Powered by Global Step Academy    
【ケンブリッジ認定】でローラスインターナショナルスクール オブ サイエンスが幼小中高で躍進へ!

【ケンブリッジ認定】でローラスインターナショナルスクール オブ サイエンスが幼小中高で躍進へ!

ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、日本を含む世界160カ国以上で認められている国際認定組織のケンブリッジ認定を取得したと公表しました。都内を中心にSTEAM教育をコアに保育・幼稚部を運営する同校は、小学部があり、今後、中等部、高等部も開校する計画があります。ケンブリッジ認定は、小中高と4つの段階があります。今回、同校の小学生は、ケンブリッジ・プライマリーの修了書を受けることになります。今後、生徒の進級とともに学年を上に開校する計画のため、同校の生徒はケンブリッジ認定を最大限に活かした教育を受けると考えられます。


ローラスインターナショナルスクールが英国のケンブリッジ認定を取得!

ケンブリッジ認定を公表するローラスインターナショナルスクールオブサイエンスの公式ホームページ。

ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、日本を含む世界160カ国以上で認められている国際認定組織のケンブリッジ認定を取得したと公表しました。

文科省による国際バカロレア200校計画などを代表にインターナショナルスクールのカリキュラムとして国際バカロレアが注目されています。

しかし、世界的には、国際バカロレアとともに英国のケンブリッジ認定が主流です。

▼ 公式サイトでも同校が掲載されています。

東京都内にケンブリッジ認定は、7校。

ちなみに横浜にある日本で最も古い1872年創立の外国人学校であるサンモール・インターナショナルスクールもケンブリッジ認定を受けています。

小中高で、ローラスがさらに飛躍!

ケンブリッジ認定は、小中高と4つの段階があります。
今回、同校の小学生は、ケンブリッジ・プライマリーの修了書を受けることになります。

同校は、すでに小学校を開校しており、一期生の進級とともに学年を上に開設する計画があります。

そのため、今後、中高でもケンブリッジ認定を最大限に活かした教育が実施されると考えられます。

中高でさらに効果!ケンブリッジ認定と大学志願

文部科学省は、インターナショナルスクール卒業生が大学に志願する時に必要な資格として、海外の大学入学資格のケンブリッジのAレベルを取得していると志願できるとしています。

文部科学省の大学・大学院入学資格についてのQ&Aでも学校認定のWASC、CIS、ASCIと生徒それぞれに与えられる国際バカロレアやドイツのアビトゥア、フランスのバカロレアとともに英国のGCE Aレベルが書いてあります。

今後、開校が計画されているローラス中高生は、ケンブリッジ認定とともにケンブリッジの試験を受験すると考えられます。

すなわち、国内外の大学を志願する資格になります。

ウィリアム王子もキャサリン妃も受験!ケンブリッジ試験

同校が認定を受けたケンブリッジ。
名前の由来も、英国のケンブリッジ大学からきています。

そして、英国といえば、王室。

ちなみにケンブリッジ試験は、英国王室のチャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子、さらにキャサリン妃も受験しています。

英国では、王室報道のなかでどの科目を受験し、どのような成績を取ったのか、も報道されています。

ちなみにウィリアム王子は、イートン校で地理、生物、歴史をAレベルで選択し地理でA,美術史でB,生物学でCの評価を得ました。

キャサリン妃は、化学、生物、美術でAレベルを取得しています。

▼ 詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

英国王室 キャサリン妃に学ぶプリンセスになる学校選び 

https://istimes.net/articles/800

英国王室のプリンセスキャサリン妃は、どのような学校で学んできたのか?シャーロット王女も生まれ、ジョージ王子とともに人気の英国王室。ウィリアム王子とシャーロット王女も英国式保育園で学んでいます。ではキャサリン妃は、どのような教育を受けて育ってきたのでしょうか?プリンセスになったキャサリン妃のプリンセスの教育を解析します。

