸5条19丁目1-55
TEL: 011-816-5000 
FAX: 011-816-2500
URL:http://home.his.ac.jp
E-mail: his@his.ac.jp

北海道だけに課外活動も楽しそうですね。

北海道インターナショナルスクール ニセコ校

2011年開講。
北海道インターナショナルスクールのニセコ校。
中学・高校は札幌の北海道インターナショナルスクールに進む。
ニセコといえば素晴らしい雪質で、スキーなどウィンタースポーツも充実しています。
ニセコ近郊在住者向けの季節による在学制度Seasonal Studentsの制度は、同校ならでは。
バケーション型の通学制度として日本ではめずらしい制度です。
カリキュラムの軸は、英国のIPC。社会・自然科学系に強いカリキュラムは、同校らしい教育姿勢が見えてきます。

コース 幼・小
認定 WASC
カリキュラム IPC
授業料
 Preschool :¥110,000
 Grades 1 - 6 :¥700,000
北海道虻田郡ニセコ町字富士見12
TEL: 0136-55-5252
FAX: 0136-55-5259 
URL:http://home.his.ac.jp/niseko/
E-mail: his.niseko@his.ac.jp

ニセコ校の注目は、シーズナルスクール

英語で学びコミュニケーションをとろう!をテーマに北海道インターナショナルスクールの全面協力のシーズナリプログラム。

北海道の自然のなかのプログラムは、アジア各国から参加し、独立心や、クリエイティブシンキングスキルを学習し、またアウトドアで体を動かします。
このプログラムは西洋やアジア圏で教育を受けている生徒向けの英語によるプログラムです。
シーズナルプログラムは4週間。
各週のテーマは其々が独立していますので1週間単位でも、4週間すべての週に参加も可能。
英語で話し、読み・書きをベースにした英語によるコミュニケーションを学びます。

2016年のテーマは


『人はどのように学ぶのか(学習方法)』人間の学び方を学びます。

2016年度の開催スケジュール
 Week 1 7/25(月)〜7/29(金)
 Week 2 8/1(月)〜 8/5 (金)
 Week 3 8/8(月)〜 8/12 (金)
 Week 4 8/15(月)〜 8/19 (金)

各週のテーマは
 Week 1: 人の学習の習得の仕方と、様々な教授法
 Week 2:脳はどのように情報を得ているの?
 Week 3: 休養と学習の関係
 Week 4: ポジティブシンキングは成功の元!

授業料 
 1 週間(5日間)税込 32,400円
 1 日のみのスクール参加 1日7,560円 (要事前予約、満席の場合受付不可)
 6 歳〜12 歳(新1 年生含む、参加時6歳)
 ニセコ町割引 5000円引、兄弟割引 2人目以降10%引 有

英語力 不問
  初級からネイティブレベルの方まで参加出来ます

定員 先生1 名に対し生徒20名

授業時間
 9:30 am to 3:30 pm (月曜日 から金曜日)

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

最新の投稿


8/23(火)マルバーン・カレッジ東京の学校説明会がアンダーズ 東京で開催!

8/23(火)マルバーン・カレッジ東京の学校説明会がアンダーズ 東京で開催!

マルバーン・カレッジ東京は、初のリアル学校説明会を8/23(火)17時からアンダーズ 東京で開催すことを公表しました。 日本初の国際バカロレア教育×英国式インターナショナルスクールとして開校計画のマルバーン・カレッジ東京。マイク・スペンサー校長から直接、話を聞くことができるイベントです。


【速報!】キャピタル東京IS 渋谷に幼稚部を24年4月開園予定!23年4月に中等部を開校へ

【速報!】キャピタル東京IS 渋谷に幼稚部を24年4月開園予定!23年4月に中等部を開校へ

2022年4月に小学部を開設した東京都港区のキャピタル東京ISが2023年4月に中学部を開設します。小学部はIB(国際バカロレア)PYP候補校として申請中、中学部もIB MYP候補校として申請予定です。2024年4月には渋谷(予定)に幼稚部、2026年4月には高校部(IB DP申請予定)の設立も計画しており、幼稚部から高校部までの一貫した教育で「自ら考え、自ら学び、自分の能力を社会の現場で活用することができる人材の育成」を目指します。


静岡にインターナショナルスクールが開校へ 県が調査費を予算に計上

静岡にインターナショナルスクールが開校へ 県が調査費を予算に計上

2022年、23年開校マップを確認すると大都市ではなく、自然環境が豊かな地域に根付いた開校計画が目立ちます。今回、静岡県がインターナショナルスクールの調査を計上しました。従来の富裕層向けのインターナショナルスクールではなく、地域住民の多様化に合わせたインターナショナルスクールに向けた開校調査と考えられます。


7/30 フェアで「夏休みに知りたい! オンライン・インターナショナルスクールの魅力」開催!

7/30 フェアで「夏休みに知りたい! オンライン・インターナショナルスクールの魅力」開催!

本フェアでは、幼児から高校生まで幅広い年齢層を対象としたオンライン・インターナショナルスクールが集結。オンラインならではの各校の魅力をお伝えするだけでなく、お子さんの年齢に合わせたスクールの選び方や、学べる英語力を育み、国内外の進学先をどのように選べば良いのか、をゲストとともに模索していきます。


The British School in Tokyo starts ‘Exchange Month’ with Showa Junior-Senior High School and Showa Elementary School

The British School in Tokyo starts ‘Exchange Month’ with Showa Junior-Senior High School and Showa Elementary School

The British School in Tokyo (BST) starts the ‘Exchange Month’ project with Showa Junior-Senior High School and Showa Elementary School in June. BST has shared the campus with Showa schools since 2006, and this is the first time that the three schools collaborate on such an intensive exchange project in one month.


英語で学ぶ英語学習