Powered by Global Step Academy    
【速報!】港区芝へ 2023年ローラスインターナショナルスクール初等部・中等部が東京女子学園に移転!

【速報!】港区芝へ 2023年ローラスインターナショナルスクール初等部・中等部が東京女子学園に移転!

ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、ケンブリッジ国際カリキュラムとローラスイノベーター教育を2本柱として、プリスクールからの一貫教育を提供しています。首都圏を中心に7校を展開し、関東最大規模のインターナショナルスクールグループです。2023年には、港区芝にある東京女子学園の新校舎に初等部と中等部を移転する計画が発表されました。


東京都港区に開校!

多種多様な対話や感動を共創する「未来創造の学び舎」へ

ローラスインターナショナルスクール オブ サイエンスは、2022年9月には待望の中等部を東京都港区に開校します。

2023年には、港区芝にある東京女子学園の新校舎に初等部と中等部を移転する計画が発表されました。

ローラスインターナショナルスクールは、ケンブリッジ国際カリキュラムとローラスイノベーター教育を2本柱として、プリスクールからの一貫教育を提供しています。

首都圏を中心に7校を展開し、関東最大規模のインターナショナルスクールグループです。

新キャンパスは、東京女子学園の新校舎内

ローラスは過去5年間の継続した生徒数の増加により、三田キャンパスにある初等部は手狭になりました。

適切な移転先を探していましたが、港区芝の東京女子学園の新校舎に入ることになりました。

移転後は、グローバルイノベーター人材育成の為の最先端のICT環境、学習環境が整備されます。

第一線で活躍する専門家から教育やキャリアサポートを受けられるようにするなど、先端的なカリキュラムの実現を検討しています。

移転先の概要(予定)
・所在地:東京都港区芝4-1-30 東京女子学園内 7F-10F
・カリキュラム:ケンブリッジ国際カリキュラム、ローラスイノベーター教育

[正門前ガーデンイメージ]地域へ解放したカフェを併設

ローラス中等部が重要視すること

ローラスインターナショナルスクールは、中等部、高等部の開校を控えてどのように開校計画を持っているのでしょうか。

同校にお聞きしました。

現代はテクノロジーのカンブリア爆発期とも呼ばれています。
ローラス中等部では、業界や国境を越えてくるテクノロジーの進化に対応する生徒を育てるために、3つのことを重要視しています。

一つ目はケンブリッジ国際カリキュラムと独自のイノベーター教育の融合。
Aレベルの受験を見据え、独自カリキュラムで大学進学まで手厚くサポートします。

二つ目は生徒が情熱を持つ分野を発展させていくこと。
コンテストやイベントに積極的に出場し、結果を追求します。メンター制を導入し、第一線で活躍する現役の研究者、エンジニア、起業家のメンターと共に知識探究を思う存分にできる環境を整えます。

そして最後に進学アドバイザーとメンターが生徒の夢や目標を万全にサポートします。

人生で最も多感な中高の6年間。私たちは生徒が安心して学び、活動できる環境を提供していきます。

生徒が貴重な学生時代を受験対策のみに追われることなく、様々な大人と関わりながら、のびのびと自分のパッションを追求し夢を広げ、自分の頭で考え、未来を切り拓くイノベーターになるよう、全力でサポート体制です。

そのためアドバイザーがいます。

魅力的なアドバイザー

ローラス中等部には、3名の専門家がアドバイザーとしてサポートします。
スクールの教育活動や生徒達のキャリアを多角的にサポートする予定です。

白川 寧々氏

起業家。教育革命家。華僑。日中英のトライリンガル。6歳で来日後、日本国籍取得。フェリス女学院中学・高校時代に独学で英語を学び、米国デューク大学に進学。卒業後、米国大手コンサルティングファーム勤務を経て、マサチューセッツ工科大学(MIT)MBA修了。

著名起業家、教育者、宇宙飛行士などの日本内外のグローバルリーダーや、官公庁、全国各地の教員、企業人、大学生や高校生を巻き込みながら、教育の本質的なシフトを世界的に推し進めるための活動に取り組んでいる。

南 健太氏

オックスフォード大学(心理学、1st Class Honours)、及びケンブリッジ大学(開発学修士、High Pass)を卒業後、ブーズ・アンド・カンパニーに入社。その後Boston Consulting Group(東京・ムンバイオフィス)、BCGデジタルベンチャーズを経て、2018年にQuest Inc.を設立し代表取締役に就任。

BCGでの採用活動、Questでの大学生インターンシップ提供、非営利団体learning across bordersのコアメンバー(大学生向けスタディツアー提供)、等の活動を通じて長く大学生に対する教育・採用の経験を有する。今後は幅広い年代に対し教育機会を提供することを目標としている。

衣川 武志氏

証券会社を経てスタートアップ経営、通信会社経営企画に携わる。その後独立しクロスボーダー投資、M&A案件を手掛けるコンサルティング会社を設立。2015年より世界中の中高生の研究活動を支援する団体「MANAI」の設立に参画、共同創業者。2019年より一般財団法人MANAI財団代表理事。

2019年まで通算7回、世界20以上の国と地域から1,000名を超える応募者を集めた中高生向けサイエンス・キャンプを企画運営。参加者の多くは卒業後I V Yリーグを始め海外大学への進学を果たし、コミュニティを形成している。現在は、中高生の科学技術振興の為、研究助成や奨学金で生徒の活動を支援している。

制服も公開!

