Powered by Global Step Academy    
イギリスの英語教育の賞を受賞!白熱イングリッシュキャンプが熱い!

イギリスの英語教育の賞を受賞!白熱イングリッシュキャンプが熱い!

白熱イングリッシュキャンプなど国際教育プログラムを提供するタクトピア株式会社の嶋津幸樹先生が英国のピアソン社のELT Teacher Awardを受賞しました。受賞理由のひとつが「白熱イングリッシュキャンプ」の独自性です。そこでどのような英語教育を実施しているのか?を含めてまとめてみました。


ピアソン社のELT Teacher Award

英語教育のピアソン社は、2017年の世界で最もイノベーティブな教育を実践する英語教師に国際教育プログラムを提供するタクトピア株式会社の嶋津幸樹先生をELT Teacher Awardに選出しました。

ELT Teacher Awardは、108ヶ国の1,395名の教員が対象となり、地域別の受賞者5名と読者投票による受賞者5名を決定しています。

今回、ピアソン社は、嶋津幸樹先生をの受賞理由を次のように説明しています。

世界で最もイノベーティブな英語教育を実践する英語教師に送られる英語教育ティーチャー・アワードを受賞した嶋津幸樹先生(写真中央)

「嶋津幸樹先生の日本での独自の英語キャンプは、生徒に英語を話す機会を生み出しています。共通の問題を解決する革新的なアプローチと英語教育の意欲と熱意があります。」

"Koki organises English camps around Japan to give students the opportunity to practise spoken English. Our judges thought it was an innovative approach to solving a common problem and showed his determination and enthusiasm for teaching English."

受賞理由にある共通の問題を解決するアプローチのキャンプとは、どのようなキャンプでしょうか?

白熱イングリッシュキャンプとは?

この共通の問題を解決するアプローチのキャンプが「白熱イングリッシュキャンプ」。
嶋津幸樹先生が開発したアプローチで開催されています。

世界のトップクラスの大学で学ぶ学生との協働をとおして「世界では何が起こっているのか」を知り、「自分の未来と学びたいこと」に向き合う集中日程型のイングリッシュキャンプです。

白熱イングリッシュキャンプの動画が公開されています。
楽しそうですね。

さっそく、3つのポイントにまとめてみました。

1.多国籍の仲間との協働作業からダイバーシティを学ぶ

ハーバード大学をはじめ多国籍な大学生と一緒に協力して問題を解決してきます。
自然とダイバーシティを体感し、理解していきますね。

2.英語を使い自分で未来の目標を設定できる力が身につく

多国籍なチームで共通語は「英語」。
その英語を使って、ともに目標を見出しながら進めていきます。
そのため、自分自信の目標も探し出して設定する力も育ちますね。

3.学んだ成果を共有し成功/失敗経験を体に定着させる

ここで面白いのが、学んだ成果が成功であれ、失敗であれ貴重な経験としていること。

共に失敗した体験をその後にどう活かしていくのか?
そこがポイントのようです。

キャンプを運営するタクトピアとは?

グローカルリーダーシップの育成をミッションに掲げており白熱イングリッシュキャンプを運営する株式会社タクトピア。
中・高生を対象とした国内スタディキャンプやMITのアントレプレナーシップメソッドを活用した課題発見解決学習プログラムがあります。

また、米国・英国と東南アジアを舞台にした海外スタディーツアーとTOEFLやIELTSなどの4技能型試験に完全対応した語学力養成プログラムも提供しています。

世界各地の大学・起業家との強いネットワークがあるからこそできるプログラムですね。

TAKTOPIA(タクトピア)

http://taktopia.com

タクトピアは、多様性あふれる仲間との「圧倒的な原体験」の共創を通じて、自分(読み:ローカル)と世界(読み:グローバル)の視点で考え行動し、ともに人生を切り拓く「グローカルリーダー」を育成する新しい学びのプラットフォームです。

ポイント

小学校の英語教育が変わるなかで、中・高生を対象とした英語キャンプが世界的な英語教育の賞を受賞したことで、英語で探究的に体験するプログラムの人気が高まってきそうですね。

特に、自分で考えて、体験すること。
さらにそのプロセスを英語で表現し、相手に伝えてアウトプットしていくこと。

白熱イングリッシュキャンプから留学にステップアップする生徒さんも多そうですね。

嶋津先生が教える教室型プログラムが9月より開催!

世界にハバタク英語力と探究力を身につけよう!

9月28日(水)から、最新の英語教育を取り入れた「探究型の英語クラス」がスタートしました。
タクトピアの独自の英語教育手法Native Mind™を提供するタクトピアと、探究学習プログラムの実績が豊富なa.schoolが連携する新クラスです。

日程:毎週水曜の授業を2回まで無料体験できます
定員 :各10
対象 :中高生
講師・ゲスト :タクトピア 嶋津先生、a.school 岩田先生
場所 :a.school本郷校
授業料 :無料
申込締切日:各回前日18:00

お問い合わせは、こちら

http://aschool.co.jp/event/18982/

世界にハバタク英語力と探究力を身につける「探究 英語クラス」が新開講!まずは無料体験クラスに参加しよう。

こちらも参考にしたいですね。

インターナショナルスクールあるある!インターを知る10物語

http://istimes.net/articles/857

インターナショナルスクール。ちょっと遠い存在の学校というイメージの方が多いのではないでしょうか。タイムズ編集部は、スクールのお力を借りて取材を進めてきました。そのなかでちょっとふしぎな存在だったインターナショナルスクールの姿に触れることができました。そこで印象的な10の物語と番外編をお伝えします。