今後、ローラスが開設予定の中高では、ケンブリッジ試験を実施すると考えらます。

ケンブリッジ試験は、科目ごとの試験です。

今回、ローラスがケンブリッジ認定を受けた理由も、STEAM教育に特化した同校として理数系の科目に専念できる仕組みを作ったと考えられます。

最先端のSTEAM教育と英国のケンブリッジ認定。
同校の中高の開校計画もさらに進展がありそうです。

こちらも参考にしたいですね。

シャーロット王女が通うナーサリーは、やはりスゴかった!

https://istimes.net/articles/1081

英国王室はウイリアム王子とキャサリン妃の長女であるシャーロット王女(2歳)が2018年1月からケンジントン宮殿から近い「ウィルコックス・ナーサリー(The Willcocks Nursery School)」に入学すると公表しました。編集部の調べでは、ケンジントン宮殿から近いけど、やはりスゴいナーサリーと判明しました。

【2019春 移転開校!】ローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス武蔵小杉校

https://istimes.net/articles/1164

東京・神奈川で全8校を運営しているローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。昨年7月に武蔵新城校がオープンし、インターナショナルスクールタイムズでも取材に伺いました。2019年春、現在向河原駅前にある武蔵小杉校が遂に武蔵小杉駅徒歩5分の新築物件に移転いたします。この度敷地面積を倍に拡大し、キンダーガーテンもオープンいたします!

【説明会】2/2(土)ローラスインターナショナルスクールの初等部説明会が開催

https://istimes.net/articles/1157

2/2(土)でローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスの初等部の説明会が開催されます。同校は、開校して今年で3年目。今回は生徒達の学校生活に密着し、人気の秘密を探りました。授業風景や休み時間に加え、STEM教育の実践など最近のイベントも交えながら紹介します!

ウィリアム王子とキャサリン妃も学生時代に〇〇を歩いた? 英国のセント・アンドルーズ大学の恒例行事が面白い。

https://istimes.net/articles/1082

ウィリアム王子とキャサリン妃が出会ったのが、イギリスのスコットランドにあるセント・アンドルーズ大学(University of St Andrews)です。実は、セント・アンドルーズ大学には新年度の恒例の行事があります。それがこの○○ウォーク。1413年創立された大学だけに「伝統」がありそうです。

この記事の記者

インターナショナルスクールタイムズの編集長として、また東京ウエストインターナショナルスクールの理事を務めながら、国際バカロレアのPYPの研修を受け、現場経験と記者の目線で記事を書いています。

関連する投稿


【11/9,11/10と開催】なぜ、ローラスのSTEMフェアは家族連れで参加したくなるのか?

【11/9,11/10と開催】なぜ、ローラスのSTEMフェアは家族連れで参加したくなるのか?

ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスは、東京を中心に関東に8校を展開するインターナショナルスクールグループです。英国のケンブリッジ認定校であり、サイエンスを中心に英語で学ぶ保育・幼稚部、初等部(今後、中等部、高等部を計画)している男女共学のインターナショナルスクールです。毎年、STEMフェスティバルを開催しており、家族連れで参加できるインターナショナルスクールの公開イベントです。


【ウィンター】プリスクール生から中学生までこの冬はローラスに集合!

【ウィンター】プリスクール生から中学生までこの冬はローラスに集合!

港区にある人気のSTEAMインターナショナルスクール、ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス。今年の冬休みはプリスクール生から中学生までを対象とした冬季特別講習(ウィンターキャンプとウィンタースクール、ステムラボ)を開講します。まるで留学したかのような英語とSTEAM漬けの冬休みを過ごしませんか?


