Powered by Global Step Academy    
【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

【速報】高等部開校でモンテッソーリの幼少中高一貫校インターナショナルスクールへ〜港区のモンテッソーリスクール・オブ・東京〜

東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。東京都港区にあるモンテッソーリスクール・オブ・東京は、2歳から15歳までの多様な生徒が学ぶ、モンテッソーリ教育の幼少中の教育課程のある男女共学のインターナショナルスクールです。今回、同校は、教育系宿泊施設を多く運営する株式会社R.projectの子会社となり、同時に高等部開校に向けてリリースを発表しました。


東京都港区のモンテッソーリ・スクール・オブ東京

東京港区にあるモンテッソーリ・スクール・オブ・東京(英語:The Montessori School of Tokyo)は、2歳から15歳の様々な国籍の子供たち約160名が学ぶインターナショナルスクールです。

現在、2歳から14歳までが学んでいる。


同校は、アジア初の小・中学校のあるモンテッソーリスクールとして創立されています。

今回、同校は、教育系宿泊施設を多く運営する株式会社R.projectの子会社となり、同時に高等部開校に向けてリリースを発表しました。
高等部開校について株式会社R.projectの丹埜代表は、次のようにコメントしました。

現在、2、3年を目処に高等部の開校に向けて教職員と協議を進めている段階です。

高等部開校へ協議を進めている段階ですが、今後、高等部まで開校すると同校は、幼稚部か高等部までの待望のモンテッソーリ一貫校のインターナショナルスクールになります。

モンテッソーリ教育の伝統と高い評価

日本全国でモンテッソーリ教育を取り入れたスクールは増えています。
その中でモンテッソーリ・スクール・オブ・東京は、インターナショナルスクールです。

インターナショナルスクールのカリキュラムは主に3つのカリキュラムが主流です。

1、アメリカ型
2、イギリス型
3、国際バカロレア型

モンテッソーリ教育を軸にどのようなカリキュラムを採用するのかにも注目が集まります。

モンテッソーリ教育について

「モンテッソーリ」教育は、20世紀初頭にイタリアの医学者マリア・モンテッソーリが提唱した教育方法です。

モンテッソーリ教育は、原則として教科書や宿題はなく、生徒たちが一同に向かう黒板もありません。学ぶペースや内容、さらには個で学ぶかグループで学ぶかも生徒たち自身の判断にゆだねられ、教師は子供たちの学びのサポート役を務めます。

既存の学校教育と違い、学内テストや受験勉強に向けられた学習手法ではないにもかかわらず、モンテッソーリ出身者は試験でもよい成績を獲得する傾向があり、社会に出てからも各方面でその活躍が注目されています。

海外ではAmazon、Googleといった世界的な企業の創業者、経済学者のピーター・ドラッカー、日本国内でも17歳で史上最年少7段を達成した藤井聡太氏など、政財界や文芸界において世界を大きく変える活躍をしている著名人も、モンテッソーリ教育で育っています。

世界的なモンテッソーリ教育の関心の高まりとともに学校数が増加していますが、日本ではまだ幼児教育が中心でした。MSTは日本では数少ないモンテッソーリ教育の小学校と中学校として、好奇心あふれる地頭の良い子供たちを毎年輩出しています。

R.projectとインターナショナルスクールの展開

R.projectは、2006年の創業以来、関東の未活用不動産を中心に合宿施設やホステルの運営を行ってきました。

学習意欲に注目し主体性を重んじるモンテッソーリ教育を東京都港区でインターナショナルスクールとして実践してきたモンテッソーリ・スクール・オブ・東京。

年間延べ10万泊の合宿受け入れを通じ、豊富な課外活動の経験を持つR.projectが協力することで同校の生徒にとって学びが広がります。

R.projectは日本のオルタナティブ教育や国際教育の機会を増やしていくことを目標としており、モンテッソーリ教育に限らず、今後も様々な手法で教育分野において取り組みを広げていく計画です。

モンテッソーリ・スクール・オブ・東京をはじめ、今後も、同社が「日本の教育の選択肢を増やす」動きが加速しそうです。

お問い合わせ

The Montessori School of Tokyo

〒106-0047
東京都港区南麻布3-5-13
HP:http://montessorijapan.com
Tel: 03-5449-7067
Fax: 03-5449-0087

