Powered by Global Step Academy    
聖心インターナショナルスクールのEFLサマープログラムの申込み開始

聖心インターナショナルスクールのEFLサマープログラムの申込み開始

【サマープログラム 聖心インターナショナルスクール明日から一般申込み開始!】例年、すぐに満席になる聖心インターナショナルスクールのEFLサマープログラム。今回、テーマも各学年で違い、さらに楽しめるようになっています。


聖心インターナショナルスクールとは

聖心インターナショナルスクールは、1908年に創立さらた東京都渋谷区広尾にあるカトリック系のインターナショナル・スクール。
教育課程は、キンダーガーテン(3歳半から)
ジュニアスクール(グレード1 - 4)
ミドルスクール(グレード5 - 8)
ハイスクール(グレード9 - 12)となっている。

夏に女子だけを対象としたサマープログラムが開催されています。

EFLサマープログラムのEFLとは、「English as a Foreign Language(外国語としての英語)」の略。
英語の学習をする(英語を学ぶ)のではなく、英語での学校生活を体験していただく(英語で学ぶ)ことを目的としており、すべての教科の授業が英語で行われます。

今年は、各学年のテーマも違います。
1年生 テーマ All about Me(私について)
2年生 テーマ Our Bodies(私たちの体)
3年生 テーマ Our Homes: Habitats(みんなの住むところ)
4年生 テーマ Japan and Other Countries(日本と世界)
5年生 テーマ Ancient Civilization: Egypt(古代エジプト)
6年生 テーマ Space(宇宙と天文)

テーマも学年によって理解できるように、自分の身近なところから世界や古代、さらに宇宙というラインナップ。
個人的には、小学校5年生の英語で学Ancient Civilization: Egypt(古代エジプト)なんて興味があります。
また、6年生のSpace(宇宙と天文)も、セッションに参加した後、天体望遠鏡を買っちゃいそうですね。

セッション A 7月18日(月)~ 7月22日(金)
セッション B 7月25日(月)~ 7月29日(金)
セッション C 8月01日(月)~ 8月05日(金)
*申込みはひとり1セッションのみ。

小学生女子だけのサマープログラムは、聖心インターナショナルスクールだけ

サマープログラムのFAQ

Q.1 英語ができない子どももEFLサマープログラムに入れますか?
A,入れます。
EFLとは、英語を母語としない生徒のためのサマープログラムです。
英語初心者の生徒でも楽しめるような授業と日本語ができるアシスタントが各クラスに入ります。
そのため、安心して学べます。

聖心女子大学などが集まる敷地にある聖心インターナショナルスクール。広尾駅から徒歩数分というのを忘れる静けさ。

Q.2 参加するには条件がありますか?
A,参加対象は、4月から小学校に通っている女の子です。
小学校1年生から6年生までが対象となっています。

cookingの授業もあるサマープログラム。
調理実験として、IPCのテーマ学習とどのように学ぶのかな?

Q.3 参加者は、どのように通学されていますか?
A,地下鉄日比谷線の広尾駅から徒歩3分と近いため、多くの生徒さんが電車で通っています。
また、都営バスもJR渋谷駅、恵比寿駅、品川駅、目黒駅から「日赤医療センター前」と「広尾橋」まで出ています。
生徒は、徒歩、電車、バスで通っています。
また、多くの保護者の方が送り迎えをなさっています。
なお、スクールバスは運行されていません

Q4 申込みなど、英語ができなくても参加できますか?海外から申し込めますか?
A,申込みは、インターネット上で、日本語で申し込むことができます。
海外から申し込むこともできます。
申込み後、一週間以内に参加費を振り込む必要がありますので、ご注意ください。
保護者に特に英語スキルは必要とされていません。

お問い合わせ

 聖心インターナショナルスクール
 EFLサマープログラム事務局
 Tel: 03-3400-3951
 Fax: 03-3400-3496
 Email: eflsummerprogram@issh.ac.jp 
 受付時間: 9:00~11:30、12:30~16:00
 学校休日: 土日、3月25日~4月3日、4月29日~5月2日

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、執筆しながら国際教育評論家として、日本経済新聞やフジテレビホンマでっかTV、東洋経済、プレジデント、日本テレビ、TOKYO FMなど各メディアにコメント及びインタビューが掲載されています。

プリスクールの元経営者であり、都内の幼小中の教育課程のあるインターナショナルスクールの共同オーナーの一人です。

国際バカロレア候補校のインターナショナルスクールの共同オーナーのため国際バカロレアの教員向けPYPの研修を修了しています。

関連する投稿


【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】港区に幼小中高一貫校。なぜ、LITALICO創業者はインターナショナルスクールを港区に開校するのか?

