Powered by Global Step Academy    
Canadian Academyの「多様性」とは?

Canadian Academyの「多様性」とは?

神戸のインターナショナルスクール、カナディアン・アカデミーでは創立以来、「多様性」を学校の特徴として掲げています。カナディアンアカデミーに通う生徒の国籍、母語、そして卒業後の進路に至るまで、様々な角度から私たちの「多様性」をご紹介します。


Canadian Academyの「多様性」とは?

ハロー!こんにちは!ボンジュール!

兵庫県神戸市のカナディアン・アカデミーでは、英語に限らずいろいろな国の言葉が日々校内に飛び交っています。

授業や学校生活で使う共通の言語はもちろん英語ですが、では英語しか使ってはいけないのかというとそうではなく、生徒一人ひとりが持つ多様な言語や文化を大切にしています。

「多様性」はカナディアン・アカデミーの特徴を表すキーワードのひとつ。
しかし、多様であるとは具体的にどういうことなのでしょうか?

カナディアン・アカデミーに通う生徒の国籍、母語、そして卒業後の進路に至るまで、様々な角度から私たちの「多様性」をご紹介します。

Elementary students

国籍と言語

今年の夏は40カ国以上から集まった生徒とともに新学期をスタートすることができました。
その中でも一番多いのは北米(アメリカ・カナダ)出身の生徒で、次に多いのが東アジア(韓国、中国)から来た生徒です。

ヨーロッパ出身の生徒も全体の10%おり、他にもオセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)、ラテンアメリカ、東南アジア、中東、アフリカ、と文字通り世界中から生徒が集まっています。

ホスト国である日本出身の生徒もたくさんいます。その結果、カナディアン・アカデミーのコミュニティーでは少なくとも15の言語が話されていることになります。

Middle school students

カナディアン・アカデミーのスタッフも国際色豊かです。
教員は北米やヨーロッパ、日本を中心として19の国から集まっており、これまでに世界各国のインターナショナルスクールで教壇に立ってきた経験豊かな教員が揃っています。

一人ひとりのスタッフがそれぞれ異なるバックグラウンドを持っていることで、自分とは違う文化を理解して尊重しようとする態度が根付いています。

その態度がカナディアン・アカデミーの生徒にとっての「ロールモデル」となり、彼らの国際感覚を養うことに繋がっています。

世界の伝統行事やイベント

International Fun Fair

カナディアン・アカデミーでは、世界の伝統行事やイベントを通じて生徒が多様な文化や価値観に触れる機会を作っています。

いちばん盛り上がるのは、毎年4月の「インターナショナルフード&ファンフェア」。

PTAの協力を得て行われるこのイベントでは、カナディアン・アカデミーの生徒とその家族が自分たちの文化の象徴である食べ物やゲームなどを紹介し合います。

子どもから大人まで皆が楽しめるイベントです。
他にもカナダ発祥の「ピンクデイ」(ピンクの服を着ていじめ撲滅を訴える日)、メキシコ発祥の「死者の日」(日本のお盆のような行事)など、カナディアン・アカデミーの生徒は様々な世界の行事を体験します。

また、このような特別な行事の日だけではなく、日々の授業を通しても世界の多様な価値観を身につけることができるよう、教員は工夫をこらしています。

多様な進学先

graduates

2022年の夏にカナディアン・アカデミーを卒業したのは44名。
一人ひとりが自分に合った進学先を徹底的にリサーチし、世界9ヵ国の90以上の大学を受験して合格しました。

その中で彼らが進学先として選んだのはアメリカ、カナダ、イギリス、シンガポール、香港、UAE、そして日本の大学です。

このようにカナディアン・アカデミーの卒業生ネットワークは世界中に広がっており、多様性溢れるコミュニティーとして国際社会に貢献しています。

日本には「インターナショナルスクール」がたくさんあります。

個々の特徴や異なるカリキュラムがあり、何を基準にお子様に合った学校を選べば良いのかと迷われることもあるかも知れません。

学校の多様性は、国際社会で活躍する人材を育てるための大切なポイントです。

カナディアン・アカデミーは100年以上の歴史のなかで多様性を学校の特徴として掲げ続けてきました。ウェブサイトからぜひ一度学校の様子を覗いてみてください。

お問い合わせ

Canadian Academy
兵庫県神戸市東灘区向洋町中4-1

関連する投稿


カナディアン・アカデミーのUniversal Design for Learning (UDL)とは

カナディアン・アカデミーのUniversal Design for Learning (UDL)とは

カナディアン・アカデミーでは、Universal Design for Learningのコンセプトを学校生活や授業のプランニングに取り入れています。「一人ひとりの学びのプロセスは違っている」という理解のもと、様々な工夫を通して生徒一人ひとりに合わせた学びをデザインします。


