Powered by Global Step Academy    
【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

【虎ノ門再開発】2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校!

2023年ブリティッシュ・スクールがジブリ作品のようなキャンパスを開校させます。これまで渋谷と昭和の2つのキャンパスに分散していたブリティッシュ・スクールの幼稚部と小学部が「虎ノ門ー麻布台」再開発プロジェクトでどのようなキャンパスができるのか、が注目を集めています。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称される「トーマス・ヘザウィック氏」の設計となり、インターナショナルスクールの校舎として注目を集めそうです。


ブリティッシュ・スクール・イン東京

ブリティッシュ・スクール・イン東京は、公式ホームページで2023年に小学部のキャンパスを東京都港区麻布台にに新設することを公表しました。

▼ 公式ホームページでも高層ビルと緑豊かなで柔らかな構造の校舎とのコントラストが際立ちます。

現在、 幼稚部と小学部が渋谷キャンパスと昭和キャンパスに分散しているブリティッシュ・スクール。

森ビルと共同開発の新キャンパスの図面が公表されていますが、緑に覆われた姿は、まさに「ジブリ」のようなキャンパスです。

今回の「虎ノ門ー麻布台」再開発によって幼稚部と小学部の生徒700名が同じ新キャンパスで学べるようになります。

▼ ジブリ作品のような緑と曲線を多用したブリティッシュ・スクールの新校舎。

ついに1つのキャンパスに

学びに柔軟に対応できる学習エリアの設計や屋外の遊び場、屋内プール、図書館、体育館が併設される予定です。

ラピュタ型キャンパス?

ジブリ作品のようなブリティッシュ・スクールの「虎ノ門ー麻布台」新キャンパス。

設計は、「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称される「トーマス・ヘザウィック氏」。

インターナショナルスクールの新たなキャンパスとして注目を集めそうです。

この記事の記者

最新の投稿


【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【初等部校長に独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。インターナショナルスクール開校計画!

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

Laurus Innovator’s Lab 第2回:科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に 〜人工流れ星への挑戦〜

STEAM教育を軸にしているローラスインターナショナルスクールは、「サイエンスカフェ」に「起業家教育」の要素も加えた、Laurus Innovator’s Labを開催しています。 第2回は、科学とエンターテインメントの両立による宇宙技術の革新を目指す、人工流れ星事業「Sky Canvas」の開発を行う株式会社ALEの創業者で理学博士(天文学)の岡島礼奈様をお呼びして、創業秘話や人工流れ星事業について学びます。


【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

【特別公開!】ハロウ安比校の見学会に参加してきました!

英国のハロウスクールが創立450周年で海外初の全寮制インターナショナルスクールとして2022年8月に開校予定のハロウ安比校。限定で開催された見学会を編集部は取材をしました。参加された保護者の声、ハロウ式のおもてなしもイギリスを感じました。これから見学会も開催されます。ぜひ、ご参加を!


10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日(土)インターナショナルスクールフェア開催!

10月23日オンラインで開催!保幼小中高とプリスクールからインターナショナルスクール、そしてボーディングスクールが集結!  インターナショナルスクールフェアは、英語で学ぶことができる国内のインターナショナルスクール、プリスクール、寮のあるボーディングスクールを紹介する生徒・保護者向けイベントです。


【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


英語で学ぶ英語学習