【独占インタビュー】LITALICO創業者の佐藤崇弘氏は、なぜ、東京都港区に幼小中高のインターナショナルスクールを開校するのか?2022年4月に開校計画のCapital Tokyo International School (CTIS)は、東京都港区南麻布で開校します。4月から小学部1年~4年生入学者募集を開始します。 実践型教育(PBL)、STEAMと英語・日本語・中国語の三ヵ国語、国際バカロレアPYPの候補校への申請も準備中です。2023年4月に幼稚部および中学部も同時開校する計画です。


【港区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)4選

【港区】にあるインターナショナルスクール(幼小中高)4選

東京都港区は、麻布、芝、赤坂、高輪など高級住宅地です。大使館や国際機関が多く、外国人向けのショッピングセンターなども多く、芝公園、有栖川宮公園など自然も豊かです。そのため、多くのインターナショナルスクール、プリスクールがあります。編集部は、早速、港区にあるインターナショナルスクールをリストアップしました。なお、保育・幼稚部のみのプリスクールはリストに入っていません。


【説明会】9/9 東京ウエストインターナショナルスクールの説明会が開催されます

【説明会】9/9 東京ウエストインターナショナルスクールの説明会が開催されます

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、小学部、中学部のある男女共学のアメリカ人比率の高いインターナショナルスクールです。2歳児クラスも9月に幼稚部で開校するため、2歳から小学部、中等部までインターナショナルスクールのエスカレーターによる内部進学も特徴のひとつです。


カナディアンインターナショナルスクールの説明会11月23日(金)に開催されます。

カナディアンインターナショナルスクールの説明会11月23日(金)に開催されます。

東京の大崎駅から徒歩で5分のカナディアンインターナショナルスクールでオープンキャンパスが11月4日に開催されます。1999年に創設さた男女共学のインターで、幼稚部・小学部・中学部・高校部があります。特に探求型のカナダのカリキュラムと国際バカロレアのPYPが特徴です。


【説明会】11/7 アメリカ人比率の高い東京ウエストインターナショナルスクールの説明会が開催されます

【説明会】11/7 アメリカ人比率の高い東京ウエストインターナショナルスクールの説明会が開催されます

東京都八王子市にある東京ウエストインターナショナルスクールは、小学部、中学部のある男女共学のインターナショナルスクールです。アメリカ人比率の高いインターナショナルスクールです。


最新の投稿


BenQの電子黒板で深みのある学びへ!国際バカロレア一貫校 アオバジャパンの取り組みから

BenQの電子黒板で深みのある学びへ!国際バカロレア一貫校 アオバジャパンの取り組みから

探求学習でICTをどのように使いこなすか。国際バカロレア一貫校 アオバジャパン・インターナショナルスクールの取り組みをご紹介します。編集部の取材では、BenQの電子黒板が中心にありました。【広告】


Canadian Academyの「多様性」とは?

Canadian Academyの「多様性」とは?

神戸のインターナショナルスクール、カナディアンアカデミーでは創立以来、「多様性」を学校の特徴として掲げています。カナディアンアカデミーに通う生徒の国籍、母語、そして卒業後の進路に至るまで、様々な角度から私たちの「多様性」をご紹介します。


How diverse are we at Canadian Academy?

How diverse are we at Canadian Academy?

Diversity is one of the keywords that represent Canadian Academy. Let’s look at different aspects of our diversity, from nationalities and languages to university pathways.


The British School in Tokyo begins its art project with world renowned Japanese artist, Satoru Aoyama

The British School in Tokyo begins its art project with world renowned Japanese artist, Satoru Aoyama

The British School in Tokyo (BST) officially started its ‘Artist in Residence’ project with esteemed Japanese artist Satoru Aoyama. This is the first time that BST students will work directly with the world renowned Japanese artist.


ブリティッシュ・スクール・イン 東京が、日本人アーティスト青山悟氏との 「アーティスト・イン・レジデンス」プロジェクトを開始

ブリティッシュ・スクール・イン 東京が、日本人アーティスト青山悟氏との 「アーティスト・イン・レジデンス」プロジェクトを開始

ブリティッシュ・スクール・イン 東京(以下BST)は日本人アーティスト、青山悟氏との「アーティスト・イン・レジデンス」プロジェクトを開始しました。BSTの生徒が世界的に有名な日本人アーティストと一緒に作品制作をするのは、今回が初めてとなります。


英語で学ぶ英語学習