E-mail:info@montessorijapan.com
入学について:admit@montessorijapan.com

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連する投稿


【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


【速報】東京都港区南麻布に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl School 4月小学部から開校へ

【速報】東京都港区南麻布に幼小中高一貫インター計画。Capital Tokyo Intl School 4月小学部から開校へ

2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。今後、幼稚部、中学部、高等部の開校も計画されています。初年度は、4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 CTISは東証一部上場企業のLITALICO創業者の佐藤崇弘氏が私財で設立したインターナショナルスクールです。実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。 WEB説明会は10月から開催し、申し込みはCTISウェブサイト(10月1日公開)で公開されます。


【港区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)4選

【港区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)4選

東京都港区は、麻布、芝、赤坂、高輪など高級住宅地です。大使館や国際機関が多く、外国人向けのショッピングセンターなども多く、芝公園、有栖川宮公園など自然も豊かです。そのため、多くのインターナショナルスクール、プリスクールがあります。編集部は、早速、港区にあるインターナショナルスクールをリストアップしました。なお、保育・幼稚部のみのプリスクールはリストに入っていません。


【説明会】9/9 東京ウエストインターナショナルスクールの説明会が開催されます

【説明会】9/9 東京ウエストインターナショナルスクールの説明会が開催されます

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、小学部、中学部のある男女共学のアメリカ人比率の高いインターナショナルスクールです。2歳児クラスも9月に幼稚部で開校するため、2歳から小学部、中等部までインターナショナルスクールのエスカレーターによる内部進学も特徴のひとつです。


【スクール見学】葉山インターナショナルスクール 白金校〜港区白金〜

【スクール見学】葉山インターナショナルスクール 白金校〜港区白金〜

東京都港区白金に葉山インターナショナルスクールの白金校があります。 2歳から学べる幼稚部は、プラチナ通り(外苑西通り)に面したガラス張りの建物。葉山インターナショナルスクール白金校の本校は、御用邸で有名な湘南の「葉山」に本校があるため。葉山インターナショナルスクールの本校は、幼稚部、小学部があり、アメリカ人比率の高いインターナショナルスクールで、白金校は分校です。


最新の投稿


The British School in Tokyo begins its art project with world renowned Japanese artist, Satoru Aoyama

The British School in Tokyo begins its art project with world renowned Japanese artist, Satoru Aoyama

The British School in Tokyo (BST) officially started its ‘Artist in Residence’ project with esteemed Japanese artist Satoru Aoyama. This is the first time that BST students will work directly with the world renowned Japanese artist.


ブリティッシュ・スクール・イン 東京が、日本人アーティスト青山悟氏との 「アーティスト・イン・レジデンス」プロジェクトを開始

ブリティッシュ・スクール・イン 東京が、日本人アーティスト青山悟氏との 「アーティスト・イン・レジデンス」プロジェクトを開始

ブリティッシュ・スクール・イン 東京(以下BST)は日本人アーティスト、青山悟氏との「アーティスト・イン・レジデンス」プロジェクトを開始しました。BSTの生徒が世界的に有名な日本人アーティストと一緒に作品制作をするのは、今回が初めてとなります。


One year countdown to opening BST's new Primary School

One year countdown to opening BST's new Primary School

(1 September 2022) Today marks the beginning of a one-year countdown (subject to approval) to the opening of The British School in Tokyo’s new Primary campus (BST), located in Toranomon-Azabudai, Tokyo.


BST プライマリースクール 2023年9月 新キャンパスオープン

BST プライマリースクール 2023年9月 新キャンパスオープン

ブリティッシュ・スクール・イン 東京(以下BST)は2023年9月、東京都 虎ノ門・麻布台プロジェクトに新しいプライマリースクールキャンパス(移転申請中)をオープン予定です。


The British School in Tokyo opens new Senior School Study Centre

The British School in Tokyo opens new Senior School Study Centre

The British School in Tokyo (BST) opens its new Senior School Study Centre for Year 12 and Year 13 students. The new multipurpose space will provide an enhanced learning environment for BST’s senior students as they prepare for transition to university and life beyond BST.


英語で学ぶ英語学習