【11/9-10】ローラスインターナショナルスクールのSTEM Fair【入場無料】

【11/9-10】ローラスインターナショナルスクールのSTEM Fair【入場無料】

STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)に特化したカリキュラムが人気のローラス インターナショナルスクール オブ サイエンス。 今年は港区三田に新規移転した初等部を会場に、Space(宇宙)というテーマで、在校生のサイエンスプレゼンテーションと人気講師によるSTEMワークショップやショーを披露します。


【イベントレポート】Manai Institute of Science and Technology 2019

【イベントレポート】Manai Institute of Science and Technology 2019

サイエンスに特化したインターナショナルスクール Manai Institute of Science and Technologyは、2019年3月26日(火)から4月1日(月)までの7日間、沖縄科学技術大学院大学で中高生を対象とした「Manai Spring Program 2019(マナイ スプリング プログラム2019)」を開催しました。


【説明会】2/2(土)ローラスインターナショナルスクールの初等部説明会が開催

【説明会】2/2(土)ローラスインターナショナルスクールの初等部説明会が開催

2/2(土)でローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスの初等部の説明会が開催されます。同校は、開校して今年で3年目。今回は生徒達の学校生活に密着し、人気の秘密を探りました。授業風景や休み時間に加え、STEM教育の実践など最近のイベントも交えながら紹介します!


最新の投稿


【12/7】国際バカロレアを知って、体験!東京で英数学館による教育フォーラムが開催!

【12/7】国際バカロレアを知って、体験!東京で英数学館による教育フォーラムが開催!

12月7日(土)に東京インターナショナルスクールを会場に、英数学館による教育フォーラムが開催れます。国際バカロレアをテーマに親子で英語イマージョン教育と国際バカロレアの体験もできるワークショップも開催されます。特別講演に元日本代表監督の岡田武史氏、基調講演に国際バカロレア大使の坪谷ニュウエル氏、三部のパネルディスカッションでは同校卒業生であり、株式会社ジャパンタイムズの代表取締役会長の末松弥奈子氏がファシリテーターに登壇し、英数学館中・高等学校永留聡校長、坪谷氏、卒業生の船井木奈美氏が登壇。四部では、小学5年生~中学3年生を対象とした英語イマージョンプログラムや国際バカロレアの教育を体験できるワークショップが開催されます。


学費無償!フランス発エンジニアスクール「42」が東京に開校へ

学費無償!フランス発エンジニアスクール「42」が東京に開校へ

フランス発エンジニア養成機関がついに日本に開校へ。その名も「42 Tokyo」。 フランス発の42は、フランスのパリ、アメリカのシリコンバレー、フランスのリオン、ベルギー、モスクワ、モロッコと次々に開校してきました。エンジニアになるための養成機関ですが、授業料などはありません。企業、実業家が支援をしています。


【弊誌会員募集】あなたのお子様に今、最高の教育情報を。The International School Times会員募集!

【弊誌会員募集】あなたのお子様に今、最高の教育情報を。The International School Times会員募集!

The International School Timesは、多くの読者に支えられています。インターナショナルスクールやプリスクールなど学校選びの情報が少ない。選びたくても、どのように情報を集めれば良いのか。その声をたくさん編集部は聞いてきました。 親としてできることをするために、今の情報を欲しい。そして、それがきちんとした情報であって欲しい。願わくば、最高の情報であって欲しい。ISTは、会員に教育情報とイベントを優先的に提供します。


【11月22日】千代田インターナショナルスクール東京 2020年度入学中高生限定説明会

【11月22日】千代田インターナショナルスクール東京 2020年度入学中高生限定説明会

学校法人武蔵野大学は、2018年4月、千代田区初の小中高12学年を持つインターナショナルスクールとして、千代田インターナショナルスクール東京の初等部を、2019年4月には中等部(6年生)および高等部(10年生)を開校しました。このたび、2020年度の新中学生、高校生を対象とした学校説明会を開催いたします。


【November 22】CHIST- Middle High School Information Session

【November 22】CHIST- Middle High School Information Session

Musashino University opened CHIST Elementary School in 2018, and Middle School and High School in 2019. “Providing the latest educational environment and global standard programs, we encourage the students’ ability to fly to the world from the heart of Tokyo.”


“インターナショナルスクールタイムズ編集部のメルマガ登録はこちら”
GSA