【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスのSTEAM Fair 2024 4000名が来場

【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスのSTEAM Fair 2024 4000名が来場

1.5歳~中学生対象の2日間に渡るサイエンスの祭典。今年のテーマは ”AI & Future Technology"を実施。ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、4年ぶりに2024年3月16日(土)、17日(日)にSTEAM Fair 2024を東京・港区の初等部/中等部の新校舎で開催しました。


【スプリング】都内でプチ留学!STEAMスプリングキャンプ

【スプリング】都内でプチ留学!STEAMスプリングキャンプ

港区にあるSTEAMで人気のローラスインターナショナルスクールオブサイエンス。今年のスプリングも、1歳半からキンダーガーテンを対象としたスプリングキャンプを開講します。この春はインターで留学体験!英語で人気のSTEAMレッスンを受けてみませんか?


【スプリング】小中学生対象!インターナショナルスクールのSTEAMスプリング

【スプリング】小中学生対象!インターナショナルスクールのSTEAMスプリング

東京と神奈川に7校を展開する人気のSTEAMインターナショナルスクール、ローラスインターナショナルスクール オブ サイエンス。毎年すぐに定員に達する人気のスプリングイベントを開講します!


宇宙飛行士の山崎直子氏も。ローラスのSTEAM Fair 2024 ワークショップ・セミナーなど予約申込を開始!

宇宙飛行士の山崎直子氏も。ローラスのSTEAM Fair 2024 ワークショップ・セミナーなど予約申込を開始!

ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、4年ぶりに2024年3月16日(土)、17日(日)にSTEAM Fair 2024を東京・港区の初等部/中等部の新校舎で開催。当日のワークショップ予約申込を開始しました。


最新の投稿


【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

【速報!】東京ウエストインターナショナルスクールに高等部開校!幼小中高の一貫校へ

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、2024年度から高等部を設立し、将来のキャリアを見据えた国内外の希望の大学へ最短で進学できる仕組みを創りました。国際バカロレア PYP認定校である同校の小学部、中学部、高等部の年間学費は、約110万円と他のインターナショナルスクールに比べると良心的な設定です。


カナディアン・アカデミーのUniversal Design for Learning (UDL)とは

カナディアン・アカデミーのUniversal Design for Learning (UDL)とは

カナディアン・アカデミーでは、Universal Design for Learningのコンセプトを学校生活や授業のプランニングに取り入れています。「一人ひとりの学びのプロセスは違っている」という理解のもと、様々な工夫を通して生徒一人ひとりに合わせた学びをデザインします。


【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスのSTEAM Fair 2024 4000名が来場

【イベントレポート】ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスのSTEAM Fair 2024 4000名が来場

1.5歳~中学生対象の2日間に渡るサイエンスの祭典。今年のテーマは ”AI & Future Technology"を実施。ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、4年ぶりに2024年3月16日(土)、17日(日)にSTEAM Fair 2024を東京・港区の初等部/中等部の新校舎で開催しました。


BST welcomes the new Principal, Mr Ian Clayton

BST welcomes the new Principal, Mr Ian Clayton

The British School in Tokyo welcomes the arrival of its new Principal, Mr Ian Clayton, starting from Term 3 of 2023-2024 academic year.


BSTの新学校長にイアン・クレイトン氏が就任

BSTの新学校長にイアン・クレイトン氏が就任

ブリティッシュ・スクール・イン東京(BST)は、2023-2024年度 第3学期よりイアン・クレイトンを新学校長として迎えました。BSTは、2024年に麻布台に新キャンパスを開校しました。昭和キャンパスでは、昭和女子大学附属中学校・高等学校との連携しています。1989年の創立から35年。次なる動きです。