高等部の制服(予定)

中等部の制服(予定)

高等部の夏服(左・予定)、中等部の夏服(右・予定)

斬新な体操服(予定)

今後のスケジュール

2022年9月 中等部開校
2023年春  初等部、中等部 港区芝の東京女子学園の新校舎へ移転
2024年9月 高等部開校(予定)

プリスクールから初等部、中等部、高等部とSTEAM教育から生徒の好奇心、探究心を育ててきたローラス。

編集部では、今後もローラスの最新動向をアップします!

関連する投稿


港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝には、NECをはじめITやプログラミング会社などが集まっています。NEC本社ビルの向かいに新校舎が建築中なのが、芝国際中高とローラスインターナショナルスクールが入るキャンパスです。開校前から話題の芝国際中高と関東最大のローラスインターナショナルスクールグループが港区芝に開校します。建築現場からレポートです。


【サマー】インターで留学体験!人気のSTEAMレッスンに英語で参加しよう!

【サマー】インターで留学体験!人気のSTEAMレッスンに英語で参加しよう!

港区にある人気のSTEAMインターナショナルスクール、ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス。今年の夏休みも、1歳半から小学生を対象としたスプリングスクールとスプリングキャンプを開講します。この夏はインターで留学体験!英語で人気のSTEAMレッスンを受けてみませんか?


【6月開校!】ローラスインターナショナルスクール月島ピアウエスト

【6月開校!】ローラスインターナショナルスクール月島ピアウエスト

ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス(以下、ローラス)は、首都圏を中心に7校を展開し、関東最大規模のインターナショナルスクールグループです。2022年6月に新しいスクールを月島にオープンする計画が発表されました。


コロナ直撃世代のインターナショナルスクール卒業生が選んだ大学 2021まとめ

コロナ直撃世代のインターナショナルスクール卒業生が選んだ大学 2021まとめ

コロナ禍で大学志願を余儀なくされた2020年、2021年度の首都圏インターナショナルスクールの卒業生は、どのような大学に進学したのでしょうか。 編集部は首都圏のインターナショナルスクールの公式情報から進学先を調査しました。


速報!1年前倒し! 2022年9月に ローラス 中等部 開校へ

速報!1年前倒し! 2022年9月に ローラス 中等部 開校へ

これまで2023年に開校予定としていたローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスは、この度、中等部の開始を前倒し2022年9月から開校すると公表しました。この背景には、4月始まりに既存の生徒が9月始まりの中等部でギャップイヤーが生まれるため、早めに生徒が継続的に学べる環境を作ろうとする動きでもあります。


最新の投稿


港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝がSTEAM教育の聖地になるか?!話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

港区芝には、NECをはじめITやプログラミング会社などが集まっています。NEC本社ビルの向かいに新校舎が建築中なのが、芝国際中高とローラスインターナショナルスクールが入るキャンパスです。開校前から話題の芝国際中高と関東最大のローラスインターナショナルスクールグループが港区芝に開校します。建築現場からレポートです。


【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

【特報!】英国トップIB校のノースロンドンが日本開校のパートナー募集を公表!

1850年に創立され、英国にある国際バカロレア認定校においてトップのノースロンドンカレッジは、日本校開校計画をインターナショナルスクールタイムズ誌上及びeduJUMP!誌上で独占公表をしました。海外分校も高い実績と共に日本におけるパートナーを募集します。メディア上でパートナーを公募する形式は初めての試みであり、インターナショナルスクール誘致、国際教育都市など自治体、大学など教育機関、企業のパートナーを募集します。


【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

【開校!】インフィニティ国際学院中等部が開校!中高等部 開校式〜DAY1が開催!

インフィニティ国際学院の中等部は、北海道と奄美のデュアルキャンパスが特徴で、北海道上川町の大雪山国立公園の中にキャンパスがあります。初等部が大阪に開校し、小中高と一貫校ができました。オルタナティブスクールの新たな動きとして注目を集めると同時に、多様な選択肢を選ぶ保護者の姿も見えてきます。


【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

【特報!】白馬インター校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任へ

白馬インターナショナルスクールは、2022年9月に開校するとともに、初代校長に元ミレニアム・スクールのクリス・バーム氏が就任すると公表しました。同校は、プロジェクト型学習・社会性と情動の学び・アウトドア活動を柱に、サステナビリティ教育を推進する中高一貫のインターナショナルボーディングスクールです。中学校は各種学校、高校は国際バカロレアの認可ならびにインターナショナルスクールの国際認定組織CISの認定を申請予定です。


港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー

港区に新規開校!Capital Tokyo International School 最高執行責任者のジョシュア氏にインタビュー!インターナショナルスクールの激戦区である港区。 その港区に株式会社LITALICOの創業者、佐藤崇弘氏が率いるCapital Tokyo International School (以下、CTIS)の小学部が、今春開校します。 さらに2023年4月に幼稚部と中学部を、2027年4月に高校部を開校する計画も発表されました。編集部では、オープンしたばかりのCTISを訪問し、COOのジョシュア氏に同校の魅力について伺いました!


英語で学ぶ英語学習