Powered by Global Step Academy    
【速報】東京都港区南麻布に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl School 4月小学部から開校へ

【速報】東京都港区南麻布に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl School 4月小学部から開校へ

2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。今後、幼稚部、中学部、高等部の開校も計画されています。初年度は、4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 CTISは東証一部上場企業のLITALICO創業者の佐藤崇弘氏が私財で設立したインターナショナルスクールです。実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。 WEB説明会は10月から開催し、申し込みはCTISウェブサイト(10月1日公開)で公開されます。


幼小中高のインターナショナルスクールが東京都港区に開校へ

東京都港区広尾に幼小中高一貫のインターナショナルスクールが開校計画へ。

編集部の調べで、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールの開校計画が明らかになりました。

創立者は、東証一部上場企業のLITALICO創業者の佐藤崇弘氏で私財を投じてインターナショナルスクールを開校します。

2022年4月に小学部1年生から4年生が開校。
2023年4月に幼稚部、中学部が開校。
2026年4月に高校部が開校予定です。

学校名は、Capital Tokyo International School で略称は、CTISです。

開校計画にあたり、創立者で理事長に就任する佐藤崇弘氏、校長に就任するドゥーガン・ヒンチー氏。

同校の展開は、経歴からも教育・社会福祉の佐藤理事長と国際バカロレアのヒンチー校長からも国際標準カリキュラムの導入を検討していることが伝わってきます。

▽ Capital Tokyo International School の公式Youtubeチャネルでは、創立者の佐藤氏、COOのハーバード大学教育大学院、早稲田大学MBAの欧陽ジョシュア氏との対談が公開されています。

同校の学校長には日本と韓国のインターナショナルスクールにて要職を務めてきたドゥーガン ピンチー氏、COOには、欧陽ジョシュア氏が就任。開校へ向けて準備が進んでいます。

CTIS小学部 2022年4月開校へ!

2022年4月に開校する小学部は、1年生から4年生が募集されます。
すでに校章ができており、Capital Tokyo Intl School と略称のCTISが組み込まれています。

CTISは、特色ある実践的知識を提供することを使命としています。

急速に変わり続ける社会の現場で実際に“活用する力”にフォーカスし、4つの特色を掲げています。

1.PBL
2.STEAM
3.国際的大学入学資格カリキュラム
4.3ヵ国語習得

日々の授業を通して、“WHY”を大切にし、思考力や探求心を育てます。

また、自分の考えや意見を伝え合うことで、より深い学びに繋げていきます。

授業以外にもCTISが提供できる様々な体験学習の場で、生徒に発想、企画、実行という経験を通して、独創力を育てます。

CTISのコアバリュー

4つのコアバリューは、

1.社会に貢献できる、実践的知識を持つ人材
2.日英トランスリンガル教育+マンダリン習得
3.探究心と独創力
4.真のリーダーシップ

を学びを通して実践的に取り組んでいきます。

CTISは”生まれた国や地域、宗教、人種、性別、障害の有無などによる教育機会の不平等をなくし、
どこにいても、高度な教育を受ける機会を世界の隅々まで提供することを目指す”を教育理念としています。

その中心となるのが、4つのコアバリューです。

CTISのキャンパスとは?

注目が集まるのが、東京都港区南麻布に開校する幼小中高一貫のインターナショナルスクール計画です。

キャンパスの計画図も編集部は、独自に同校から提供を受けました。

▽ こちらが編集部が独占入手したパース図です。

2022年に2月に完成予定校舎は、1,000㎡を超えます。

電子黒板やオンライン学習システムなど最新鋭の設備がそろった教室が準備されています。

また、開校時から図書館には、5,000冊以上の蔵書が入ります。

ライブラリー、メディアセンターは、生徒たちの潜在的な知的好奇心を喚起します。

体育室、幼児用プレイルームは防音設備が配備され、生徒が存分に体を動かすことが可能です。

キャンパス周辺には、有栖川宮記念公園など都内にいながら自然に触れられる公園があります。

同校が港区南麻布に開校した理由の一つが、各国大使館、国際機関が集中しており、国際性豊かなエリアであることが特徴です。

キャンパスは、東京メトロ日比谷線広尾駅から徒歩8分、南北線白金高輪駅から徒歩15分とアクセスも便利です。

お問い合わせ

▽ 公式インスタグラムでは、スクールマスコットも決まり、公開されています。

校名:Capital Tokyo International School  略称:CTIS
公式サイト:www.capitaltokyo.com (10月1日公開)
Email: info@capitaltokyo.com
Instagram: https://www.instagram.com/capitaltokyointlschool/?hl=ja
Youtube Channel: https://www.youtube.com/channel/UCO5LwOXBD1DclL8QxPWFfFQ

関連する投稿


Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

STEAM教育を軸にしているローラスインターナショナルスクールは、「サイエンスカフェ」に「起業家教育」の要素も加えた、Laurus Innovator’s Labを開催しています。 第2回は、科学とエンターテインメントの両立による宇宙技術の革新を目指す、人工流れ星事業「Sky Canvas」の開発を行う株式会社ALEの創業者で理学博士(天文学)の岡島礼奈様をお呼びして、創業秘話や人工流れ星事業について学びます。


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


【速報!】22年9月開校へ!白馬インター説明会開始。世界標準のカリキュラムで学ぶグリーンスクール型スクール

【速報!】22年9月開校へ!白馬インター説明会開始。世界標準のカリキュラムで学ぶグリーンスクール型スクール

2022年9月に開校する中高一貫校の白馬インターナショナルスクールは、1期生として、7年生と8年生(中学1年生と2年生相当)を募集します。同校は、持続可能性を標榜しており、学校設立に際しても持続可能な取組・運営を大切にします。従って、学校の施設も全て新規に建設するのではなく、できる限り既存の建物を利用します。学生寮は、岩岳エリアの宿泊施設を改修して再活用されます。


国際バカロレア満点2名!清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!

国際バカロレア満点2名!清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!

清泉インターナショナルスクールが国際バカロレアで躍進!ディプロマ資格課程の2021年卒業生は、100%合格。3分1が40点以上と高い実績を出しています。この背景に2020年から国際バカロレア一貫校となった同校の姿勢が結果として出ていると考えられます。


最新の投稿


【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

STEAM教育を軸にしているローラスインターナショナルスクールは、「サイエンスカフェ」に「起業家教育」の要素も加えた、Laurus Innovator’s Labを開催しています。 第2回は、科学とエンターテインメントの両立による宇宙技術の革新を目指す、人工流れ星事業「Sky Canvas」の開発を行う株式会社ALEの創業者で理学博士(天文学)の岡島礼奈様をお呼びして、創業秘話や人工流れ星事業について学びます。


【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

英国のハロウスクールが創立450周年で海外初の全寮制インターナショナルスクールとして2022年8月に開校予定のハロウ安比校。限定で開催された見学会を編集部は取材をしました。参加された保護者の声、ハロウ式のおもてなしもイギリスを感じました。これから見学会も開催されます。ぜひ、ご参加を!


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


英語で学ぶ英語学習