プリ・キンダー卒園児の英語力が恐ろしく落ちる「小1英語の崖」

http://istimes.net/articles/851

プリスクールやキンダーガーテンから小学校に進学して突き当たる英語力の事実。それが「小1英語の崖」です。英語で学ぶ環境から、日本語で学ぶ環境に変化することで英語力がゴールデンウィーク明けから一気に落ちます。プリ・キンダーの卒園児がどのように英語力対策をすれば良いのか。その点を含めまとめました。

インター受験の成功術〜プリスクールからどうやってインターに合格するか?

http://istimes.net/articles/845

プリスクールからインターナショナルスクールを受験した場合、どのように対策を考えれ良いのでしょうか?意外と知られていないインター受験術。その方法と対策についてまとめました。インターナショナルスクールの小学部に進学したい、と考えたら一読してください。

2020年 オリンピック前後に待ち受ける教育の4大変化を知ると新たな勝ちルートが見えてくる?

http://istimes.net/articles/837

2020年のオリンピック開催に合わせ、義務教育、英語教育、大学入試など一気に変わりそうです。お子さんがいる家庭は将来の進路に関わってきます。2020年のオリンピック後に社会で活躍するお子さんの未来を考えると、教育がどう変わるのか?を押さえておきましょう。

この記事のライター

都内でインターナショナルスクールを運営した経験から現場の目線と記者としての目線で記事を書いています。

関連するキーワード


英語教育

関連する投稿


【オランダ発】教育先進国オランダのバイリンガル教育、政府と学校の取り組み

【オランダ発】教育先進国オランダのバイリンガル教育、政府と学校の取り組み

日本と同様に、オランダでも英語教育の必要性が年々高まっています。教育の自由があるオランダでは、実際に様々な取り組みがなされています。今日は、オランダのバイリンガル教育について書かれた記事をご紹介させていただきたいと思います。


英語は体験すると定着率が良いみたい。知っておきたい知識定着率と英語力の関係

英語は体験すると定着率が良いみたい。知っておきたい知識定着率と英語力の関係

英語力を伸ばすキーは、知識定着率にありました。日本の英語教育は、読み書きが中心になっています。きちんと「話す、聞く」を「体験」させると英語力が伸びてきます。インターナショナルスクールのサマースクールやサタデースクールなど通いやすいプログラムを通して「体験」することを考えたいですね。


知っておきたい。プリスクール・幼稚園・保育園の学費と内容の比較

知っておきたい。プリスクール・幼稚園・保育園の学費と内容の比較

お子さんの最初の学校選びで、幼稚園・保育園とともにプリスクール(インターナショナルスクールの幼稚部)も選択肢に考えたことはありませんか。そこで学費に絞って比較してみました。


国内の英語教育・留学。そこから見えてくるインターナショナルスクールの姿

国内の英語教育・留学。そこから見えてくるインターナショナルスクールの姿

国内の英語教育・留学。そこから見えてくるインターナショナルスクールの姿。留学情報誌や教育情報誌などの出版および留学・英語教育の情報ポータルサイトなどを運営する株式会社トゥモローの天野智之氏にお話しを伺いました。


最新の投稿


【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

【ポーランド発】修士・博士が激増!高学歴が多いポーランドの小学生の一日とは?

日本より授業時間は短いけど多忙なポーランドの小学生!学校のカリキュラムは一体どうなっているのか「なぜ、こんなに勉強するのか」調べてみました。ポーランド在住のチェシェク記者のレポートです。


【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

【サマー】21世紀の高校生は、この三種のグローバルスキルをハックせよ!Terra Academyの高校生向けのサマーキャンプ

グローバル・リーダーを生み出す三種の必須スキル。それが「グロース・マインドセット」「デザイン思考」、そして「クリティカル・シンキング」。21世紀のグローバルスキルのトップ講師がついにサマーキャンプに集合。海外大学と名門大学の進学を考える高校生は、受けておきたいサマーキャンプですね。説明会日程も加筆し、再掲載。


ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

ハリー・ポッターの呪い?それでも英国のボーディングスクールが笑う理由

世界的ベストセラーの児童書といえば、J・K・ローリング著の「ハリー・ポッター」。ハリー・ポッターが通ったホグワーツ魔法魔術学校は、イギリスのボーディングスクールが舞台です。英国のボーディングスクールの展開も実は、ハリー・ポッター効果があったようです。


あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

あるある?海外のインターナショナルスクールに転校するとありがちな9のこと

親の仕事の関係、もしくは自らの意思で、海外のインターナショナルスクールに通うことになった日本人の子供たちは、どんなことを感じ成長していくのでしょう。日本から海外のインターナショナルスクールに転校した子供たちと家族に起こりがちな「あるある」を集めて見ました。イギリス在住のChika B記者のレポートです。


ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

ガリレオとニュートンがSTEMの本質だ!国際高専のトークセッションが面白い!

2018年4月に理工系リベラルアーツのボーディングスクールとして開校予定の国際高専。第一回のキックオフイベントが2017年5月に開催。英語でボーディングスクールで学ぶSTEM教育とはどのような学びでしょうか?STEM教育の楽しさを感じる金沢工業大学の大澤学長とバークスデール校長のトークセッションをお伝えします。


GSA