Powered by Global Step Academy    
【速報!】国際高等学校(愛知県)本年9月に開校へ インターナショナルボーディングスクール

【速報!】国際高等学校(愛知県)本年9月に開校へ インターナショナルボーディングスクール

国際高等学校(愛知県)が本年9月に開校へ。同校は、男女共学によるボーディングスクールとして私立高校として開校します。同校はすでに国際バカロレア候補校になっており、カリキュラムの特徴としてハーバード流のケースメソッドを導入した学びを導入します。新年度が9月始まりの私立学校は、日本では珍しく、新年度を9月にしている時点で卒業生の多くが世界に進学を前提にしていると考えられます。


インターナショナルボーディングスクールとして開校へ

写真提供:国際高等学校

国際高等学校は、愛知県私立学校審議会において、「国際高等学校を設置する事は可とする」との結果が示された、と公表しました。

近日中に愛知県知事より学校設置の認可がなされる予定です。

2022年8月に開校する国際高等学校は、私立高校として開校します。
単位制及び全日制グローバル科とし、共学で1学年の定員は75人(3クラス) の全寮制として開校します。
3年後には、1年生から3年生まで合計で225人(9クラス)の生徒数になる計画です。

同校は、東京ドーム約15個分の約74万平米の名古屋商科大学日進キャンパス内に開校します。

従来のインターナショナルスクールが各種学校が多かったのに対し、私立高校として開校できたことは画期的です。

編集部は、国際高等学校の画期的な点をピックアップしてみました。

1.英語で学ぶ私立高等学校

多くの高校が日本語で学びます。
英語で学ぶのは、従来、インターナショナルスクールと呼ばれていました。

しかし、国際高等学校は、ほぼ全て英語で学ぶ全寮制の国際高等学校として開校します。
すなわち、私立高校としてインターナショナルスクール+ボーディングスクールとして開校する、と考えて良いでしょう。

2.国際バカロレア候補校

写真提供:国際高等学校

国際高等学校の姉妹校である名古屋国際中学校、高等学校は国際バカロレアの認定校です。
そのため国際高等学校は、国際バカロレアの候補校として開校します。
授業は全て英語で行われ、文部科学省の教育特例校の認可を受けています。

通常は、国際バカロレア認定校になるには、最短でも2年以上が必要ですが、同校は国際バカロレアの認定校になるプロセスにすでに入っています。

すなわち、国際バカロレア認定校に開校してから早く認定されると考えられます。

3.ハーバード流ケースメソッド

QS Global MBA Rankings 2021で日本1位と評価を受けています。

学び方も特徴があります。
国際高等学校は、グループにアジアでトップクラスのビジネススクールである名古屋商科大学ビジネススクールがあります。
英国の「QS Global MBA Rankings 2021」において、国内1位を獲得しています。

ビジネススクールの学びの代表例である「ケースメソッド」が国際高等学校の授業でも取り組まれます。

4.全寮制(ボーディングスクール)

高校3年間の学校生活をいかに充実させるか、を考えた同校は、全寮制=インターナショナルボーディングスクールの仕組みを導入します。

国際バカロレアの学びは、生徒の人格を含め育てる「全人教育」と呼びます。

全寮制で通学時間をなくし、その時間と就寝までの時間を学びと人格形成に時間を効果的に使うことができます。

寮生活を通じて様々なリーダーシップを育み、コミュニケーションの密度を高めることが国際バカロレアとハーバード流ケースメソッドなどの学習と相乗効果が期待されます。

5.ハウスシステム

22年3月現在の国際寮:写真提供:国際高等学校

同校は全寮制の学びと同時に、世界標準のハウスシステムを導入します。
学校生活と日常生活がクロスする全寮制の学びは、生徒一人ひとりの個性や心身の成長をケアが重要です。
そこでハウスシステムが導入されます。

寮生活を見守るのが「House Superviser」や「House Mentor」です。
学びや成長を促す、プロフェッショナルです。

欧米スタイルのハウスシステムが導入されます。

6.少人数制

写真提供:国際高等学校

同校は、クラスも最大25名の少人数です。
日本トップのビジネススクールとして、修士または博士号を有する多国籍先生や系列ビジネススクールの先生から学ぶことができます。

生徒と教職員ともに多様性があることで、国際バカロレアの学び、理念をさらに深く探究していくことができます。

7.ブリッジプログラムで4月卒業でも安心

新年度が9月始まりのため、6ヶ月のギャップイヤーが生じます。
そこで、同校は、サマースクール(入学前体験合宿)やブリッジングプログラム(9月入学準備課程)を用意しています。

また、長期休暇を活用したホームステイや校外研修等も計画中です。

4月下旬に親子体験入学が開催!

今年9月に開校する国際高等学校を一足早く体験できるのが4月下旬に開催される「親子体験入学」です。

▽ 詳しくはこちら。

親子体験入学 (1泊2日の親子参加型イベント) | オープンキャンパス・進学相談会 | イベント情報 | 国際高等学校|全寮制インターナショナルスクール

https://ic.nucba.ac.jp/jp/event/session/entry-23775.html

2022年4月29日 (祝) 〜 30日 (土) に1泊2日の日程で、親子参加型の体験入学イベントを開催いたします。完成後の最新の国際寮と校舎において、本校の施設や教育、寮生活を親子で楽しくご体験いただくことができます。

体験入学では、竣工したばかりの国際寮と校舎で親子で同校の学びと寮生活を体験することができます。

開催日時:2022年4月29日(金)から 4月30日(土)
会場:Nisshin Campus, NUCB International College
主催:国際高等学校
対象者:入学をご検討の方(国内)
対象者:参加時点で下記の条件を満たす者
・中学校2〜3年生またはインターナショナルスクール等に在籍する13〜14歳
・転入・編入を検討している高校1年生
・日常会話レベルの英語力保持者(目安は英検準2級レベル以上)
 ※保護者の方も一緒にご参加いただけます

参加料:お一人様 7,000円(宿泊費、食費、プログラム参加費含む)
※イベントへのお申し込み後、参加料納入のご案内をいたします。
※参加料納入後のご返金はいたしかねますので、予めご了承ください。

申込み期限:4月22日(金)17時

写真提供:国際高等学校

スケジュール

DAY 1

10:30 - 名鉄豊田線・米野木駅からシャトルバス出発
11:30 - オリエンテーション
12:00 - ウェルカムランチ
13:00 - 寮・校舎見学
14:00 - キャンパス探索アクティビティ
15:30 - ティータイム
16:00 - ワークショップ①
18:00 - 夕食
19:00 - ハウスアクティビティ

DAY 2

7:45 - 朝食
9:00 - ケースメソッド体験授業
10:15 - ワークショップ②
11:30 - ランチ
12:45 - 学校説明会
13:15 - 解散
13:30 - 名鉄豊田線・米野木駅へシャトルバス出発

国際高等学校 概要

校 名:国際高等学校(認可申請中)
定 員:225人・男女共学(全寮制)
学校種:高等学校(学校教育法第一条)
言 語:英語
場 所:愛知県日進市米野木町三ヶ峯4番地の4
開 校:2022年8月1日(学則施行日)

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連する投稿


【見て分かる!】国際高等学校 校舎大図鑑!国際バカロレアの全寮制インターナショナルスクールのすべて

【見て分かる!】国際高等学校 校舎大図鑑!国際バカロレアの全寮制インターナショナルスクールのすべて

国際バカロレアで全寮制の高等学校になる「国際高等学校」が愛知県日進市に開校しました。私立高等学校の全寮制インターナショナルスクールの開校です。国際バカロレアで学び、ビジネススクールのケースメソッドも導入します。帰国生やインターナショナルスクールの生徒にとって国内ボーディングスクールとして新たな選択肢です。


インター生におすすめ【速報!】国際高等学校が愛知県知事より設置許可!

インター生におすすめ【速報!】国際高等学校が愛知県知事より設置許可!

国際高等学校が愛知県知事より設置許可!本年9月に開校へ。男女共学のボーディングスクールとして私立高等学校として開校します。同校はすでに国際バカロレア候補校になっており、カリキュラムの特徴としてハーバード流のケースメソッドを導入した学びを導入します。新年度が9月始まりの私立高等学校は、日本では珍しく、新年度を9月にしている時点で卒業生の多くが世界に進学を前提にしていると考えられます。


サマー募集開始!国際高等学校のサマースクールの募集が始まりました。

サマー募集開始!国際高等学校のサマースクールの募集が始まりました。

2022年開設準備中の国際高等学校のサマースクールが開催されます。昨年度はサマースクールがすぐに満席になり、2回目が追加されました。 英語でビジネススクールのケースメソッドを用いた探究的な学びが特徴です。 英語力が必要なため、インターナショナルスクールの中学生に向いています。


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


【速報】東京都港区南麻布に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl School 4月小学部から開校へ

【速報】東京都港区南麻布に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl School 4月小学部から開校へ

2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。今後、幼稚部、中学部、高等部の開校も計画されています。初年度は、4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 CTISは東証一部上場企業のLITALICO創業者の佐藤崇弘氏が私財で設立したインターナショナルスクールです。実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。 WEB説明会は10月から開催し、申し込みはCTISウェブサイト(10月1日公開)で公開されます。


最新の投稿


港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝には、NECをはじめITやプログラミング会社などが集まっています。NEC本社ビルの向かいに新校舎が建築中なのが、芝国際中高とローラスインターナショナルスクールが入るキャンパスです。開校前から話題の芝国際中高と関東最大のローラスインターナショナルスクールグループが港区芝に開校します。建築現場からレポートです。


【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

1850年に創立され、英国にある国際バカロレア認定校においてトップのノースロンドンカレッジは、日本校開校計画をインターナショナルスクールタイムズ誌上及びeduJUMP!誌上で独占公表をしました。海外分校も高い実績と共に日本におけるパートナーを募集します。メディア上でパートナーを公募する形式は初めての試みであり、インターナショナルスクール誘致、国際教育都市など自治体、大学など教育機関、企業のパートナーを募集します。


【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

インフィニティ国際学院の中等部は、北海道と奄美のデュアルキャンパスが特徴で、北海道上川町の大雪山国立公園の中にキャンパスがあります。初等部が大阪に開校し、小中高と一貫校ができました。オルタナティブスクールの新たな動きとして注目を集めると同時に、多様な選択肢を選ぶ保護者の姿も見えてきます。


【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

白馬インターナショナルスクールは、2022年9月に開校するとともに、初代校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任すると公表しました。同校は、プロジェクト型学習・社会性と情動の学び・アウトドア活動を柱に、サステナビリティ教育を推進する中高一貫のインターナショナルボーディングスクールです。中学校は各種学校、高校は国際バカロレアの認可ならびにインターナショナルスクールの国際認定組織CISの認定を申請予定です。


港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー!インターナショナルスクールの激戦区である港区。 その港区に株式会社LITALICOの創業者、佐藤崇弘氏が率いるCapital Tokyo International School (以下、CTIS)の小学部が、今春開校します。 さらに2023年4月に幼稚部と中学部を、2027年4月に高校部を開校する計画も発表されました。編集部では、オープンしたばかりのCTISを訪問し、COOのジョシュア氏に同校の魅力について伺いました!


英語で学ぶ英語学習